Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.19. モデラーでの数値計算

警告

すべての問題を報告してください、この章では、十分にテストされていない、注意してください。画像は表示されません

ノート

このレッスンでは、モデラーの数値出力を使用する方法について説明します

このレッスンでは、最後の章(開始前にモデラーで開く)で作成した水文モデルを変更しようとしているので、有効なしきい値の計算を自動化できますし、ユーザーに依頼する必要はありません。それを入力してください。その値が閾値ラスタレイヤ内の変数を指しているので、いくつかの単純な統計分析に基づいて、そのレイヤからそれを抽出します。

前述のモデルから開始し、以下の修正を行いましょう。

まず、 ラスタレイヤ統計 アルゴリズムを使用してフロー流量蓄積レイヤの統計情報を計算します。

../../../_images/stats1.png

これは、今、他のアルゴリズムのすべての数値フィールドのために利用可能になり、統計値のセットを生成します。

水路ネットワーク アルゴリズムを編集する場合、最後のレッスンで行ったように、離れて、追加した数値の入力から他のオプションを持っていることを、今表示されます。

../../../_images/unfolded1.png

それらは非常に現実的ではない水路ネットワークになりますので、この値はいずれも、有効なしきい値として使用するのに適していません。代わりに、より良い結果を得るために、それらに基づいて、いくつかの新しいパラメータを導出できます。例えば、平均+標準偏差の2倍を使用できます。

その演算処理を追加するには、グループ Geoalgorithms /モデラー/モデラー・ツールで見つける電卓を使用できます。このグループは、モデラーの外に非常に有用ではないアルゴリズムが含まれていますが、モデルの作成時には、いくつかの有用な機能を提供します。

電卓アルゴリズムのパラメータ]ダイアログボックスは次のようになります。

../../../_images/calculator.png

ご覧になれるように、ダイアログは、見てきた他のものと異なっているが、そこに 水路ネットワーク アルゴリズムに しきい値 フィールドで使用可能だった同じ変数を持っています。上記の式を入力して、アルゴリズムを追加する OK をクリック。

../../../_images/calculator_dependencies.png

上記のように出力項目を展開すると、モデルが2つの値、つまり平均と標準偏差に接続されていることがわかります。これは、数式で使用した値です。

この新しいアルゴリズムを追加すると、新しい数値を追加します。 チャネルネットワーク アルゴリズムに再度行く場合、今 しきい値 パラメータで、その値を選択できます。

../../../_images/unfolded2.png

OK をクリックすると、モデルは次のようになります。

../../../_images/calculator_output.png

モデルに追加数値入力を使用していないので、それを除去できます。それを右 - クリックして 削除 を選択

警告

TODO:画像を追加します。

新しいモデルが完成しました。