Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.23. アルゴリズムの反復実行

ノート

このレッスンでは、入力ベクトル層にフィーチャを反復繰り返しそれらを実行して、ベクトル層を使用するアルゴリズムを実行する別の方法を示しています

すでに処理タスクを自動化する一つの方法であるグラフィカルなモデラーを、知っています。しかし、いくつかの状況では、モデラーは、与えられたタスクを自動化するために必要なものではないかもしれません。アルゴリズムの反復実行:のは、これらの状況のいずれかを確認し、どのように簡単に別の機能を使用して、それを解決するためにしてみましょう。

この章に対応するデータを開きます。それは次のようになります。

../../../_images/project1.png

よく知られた、前の章からDEMとそれから抽出された流域のセットを認識します。それらのそれぞれは、単一の流域に対応するだけの標高データを含む、いくつかの小さなレイヤにDEMをカットする必要があることを想像してみてください。後で、そのようなその平均標高またはそれhypsographic曲線として、各流域に関連するいくつかのパラメータを計算したい場合には有用であろう。

これは、流域の数が多い場合は特に、長くて退屈な作業になることがあります。しかし、それはこれからご覧になるように簡単に自動化できる作業です。

ポリゴンレイヤでラスタレイヤをクリッピングするために使用するアルゴリズムは、ポリゴンでラスタをクリップ と呼ばれ、以下のパラメータ]ダイアログボックスを持っています。

../../../_images/clip3.png

流域レイヤーとDEM入力としてを使用してそれを実行でき、次の結果が得られます。

../../../_images/full_clip.png

ご覧のように、すべての分水界ポリゴンで覆われた領域が使用されています。

DEMが希望流域を選択し、前に行ったようなアルゴリズムを実行することにより、単に1つの流域でクリップできます。

../../../_images/selection.png

唯一の選択した機能が使用されているので、唯一の選択されたポリゴンは、ラスタレイヤーをトリミングするために使用されます

../../../_images/selection_clip.png

すべての流域のためにこれを行うと、探している結果を生成しますが、それはそれを行うための非常に実用的な方法のようには見えません。代わりに、その 選択とクロップ ルーチンを自動化する方法を見てみましょう。

まず、以前の選択を削除するため、すべてのポリゴンが再び使用されます。今*アルゴリズムポリゴンで*クリップラスタを開き、前と同じ入力を選択していますが、右側で見つけるボタンでこの時間をクリック - あなたは流域層を選択したベクトルレイヤー入力の右側。

../../../_images/iterate_button.png

このボタンは、それらのそれぞれが単一のポリゴンを含む、選択した入力レイヤは、その中に発見された機能な限り多くのレイヤに分割されることになります。それによって、アルゴリズムは、それらのシングルポリゴンレイヤのそれぞれに1つずつ、繰り返し呼び出されます。結果は、代わりに、このアルゴリズムの場合にだけ1つのラスタレイヤから、ラスタレイヤのセット、アルゴリズムの実行の1つに対応するそれらのそれぞれであろう。

説明したようにクリッピングアルゴリズムを実行する場合に得られる結果です。

../../../_images/result_iterative.png

各レイヤ、黒と白のカラーパレット(または使用しているどのようなパレット)のために、その最小値からその最大値に、異なって調節されます。それは異なる部分と色がレイヤの間の境界に一致していないようだ見ることができる理由です。値は、しかし、一致します。

出力ファイル名を入力した場合、結果のファイルは、そのファイル名と接尾辞としてそれぞれの反復に対応する番号を使用して名前が付けられます。