Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

編集

QGISはOGR、SpatiaLite、PostGISに、MSSQL SpatialおよびOracle Spatialのベクトルレイヤーとテーブルを 編集 するためのさまざまな機能をサポートしています。

ノート

GRASSレイヤを編集する手順は異なります- 詳細は GRASSベクタレイヤのデジタイジングと編集 のセクションを参照ください。

ちなみに

同時編集

他の誰かが同じ時間に同じ機能を編集しているかどうかをQGISのこのバージョンでは追跡しません。その編集内容を保存するには、最後の人が勝ち。

スナップ許容量と検索半径の設定

ベクトルレイヤーの形状の最適かつ正確な編集のために、地物の頂点の許容範囲と検索半径をスナップの適切な値を設定する必要があります。

スナッピング許容値

スナップ許容誤差 とは、QGISは新しい頂点を設定するときに接続するか、既存の頂点を移動しようとしている最も近い頂点および/またはセグメントの` `search``に使用する距離です。スナップ許容範囲内にない場合は、QGISではなく、既存の頂点および/またはセグメントにそれを合わせる、マウスボタンを放し頂点を残すだろう。スナップ許容誤差の設定が許容誤差で動作するすべてのツールに影響します。

  1. 一般的な、プロジェクト全体のスナップ許容誤差は 設定 - > options オプション... Digitizing タブを選択することによって定義できます。デフォルトのスナップモードとして「頂点およびセグメントに」または「セグメントに」、「頂点に」の間を選択できます。また、デフォルトスナップ許容値と頂点の編集のための検索半径を定義することができます。公差は、マップ単位またはピクセルのいずれかに設定できます。ピクセルを選択する利点は、ズーム操作の後にスナップ許容誤差を変更する必要がないことです。(アラスカデータセットを扱う)私たちの小さなデジタル化プロジェクトでは、フィートのスナップ単位を定義します。結果は異なる場合がありますが、1:10000の縮尺で300フィートのために何かは、合理的に設定する必要があります。

  2. グローバルスナップオプションを無効にしますレイヤーベースのスナップ許容誤差を選択することによって定義できます 設定 - > options スナップ。これは、有効にして( figure_edit_1 を参照)レイヤーごとにスナップのモードと許容誤差を調整します。このダイアログはスナップするレイヤー(複数可)を選択するために3つの異なるモードを提供しています:

    • :guilabel:`現在レイヤー :アクティブなレイヤーだけが使用されます、レイヤー内のトポロジが編集されることを確実にする便利な方法です

    • すべてlayers :プロジェクト内のすべての可視レイヤーのための迅速かつ簡単な設定ポインタはすべての頂点および/またはセグメントに収まるようになっています。ほとんどの場合、このスナップモードを使用するのに十分です。

    • Advanced :レイヤーを編集し、別のレイヤーにその頂点をスナップ、ターゲットレイヤーが確認されていることを確認し、より大きな値にスナップ許容値を増やす必要がある場合。さらに、スナップは関係なく、グローバルなスナップ許容値の、スナップオプション]ダイアログボックスでチェックされていないレイヤーに発生することはありません。ですからにスナップする必要がこれらのレイヤーのチェックボックスをマークしてください。

Figure Edit 1:

../../../_images/editProjectSnapping.png

レイヤ単位での編集スナップオプション(アドバンス・モード)

ちなみに

スナップするレイヤのリストを制御します

Digitizing タブ スナップOptions ダイアログがグローバルに設定されたパラメータ(モード、許容誤差、単位)で埋めデフォルトです。 アドバンス モードとなり設定スナップ可能で、デフォルトでチェックされたレイヤを避けるために、定義 デフォルトのスナップモードOff

スナップ公差は pixels``または `マップunits``(マップビューの単位)で設定することができます。**高度なレイヤ選択モードでは、それは ``層units``を指すスナップ耐性を使用することは可能であるが、「オンザフライ」CRS変換は上に再投影層の単位である場合。

検索半径

検索半径 は、距離QGISは地図上でクリックしたときに選択しようとしている最も近い頂点のための search に使用しています。検索半径内にない場合は、QGISは編集のための任意の頂点を見つけて選択しないだろう。彼らが右のセットを取得するために実験する必要があるかもしれないので、スナップ許容値と検索半径は、地図単位またはピクセル単位で設定されています。大きすぎる許容値を指定した場合、QGISはすぐ近くにある頂点の数が多いを扱っている場合は特に、間違った頂点にスナップします。小さすぎる検索半径が設定されると、それが移動する何かを見つけることができません。

頂点の検索半径は、レイヤ単位で編集して定義できます Digitizing ]タブの下で 設定 - > ` |options| :menuselection:`Options 。これは、一般的な、プロジェクト全体のスナップ許容誤差を定義する同じ場所です。

トポロジ編集

Settings`(または :menuselection:`File )メニューの オプションをスナップ... ダイアログレイヤーベースのスナップオプションに加えて、またトポロジカルな機能を定義できます。ここでは、 checkbox トポロジカルeditingを有効 を定義、および/または、ポリゴンのレイヤーについて checkbox :guilabel:`Intersectionsを回避`オプションを有効にできます。

