Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.9. 処理ログ

ノート

このレッスンでは、処理ログを説明します。

処理フレームワークで実行されるすべての分析は、QGISのロギングシステムに記録されます。ロギングシステムはまた、いくつかの対話を実装しているので、以前の操作を実行します - これは、彼らが発生したときの問題を解決するために、処理ツールを用いて行われていた、とも再するかについての詳細を知ることができます。

ログを開くには、QGISのステータスバーに、右下のバルーンをクリックしてください。いくつかのアルゴリズムは、ここではそれらの実行に関する情報を残すことがあります。例えば、外部アプリケーションを呼び出すこれらのアルゴリズムは、通常、このエントリには、そのアプリケーションのコンソール出力をログ。あなたはそれを見ている場合は、私たちは実行(および入力データが正しくありませんでしたので、それが実行に失敗)SAGAアルゴリズムの出力はここに格納されていることがわかります。

これは、何が起こっているか理解するのに便利です。上級ユーザーは、アルゴリズムが失敗した理由を見つけるために、その出力を分析できるようになります。上級ユーザーでない方は、これは外部のソフトウェアのインストール中に問題または提供されたデータの問題であるかもしれない、他の人が持っている問題を診断するのを助けるために有用であろう。

アルゴリズムには、そのアルゴリズムが実行できたとしても結果が正しくないかもしれない場合に警告を残すものがあります。例えば、非常に少ない点で補間アルゴリズムを実行するとき、アルゴリズムは実行できて結果は差作成されますが、より多くの点が使用されなければならないので、それは正しくない可能性が高いです。指定されたアルゴリズムのいくつかの側面がわからない場合は、定期的に警告のこのタイプをチェックすることをお勧めします。

処理 メニューから、 履歴 セクションの下に、 アルゴリズム を見つけることができます。それらは、(本書で後述する)コンソールからGUIから実行されていない場合でも実行されているすべてのアルゴリズムは、コンソールコールとして、このセクションに格納されます。それはアルゴリズムを実行するたび、コンソールコマンドがログに追加されたことを意味し、作業セッションの完全な履歴を持っています。これはその履歴がどのように見えるかです:

../../../_images/history1.png

アルゴリズムの構文について学ぶために、コンソールで作業を開始するとき、これは非常に便利です。それはコンソールから分析コマンドを実行する方法について説明するときに使用するでしょう。

履歴は対話的でもあり、そのエントリをダブルクリックするだけで、以前のアルゴリズムを再実行できます。これは、すでに前にした作業を複製する簡単な方法です。

たとえば、次のようにしてみてください。このマニュアルの最初の章に対応するデータを開き、アルゴリズムが説明して実行します。今、ログダイアログに移動して、あなただけ実行したアルゴリズムに対応して、リスト内の最後のアルゴリズムを見つけます。ダブル - 新しい結果はちょうどあなたが、それは通常のダイアログを使用して、ツールボックスからそれを呼び出す実行したときのように、生成する必要があり、それをクリックしてください。

17.9.1. hard 上級編

アルゴリズムを変更することもできます。ただそれをコピーし、 プラグイン->Pythonのconsole を開き、 インポートクラス - > [インポート処理class をクリック し、それから貼り付けて分析(意志のテキストを変更します)を再実行する。結果のファイルを表示するには、 iface.addVectorLayer( '/パス/ filename.shp', '凡例中のレイヤ名', 'OGR') とタイプします。それ以外の場合は、 processing.runandload を使用できます。