Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.34. 地滑りを予測

Module contributed by Paolo Cavallini - Faunalia

ノート

この章では、地滑りの可能性を予測するために単純化しすぎのモデルを作成する方法を示します。

まず、傾斜を計算します(様々なバックエンドの中から選択し、興味のある読者は、出力の差分を計算できます)。

  • GRASS ‣ r.slope
  • SAGA ‣ Slope, Aspect, Curvature
  • GDAL Slope

それから、気象衛星局での降雨値の補間に基づいて、予測雨量のモデルを作成します。

  • GRASS ‣ v.surf.rst (解像度:500メートル)

地すべりの確率は非常に大ざっぱには降雨と斜面の両方に関連します(もちろん、現実のモデルは、より多くのレイヤー、および適切なパラメータを使用します)、 (降雨*スロープ)/ 100 としましょう。

  • SAGA ‣ ラスター計算機 rain, slope: (a*b)/100 (または: GRASS ‣ r.mapcalc)

  • その後、予測される降雨の危険性が最大である自治体がどこか計算してみましょう: SAGA ‣ポリゴンでのラスター統計 (関心のパラメータは 最大平均 ) 。