トポロジ編集を有効にする

オプション checkbox トポロジカル編集有効 は編集と機能のモザイクでは一般的な境界を維持するためです。QGISは機能によって共有境界「を検出」、一度だけ、共通の頂点/セグメントを移動する必要があり、QGISは隣接する地物を更新するの世話をします。

新規ポリゴンの重なりの禁止

と呼ばれる2つめのトポロジカルオプション checkbox intersections は既存のものと重複する新しい機能を描画することができないように避けてください。これは、隣接するポリゴンの迅速デジタル化のためです。既に1つのポリゴンを使用している場合は、このオプションの両方が交差する第二1等をデジタル化して、QGISは、既存の1の境界に2つ目のポリゴンをカットして、それが可能です。利点は、共通の境界のすべての頂点をデジタル化する必要がないことです。

ノート

新しいジオメトリが完全に既存のもので覆われている場合は、それがクリアされますと、新機能では、それ以外の変更を保存し、プロバイダによって許可された何のジオメトリーを持ちませんQGISポップアップエラーメッセージになります。

警告

Intersectionsを回避 オプション慎重に使用

オプションのカットまたは任意のポリゴンレイヤーからの任意のoverlaping機能のジオメトリをクリアしているので、もはやそうでない場合、それを必要とすると、予期しないジオメトリを得ることができ、このオプションをオフにすることを忘れないでください。

交差に対するスナッピングを有効にする

Another option is to use checkbox Enable snapping on intersection. It allows you to snap on an intersection of background layers, even if there’s no vertex on the intersection.

ジオメトリチェッカー

コアプラグインはジオメトリ無効を見つけるためにユーザーを助けることができます。このプラグインの詳細情報は ジオメトリチェッカープラグイン に見つかります。

既存レイヤのデジタイズ

デフォルトでは、QGISはレイヤーを読み取り専用でロードします。これは、マウスの滑りがある場合は、誤ってレイヤを編集することを避けるための安全装置です。しかし、データプロバイダがサポートしている限り、任意のレイヤーを編集を選択でき、基礎となるデータソースが書き込み可能である(すなわち、そのファイルは読み取り専用されていません)。

一般に、編集ベクトル層のためのツールは、 高度なデジタイジング セクションに記載デジタル化し、高度なデジタル化ツールバー、に分割されます。選択し、選択解除でき、両方の下で 表示 - >ツールバー - > 。基本的な デジタル化tools を使用し、次の機能を実行できます。

アイコン

目的

アイコン

目的

allEdits

現在の編集

toggleEditing

編集切り替え

capturePoint

機能を追加:ポイントをキャプチャ

captureLine

機能を追加:ラインをキャプチャ

capturePolygon

機能を追加:ポリゴンをキャプチャ

moveFeature

フィーチャの移動

circularStringCurvePoint

円形の文字列を追加します。

circularStringRadius

半径によって円形の文字列を追加します。

nodeTool

ノードツール

deleteSelected

選択したものの削除

editCut

フィーチャの切り取り

editCopy

フィーチャのコピー

editPaste

フィーチャの貼り付け

saveEdits

レイヤ編集の保存

テーブル編集 ベクタレイヤ基本編集ツールバー

デジタル化のいずれかのツールを使用している間、あなたはまだできることに注意してくださいは:ref: `ズームやパン <zoom_pan>`マップキャンバス内ツールに焦点を失うことなく。

すべて:インデックス: `editing`セッションが選択することによって開始| toggleEditingを| :SUP:menuselection: `Edit`メニュー属性テーブル]ダイアログボックス、デジタル化のツールバーやから、所定の層のコンテキストメニューにある`トグルediting`オプション。

層が編集モードになったら、編集ツールバー上に追加のツールボタンが利用可能になるとマーカーがない限り、すべての機能の頂点に表示されます:guilabel: `だけ下に選択したfeatures`オプションを表示マーカー:menuselection:`設定 - >オプション... - > Digitizing`メニューがチェックされます。

ちなみに

定期的に保存する

ことを忘れないでください| saveEdits | :SUP: `定期レイヤEdits`を保存します。また、これはデータソースがすべての変更を受け入れることができることを確認します。

フィーチャの追加

capturePoint |あなたは使用することができます| :SUP: `、Feature`を追加| captureLine | :SUP: `Feature`または追加| capturePolygonを| :SUP: `現在のレイヤーに新しい機能(ポイント、ライン、およびポリゴン)を追加するには、ツールバー上のFeature`のアイコンを追加します。

次のボタン| circularStringCurvePoint | :SUP: `円形STRING`または追加| circularStringRadiusを| :SUP: `radius`によって円形の文字列を追加し、ユーザーが円形形状でラインまたはポリゴンの機能を追加することができます。

To:index: `これらのツールでfeatures`作成するには、最初にその属性を入力し、ジオメトリをデジタル化。ジオメトリをデジタル化するには、新しい機能の最初のポイントを作成するために、マップエリアを左クリックしてください。

