4. QGISの主な機能

QGISはコア機能とプラグインにより豊富なGIS機能を提供しています。ロケータバーが機能やデータセットやその他の検索を容易にしています。

主要機能とプラグインが構成する6つの総合的なカテゴリについて、以下に簡単にまとめます。また付属のPythonコンソールについても簡単に案内します。

4.1. データの閲覧

様々なフォーマットと投影法による平面もしくは3Dのベクタデータおよびラスタデータを、内部フォーマットや共通フォーマットへ変換することなく、組み合わせて閲覧することができます。サポートされているフォーマットは以下のものです。

  • PostGISやSpatiaLite、MS SQL Spatialを使用した空間属性をもつテーブルやビュー、Oracle Spatial、インストールされたOGRライブラリでサポートされているベクターフォーマット、具体的にはGeoPackage、ESRI Shapefile、MapInfo、SDTS、GML、などその他多数。詳しくは ベクタデータの操作 のセクションを参照してください。

  • インストールされたGDAL (Geospatial Data Abstraction Library) でサポートされているラスターフォーマットと画像フォーマット、具体的にはGeoTIFF、ERDAS IMG、ArcInfo ASCII GRID、JPEG、PNG、などその他多数。詳しくは ラスタデータの操作 のセクションを参照してください。

  • メッシュデータ(TINとレギュラーグリッドがサポートされています)。詳しくは メッシュデータの操作 を参照してください。

  • ベクタタイル

  • GRASSデータベース(location/mapset)から提供されるGRASSラスタデータとベクタデータ。 GRASS GIS の統合 を参照して下さい.

  • OGC Webサービスとして提供されているオンライン空間データ、つまりWMS、WMTS、WCS、WFS、WFS-T。 Working with OGC / ISO protocols を参照して下さい。

    QGIS認証基盤はWebサービスその他のリソースにおけるユーザーとパスワード、証明書とキーの管理の助けとなります。

  • スプレッドシート(ODS / XLSX)

時系列データ

4.2. データの検索と地図の作成

親しみやすいGUIを通して、地図の作成と、空間データのインタラクティブな検索ができます。以下のような多くの便利なツールがGUIで利用可能です。

  • QGISブラウザ

  • オンザフライ再投影

  • DB マネージャ

  • 印刷レイアウト

  • レポート

  • 全体図パネル

  • 空間ブックマーク

  • 注記ツール

  • 地物の特定/選択

  • 属性の編集/表示/検索

  • データ定義の地物ラベリング

  • データ定義のベクターおよびラスター地図記号ツール

  • グリッドレイヤを使った地図帳の構成

  • 地図に表示する北向き矢印、スケールバー、著作権表示

  • プロジェクトの保存と読み込みのサポート

4.3. データの作成、編集、管理とエクスポート

ベクタとラスタのレイヤを作成、編集、管理して多くの形式でエクスポートできます。QGISは以下の機能を提供しています。

  • ベクタデジタイジングツール

  • 複数のファイルフォーマットとGRASSベクタレイヤを作成し編集する機能

  • 画像をジオコードするジオレファレンサプラグイン

  • GPSツールはGPX形式のインポートとエクスポートができます。またその他のGPS形式をGPXに変換したりGPSユニットから直接ダウンロード/アップロードができます(Linuxでは usb: はGPSデバイスのリストに追加されています)

  • OpenStreetMapデータの可視化と編集のサポート

  • DBマネージャプラグインによりファイルから空間データベースを作る機能

  • 空間データベーステーブルのより進んだ扱い

  • ベクタ属性テーブルを管理するツール

  • スクリーンショットをジオリファレンスされた画像として保存するオプション

  • スタイルを出力する拡張された性能をもつDXF出力ツールや、CADのような機能が備わったプラグイン

4.4. データの解析

空間データベースやその他のOGRでサポートされているフォーマット上で、空間データ分析を行うことができます。現在QGISはベクター分析、ラスター分析、サンプリング、ジオプロセシング、ジオメトリ、データベース管理ツールを提供しています。QGISに統合されたGRASSツールを使うこともでき、そこでは400以上の完全なGRASS機能を使うことができます( GRASS GIS の統合 のセクションを参照してください)。あるいはプロセシングプラグインを使って作業することもできます。このプラグインはGDALやSAGA、GRASS、R、その他QGISに内臓の、あるいはサードパーティー製アルゴリズムを呼び出すための、強力な地理空間分析フレームワークを提供します( はじめに のセクションを参照してください)。すべての分析機能はバックグラウンドで行われますので、処理が終わるまで待たずに他の作業を続けることができます。

