Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

17.20. モデル内のモデル

警告

注意してください。この章はよく検証されていないため、いかなる問題を見つけたら画像とともに報告ください。

ノート

このレッスンでは、モデルをより大きなモデル内で使用する方法について説明します。

すでにいくつかのモデルを作成してきましたが、このレッスンでは、単一の大きい方にそれらを組み合わせることができる方法を確認しようとしています。モデルはすでにその後に作成し、別のものの一部として作成したモデルを追加できることを意味し、他のアルゴリズム、同じように動作します。

この場合は、それが結果として生成流域のそれぞれに平均TWI値を追加することによって、水文モデルを拡張しようとしています。これを行うには、TWIを計算して、統計を計算する必要があります。すでにDEMからTWIを計算するモデルを作成しているので、代わりにそれが個別に含まれているアルゴリズムを追加することで、そのモデルを再利用することをお勧めします。

最後のレッスンのための出発点として使用するモデルを見てみましょう

警告

TODO:画像を追加します。

まず、TWIモデルを追加します。それが利用可能であるためには、ツールボックスやモデラーにおけるアルゴリズムのリストには表示されませんそうでなければ、それは、モデルフォルダに保存されている必要があります。それが用意されていることを確認します。

現在のモデルに追加し、その入力として入力DEMを使用しています。TWIレイヤーで統計情報を計算したいだけなので、出力は一時的なものです。私たちが作成しているこのモデルの出力のみがまだ流域のベクトルレイヤーになります。

ここでは、対応するパラメータダイアログは次のとおりです。

警告

TODO:画像を追加します。

今、私たちはそれぞれの流域に対応TWIの値を含む新しいものを生成するために、流域ベクトルレイヤーと一緒に使用できるTWIレイヤーを持っています。

この計算は、ポリゴンでのグリッドの統計情報 アルゴリズムでを使用して行われます。最終的な結果を作成するために、入力として上記のレイヤーを使用します。

警告

TODO:画像を追加します。

*アルゴリズム*ベクタライズグリッドクラスの出力は、もともと私たちの最終的な出力だったが、今はちょうど中間結果としてそれをしたいです。それを変更するには、我々はアルゴリズムを編集する必要があります。ただ、ダブル - そのパラメータのダイアログが表示され、出力の名前を削除するには、それをクリックしてください。それがデフォルトであるようつまり、一時的な出力になります。

警告

TODO:画像を追加します。

これは、最終的なモデルは次のようになります方法です。

警告

TODO:画像を追加します。

ご覧のとおり、別のモデルでモデルを使用することは特別なものではありません、別のアルゴリズムを追加するだけのようにいる限り、モデルがモデルフォルダに保存され、ツールボックスで提供されているとして、それを追加できます。