Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.1. はじめに

このガイドでは, QGIS プロセッシングフレームワークを使用する方法について説明します. これはプロセッシングフレームワークや, フレームワークが依存するアプリケーションなどについての知識を必要とするものではありません. QGIS の基本的な知識が必要とされるのみです.

このガイドは自習用に設計されたプロセッシングワークショップを実行するためのものです.

このガイドの例では、QGIS 2.0を使用し、部分的なアップグレードは2.10になっています。それらは動作しないかもしれないか、それ以外のバージョンでは利用できないかもしれません。

このガイドは、漸進的な複雑さの一連の小さな演習で構成されています。処理フレームワークを使用したことがない場合は、最初から開始する必要があります。以前の経験がある場合は、自由にレッスンをスキップしてください。彼らは多かれ少なかれ互いに独立しており、それぞれ新しい概念や新しい要素を導入しています。これは章のタイトルと各章の初めの短い紹介で示されています。これにより、特定のトピックを扱うレッスンを簡単に見つけることができます。

すべてのフレームワークコンポーネントとその使用方法の体系的な説明のために, QGIS マニュアルの該当する章を確認することをお勧めします. このガイドに沿ってサポートテキストとしてください.

このガイドのすべての演習では、QGISのウェブサイト<http://qgis.org/downloads/data/> _からダウンロードできる無料のデータセットを使用しています。ダウンロードするzipファイルには、このガイドの各レッスンに対応する複数のフォルダが含まれています。それぞれにQGISプロジェクトファイルがあります。それを開くだけでレッスンを始める準備が整います。

楽しんで!