Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

.

特徴

QGIS は多くのGIS共通機能を本体のコア機能と多くのプラグインで提供してます. ここでは簡潔に6つのカテゴリーに分けて特徴とプラグインについて説明します.その後に組み込みPythonコンソールについて最初の説明があります.

データを見る

異なる形式,投影法のベクタ,ラスタデータを内部形式に変換することなくそのまま 閲覧したりオーバーレイ表示することができます. 利用できるデータ形式は以下の通りです:

  • PostGISやSpatiaLite、MSSQL Spatial、Oracle Spatialなどを使用して空間情報が利用可能になっているテーブルやビューを利用できます.ベクタフォーマットはインストールされたOGRライブラリによってサポートされ,ESRI shapeファイル,MapInfo,SDTS,GML,その他多くのものが利用できます ベクタデータの操作 のセクションを参照してください.

  • GeoTiff, Erdas Img., ArcInfo Ascii Grid, JPEG, PNG のようなラスタとイメージ形式はインストールされているGDAL(Geospatial Data Abstraction Library) ライブラリにサポートされています,詳しくは ラスタデータの操作 セクションを参照して下さい.

  • GRASSデータベース(location/mapset)のGRASSラスタとベクタ. GRASS GIS の統合 参照.

  • オンライン空間データは WMS, WMTS, WCS, WFS, WFS-TのようなOGC Webサービスとして提供されます, OGCデータの操作 を参照して下さい.

  • OpenStreetMap data. See section オープンストリートマップ.

データの検索と表示地図の構成

フレンドリーなGUIによって地図の作成が出来,インタラクティブな空間データを検索することができます.GUIに含まれている数多くの便利なツールが利用可能です.例えば:

  • QGIS ブラウザ

  • オンザフライ再プロジェクション

  • DB マネージャ

  • マップコンポーザ

  • 全体図パネル

  • 空間ブックマーク

  • 注記ツール

  • 地物情報表示/地物選択

  • 属性の編集/表示/検索

  • データ定義の地物ラベリング

  • データ定義のベクタとラスタシンボロジツール

  • グリッドレイヤを使った地図帳の構成

  • 地図のための北向き矢印 スケールバーと著作権ラベル

  • プロジェクトの保存と読み込みのサポート

データの作成、編集、管理と出力

ベクタとラスタのレイヤを作成,編集,管理して多くの形式でエキスポートすることができます. QGIS は以下のものを提供しています:

  • OGRでサポートされる形式とグラスベクタレイヤ用のデジタイジングツール

  • ShapefileとGRASSベクタレイヤの作成と編集機能

  • イメージをジオコードするジオレファレンサプラグイン

  • GPX形式に入出力したり、GPXを他のGPXフォーマットに変換したり、あるいはGPSユニット(Linux上で、usb: has been addedto list of GPS devices)に直接ダウンロード/アップロードするためのGPSツール

  • OpenStreetMapデータの可視化と編集のサポート

  • DBマネージャプラグインを使ったshapefileから空間データベースを作る機能

  • 空間データベーステーブルの扱い改善

  • ベクタ属性テーブルを管理するツール

  • スクリーンショットをジオリファレンスされたイメージとして保存するオプション

データ解析

空間データベースやその他のOGRにサポートされているフォーマットを用いて空間データ解析を行うことが出来ます. QGIS は現在,ベクタ分析,サンプリング,ジオプロセッシング,ジオメトリ,データベースマネジメントツールを提供しています.また400以上のモジュールによる完全なGRASS機能を内蔵されているGRASSツールで用いることも出来ます ( GRASS GIS の統合 セクションを参照してください).また、ネイティブに呼び出す,あるいは QGIS から呼び出すことができるGDALやSAGA,GRASS,fToolsその他のサードパーティーの強力な地理空間解析フレームワークを提供するプロセッシングプラグインを用いることも出来ます ( はじめに セクションを参照してください).

インターネットへの地図公開

QGIS は WMS, WMTS, WMS-C またはWFS と WFS-T クライアントとして利用できます, そして WMS ,WCS または WFS サーバ (セクション OGCデータの操作 参照)として利用できます. 加えて UMN MapServer または GeoServer がインストールされているウェッブサーバを使ってそれらのデータをインターネットに公開できます.

プラグインを利用した QGIS 機能の拡張

QGIS は拡張可能なプラグインアーキテクチャとプラグインをつくるためのライブラリによってあなたの特別な要求にも答えられるようになっています. あなたはC++やPythonを使って新たなアプリケーションを作ることさえ可能です!