:ref: 自動トレース線状または曲線状の幾何学的形状のために、キャプチャしたり、使用したい各追加のポイントのために左クリックを続けます <tracing>`機能は、デジタル化を加速します。リニアの間で前後に切り替えることができます:guilabelを:guilabel: `feature`ツールと曲線を追加し`円形の文字列を追加...化合物の湾曲形状を作成するためのツール `。プレス国:KBD: `DELETE`か:はのkbd: Backspace`キーが追加最後のノードを戻します。ポイントの追加が完了したら、その地物のジオメトリの入力が終了したことを確認するために、マップエリアの任意の場所を右クリックします。

ノート

**湾曲形状が**のみ互換性のあるデータプロバイダにおいてそのようなものとして記憶されています

QGISは、編集可能なデータ形式の中に曲がった形状をデジタル化することができますが、そうでない場合QGISが円弧をsegmentizes、曲面として格納された機能を持つように曲線をサポートするデータプロバイダ(例えばPostGISの、GMLまたはWFS)を使用する必要があります。メモリ層プロバイダは、曲線をサポートしています。

ちなみに

デジタル化ゴムバンドをカスタマイズ

ポリゴンをキャプチャしながら、バイ・デフォルト赤いゴムバンドを使用すると、ポイントをキャプチャしたいのですが、基礎となる機能や場所を非表示にできます。guilabel: `でColor`塗りつぶし:menuselection: - >オプション - > Digitizing`メニュー`設定このゴムバンドの下に不透明度(またはアルファチャンネル)を設定することによって固定することができます。guilabel:もチェックすることにより、ゴムバンドの使用を避けることができます `ノードediting`中にゴムバンドを更新しないでください。

属性ウィンドウでは、新機能のための情報を入力することができ、表示されます。Figure_edit_2_は、アラスカの架空の新しい川の属性を設定することを示しています。しかし、中:guilabel: `Digitizing`メニューの下:menuselection:`設定] - > [Options`メニュー、あなたもアクティブにすることができます。

  • |チェックボックス| :guilabel: `抑止フォーム開口部を避けるために作成された各feature`後にポップアップウィンドウ属性

  • または|チェックボックス| :guilabel: `リユース最後に入力された属性values`は、自動的にフォームの開口部に満たされたフィールドを持っているだけで変化する値を入力する必要があります。

Figure Edit 2:

../../../_images/editDigitizing.png

属性を入力すると、新しいベクトルの機能をデジタル化した後、ダイアログ値

moveFeature |と| :SUP: `移動機能(複数可)、ツールバー上の`アイコンは、既存の機能を移動できます。

ノードツール

シェープファイルベースまたはMapInfoの層だけでなく、SpatiaLite、PostgreSQLの/ PostGISの、MSSQL空間、およびOracle Spatialのテーブルについて| nodeTool | :SUP: `ノードTool`は、機能の操作機能を提供しては、CADプログラムに似て頂点。単に、一度に複数の頂点を選択し、それらを完全に移動、追加または削除することも可能です。ノードツールは、投影がオンになって「その場で」と連携し、トポロジカル編集機能をサポートしています。このツールは、永続的な、QGISで他のツールとは異なり、ですので、いくつかの操作が行われたときに、選択は、この機能とツールのアクティブなまま。

プロパティを設定することが重要である:menuselection: 設定 - > |オプション| :menuselection: オプション - >デジタル化 - >:guilabel: 検索半径: | selectNumber | ゼロより大きい数に。それ以外の場合は、QGISが編集されている頂点伝えることができなくなり、警告が表示されます。

ちなみに

頂点マーカー

「半透明の円」、「十字架」と「なし」:QGISの現在のバージョンは、頂点マーカーの3種類をサポートしています。オプションを|選択し、マーカーのスタイルを変更するには| :menuselection: Options`から:menuselection:guilabel: Settings`メニュー、をクリックして `Digitizing`タブを、適切なエントリを選択します。

基本操作

活性化させることによって開始| nodeTool | :SUP: ノードTool、それをクリックすることで機能を選択。レッドボックスは、この機能の各頂点に表示されます。

  • ** **頂点を選択する:それらに一度、両端の頂点を選択するために、エッジをクリックして、またはクリックして、いくつかの頂点の周りに四角形をドラッグすることにより、いずれかをクリックして、頂点を選択できます。頂点が選択された場合、その色が青に変化します。現在の選択に多くの頂点を追加するには、押したまま:のkbd: `Ctrl`キーをクリックしながら。押し続ける:のkbd: `頂点の選択状態を切り替えるためにクリックしたときCtrl`は(現在選択されていないされている頂点はいつものように選択されますが、また、すでに選択されている頂点が選択されていないになります)。

  • 頂点を追加する:頂点を追加するには、エッジ付近単にダブルクリックして、新しい頂点はカーソルに近い端に表示されます。頂点がエッジ上ではなく、カーソル位置に表示されることに注意してください。必要に応じてそのため、それが移動する必要があります。

