4. 機能

QGIS offers a wealth of GIS functions, provided by core features and plugins. The locator bar makes it easy to search for functions, datasets and more.

A short summary of six general categories of features and plugins is presented below, followed by first insights into the integrated Python console.

4.1. データを見る

内部形式や共通形式に変換することなく異なる形式と投影法のベクタとラスタデータ(2Dと3Dで)の組み合わせを表示することができます。サポートされている形式は以下のものです:

  • PostGISやSpatiaLite,MSSQL Spatial,Oracle Spatialなどでは使用して空間情報が利用可能になっているテーブルやビューはインストールされているOGRライブラリを使ってサポートされます。そこにはGeoPackage,ESRI Shapefile, MapInfo, SDTS, GML等その他多くのものも含まれます。 ベクターデータの操作 のセクションを参照してください。

  • GeoTiff, Erdas Img., ArcInfo Ascii Grid, JPEG, PNG のようなラスターと画像の形式はインストールされているGDAL(Geospatial Data Abstraction Library) ライブラリにサポートされています,詳しくは ラスターデータの操作 セクションを参照して下さい.

  • Mesh data (TINs and regular grids are supported). See メッシュデータの操作.

  • GRASSデータベース(location/mapset)から提供されるGRASSラスタとベクタ. GRASS GIS の統合 を参照して下さい.

  • オンライン空間データは WMS, WMTS, WCS, WFS, WFS-TのようなOGC Webサービスとして提供されます, OGCデータの操作 を参照して下さい.

    The QGIS authentication infrastructure helps you manage user/password, certificates and keys for web services and other resources.

  • Spreadsheets (ODS / XLSX)

4.2. データの検索と表示地図の構成

親しみやすいGUIによって地図の作成ができ、インタラクティブに空間データを検索できます。GUIで多くの便利なツールが利用可能です。例えば:

  • QGISブラウザ

  • オンザフライ再投影

  • DB マネージャ

  • 印刷レイアウト

  • Report

  • 全体図パネル

  • 空間ブックマーク

  • 注記ツール

  • 地物特定/地物選択

  • 属性の編集/表示/検索

  • データ定義地物ラベリング

  • データで定義されたベクターおよびラスターの地図記号ツール

  • グリッドレイヤを使った地図帳の構成

  • 地図に表示する北向き矢印,スケールバー,著作権表示

  • プロジェクトの保存と読み込みのサポート

4.3. データの作成、編集、管理と出力

ベクタとラスタのレイヤを作成、編集、管理して多くの形式でエクスポートできます。QGISは以下のものを提供しています:

  • Vector digitizing tools

  • 複数の形式のファイルとGRASSベクタレイヤを作成と編集する機能

  • 画像をジオコードするジオレファレンサプラグイン

  • GPSツールはGPX形式のインポートとエキスポートができます。またその他のGPS形式をGPXに変換したりGPSユニットから直接ダウンロード/アップロードができます(Linuxでは usb: はGPSデバイスのリストに追加されています)

  • OpenStreetMapデータの可視化と編集のサポート

  • DBマネージャプラグインを利用するとファイルから空間データベースを作ることができます

  • 空間データベーステーブルの扱い改善

  • ベクタ属性テーブルを管理するツール

  • スクリーンショットをジオリファレンスされた画像として保存するオプション

  • スタイルを出力する性能や,CADのような機能が備わったプラグインが強化されたDXF出力ツール

4.4. データ解析

You can perform spatial data analysis on spatial databases and other OGR-supported formats. QGIS currently offers vector analysis, raster analysis, sampling, geoprocessing, geometry and database management tools. You can also use the integrated GRASS tools, which include the complete GRASS functionality of more than 400 modules (see section GRASS GIS の統合). Or, you can work with the Processing plugin, which provides a powerful geospatial analysis framework to call native and third-party algorithms from QGIS, such as GDAL, SAGA, GRASS, R, and more (see section はじめに). All analysis functions are run in the background, allowing you to continue your work before the processing has finished.

The graphical modeller allows you to combine / chain functions into a complete workflow in an intuitive graphical environment.

