Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.27. その他のプログラム

Module contributed by Paolo Cavallini - Faunalia

ノート

この章では、処理の中から、追加のプログラムを使用する方法を示しています。それを完了するには、オペレーティング・システム、関連するパッケージのツールを使用して、インストールしている必要があります。

17.27.1. GRASS

GRASS_は、地理空間データの管理と分析、画像処理、グラフィックス、地図制作、空間的モデリング、および視覚化のためのフリーでオープンソースGISソフトウェアスイートです。

これはOSGeo4Wスタンドアロンインストーラ(32ビットおよび64ビット)でWindowsにデフォルトでインストールされ、そしてそれはすべての主要なLinuxディストリビューション用にパッケージされています。

17.27.2. R

R_は、統計計算およびグラフィックス用のフリーでオープンソースのソフトウェア環境です。

これは、一緒にいくつかの必要なライブラリ( LIST )と、個別にインストールする必要があります。

処理の実装の美点は、ご自身のスクリプトを単純なものも複雑なものも追加できること、それらはその後、より複雑なワークフローにパイプされ、他のモジュールとして使用できること、などです。

R_がすでにインストールされている場合(処理の一般的な設定からRモジュールをアクティブにすることを忘れないでください)、プリインストールされている例のいくつかをテストします。

17.27.3. OTB

(また、オルフェオツールボックスとしても知られる)OTB_は、画像処理アルゴリズムのフリーでオープンソースのライブラリです。これはOSGeo4Wスタンドアロンインストーラ( NB:32ビットのみ )を介してWindows上にデフォルトでインストールされます。パスは、処理中に設定する必要があります。

標準OSgeo4W Windowsインストールでは、パスは次のようになります:

OTB application folder    C:\OSGeo4W\apps\orfeotoolbox\applications
OTB command line tools folder C:\OSGeo4W\bin

Debianとデリバティブで、それは次のようになります / usr / bin

17.27.4. 他

TauDEM_は、デジタル標高モデル(DEM)水文情報の抽出および分析のためのツールのスイートです。さまざまなオペレーティングシステムの可用性が変化します。

LASTools_はレーザー測量データを処理し、分析するために、混合フリーと独自コマンドのセットです。さまざまなオペレーティングシステムの可用性が変化します。

その他のツールは、例えば追加プラグインを通じて入手できます。

  • LecoS:土地被覆統計と景観生態学のスイート

  • lwgeom:PostGISの以前の一部は、このライブラリは、ジオメトリのクリーンアップのためのいくつかの便利なツールを提供します

  • Animove:ツールは、動物の家の範囲を分析します。

以上が来ます。

17.27.5. バックエンドの間での比較

17.27.5.1. バッファとの距離

Let’s load points.shp and type buf in the filter of the Toolbox, then double click on:

  • 一定距離buffer:距離10000

  • 可変距離buffer :距離フィールドサイズ

  • v.buffer.distance :距離10000

  • v.buffer.column :bufcolumn SIZE

  • シェイプBuffer:固定値10000(ディゾルブするおよびしない)、(縮尺付き)フィールド属性

速度はかなり異なっているかを確認し、さまざまなオプションが用意されています。

読者のための練習:異なる方法間の幾何出力の違いを見つけます。

さて、ラスターバッファとの距離:

  • まず、 GRASS->v.to.rast.value でベクトル rivers.shp をロードしラスタライズします 。 注意: セルサイズは100メートルに設定する必要があり、そうでなければ計算時間が膨大になります。結果の地図は1とNULLを持つことになります

  • 同じく、 SAGA‣Shapes to Grid‣COUNT で(結果の地図: 6 to 60)

  • 次に、 proximity (GRASSの値= 1、SAGAのための河川IDのリスト)、パラメータ1000,2000,3000で r.buffer r.grow.distance (2つの地図のうち1つめ;SAGAラスタで行われる場合は、2番目は各河川に関連する領域が表示されます)。

17.27.5.2. ディゾルブ

共通の属性に基づいて地物をディゾルブします:

  • GRASS ‣ v.dissolve municipalities.shp on PROVINCIA
  • QGIS ‣ Dissolve municipalities.shp on PROVINCIA
  • OGR ‣ Dissolve municipalities.shp on PROVINCIA
  • SAGA - >ポリゴンDissolve municipalities.shp PROVINCIA上( NB: 内側boundariesを保持 を未選択にしてください)

ノート

最後の一つはSAGA<= 2.10では壊れています

読者のための練習 :異なる方法での違い(形状および属性)を見つけてください。