Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

属性表を使用した作業

属性テーブル には選択されたレイヤーの地物が表示されます。テーブルの各行は1つの地図地物を表し、各列は、地物についての情報の特定の部分を含んでいます。表中の地物は、検索、選択、移動、編集できます。

ベクターレイヤーの属性テーブルを開くには、地図の凡例エリアで、レイヤーをクリックすることでアクティブにします。それから、メインから Layer メニュー、openTable 属性テーブルを開く を選択。レイヤを右クリックして openTable 属性テーブルを開く`ドロップダウンメニューから選択することも可能です、そして [属性]ツールバーで |opentable| :guilabel:`属性テーブルを開く ボタンをクリックする。

これにより、そのレイヤー用の地物の属性を表示する新しいウィンドウが開きます(figure_attributes_1)。地物の数と選択された地物の数が属性テーブルのタイトルに表示されます。

Figure Attributes 1:

../../../_images/vectorAttributeTable.png

地域レイヤーについては、表属性

属性テーブルウィンドウの上部にあるボタンは、次の機能を提供します。

  • toggleEditing 編集モードを切替 編集機能を有効にする( CTRL+e でもよい)

  • saveEdits 保存Edits`( :kbd:`Ctrlキー+S でもよい)

  • draw :sup:`table`をリロード

  • newTableRow :sup: 地物を追加

  • deleteSelected 選択地物を削除 ( :kbd:`Ctrl+d`でもよい)

  • expressionSelect 式を使用して地物を選択

  • selectAll すべて選択 ( Ctrl+a でもよい)

  • invertSelection 選択を反転 ( Ctrl+r でもよい)

  • unselectAttributes すべてを選択解除 ( Ctrl+u でもよい)

  • selectedToTop Move selected to top ( Ctrl+t でもよい)

  • panToSelected Pan map to the selected rows ( Ctrl+p でもよい)

  • zoomToSelected :sup: Zoom map to the selected rows ( Ctrl+j でもよい)

  • copySelected Copy selected rows to clipboard ( Ctrl+c でもよい)

  • editPaste クリップボードから新しい列へ追加 ( Ctrl+v でもよい)

  • deleteAttribute COLUMNを削除`( :kbd:`Ctrl+L でもよい)PostGISレイヤおよびGDALバージョン> = 1.9とOGRレイヤーに

  • newAttribute 新しいCOLUMN PostGISレイヤ用とGDALのバージョンで> = 1.6OGRレイヤーのための( Ctrlキー+w でもよい)

  • calculateField Open field calculator (also with Ctrl+i)

これらのボタン以下の表に属性計算が速く、すべてまたは選択した地物のいずれかに適用できます(のみ編集モードで有効)フィールド電卓バーは、です。 calculateField このバーは同じ表現を使用しています フィールドCalculator`( :ref:`vector_field_calculator 参照)。

ちなみに

WKTジオメトリをスキップ

(Excelなど)外部プログラム内の属性データを使用したい場合は、 |copySelected| :sup:`選択行をクリップボードへコピーする` ボタンを使用します。無効場合は、ベクトル・ジオメトリなしで情報をコピーできます :menuselection: `設定 - >オプション ->` データソースメニュー |checkbox| 属性tableからWKT表現でジオメトリをコピー

属性テーブルで地物を選択する

**属性テーブルの各選択された行**は、レイヤー内の選択されたフィーチャの属性を表示します。メインウィンドウで選択した地物のセットが変更された場合は、選択はまた、属性テーブルに更新されます。属性テーブルで選択した行のセットが変更された場合同様に、メインウィンドウで選択した地物のセットが更新されます。

行は、行の左側にある行番号をクリックすると選択できます。 Ctrl キーを押していることによって 複数の行 をマークできます。 Shift キー保持と行の左側にいくつかの行ヘッダーをクリックすることによって 連続選択 を行うことができます。現在のカーソル位置とクリック行との間のすべての行が選択されます。属性テーブル内のカーソル位置を移動する、テーブル内のセルをクリックして、行選択を変更しません。メインキャンバスでの選択を変更すると、属性テーブルのカーソル位置を移動しません。

テーブルは、列ヘッダをクリックすることにより、任意の列でソートできます。小さな矢印は、ソート順は、(下向きダウン一番上の行からの値を降順手段、上向きでは、先頭行から下上昇値を意味する)を示しています。

1列のみの 属性による簡単な検索 の場合、左下隅にあるメニューから 列フィルタ - > 選択します。検索は、ドロップダウンメニューから実行すべきでフィールド(列)を選択し、 [適用] ボタンを押してください。その後、一致する地物だけが属性テーブルに表示されています。

