Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.28. 補間と等高線作成

Module contributed by Paolo Cavallini - Faunalia

ノート

この章では、さまざまな補間を計算するために、異なるバックエンドを使用する方法を示しています。

17.28.1. 補間

このプロジェクトは、南から北へ、降雨量の勾配を示しています。補間のためのさまざまな方法、ベクトル `` points.shp``、パラメータ `` RAIN``に基づいて、すべてを使用してみましょう:

警告

すべての分析に対してセルのサイズは 500 に設定します。

  • GRASS ‣ v.surf.rst
  • SAGA - >マルチレベルBスプラインInterpolation

  • SAGA - >逆距離Weighted [電源に逆距離。電源:4。検索半径:グローバル。検索範囲:すべてのポイント]

  • GDAL ‣ Grid (Inverse Distance to a power) [Power:4]
  • GDAL ‣ Grid (Moving average) [Radius1&2: 50000]

次いで、方法間の分散を測定して点までの距離との相関をとります。

  • GRASS ‣ r.series [Unselect Propagate NULLs, Aggregate operation: stddev]
  • GRASS ‣ v.to.rast.value on points.shp
  • GDAL ‣ Proximity
  • GRASS ‣ r.covar で相関マトリックスを表示; 例えば http://vassarstats.net/rsig.htmlで相関の有意性をチェックします。

このように、遠くのポイントからの領域が少なく、正確な補間を持っています。

17.28.2. 等高線

Various methods to draw contour lines [always step= 10] on the stddev raster:

  • GRASS ‣ r.contour.step
  • GDAL ‣ Contour
  • SAGA ‣ Contour lines from grid [NB: output shp is not valid, known bug]