  • 頂点を削除する:頂点を選択し、クリックしてください:KBD: DELETE`キーを。機能のすべての頂点を削除すると、生成したデータソースと互換性がある場合:インデックス: `geometryless feature。これは、完全な機能、ジオメトリだけの部分を削除しないことに注意してください。完全な機能を使用するには、削除| deleteSelected | :SUP: `Selected`ツールを削除します。

  • ** **頂点を移動:移動したい方向に選択した頂点やエッジとドラッグをクリックして、移動したいすべての頂点を選択します。選択したすべての頂点が一緒に移動します。スナップが有効になっている場合は、全体の選択は、最も近い頂点または行にジャンプすることができます。

guilabel: `Undo`ダイアログノードツールで行われた各変更はで個別のエントリとして格納されます。これがオンになっているとき、すべての操作がトポロジカル編集をサポートすることを忘れないでください。オンザフライ投影もサポートされ、ノードツールは、それの上にポインタを置くことにより、頂点を識別するために、ツールチップを提供します。

ちなみに

精度**移動機能**

The moveFeature Move Feature tool doesn’t currently allow to snap features while moving. Using the nodeTool Node Tool, select ALL the vertices of the feature, click a vertex, drag and snap it to a target vertex: the whole feature is moved and snapped to the other feature.

頂点エディタ

guilabel:guilabel:彼らのX、Y(Z、M該当する場合)の座標とrとの特徴の全ての頂点をリスト 頂点Editor`パネル(のための機能上の`ノードTool、QGISが開き作動させると半径は、円形幾何学の場合)。単にテーブル内の行を選択し、対応するマップキャンバスに頂点、およびその逆を選択しません。単純に変更テーブルの座標とあなたの頂点位置が更新されます。また、複数の行を選択し、それらを完全に削除することができます。

Figure Edit 3:

../../../_images/vertex_editor_panel.png

選択したノードを示す頂点エディタパネル

地物の切り取り、コピーと貼り付け

選択した機能が、同じQGISプロジェクトの層の間に、カット、コピー&ペーストすることができます限り、先の層が設定されているように| toggleEditing | :SUP: 事前に切り替えediting

ちなみに

コピー/ペーストを使用して行およびその逆にポリゴンを変換

ポリゴンレイヤにラインフィーチャをコピーして貼り付け:QGISペーストをターゲット層にその境界線フィーチャの閉じた形状に対応したポリゴンを。これは、同じデータの異なる形状を生成するための簡単な方法です。

特長は、テキストなどの外部アプリケーションに貼り付けることができます。これは、機能はジオメトリデータはOGC well-knownテキスト(WKT)形式に登場すると、CSV形式で表現されています。外部QGISからWKT機能もQGIS内の層に貼り付けることができます。

ときにコピー&ペースト機能が便利になるのでしょうか?まあ、それはあなたが層の間の時間とコピー/貼り付け機能で複数のレイヤーを編集できることが判明しました。なぜ我々はこれをしたいのでしょうか?私たちは `` big_lakes``層の上に5000、ない新しい層の上にいくつかの作業を行う必要があるが、1つのまたは2つの湖を必要とします。私たちは、新しいレイヤーを作成し、そこに必要な湖をウンチするコピー/貼り付けを使用することができます。

例として新しいレイヤにいくつかの湖沼をコピーします:

  1. コピーしたいレイヤをロードします (ソースレイヤ)

  2. コピー先にしたいレイヤをロードまたは作成します(ターゲットレイヤ)

  3. ターゲットレイヤの編集を開始します

  4. 凡例をクリックしてソースレイヤをアクティブにします

  5. selectRectangle |使用| :SUP: `ソース層の上に機能(複数可)を選択した領域または単一click`ツールで機能を選択します

  6. editCopy |をクリックして| :SUP: `コピーFeatures`ツール

  7. 判例をクリックしてコピー先レイヤをアクティブにして下さい

  8. editPaste |をクリックして| :SUP: `Features`ツールを貼り付け

  9. 編集モードを終了して変更内容を保存して下さい

ソースとターゲット層が異なるスキーマを(フィールド名とタイプが同じではない)がある場合はどうなりますか?QGISは一致し、残りの部分を無視するもの移入します。あなたは、ターゲット層にコピーされる属性は気にしないのであれば、あなたがフィールドとデータ型を設計する方法は重要ではありません。機能とその属性 - - あなたは必ずすべてしたい場合はコピーされますが、スキーマの一致を確認してください。

ノート

貼り付け地物の一致

あなたの送信元と送信先の層が同じ投影を使用する場合は、貼り付け機能は、ソース層と同一の形状を持つことになります。先の層が異なる投影である場合は、次にQGISは、形状が同じである保証することはできません。これは、突起間の変換時に関与する小さな丸めエラーがあるというだけの理由です。

ちなみに

他に**コピー文字列属性**

あなたはタイプ「文字列」を使用して属性テーブルに新しい列を作成し、列のサイズの長さが同じ量に拡張されるより大きな長さを持つ別の属性列から値を貼り付けたい場合。GDAL / OGR 1.10始まるGDALシェープファイルドライバが動的に挿入されるデータの長さに適応するように、文字列と整数フィールドを自動的に拡張することを知っているからです。