選択するには、使用する必要があります expressionSelect 属性テーブルの上にExpression のアイコンを使用して地物を選択します。 expressionSelect :sup:guilabel: 式を使用して地物を選択 は、使用してテーブルのサブセットを定義できますに似 関数ListcalculateField フィールドCalculatorフィールド演算 参照)。クエリ結果は、新しいベクタレイヤーとして保存できます。 QGISサンプルデータのregions.shp からの区である領域を検索したい場合たとえば、 フィールドとValues メニューと照会するフィールドを選択し、を、開く必要があります。フィールド「TYPE_2」とも [すべての一意の値をロード] をダブルクリックします。リストから選択し、「自治区」をダブルクリックします。 Expression フィールドで、次のクエリが表示されます。

"TYPE_2"  =  'Borough'

ここでは、 機能一覧 - >最近の(選択) を使用して前に使用した選択も使用できます。式ビルダは、最後の20の使用された式を記憶しています。

一致する行が選択され、一致する行の合計数は、属性テーブルのタイトルバーに、並びにメインウィンドウのステータスバーに表示されます。 クエリビルダ を地図上にのみ選択した機能を表示する検索の場合、クエリビルダがセクションで説明します。

選択したレコードのみを表示するには、左下のメニューから :guilabel:`選択された地物を表示 `を使用します。フィルタ機能の詳細については、次のセクションを参照してください。

フィールド電卓バーでは、選択された行だけの計算を行うことができます。式でたとえば、レイヤー regions.shp のIDフィールドの数を変更できます

ID+5

figure_attributes_1 に示すように。

地物をフィルタ

属性テーブルの下部には、異なるフィルタのドロップダウンリストがあります。

  • すべての特長を表示。

  • 選択された地物を表示;

  • 表示は、地図上に表示機能します。

  • 編集や新地物を表示。

  • フィールドフィルター;

  • アドバンストフィルター(式);

最初の4つは、最後の二つが式フィルタである、自明です。フィールドフィルターは、ユーザーがリスト内の列名を選択し、式パラメータ *like*でフィルタリングするためのドロップダウンリストの右側に簡単なフォームを追加できます。 高度なfilter このフィルタは、として表現フィルタを作成します。フィルタの最後の種類は、表現ウィンドウを開く表示されます。詳細については 参照。

タブ/フォームモード

デフォルトでは、属性ウィンドウには、テーブルのレイアウトが表示されます。いくつかのケースでは1は、より簡単にいくつかの機能を編集支援するために、フォームのレイアウトを使用することを好む必要があります。

右下のをクリックしてレイアウトを形成するように切り替えることができます上 openForm |opentable|としてテーブルのレイアウトに切り替えます。

機能へのズーム

地物を拡大するには、ズームfeature するのそれを選択しなくても、属性テーブル内、ズームイン、および選択したい地物を右クリックします。

選択した地物を新しいレイヤーとして保存

選択された地物は、任意のOGR-サポートベクトル形式として保存され、また別の座標参照系(CRS)に変換できます。ちょうどレイヤーの右マウスメニューを開き、をクリックしてください 名前を付けて保存レイヤーパネル の項を参照)出力ファイルの名前、そのフォーマットおよびCRSを定義するしました。 checkbox 選択を保存するには、 選択地物のみ保存 が選択されていますことを確認してください。ダイアログ内OGR作成オプションを指定することも可能です。

新しいレイヤーにペースト

クリップボードにある地物は、新しいレイヤーにペーストできます。これを行うには、第一のレイヤーを編集可能にします。いくつかの地物を選択してクリップボードにコピーして、新しいレイヤーに貼り付け :menuselection: 編集 - >地物を貼り付けas を使用し、 新しいベクトルlayer新しいメモリlayer を選択する。

これはよく知られているテキスト(WKT)を使用して定義された別のソースからQGIS内に、また機能を選択してコピー地物に適用されます。

属性値を編集します

属性テーブルの calculateField フィールドCalculator ボタンを使用すると、既存の属性値または定義された関数に基づいて計算を実行できます、例えば、地物の幾何学的な長さや面積を計算します。結果は、新しい属性フィールド、仮想フィールドに書き込むことができ、またはそれらを既存のフィールドの値を更新するために使用できます。

仮想フィールド はその場で計算される式に基づくフィールドで、その値が自動的にすぐに基本的なパラメータの変化に応じて更新されたことを意味します。式は、一度設定されています。もはやフィールドに基礎となる値を変更するたびに再計算する必要はありません。たとえば、地物をデジタル化したり、自動的に(例えば now() 関数を使用して)変わることの日付の間の期間を計算すると、評価される面積を必要とする場合は、仮想フィールドを使用することをお勧めします。

