Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.29. ベクトルの簡素化とスムージング

パオロカヴァリーニで貢献モジュール - Faunalia <http://www.faunalia.eu> _

ノート

この章では、ベクトルを簡素化し、鋭い角を滑らかにする方法を示します。

時々、ベクトルの簡易版が必要になります。小さいファイルサイズを持つように、不必要な詳細を取り除きます。多くのツールは非常に粗雑なやり方でこれを行うので、隣接関係を損なったり、多角形が位相的な正しくなくなったりすることもあります。GRASSは、このための理想的なツールです。位相的なGISですので、隣接関係および正しさは非常に高い簡素化レベルであっても保たれています。私たちのケースでは、ラスタから得られたベクターがあり、これはしたがって境界で「のこぎり」パターンを示します。簡素化を適用した結果は直線になります:

  • GRASS ‣ v.generalize [最大許容値30 M]

また、逆の操作を行い、レイヤーをより複雑にして鋭い角を滑らかにできます:

  • GRASS ‣ v.generalize [方法:chaiken]

この2番目のコマンドを、元のベクトルおよび最初の分析からのもの両方に適用してみて、違いを見てください。隣接関係が失われないことに注意してください。

この第2のオプションは、例えば、粗いラスタに起因する等高線、頂点が疎なGPSトラック、等に適用できます