Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.3. プロセッシングフレームワークを構成する

プロセッシングフレームワークを使う前に環境設定をします。設定項目は多くないので簡単です。

その後、我々は、利用可能なアルゴリズムのリストを拡張するために使用されている外部アプリケーションを構成する方法を示しますが、今は我々だけでフレームワーク自体で作業しようとしています。

処理フレームワークを使用すると、QGIS 2.0以降を実行している場合、それはQGISに含まれているので、それはすでに、システムにインストールする必要があります、ということを意味コアQGISプラグインです。それがアクティブである場合は、メニューバーに 処理 と呼ばれるメニューが表示されるはずです。そこには、すべてのフレームワークコンポーネントへのアクセスがあります。

../../../_images/menu1.png

メニューを見つけられない場合、プラグインマネージャでそれを有効にすることで、プラグインを使用可能にする必要があります。

../../../_images/installer.png

作業するのに使用する主な要素は、ツールボックスです。対応するメニュー項目をクリックすると、QGISウィンドウの右側にドッキングされ、ツールボックスが表示されます。

../../../_images/toolbox2.png

ツールボックスは、グループに分け、すべての利用可能なアルゴリズムのリストが含まれています。 高度なインターフェース簡体インタフェース :これらのアルゴリズムの表示と整理の二つの方法があります。

デフォルトでは、アルゴリズムは、彼らが実行する操作の種類に応じたグループ、簡易モードが表示されます。ツールボックスに表示されるアルゴリズムのいくつかは、他の外部アプリケーション(それらのほとんどは、実際には、やる)に依存しますが、これらのアプリケーションへの言及は表示されません。アルゴリズムの原点は、処理フレームワークを介してアルゴリズムを使用して簡素化するファサードで、このモードでは隠されています。

このガイドの最初の例は、単なる簡易モードを使用しています。アドバンストモードでは、いくつかの追加機能とアルゴリズムを持っていますが、それは呼ばれているアプリケーションを理解する必要があり、そう、彼らはより高度なトピックであり、後に説明します。

ツールボックスの底部にセレクタを使用することによって簡略化された、高度なインタフェースの間で変化することができます。

上級者トモードで使用する場合、ツールボックスはこのように見えます。

../../../_images/toolbox_advanced.png

この点に達している場合は、今、geoalgorithmsを使用する準備が整いました。今では何かを設定する必要はありません。すでに、次のレッスンで行います私たちの最初のアルゴリズムを、実行できます。