ノート

仮想フィールドの使用

  • 仮想フィールドは、彼らが唯一保存され、それらが作成されてきたプロジェクトファイルで利用可能だということを意味し、レイヤーの属性で永続的ではありません。

  • フィールドは、その作成時に仮想設定でき、使用する式は後で変更することはできません:、そのフィールドを削除して再作成する必要があります。

フィールド計算機 は、編集をサポートするすべてのレイヤーで利用可能です。フィールド計算機アイコンをクリックするとダイアログが表示されます( figure_attributes_2 を参照)。レイヤーが編集モードでない場合は、警告が表示され、フィールド計算機を使用すると、計算が行われる前にレイヤーが編集モードに置かれることになります。

属性テーブルの上の簡易フィールド計算バーは、レイヤーが編集モードの場合にのみ表示されます。

簡易フィールド 計算バー では、まずをクリックします式を作成したり、フィールドに直接それを書くためにその式]ダイアログボックスを開き、既存のフィールド名を選択します、必要性に応じてまたは [すべて更新] [選択を更新] [更新フィルタ付き] ボタンを。

フィールド演算

式ビルダ ダイアログに基づき、[フィールドの計算]ダイアログボックスには、式を定義し、既存または新規に作成したフィールドに適用するための完全なインタフェースを提供しています。[フィールドの計算]ダイアログボックスを使用するには、まず、計算の結果が追加される新しい属性フィールドを作成し、あなただけの更新選択した地物するかどうかを選択するか、既存のフィールドを更新する必要があります。

Figure Attributes 2:

../../../_images/fieldcalculator.png

フィールド演算

新しいフィールドを追加することを選択した場合は、フィールド名、フィールドタイプ(整数、実数または文字列)、合計フィールド幅、およびフィールド精度を入力する必要があります( figure_attributes_2 を参照)。10のフィールド幅と3のフィールド精度を選択した場合、それは、小数点の前に6桁の数字、それから小数点、そして精度のためにさらに3桁の数字があることを意味します。

Expression タブ短い例は、使用している場合、フィールドの計算がどのように機能するかを示しています。QGISサンプルデータセットから railroads レイヤーのキロメートルの長さを計算したいです:

  1. QGISでシェープファイル railroads.shp をロードし、 openTable open属性Table 押します。

  2. toggleEditing 上のクリック 切り替え編集モード と開く calculateField フィールドCalculator ダイアログ。

  3. checkbox 選択 新しいフィールドに計算を保存するための新しいfield チェックボックスを作成します。

  4. ``出力フィールド名および出力フィールドタイプとして ``real``としてlength``を追加し、10および精密、3であることを出力フィールドの幅を定義します。

  5. 今、関数 `` $length``をダブルクリックし、 :guilabel:`Geometry`グループフィールドの計算式ボックスにそれを追加します。

  6. フィールドの計算式ボックス内で /1000 とキーボード入力して式を完成させ、 [OK] をクリックします。

  7. ここで、属性テーブル内の新しいフィールド length を見つけることができます。

非空間属性テーブルを使用した作業

QGISでは非空間テーブルもロードできます。これは、現在OGRと区切りのテキストだけでなく、PostgreSQLの、MSSQLとOracleプロバイダでサポートされているテーブルを含んでいます。テーブルは、フィールド参照に使用されるか、または単に一般閲覧とテーブルビューを使用して編集できます。テーブルをロードするときは、凡例のフィールドに表示されます。それは openTable 属性テーブルを開く ツールで開くことができ、他のレイヤ属性テーブルのように、その後編集可能です。

例としては、デジタル化の際に特定のベクターレイヤーに追加される、属性値、または許容される値の範囲を定義するために、非空間テーブルの列を使用できます。詳細を調べるためにセクション フィールドメニュー の編集ウィジェットを詳しく見てみましょう。

表のセルの条件付き書式

You can enable the conditional formatting panel clicking on rendererAttributeTable at the top right of the attributes window in table view (not available in form view).

新しいパネルは、ユーザがフィールド上に発現に関してフィールドまたは全行の条件付き書式のための新しいルールを追加することを可能にします。定義するためにフォームを開く新しいルールを追加します:

  • ルールの名前、

  • 表現ウィンドウから条件、

  • プリセットの書式設定

  • 改善するためのいくつかの他のパラメータ、変更またはセットアップのフォーマット:

    • 背景とテキストの色、

    • アイコンの使用、

    • 太字、斜体、下線、または取り消し線、

    • テキストフィールド、

    • フォント。

Figure Attributes 3:

../../../_images/attribute_table_conditional_formating.png

属性テーブルの条件付き書式

1対多関係を作成する

関係は、多くの場合、データベースで使用される技術です。概念は、異なるレイヤー(テーブル)の地物(列)が互いに属することができること、です。

例として、その名前と領域タイプと(主キーとして機能します)固有のIDについてのいくつかの属性を提供するアラスカのすべての地域(ポリゴン)を有するレイヤーがあるとします。