4.5. インターネットへの地図公開

QGIS can be used as a WMS, WMTS, WMS-C or WFS and WFS-T client, and as a WMS, WCS or WFS server (see section OGCデータの操作). Additionally, you can publish your data on the Internet using a webserver with QGIS Server, UMN MapServer or GeoServer installed.

4.6. プラグインを利用したQGIS機能の拡張

QGISは拡張可能なプラグインアーキテクチャとプラグインをつくるためのライブラリによってあなたの特別な要求にも答えられるようになっています. あなたはC++やPythonを使って新たなアプリケーションを作ることさえ可能です!

4.6.1. コアプラグイン

コアプラグインに含まれるもの:

  1. DBマネージャ(レイヤの交換、編集と表示とテーブルとデータベースの相互変換;SQLクエリの実行)

  2. eVIS (イベントの可視化)

  3. ジオメトリチェッカー(ジオメトリのエラーをチェックします)

  4. ジオリファレンサーGDAL (GDALを利用してラスタにプロジェクション情報を付加します)

  5. GPS ツール (GPS データのロードとインポート)

  6. GRASS 7 (統合されたGRASS GIS)

  7. メタサーチカタログクライアント(Web用のOGCカタログサービス(CSW)規格をサポートするメタデータカタログサービスの操作)

  8. オフライン編集(データベースのオフライン編集と同期を行います)

  9. プロセッシング(QGIS用空間データプロセッシングフレームワーク)

  10. トポロジチェッカー(ベクタレイヤ内のトポロジーエラーを検出する)

4.6.2. 外部Pythonプラグイン

QGISは、コミュニティによって提供される多くの外部Pythonプラグインを提供しています。これらのプラグインは公式のプラグインリポジトリにあり、Python プラグインインストーラを使用して簡単にインストールできます。セクション プラグインダイアログ を参照。

4.7. Python コンソール

スクリプト実行には統合されたPythonコンソールを利用することが可能です。コンソールは プラグイン ‣ Pythonコンソール メニューから開くことができます。コンソールは非モーダルユーティリティウィンドウとして開きます。QGIS環境をインタラクティブに利用するために QgisInterface クラスのインスタンスである qgis.utils.iface という変数が利用できます。このインターフェイスでは地図キャンバス、メニュー、ツールバー及びQGISアプリケーションの他の部分へのアクセスを提供します。スクリプトを作成して、その後QGISウィンドウにドラッグアンドドロップすると自動的に実行できます。

PythonのコンソールおよびQGISのプラグインやアプリケーションのプログラミングに詳細については PyQGIS 開発者用 Cookbook を参照して下さい。

4.8. 既知の問題

4.8.1. ファイル数の制限

もし大きな QGIS プロジェクトを開いていて、多くのレイヤが正常だけどいくつかのレイヤがおかしい場合、おそらくこの問題に遭遇しています。Linux(そして他の OSでも同様)ではあるプロセスが開けるファイルの数の制限があります。プロセスごとのリソースの制限は継承されます。シェルに組み込まれている ulimit コマンドを使うと、現在のシェルプロセスについてその制限を変更できます;あたらしい制限はすべての子プロセスに継承されます。

このようにキーボード入力するとすべての現状の ulimit を見ることができます :

$ ulimit -aS

コンソール上で以下のコマンドを使用すると、現在許容されているプロセスあたりの開かれたファイルの数を見ることができます:

$ ulimit -Sn

既存のセッション の制限を変更したい場合, 次のような操作で可能です :

$ ulimit -Sn #number_of_allowed_open_files
$ ulimit -Sn
$ qgis

問題をずっと解決するためには

ほとんどのLinuxシステムではログイン時のリソースの制限は pam_limits モジュールで行われその設定は /etc/security/limits.conf/etc/security/limits.d/*.conf の記述にしたがっています. もしあなたがルート権限を持っているなら (または sudoを使って)それらのファイルを編集するべきです, しかし再度ログインするまで変更は有効になりません.

更なる情報:

https://www.cyberciti.biz/faq/linux-increase-the-maximum-number-of-open-files/ https://linuxaria.com/article/open-files-in-linux