選択地物の削除

我々は全体の機能(属性とジオメトリ)を削除したい場合は、我々は最初の正規を使用してジオメトリを選択していることを行うことができます| selectRectangle | :SUP: エリアや単一click`ツールで機能を選択します。選択はまた、属性テーブルから行うことができます。KBD:: `DELETE`か:KBD:あなたは、選択セット、押したら| deleteSelected Backspace`キーまたは使用を| :SUP: `機能を削除するにはSelected`ツールを削除します。選択した複数の機能を一度に削除することができます。

The editCut Cut Features tool on the digitizing toolbar can also be used to delete features. This effectively deletes the feature but also places it on a “spatial clipboard”. So, we cut the feature to delete. We could then use the editPaste Paste Features tool to put it back, giving us a one-level undo capability. Cut, copy, and paste work on the currently selected features, meaning we can operate on more than one at a time.

編集レイヤの保存

層が編集モードである場合、すべての変更は、QGISのメモリに残ります。したがって、彼らがコミットされていない/データソースまたはディスクに保存され、すぐに。あなたが現在のレイヤーに編集内容を保存したいが、編集モードを離れることなく、編集を続けたい場合は、あなたがクリックすることができます| saveEdits | :SUP: `保存レイヤーEdits`ボタン。toggleEditing |あなたと編集モードをオフ| :SUP: `トグルediting`(またはそのことについてはQGISを終了)変更を保存するか、それらを破棄したい場合は、あなたも求められます。

変更は(フル例えば、ディスク、または属性が範囲外の値を持つ)に保存することができない場合は、QGISメモリ内の状態は保持されます。これは、あなたの編集を調整して、やり直してくださいすることができます。

ちなみに

データの整合性

常にあなたが編集を開始する前に、データソースをバックアップすることをお勧めです。QGISの著者は、データの整合性を維持するためにあらゆる努力をしているが、我々はこの点において保証を提供しません。

一度に複数のレイヤーを保存します

この機能は、複数の層のデジタル化できます。選択してください| fileSaveAs | :guilabel: `複数の層で作られたすべての変更を保存するために選択したLayers`のために保存します。またの機会を持っている| rollbackEdits | :guilabel:選択Layers`ための `ロールバック、デジタル化が選択されたすべての層のために引き出すことができるようになっています。cancelEdits |選択したレイヤーを、編集を中止したい場合| :guilabel: ``簡単な方法である選択された層(複数可)のためキャンセル。

同じ機能がプロジェクトの全レイヤの編集で可能です.

高度なデジタイジング

アイコン

目的

アイコン

目的

cad

高度なデジタル化ツールを有効にします

tracing

トレースを有効にします

undo

アンドゥ

redo

リドゥ

rotateFeature

フィーチャ(群)の回転

simplifyFeatures

地物の簡素化

addRing

リングの追加

addPart

パートの追加

fillRing

リングの塗りつぶし

deleteRing

リングの削除

deletePart

パートの削除

reshape

地物の変形

offsetCurve

オフセットカーブ

splitFeatures

地物の分割

splitParts

部分の分割

mergeFeatures

選択地物の結合

mergeFeatAttributes

選択地物の属性の結合

rotatePointSymbols

ポイントシンボルの回転

高度なテーブル編集: ベクタレイヤの高度な編集ツールバー

アンドゥとリドゥ

|元に戻します| :SUP: `Undo`と|やり直し| :SUP: `Redo`ツールを使用すると、ベクトルの編集操作を元に戻すか、やり直すことができます。(Figure_edit_4_を参照)アンドゥ/リドゥの歴史の中ですべての操作を示しドッキング可能なウィジェットもあります。このウィジェットは、デフォルトでは表示されません。それは右のツールバーをクリックすると、元に戻す/やり直し]チェックボックスを活性化して表示することができます。元に戻す/やり直しは、ウィジェットが表示されていない場合でも、しかし、アクティブです。

Figure Edit 4:

../../../_images/redo_undo.png

やり直しやデジタル化のステップを元に戻します

元に戻すにはヒットするかした場合:KBD: Ctrlキー+ z`(または:のkbd: Cmdを+のz`)を押す戻っ操作が起こったの前に、すべての機能と属性の状態が状態に戻っています。法線ベクトルの編集操作以外の変更は、(例えば、プラグインによって行われた変更は)または変更が行われたかに応じて、復帰してもしなくてもよいです。

undo/redo ヒストリウィジェットを利用する場合単純に操作のヒストリリストをクリックして下さい. すべての操作は選択操作のあとであった状態に戻されます.