グラフィカルモデラーによって、直感的なグラフィカルな環境のもとで、複数の機能を組み合わせたり繋げたりして完全なワークフローを作り上げることが可能です。

4.5. インターネットでの地図の公開

QGISはWMS、WMTS、WMS-C、WFS、またはWFS-Tクライアントとして使うことができます( Working with OGC / ISO protocols のセクション参照)。また、QGISサーバ( QGIS Server Guide/Manual 参照)はWeb サーバを使用して、WMS、WCS、WFSプロトコルでインターネット上にデータを公開することができます。

4.6. プラグインによるQGIS機能の拡張

QGISは拡張可能なプラグインアーキテクチャとプラグインをつくるためのライブラリによってあなたの特別な要求にも答えられるようになっています. あなたはC++やPythonを使って新たなアプリケーションを作ることさえ可能です!

4.6.1. コアプラグイン

コアプラグインに含まれているものは以下の通りです。

  1. DBマネージャ(レイヤの交換・編集・表示とテーブルとデータベースの相互変換、SQLクエリの実行)

  2. ジオメトリチェッカー(ジオメトリのエラーをチェックします)

  3. ジオリファレンサーGDAL (GDALを利用してラスタにプロジェクション情報を付加します)

  4. GPS ツール (GPS データのロードとインポート)

  5. GRASS 7 (統合されたGRASS GIS)

  6. メタサーチカタログクライアント(Web用のOGCカタログサービス (CSW) 規格をサポートするメタデータカタログサービスの操作)

  7. オフライン編集(データベースのオフライン編集と同期を行います)

  8. プロセッシング(QGIS用空間データプロセッシングフレームワーク)

  9. トポロジチェッカー(ベクタレイヤ内のトポロジーエラーを検出する)

4.6.2. 外部Pythonプラグイン

QGISは、コミュニティによって提供される多くの外部Pythonプラグインを提供しています。これらのプラグインは公式のプラグインリポジトリにあり、Python プラグインインストーラを使用して簡単にインストールできます。セクション プラグインダイアログ を参照。

4.7. Python コンソール

スクリプト実行には統合されたPythonコンソールを利用することが可能です。コンソールは プラグイン ► Pythonコンソール メニューから開くことができます。コンソールは非モーダルユーティリティウィンドウとして開きます。QGIS環境をインタラクティブに利用するために QgisInterface クラスのインスタンスである qgis.utils.iface という変数が利用できます。このインターフェイスでは地図キャンバス、メニュー、ツールバー及びQGISアプリケーションの他の部分へのアクセスを提供します。スクリプトを作成して、その後QGISウィンドウにドラッグアンドドロップすると自動的に実行できます。

PythonのコンソールおよびQGISのプラグインやアプリケーションのプログラミングに詳細については PyQGIS 開発者用 Cookbook を参照して下さい。

4.8. 既知の問題

4.8.1. ファイル数の制限

もし大きな QGIS プロジェクトを開いていて、多くのレイヤが正常だけどいくつかのレイヤがおかしい場合、おそらくこの問題に遭遇しています。Linux(そして他の OSでも同様)ではあるプロセスが開けるファイルの数の制限があります。プロセスごとのリソースの制限は継承されます。シェルに組み込まれている ulimit コマンドを使うと、現在のシェルプロセスについてその制限を変更できます;あたらしい制限はすべての子プロセスに継承されます。

このようにキーボード入力するとすべての現状の ulimit を見ることができます :

$ ulimit -aS

コンソール上で以下のコマンドを使用すると、現在許容されているプロセスあたりの開かれたファイルの数を見ることができます:

$ ulimit -Sn

既存のセッション の制限を変更したい場合, 次のような操作で可能です :

$ ulimit -Sn #number_of_allowed_open_files
$ ulimit -Sn
$ qgis

問題をずっと解決するためには

ほとんどのLinuxシステムではログイン時のリソースの制限は pam_limits モジュールで行われその設定は /etc/security/limits.conf/etc/security/limits.d/*.conf の記述にしたがっています. もしあなたがルート権限を持っているなら (または sudoを使って)それらのファイルを編集するべきです, しかし再度ログインするまで変更は有効になりません.

更なる情報:

https://www.cyberciti.biz/faq/linux-increase-the-maximum-number-of-open-files/ https://linuxaria.com/article/open-files-in-linux