Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.24. アルゴリズムのより多くの反復実行

ノート

このレッスンでは、より一層の自動化をするために、アルゴリズムの反復実行をモデラーと組み合わせる方法を示します。

アルゴリズムの反復実行は、内蔵されたアルゴリズムに対してのみでなく、モデルなど、自作できるアルゴリズムに対しても使用可能です。より複雑な結果を簡単に得られるように、モデルとアルゴリズムの反復実行を組み合わせる方法を見ていきます。

このレッスンのために使用しようとしているデータは、すでに直前に使用したのと同じものです。この場合は、各分水界ポリゴンでDEMをクリッピングするだけでなく、いくつかの余分なステップを追加し、各々についてそれぞれの水深曲線を計算し、水深が流域内にどう分布するかを考察します。

いくつかのステップ(hypsometric曲線を計算+クリッピング)を必要とするワークフローを持っているので、我々はモデラーに移動し、そのワークフローの対応するモデルを作成する必要があります。

既にこのレッスンのためのデータフォルダ内に作成したモデルを見つけることができますが、最初は自分で作成しようとすると良いでしょう。興味があるのは曲線にだけなので、この場合はクリップされたレイヤーは最終的な結果ではありません。だからこのモデルは、レイヤーは何も作成せず、単に曲線データを有するテーブルを生成します。

モデルは次のようになります。

../../../_images/model1.png

モデルフォルダにモデルを追加し、それはツールボックスで提供され、そして今それを実行します。

../../../_images/model1.png

DEMや流域の流域を選択し、アルゴリズムが反復的に実行する必要があることを示すボタンをトグルすることを忘れないでください。

このアルゴリズムは、複数回実行され、対応するテーブルが作成され、あなたのQGISプロジェクトで開きました。

../../../_images/tables.png

モデルを拡張し、いくつかの斜面の統計を計算することにより、この例をより複雑にできます。*勾配、向き、曲率*アルゴリズムをモデルに追加し、それから*ラスタ統計*アルゴリズムを追加します、その唯一の入力としてスロープ出力を使用すべき。

../../../_images/model2.png

今のモデルを実行すると、離れてテーブルから、あなたは統計を持つページのセットを取得します。これらのページは、結果ダイアログで利用できるようになります。