Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.6. 空間参照系。再投影

ノート

この課題で、私たちは空間参照系を利用したプロセッシングの方法を議論します。私たちはまた、再投影というとても便利なアルゴリズムについて見てみます。

CRSはQGIS処理ユーザーのための混乱の偉大な源です、だからここに新しいレイヤーを作成するときにそれらが地理アルゴリズムでどのように扱われるかについてのいくつかの一般的なルールがあります。

  • 入力レイヤーが存在する場合、それは第一レイヤーのCRSを使用します。これは、それらが同じものを持っている必要があるため、すべての入力レイヤーのCRSを想定しています。CRS年代不一致でレイヤーを使用している場合は、QGISはそれについて警告を表示します。入力レイヤーのCRSは、パラメータダイアログで、その名前と一緒に表示されていることに注意してください。

../../../_images/crs_layer.png
  • 何も入力レイヤーが存在しない場合、アルゴリズムでは、特定のCRSのフィールドが含まれていない限り(それが目盛アルゴリズムで最後のレッスンで起きたように)、プロジェクトCRSを使用します。

このレッスンに対応するプロジェクトを開き、23030と4326という名前の2つのレイヤーが表示されます。それら両方に同じ点が含まれているが、異なるのCRSです(EPSG:23030とEPSG:4326)。QGISによりプロジェクトCRS(EPSG:4326)にその場で再投影されたので、それらは同じ場所に表示されますが、それらは実際には同じレイヤーではありません。

ジオメトリ・カラムの出力/追加 を開くアルゴリズム。

../../../_images/add_geom.png

このアルゴリズムは、ベクトルレイヤーの属性テーブルに新しい列を追加します。列の内容は、レイヤーの形状の種類によって異なります。点の場合には、各点のX及びY座標で新しい列を追加します。

入力レイヤーのフィールドに見つかる使用可能なレイヤーのリストには、それに対応するCRSを持つ各レイヤーが表示されます。それが意味するのは、それらはキャンバス内の同じ場所に表示されますが異なる方法で処理されることです。4326レイヤーを選択します。

アルゴリズムの他のパラメータは、アルゴリズムは、それが得られたレイヤーに追加される新たな値を計算するために、座標をどのように使用するかを設定することを可能にします。ほとんどのアルゴリズムは、そのようなオプションを持っている、とだけ座標を直接使用しないでください。彼らがそうであるように、単に座標を使用するには、レイヤーCRS オプションを選択します。これは、ほとんどすべての地理アルゴリズムがどのように機能するかです。

他の2つのレイヤーとまったく同じポイントで新しいレイヤーを取得する必要があります。4326:右のレイヤーの名前をクリックすると、そのプロパティを開くと、それが入力レイヤーの同じCRSを共有していることがわかります、それは、EPSGです。レイヤーはQGISにロードされるとQGISはすでにそれについて知っているので、レイヤーのCRSを入力するよう求められることはありません。

新しいレイヤーの属性テーブルを開くと、それが各ポイントのXとY座標を持つ2つの新しいフィールドが含まれていることがわかります。

../../../_images/attribs2.png

そのオプションを選択したため、これらの座標値はレイヤーのCRSに与えられています。しかし、入力CRSは出力レイヤーのCRSを設定するために使用されているので、別のオプションを選択した場合でも、レイヤーの出力CRSは、同じだったでしょう。別のオプションを選択すると、入力1のCRSに異なるように変更したり、出力に含まレイヤーのCRSする結果のポイントの値が異なることが原因ではなくなります。

今、他のレイヤーを使用して同じ計算を行います。他のものと同じ場所に正確にレンダリングされたレイヤーを見つける必要があり、それはEPSGがあります:それは入力レイヤーの一つだったので、23030のCRSを。

その属性テーブルに行けば、私たちが作成した1層目のものとは異なる値が表示されます。

../../../_images/attribs.png

これは、元のデータが異なるため(それは異なるCRSを使用する)であり、これらの座標は、それから取られます。

このことから何を学ぶべき?これらの例の背後にある主なアイデアは、地理アルゴリズムが、それは、元のデータソースにあるように、レイヤーを使用し、完全にQGISをレンダリングする前にやっているかもしれない再投影を無視するということです。言い換えれば、キャンバスに何を参照してください信用していないが、常に元のデータが使用されることを念頭に置いています。この場合は一度に1つのレイヤーを使用しているのでそれほど重要ではありませんが、それらの複数を必要とするアルゴリズム(例えばクリップアルゴリズムのような)では、一致したり重なったりするように見えるレイヤーは、異なるCRSを持っているかもしれないため、互いに非常に遠くにあるかもしれません。

アルゴリズムは、(次に見る再投影アルゴリズムを除いて)何の再投影を行っていないので、レイヤーがCRSに合致していることを確認することは自己責任です。

CRSを扱う興味深いモジュールは再投影のモジュールです。それは入力レイヤー(再投影するもの)を有しているので、それは、特定の場合を示し、それは出力いずれかのそのCRSを使用しません。

再投影レイヤ を開くアルゴリズム。

../../../_images/reprojection.png

入力として、レイヤーのいずれかを選択し、EPSG選択:先のCRSとして23029を。アルゴリズムを実行して、入力したものと同一の新しいレイヤーを、取得しますが、異なるCRSを持ちます。QGISは、その場でそれを再投影されますが、その元の座標が異なっているので、それは、他のもののように、キャンバスの同じ領域に表示されます。入力として、この新しいレイヤーを使用して、コメントを追加座標が前に計算した2レイヤーの両方の属性テーブル内のものと異なっていることを検証するアルゴリズム* *エクスポートを実行して、/ジオメトリ列を追加していることがわかります。