外部キー

そして、別のポイントレイヤーまたはテーブルは、地域に位置し、また、これらのトラックを保持したい空港に関する情報を取得します。領域レイヤーにそれらを追加したい場合は、ほとんどの地域に複数の空港があるので、外部キーを使用して、1対多関係を作成する必要があります。

Figure Relations 1:

../../../_images/relations1.png

空港とアラスカ地域

空港での既存の属性に加えて属性テーブル(データベースを持っている場合はおそらくそれに制約を定義することになるでしょう)外部キーとして動作する別のフィールドfk_region。

このフィールドはfk_regionは、常に地域のIDが含まれます。それは、それが属する地域へのポインタのように見ることができます。そして、編集のためのカスタム編集フォームを設計できますし、QGISは、セットアップについての世話をします。それは別のプロバイダで動作する(また、形状やCSVファイルとそれを使用できます)、しなければならないすべては、QGISをテーブル間の関係を伝えることです。

レイヤー

QGISは、テーブルとベクトルレイヤーとの間に違いはありません。基本的に、ベクターレイヤーは、ジオメトリを持つテーブルです。だから、ベクトルレイヤーとしてテーブルを追加できます。証明するには、レイヤー領域に「領域」(ジオメトリを持つ)シェープファイルと(ジオメトリなし)「空港」CSVテーブルと外部キー(fk_region)をロードできます。これは、各領域は、空港の任意の数(多くの関係に、代表的なもの)を持つことができながら、各空港は正確に一つの領域に属していることを意味します。

定義(リレーションマネージャー)

まずやることは、QGISがレイヤーの間の関係について知らせることです。これはで行われ、 プロジェクト - >プロジェクトPropertiesRelations メニューを開き、 追加 をクリック。

  • 名前 がタイトルとして使用されようとしています。それは関係がのために使用されているものを、記述し、人間が読める文字列でなければなりません。私達はちょうどこのケースでは「空港」と言う呼びます。

  • 参照元レイヤー は、その上に外部キーフィールドを有するものです。この場合では、これは空港のレイヤーであり、

  • 参照元フィールド は、これは、ので、この場合にfk_regionある他のレイヤーにどのフィールドポイント、と言うだろう

  • 参照先レイヤー は主キーを有するものであるので、ここでは、地域のレイヤーである、を指摘しました

  • 参照先フィールド は、それがIDであるので、参照レイヤーの主キーであります

  • ID は内部目的のために使用され、一意である必要があります。これがサポートされると、カスタムフォームを構築することが必要な場合があります。空のままにした場合、一つはために生成されますが、取り扱いが容易であるものを得るために1つを自分で割り当てることができます。

Figure Relations 2:

../../../_images/relations2.png

リレーションマネージャー

フォーム

今QGISが関係について知っていること、生成フォームを改善するために使用されます。我々は(自動生成)デフォルトのフォームのメソッドを変更していないとして、それは私たちの形で新しいウィジェットを追加します。それでは、凡例にレイヤー領域を選択してみましょうと、特定のツールを使用します。設定に応じて、フォームを直接開くことがありますか、アクションの下で識別ダイアログでそれを開くために選択する必要があります。

Figure Relations 3:

../../../_images/relations3.png

空港への関係を持つ識別]ダイアログ領域

おわかりのように、この特定の領域に割り当てられている空港はすべて表に表示されています。そして、いくつかのボタンが利用可能でもあります。それらを手短に確認してみましょう

  • The toggleEditing button is for toggling the edit mode. Be aware that it toggles the edit mode of the airport layer, although we are in the feature form of a feature from the region layer. But the table is representing features of the airport layer.
  • The signPlus button will add a new feature to the airport layer. And it will assign the new airport to the current region by default.
  • remove ボタンは、選択された空港を永久的に削除します。

  •  link 記号は、現在の領域に割り当てられます、既存の空港を選択できる新しいダイアログが開きます。事故で間違った領域の上に空港を作成した場合、これは便利かもしれません。

  • unlink シンボルは、効果的に(外部キーがNULLに設定されている)、未割り当て、それらを残し、現在の領域から選択された空港のリンクを解除します。

  • テーブルビューと後でみましょう、それぞれのフォームにあるすべての空港を表示し、フォームビュー間の右スイッチには2つのボタンがあります。

空港のテーブルの上に作業する場合、新しいウィジェットタイプを使用すると、空港の機能の形で参照領域の特徴フォームを埋め込むことができますが利用可能です。空港テーブルのレイヤーのプロパティを開くと、に切り替える使用できます fields をメニューと関係の参考に外部キーフィールド「fk_region」のウィジェットの種類を変更します。

今地物ダイアログを見れば、地域のフォームが空港のフォーム内に埋め込まれても、別の領域に、現在の空港を割り当てることができますコンボボックスを、持っていること、わかります。

Figure Relations 4:

../../../_images/relations4.png

地域との関係で識別]ダイアログ空港