フィーチャ(群)の回転

使用| rotateFeature | :SUP: `回転機能(S)`マップキャンバス内の1つのまたは複数の特徴を回転させます。プレス| rotateFeature | :SUP: `回し機能(複数可)`アイコン、その後、回転させるように機能をクリックしてください。どちらの回転機能を置くか、ユーザー入力ウィジェットで角度を入力してマップをクリックしてください。あなたはいくつかの機能を回転させたい場合は、最初に選択されなければなりません。

選択した機能(複数可)でマップツールを有効にした場合、その(その)重心が表示され、回転アンカーポイントとなります。KBD:アンカーポイントを移動したい場合は、ホールド `Ctrl`ボタンをし、それを配置するためにマップをクリックしてください。

保持している場合:のkbd: `Shift`地図上をクリックする前に、回転がユーザー入力ウィジェットに後で変更することができる45度の段階で行われます。

rotateFeature | |機能の回転を中止するには、上をクリックする必要があります :SUP: `回し機能(複数可)`アイコン。

地物の簡素化

The simplifyFeatures Simplify Feature tool allows you to reduce the number of vertices of a feature, as long as the geometry remains valid. With the tool you can also simplify many features at once or multi-part features.

まず、機能をクリックするか、機能の上に四角形をドラッグします。あなたが `` units``マップ、 ``層units``や `` pixels``がポップアップし、機能(複数可)の着色及び単純化されたコピー、与えられた許容値を使用して、上に表示される公差を定義することができますダイアログそれら。QGISは、ジオメトリを維持しながら削除することができる頂点の量を算出します。高い許容度はより多くの頂点を削除することができます。期待されるジオメトリが、あなたのニーズに合ったときにちょうど** [OK] **ボタンをクリックしてください。プロジェクトを離れるときや編集セッションを終了したときに使用した公差が保存されます。だから、戻って同じ寛容に機能を簡素化し、次回に行くことができます。

To abort feature simplification, you need to click on simplifyFeatures Simplify Feature icon.

ノート

:menuselection:中機能の簡素化オプションとは異なり、 `設定 - >オプション - >だけでレンダリングするためのジオメトリを簡素化Rendering`メニュー、| simplifyFeatures | :SUP: `簡素化Feature`ツールは、実際にデータソース内のフィーチャのジオメトリを変更します。

パートの追加

できます| addPart | :SUP:インデックス:: multipoint、:インデックス:` multiline`か:インデックス: `multipolygon`機能`生成選択した機能にPart`を追加します。新しい部品を事前に選択する必要があり、既存の外にデジタル化されなければなりません。

The addPart Add Part can also be used to add a geometry to a geometryless feature. First, select the feature in the attribute table and digitize the new geometry with the Add Part tool.

パートの削除

The deletePart Delete Part tool allows you to delete parts from multifeatures (e.g., to delete polygons from a multi-polygon feature). This tool works with all multi-part geometries: point, line and polygon. Furthermore, it can be used to totally remove the geometric component of a feature. To delete a part, simply click within the target part.

リングの追加

作成できます:インデックス: `リングpolygons`を使用して| addRingを| :SUP: `ツールバーのRing`アイコンを追加します。これは、既存の領域の内部、外側と内側の多角形の境界の間の領域のみがリングポリゴンとして残るように、「穴」として発生する更なるポリゴンをデジタル化することが可能であることを意味します。

リングの塗りつぶし

fillRing |使用できます| :SUP: `ポリゴンにリングを追加し、同時に層に新しい機能を追加するためにRing`機能を埋めます。このツールを使用すると、単に既存の1以内のポリゴンをデジタル化する必要があります。addRing |このように、あなたが最初に使用する必要はありません| :SUP: `Ring`アイコンと[追加| capturePolygonを| :SUP: `もうfeature`機能を追加します。

リングの削除

The deleteRing Delete Ring tool allows you to delete rings within an existing polygon, by clicking inside the hole. This tool only works with polygon and multi-polygon features. It doesn’t change anything when it is used on the outer ring of the polygon.

地物の変形

リシェイプ|あなたが使用してラインとポリゴンフィーチャの形状を変更することができます| :SUP: `ツールバーの形状変更Features`アイコン。これは、元の行と最後の交差点に最初からラインまたはポリゴンの一部を置き換えます。ポリゴンで、これは時々予期しない結果につながることができます。ない主要なオーバーホールのために、多角形の小さな部品を交換するために主に有用であり、これは無効なポリゴンを生成するような形状変更ラインは、いくつかの多角形リングを横断することはできません。

たとえばポリゴンの境界線をこのツールで編集できます. 最初にポリゴンの内側をクリックした後に新しく頂点を追加したい位置に点を入力してください. それから境界線をまたいでポリゴンの外側に頂点を追加してください. このツールは境界線と新しい線の交点に自動的にノードを追加します. これはポリゴンの一部を削除する場合にも利用できます, ポリゴンの外側から新しいラインを開始して内側に新しい頂点を追加します,そしてポリゴンの外側に最終点を右ボタンクリックで作成してください.