コアプラグイン

コアプラグインに含まれるもの:

  1. 座標取得 (マウスで指示した位置の座標を異なるCRSで返します)

  2. データベース管理(交換,編集とレイヤとテーブルの閲覧,SQLクエリの実行)

  3. グラフオーバーレイ(ベクタレイヤの上にグラフを配置します)

  4. Dxf2Shp コンバータ (DXFファイルをshapefileに変換します)

  5. eVIS (イベントを可視化します)

  6. fTools (ベクタデータの解析と管理を行います)

  7. GDALツールス(QGIS へのGDALツールスの統合)

  8. ジオリファレンサーGDAL (GDALを利用してラスタにプロジェクション情報を付加します)

  9. GPS ツール (GPS データのロードとインポート)

  10. GRASS (統合されたGRASS GIS)

  11. ヒートマップ(ポイントデータからラスタヒートマップをつくる機能)

  12. 補間プラグイン(ベクタレイヤの頂点を利用して補間を行う)

  13. オフライン編集(データベースのオフライン編集と同期を行います)

  14. Oracle Spatial Georaster

  15. プロセッシング(元 SEXTANTE)

  16. ラスタ地形解析(ラスタベース地形解析)

  17. ロードグラフプラグイン(最短経路ネットワーク解析)

  18. 空間検索プラグイン

  19. SPIT(ShapeファイルをPostgreSQL/PostGISにインポートする)

  20. SQL Anywhereプラグイン(SQL Anywhereデータベースにベクタレイヤを保存する)

  21. トポロジチェッカー(ベクタレイヤ内のトポロジーエラーを検出する)

  22. 地域統計プラグイン(ベクタレイヤの各ポリゴンでラスタのカウント,合計,平均を算出します)

外部Pythonプラグイン

QGIS はコミュニティで作成され増大し続けている外部Pythonプラグインを提供しています.これらのプラグインは公式プラグインリポジトリに登録されていてPythonプラグインインストーラーによって簡単にインストールすることが出来ます The Plugins Menus セクションを参照してください.

Python コンソール

スクリプトのためには、内蔵されているPythonコンソールが利用可能です.これはメニュー: プラグイン ‣ Pythonコンソール から開くことが出来ます.コンソールは非モーダルユーティリティウィンドウとして開きます. QGIS 環境との相互作用のために qgis.utils.iface 変数があり,これは QgsInterface のインスタンスになります.このインターフェースはマップキャンバスやメニュー,ツールバー,そしてその他の QGIS アプリケーションのパーツへのアクセスを許可します.

Pythonコンソールと QGIS プラグインとアプリケーションのプログラミングについての更に詳しい情報は、http://www.qgis.org/html/ja/docs/pyqgis_developer_cookbook/index.html を参照してください.

既知の問題

ファイル数の制限

もしあなたが大きな QGIS プロジェクトを開いていて多くののレイヤが正常だけどいくつかのレイヤがおかしい場合たぶんこの問題に遭遇します. Linux (そして他の OSでも同じように) ではあるプロセスが開けるファイルの数の制限があります. プロセスごとのリソースの制限は継承されます. シェルに組み込まれている ulimit コマンドを使うと, 現在のシェルプロセスについてその制限を変更することができます; あたらしい制限はすべての子プロセスに継承されます.

現状のulimit を次のようにタイプすると見ることができます

[email protected]:~$ ulimit -aS

以下のコマンドをコンソールで入力するとプロセス毎に許されているファイルオープン数を表示することができます

[email protected]:~$ ulimit -Sn

To change the limits for an existing session, you may be able to use something like

[email protected]:~$ ulimit -Sn #number_of_allowed_open_files
[email protected]:~$ ulimit -Sn
[email protected]:~$ qgis

問題をずっと解決するためには

ほとんどのLinuxシステムではログイン時のリソースの制限は pam_limits モジュールで行われその設定は /etc/security/limits.conf/etc/security/limits.d/*.conf の記述にしたがっています. もしあなたがルート権限を持っているなら (または sudoを使って)それらのファイルを編集するべきです, しかし再度ログインするまで変更は有効になりません.

更なる情報:

http://www.cyberciti.biz/faq/linux-increase-the-maximum-number-of-open-files/ http://linuxaria.com/article/open-files-in-linux?lang=en