Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.5. より多くのアルゴリズムとデータタイプ

ノート

このレッスンでは、3つのアルゴリズムを実行する他の入力タイプを使用する方法を学習し、自動的に指定したフォルダに保存されるように出力を設定します。

このレッスンのためには、テーブルとポリゴンレイヤーが必要になります。テーブル内の座標に基づいてポイントレイヤを作成し、各ポリゴン内のポイントの数をカウントしていきます。このレッスンに対応するQGISプロジェクトを開くと、XとY座標を持つテーブルがありますが、ポリゴンレイヤは何も見つかりません。心配しないで、処理geoalgorithmを使用して作成されます。

まずやることは、 テーブルからポイントレイヤー アルゴリズムを使用して、テーブル内の座標からポイントレイヤを作成することです。これで、検索ボックスを使用する方法を知っているので、それを見つけることは難しいことではありません。それを実行し、その次のダイアログを取得し、それをダブル - クリックしてください。

このアルゴリズムは、前のレッスンから1のように、ただ1つの出力を生成し、それは3つの入力を持っています:

  • :座標を持つテーブル。ここで授業のデータからテーブルを選択する必要があります。

  • XとYのフィールド :これら2つのパラメータは、最初の1にリンクされています。対応するセレクタは、選択されたテーブルで利用可能なこれらのフィールドの名前が表示されます。 Y パラメータのための X パラメータ、及び YYCOORD フィールドに XCOORD フィールドを選択します。

  • CRS :このアルゴリズムでは何も入力レイヤーをとらないので、それに基づいて出力レイヤーへCRSを割り当てることはできません。代わりに、手動でテーブルの使用中の座標というCRSを選択するように求められます。左-手側のボタンをクリックして QGIS CRSセレクタを開き、選択するために出力CRSとしてEPSG:4326を。表中の座標はそのCRSにあるのでこのCRSを使用しています。

ダイアログは次のようになります。

../../../_images/points_from_table.png

今、次のレイヤーを得るために 実行 ボタンを押します(新たに作成されたポイント周辺の地図を再入力するフルズームする必要があるかもしれません)。

../../../_images/points.png

必要とする次のものはポリゴンレイヤです。次のパラメータ]ダイアログボックスを持っている グリッドを作成 アルゴリズムを使用して、ポリゴンの規則的グリッドを作成していきます。

../../../_images/graticule_dialog.png

警告

オプションは、QGISの最近のバージョンでは単純です。XとYのための最小値と最大値を入力する必要があるだけです(推奨値:-5.696226, -5.695122, 40.24742, 40.248171)

グリッドを作成するために必要な入力は、すべての数字です。 - 右側次の図のようなダイアログボックスに取得するには、対応するボックスに直接入力するか、右側のボタンをクリック:数値を入力する必要がある場合、次の2つのオプションがあります。

../../../_images/number_dialog.png

このような `` 11 * 34.7 + 4.6``としての式を入力することができ、その結果が計算され、パラメータダイアログに対応するテキストボックスに置かれますので、ダイアログは、シンプルな電卓が含まれています。また、それはあなたが使用できる定数が含まれており、他の層からの値が入手できます。

この場合、入力点レイヤーの範囲をカバーするグリッドを作成するので、これらのアルゴリズムは、に要するパラメータであるので、グリッドとその幅と高さの中心座標を計算するためにその座標を使用する必要がありますグリッドを作成します。数学の少しで、自分が電卓ダイアログと入力点レイヤーからの定数を使用していることをやろう。

タイプ フィールドに 長方形(ポリゴン) を選択します。

最後のアルゴリズムの場合のように、私たちはここにもCRSを入力する必要があります。私たちは前に行ったように、ターゲットCRSとして4326:EPSGを選択します。

最後に、あなたは、このようなダイアログのパラメータを持っている必要があります。

../../../_images/graticule_parameters.png

(ベター幅と高さ上の一点の間隔を追加する:水平間隔:0.0001、垂直間隔:0.0001、幅:0.001004、高さ:0.000651、センターX:-5.695674、センターY:40.2477955)X中心の場合は少しトリッキーであり、参照:-5.696126 +((-5.695222+ 5.696126)/ 2)

実行 を押すと目盛レイヤーが得られるでしょう。

../../../_images/graticule.png

最後のステップは、その目盛りの長方形の各1の点を数えることです。 ポリゴンでポイントをカウント アルゴリズムを使用します。

../../../_images/count_points.png

今、私たちは、私たちが探していた結果を持っています。

このレッスンを終了する前に、データを保存永続的にしたい場合にあなたの人生を楽にするための簡単なヒントです。すべての出力ファイルが指定したフォルダに保存したい場合は、フォルダ名を毎回入力する必要はありません。代わりに、処理メニューに移動し、 オプションと設定 項目を選択します。これは、設定ダイアログを開きます。

../../../_images/config1.png

一般 グループで見つける 出力フォルダ エントリでは、保存先フォルダへのパスを入力します。

../../../_images/output_folder.png

アルゴリズムを実行すると、単にフルパスの代わりにファイル名を使用します。ちょうど今使用しているアルゴリズムの出力パスとして graticule.shp を入力した場合例えば、上記のような構成で、結果は D:\processing_output\graticule.shp に保存されます。まだ結果を別のフォルダに保存したい場合には、完全パスを入力できます。

グリッドを作成 アルゴリズムを異なるグリッドサイズで、またグリッドの異なる種類で自分で試してみてください。