Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.26. バッチ プロセシング インタフェースのモデル

警告

注意してください。この章はよく検証されていないため、いかなる問題を見つけたら画像とともに報告ください。

ノート

このレッスンではバッチ処理インターフェースのまた別の例を示しますが、今回は内蔵アルゴリズムでなくモデルを使用します

モデルは他のアルゴリズムとまったく同様で、バッチ処理インターフェースで使用できます。それを実証するための、すでによく知られている水文モデルを使用して行うことができる簡単な例を出します。

モデルがツールボックスに追加した、その後、バッチモードで実行していることを確認します。これは、バッチ処理]ダイアログボックスがどのように見えるかです。

警告

todo:イメージを追加

行を合計5行になるまで追加します。それらのすべてについて、入力として、このレッスンに対応したDEMファイルを選択します。それから、次に示すように5つの異なるしきい値を入力します。

警告

todo:イメージを追加

おわかりのようにバッチ処理インターフェースは、異なるデータセットに同じプロセスを実行するだけでなく、異なるパラメータで同じデータセットに同じプロセスを実行するために実行できます。

OK をクリックすると、指定された5つのしきい値に対応する流域を持つ5つの新しいレイヤーが得られます。