ノート

変形ツールは、多角形のリングまたは閉じた線の開始位置を変更することができます。だから、「二回」表されるポイントはこれ以上同じにはなりません。これは、ほとんどのアプリケーションでは問題ではないかもしれないが、考慮すべきものです。

オフセットカーブ

The offsetCurve Offset Curve tool creates parallel shifts of line layers. The tool can be applied to the edited layer (the geometries are modified) or also to background layers (in which case it creates copies of the lines / rings and adds them to the edited layer). It is thus ideally suited for the creation of distance line layers. The User Input dialog pops-up, showing the displacement distance.

offsetCurve | |ライン層のシフトを作成するには、まず編集モードに入るとアクティブにする必要があります :SUP: `オフセットCurve`ツール。そして、それをシフトする機能をクリックしてください。マウスを移動し、望んでいたか、ユーザー入力ウィジェットに所望の距離を入力する場所をクリックします。saveEdits |変更は、その後一緒に保存することができます| :SUP: `保存レイヤEdits`ツール。

QGISのオプション]ダイアログボックス(その後、タブをデジタル化**曲線は、ツールをオフセット**節)あなたは** スタイルに参加クアドラントセグメント**マイターリミットのようないくつかのパラメータを設定することができます。

地物の分割

splitFeatures |あなたが使用して機能を分割することができます| :SUP: `ツールバーのスプリットFeatures`アイコン。ちょうどあなたが分割したい機能間で線を引きます。

部分の分割

QGISでは、部品点数が増加するようにマルチパートフィーチャの部分を分割することが可能です。splitParts |ちょうどあなたが使用して分割したい部分全体に線を引きます| :SUP: `スプリットParts`アイコン。

選択フィーチャのマージ

The mergeFeatures Merge Selected Features tool allows you to merge features. A new dialog will allow you to choose which value to choose between each selected features or select a function (Minimum, Maximum, Median, Sum, Skip Attribute) to use for each column. If features don’t have a common boundaries, a multipolygon will be created.

選択地物の属性マージ

The mergeFeatAttributes Merge Attributes of Selected Features tool allows you to apply same attributes to features without merging their boundaries. First, select several features. Then press the mergeFeatAttributes Merge Attributes of Selected Features button. Now QGIS asks you which attributes are to be applied to all selected objects. As a result, all selected objects have the same attribute entries.

ポイントシンボルの回転

rotatePointSymbols Rotate Point Symbols allows you to change the rotation of point symbols in the map canvas. You must first define a rotation column from the attribute table of the point layer in the Advanced menu of the Style menu of the Layer Properties. Also, you will need to go into the ‘SVG marker’ and choose Data defined properties .... Activate checkbox Angle and choose ‘rotation’ as field. Without these settings, the tool is inactive.

Figure Edit 5:

../../../_images/rotatepointsymbol.png

ポイントシンボルの回転

ローテーションを変更するには、マウスの左ボタンを押し保持し、マップキャンバス内のポイントフィーチャを選択し、それを回転させます。回転値を持つ赤い矢印(Figure_edit_5_参照)に可視化されるであろう。あなたは再びマウスの左ボタンを離すと、値は属性テーブルに更新されます。

ノート

If you hold the Ctrl key pressed, the rotation will be done in 15 degree steps.

自動トレース

(、リングを追加し、一部を追加し、機能を追加し再形成し、スプリット)キャプチャマップツールを使用した場合通常、あなたは、機能の各頂点をクリックする必要があります。

デジタル化プロセスをスピードアップすることができ、自動トレースモードを使用します。トレース|有効| :SUP: `アイコンまたは押しを押してTracing`ツールは:のkbd: ‘T’キーとは:ref:`にスナップを<snapping_tolerance>一緒にトレースしたい機能の `頂点またはセグメント。スナップしたい別の頂点またはセグメント上に、その代わりに、通常の直線のマウスを移動し、デジタル化ゴムバンドを使用して、現在の位置にスナップ最後の点からのパスを表します。QGISは実際には2点間の最短経路を構築する基礎となる機能トポロジを使用しています。クリックするとQGISはパス以下の中間の頂点を配置します。もはや手動でデジタル化の中にすべての頂点を配置する必要がありません。

トレースは、パスを構築するために追跡可能な層で活性化されるようにスナップが必要です。また、そうでなければQGIS、それらを接続することができず、したがって、単一の直線をトレースし、デジタル化しながら、既存の頂点またはセグメントにスナップし、2つのノードがトポロジ的接続次の既存の機能であることを確認すべきです。

ノート

最適なトレースのための地図の縮尺やスナップ設定を調整します

地図表示では、あまりにも多くの機能がある場合、トレースが潜在的に長いトレース構造の準備と大容量メモリのオーバーヘッドを回避するために無効になっています。いくつかの層をズームインまたは無効にした後、トレースを再び有効になります。

ちなみに

KBD:: ‘T’ キー **すぐに**を押して、自動トレースを有効または無効に

kbd::押すことで、無効になっトレースで有効になっており、他の部分をなぞると機能の一部をデジタル化することが可能であるので、 ‘T’キーを、トレース、一つの特徴をデジタル化しながらも/無効いつでも有効にすることができます。トレースが無効になっているときのツールは、いつものように振る舞います。

高度なデジタル化パネル

新しいジオメトリまたはジオメトリの一部をキャプチャする場合、また、高度なデジタル化パネルを使用する可能性を持っています。特定の角度に正確に平行にまたは特定の角度やロックラインのラインをデジタル化できます。新しいジオメトリの正確な定義を行うことができるように、また、座標を直接入力できます。

