25.1.8. モデラツール

警告

これらのツールは、グラフィカルモデラーでのみ利用可能です。プロセシングツールボックスでは使用できません。

25.1.8.1. 条件分け

モデルに条件分岐を追加し、式の評価結果に基づいてモデルのパーツを実行することができます。主にツールの依存関係からモデルのフローを制御するために使用します。

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

フィールド

BRANCH

[文字列]

条件の名前

フィールド

CONDITION

[式]

評価する式

出力

なし

Python コード

アルゴリズムID: native:condition

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。

25.1.8.2. Create directory

Creates a new directory on a file system. Directories will be created recursively, creating all required parent directories in order to construct the full specified directory path. No errors will be raised if the directory already exists.

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

Directory path

PATH

[文字列]

Folder path to create

出力

ラベル

名前

データ型

説明

Output

OUTPUT

[folder]

Created folder

Python コード

Algorithm ID: native:createdirectory

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。

25.1.8.3. Feature filter

Filters features from the input layer and redirects them to one or several outputs. If you do not know about any attribute names that are common to all possible input layers, filtering is only possible on the feature geometry and general record mechanisms, such as $id and uuid.

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

Input layer

INPUT

[vector: any]

The input layer.

Outputs and filters

(one or more)

OUTPUT_<name of the filter>

[入力レイヤと同じ]

The output layers with filters (as many as there are filters).

出力

ラベル

名前

データ型

説明

Output

(one or more)

native:filter_1:OUTPUT_<name of filter>

[入力レイヤと同じ]

The output layers with filtered features (as many as there are filters).

Python コード

Algorithm ID: native:filter

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。

25.1.8.4. Filter by geometry type

Filters features by their geometry type. Incoming features will be directed to different outputs based on whether they have a point, line or polygon geometry.

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

Input layer

INPUT

[vector: any]

Layer to evaluate

出力

ラベル

名前

データ型

説明

Point features

Optional

POINTS

[vector: point]

Layer with points

Line features

Optional

LINES

[vector: line]

Layer with lines

Polygon features

Optional

POLYGONS

[vector: polygon]

Layer with polygons

Features with no geometry

Optional

NO_GEOMETRY

[table]

Geometry-less vector layer

Python コード

Algorithm ID: native:filterbygeometry

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。

25.1.8.5. Filter layers by type

Filters layers by their type. Incoming layers will be directed to different outputs based on whether they are a vector or raster layer.

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

Input layer

INPUT

[レイヤ]

Generic Map Layer

出力

ラベル

名前

データ型

説明

Vector features

Optional

VECTOR

[vector]

A Vector Layer of the input, if compatible

Raster layer

Optional

RASTER

[raster]

A Raster Layer of the input, if compatible

Python コード

Algorithm ID: native:filterlayersbytype

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。

25.1.8.6. レイヤをプロジェクトに読み込む

レイヤを現在のプロジェクトに読み込みます。

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

レイヤ

INPUT

[レイヤ]

凡例に読み込むレイヤ

ロードされたレイヤ名

NAME

[文字列]

読み込んだレイヤの名前

出力

ラベル

名前

データ型

説明

レイヤ

OUTPUT

[入力レイヤと同じ]

読み込まれ(て名前を変更され)たレイヤ

Python コード

Algorithm ID: native:loadlayer

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。

25.1.8.7. 例外発生

例外を発生させ、モデルの実行を中止します。例外メッセージはカスタマイズ可能で、オプションとして式による条件も指定できます。条件式を指定する場合、条件式がTrue である場合にのみ、例外を発生させます。False の場合には例外は発生せず、モデルの実行が継続します。

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

メッセージ

MESSAGE

[文字列]

表示するメッセージ

条件式

Optional

CONDITION

[式]

評価する式

出力

A message in the log panel.

Python コード

アルゴリズムID: native:raiseexception

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。

25.1.8.8. 警告メッセージ出力

ログに警告メッセージを表示します。この警告メッセージはカスタマイズ可能で、オプションとして式による条件を指定できます。条件式を指定する場合、条件式がTrue である場合にのみ、警告メッセージを表示します。False の場合には警告は表示されません。

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

メッセージ

MESSAGE

[文字列]

表示するメッセージ

条件式

Optional

CONDITION

[式]

評価する式

出力

A message in the log panel.

Python コード

アルゴリズムID: native:raisewarning

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。

25.1.8.9. レイヤ名の変更

レイヤ名を変更します。

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

レイヤ

INPUT

[レイヤ]

名前を変更したいレイヤ

新しい名前

NAME

[文字列]

レイヤの新しい名前

出力

ラベル

名前

データ型

説明

レイヤ

OUTPUT

[入力レイヤと同じ]

(名前を変更された)結果のレイヤ

Python コード

アルゴリズムID: native:renamelayer

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。

25.1.8.10. ログをファイルに保存する

モデルの実行ログをファイルに保存します。オプションとして、HMTLフォーマットでログを出力できます。

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

HTMLフォーマットを使う

USE_HTML

[ブール値]

デフォルト: False

ログにHTML形式を使用します

出力

ラベル

名前

データ型

説明

ログファイル

OUTPUT

[文字列]

ログの保存先

Python コード

アルゴリズムID: native:savelog

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。

25.1.8.11. プロジェクト変数を設定

現在のプロジェクトの式変数を設定します。

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

変数名

NAME

[文字列]

変数の名前

変数値

VALUE

[文字列]

格納される値

出力

なし

Python コード

アルゴリズムID: native:setprojectvariable

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。

25.1.8.12. 文字列連結

プロセシングモデラー内で、2つの文字列を1つに連結します。

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

入力1

INPUT_1

[文字列]

1つ目の文字列

入力2

INPUT_2

[文字列]

2つめの文字列

出力

ラベル

名前

データ型

説明

連結文字列

CONCATENATION

[文字列]

連結された文字列

Python コード

Algorithm ID: native:stringconcatenation

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。

25.1.8.13. Variable distance buffer

警告

This algorithm is deprecated and can be removed anytime. Prefer using バッファ(buffer) algorithm instead.

Computes a buffer area for all the features in an input layer.

The size of the buffer for a given feature is defined by an attribute, so it allows different features to have different buffer sizes.

パラメータ

ラベル

名前

データ型

説明

Input layer

INPUT

[vector: any]

Input vector layer

Distance field

DISTANCE

[tablefield: numeric]

Attribute for the distance radius of the buffer

Segments

SEGMENTS

[number]

Default: 5

Controls the number of line segments to use to approximate a quarter circle when creating rounded offsets.

Dissolve result

DISSOLVE

[boolean]

Default: False

Choose to dissolve the final buffer, resulting in a single feature covering all input features.

../../../../_images/buffer_dissolve1.png

図 25.8 Normal and dissolved buffer

End cap style

END_CAP_STYLE

[enumeration]

Default: Round

Controls how line endings are handled in the buffer.

../../../../_images/buffer_cap_style.png

図 25.9 Round, flat and square cap styles

Join style

JOIN_STYLE

[enumeration]

Default: Round

Specifies whether round, miter or beveled joins should be used when offsetting corners in a line.

Miter limit

MITER_LIMIT

[number]

Default: 2.0

Only applicable for mitered join styles, and controls the maximum distance from the offset curve to use when creating a mitered join.

出力

ラベル

名前

データ型

説明

Buffer

OUTPUT

[vector: polygon]

Buffer polygon vector layer.

Python コード

Algorithm ID: qgis:variabledistancebuffer

import processing
processing.run("algorithm_id", {parameter_dictionary})

algorithm id は、プロセシングツールボックス内でアルゴリズムにマウスカーソルを乗せた際に表示されるIDです。 parameter dictionary は、パラメータの「名前」とその値を指定するマッピング型です。Python コンソールからプロセシングアルゴリズムを実行する方法の詳細については、 プロセシングアルゴリズムをコンソールから使う を参照してください。