Figure Advanced Edit 1:

../../../_images/advanced_digitizing.png

高度なデジタル化パネル

ノート

マップビューは、地理座標系である場合のツールが有効になっていません。

新しいベクタレイヤの作成

QGISは、新しいシェープファイルレイヤ、新しいSpatiaLite層、新しいGPX層と新しい一時スクラッチレイヤーを作成することができます。新しいGRASS層の作成はGRASSプラグイン内でサポートされています。セクションを参照してください:参照:GRASSベクタレイヤーの作成の詳細について creating_new_grass_vectors

新規Shapefileレイヤの作成

編集用の新しいシェイプレイヤーを作成するには、選択します。menuselection: 新 - > | newVectorLayer | :menuselection: `新しいシェープファイルレイヤ...`から:menuselection: `Layer`メニュー。:guilabel:Figure_edit_6_に示すように、 `新しいベクトルLayer`ダイアログが表示されます。層(点、線又はポリゴン)の種類を選択し、CRS(基準座標系)。

QGISはまだ(すなわち、X、Y、Z座標と特徴)2.5D機能の作成をサポートしていないことに注意してください。

Figure Edit 6:

../../../_images/editNewVector.png

新しいシェープファイルレイヤダイアログを作成します

新しいシェープファイルレイヤの作成を完了するには、** [属性リストに追加] ボタンをクリックし、属性の名前とタイプを指定することにより、必要な属性を追加します。最初の「ID」列がたかっていない場合、デフォルトとして追加されますが、削除できます。のみ:guilabel: `タイプ:real` | selectString |、:guilabel:`タイプ:integer` | selectString |、:guilabel: `タイプ:STRING` | selectString | そして、:guilabel: `タイプ:date` | selectString | 属性がサポートされています。さらに、および属性タイプに応じて、また、新しい属性列の幅と精度を定義することができます。属性に満足したら、 [OK] **をクリックしてシェープファイルの名前を提供します。指定した名前に .shp`拡張子:ファイル:QGISが自動的に追加されます。層が作成されると、それがマップに追加され、セクションで説明したのと同じ方法でそれを編集できます:参照: `上記sec_edit_existing_layer

新規Spatialiteレイヤの作成

編集用の新しいSpatiaLiteレイヤーを作成するには、選択します。menuselection: 新 - > | newSpatiaLiteLayer | :menuselection: `新SpatiaLiteレイヤー...`から:menuselection: `Layer`メニュー。:guilabel:Figure_edit_7_に示すように、 `新SpatiaLite Layer`ダイアログが表示されます。

Figure Edit 7:

../../../_images/editNewSpatialite.png

新SpatiaLite層ダイアログを作成します

最初のステップは、既存のSpatiaLiteデータベースを選択するか、新しいSpatiaLiteデータベースを作成することです。browseButton |これは、参照ボタンで行うことができます| データベースフィールドの右側にあります。その後、新しい層の名前を追加する層の種類を定義し、** [指定CRS] **と基準座標系を指定します。チェックボックス|を希望する場合は、選択できます| :guilabel: `自動増分のプライマリkey`を作成します。

、新しいSpatiaLite層のための属性テーブルを定義しますが、対応する列タイプで作成したい属性列の名前を追加し、** [属性リストに追加] ボタンをクリックしてください。属性に満足したら、 [OK] **をクリックしてください。QGISは自動的に伝説に新しいレイヤーを追加します、そして、あなたはセクションで説明したのと同じ方法でそれを編集することができます:参照: 上記sec_edit_existing_layer

SpatiaLiteレイヤ の高度な管理はDB マネージャを使うと実行できます DB マネージャプラグイン 参照.

新しいGPXレイヤの作成

新しいGPXファイルを作成するには、まずGPSプラグインをロードする必要があります。:menuselection: プラグイン - > | showPluginManager | :menuselection: `プラグインマネージャ...`プラグインマネージャ]ダイアログが開きます。チェックボックス|アクティベート| :guilabel: `GPS Tools`チェックボックスをオンにします。

このプラグインがロードされると、選択:menuselection: 新 - > | createGPXを| :menuselection: `新しいGPXレイヤーを作成します...`から:menuselection: `Layer`メニュー。guilabel: `でダイアログas`新しいGPXファイルを保存し、どこに新しいGPX層の保存を選択することができます。

新しい一時的なスクラッチ層を作成

空の、編集可能なメモリ層を使用して定義できます:menuselection: レイヤー - >新しい一時スクラッチLayer - >レイヤーを作成します。ここでも作成できます| radioButtonOff |:guilabel: `Multipoint`、| radioButtonOff |:guilabel:` Multiline`と| radioButtonOff |:guilabel: `の下Multipolygon`レイヤー| radioButtonOn |:guilabel:` Point`、| radioButtonOff |: guilabel: `Line`と| radioButtonOff |:guilabel:` Polygon`レイヤー。一時的なスクラッチ層は保存されず、QGISを閉じたときに破棄されます。参照:参照: paste_into_layer