Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

OGCデータクライアントとしてQGIS

The Open Geospatial Consortium (OGC) is an international organization with membership of more than 300 commercial, governmental, nonprofit and research organizations worldwide. Its members develop and implement standards for geospatial content and services, GIS data processing and exchange.

地理的な地物の基礎モデルの記述や多くの標準がOGCにより開発されGISを含む位置と地理情報テクノロジーの相互運用性ニーズの増大に対応しています. 詳しい情報は http://www.opengeospatial.org/ で参照できます.

QGISでサポートされている重要なOGC仕様は以下のとおりです。

OGCサービスは、異なるGISの実装とデータストアとの間の地理空間データを交換するためにますます使用されています。QGISは **SFS**(PostgreSQL/PostGISのデータプロバイダのサポートにより、 PostGIS レイヤ のセクションを参照)され、クライアントとして上記の仕様に対処できます。

WMS/WMTS クライアント

WMS サポート概要

QGISは現在、WMS 1.1、1.1.1と1.3のサーバーを理解しWMSクライアントとして動作することができます。特に、そのようなDEMISとして公にアクセス可能なサーバに対してテストされています。

WMSサーバは、ラスタ与えられた範囲で地図、レイヤのセット、象徴スタイル、および透明性のために、クライアント(例えば、QGIS)によって要求に作用します。WMSサーバは、そのローカルデータソースを参照マップをラスタライズし、ラスタ形式でクライアントに送り返します。QGISのために、このフォーマットは、一般的にJPEGまたはPNGになります。

WMSは、一般的には本格的なWebサービスではなく、REST(Representational State転送)サービスです。そのように、実際にQGISによって生成されたURLを取ることができ、QGISが内部で使用するのと同じ画像を取得するために、Webブラウザでそれらを使用しています。そこに市場でのWMSサーバのいくつかのブランドがあり、それらすべてが、WMSの標準の独自の解釈を持っているので、これは、トラブルシューティングに役立ちます。

WMSレイヤは簡単に追加できます.あなたがWMSサーバにアクセスするURLを知っていれば追加できます.サーバに対してあなたがアクセスできる接続ができてサーバがデータ転送方式としてHTTPを理解できれば大丈夫です.

さらに、QGISは限りは、GetCapabilities要求がトリガされていないとして、24時間のためにあなたのWMS応答(すなわち画像)をキャッシュします。GetCapabilities要求は** [接続] ダイアログがWMSサーバ機能を取得するために使用される [WMS(T)Sサーバーから層(複数可)を追加]ボタンで毎回トリガされます。これは、プロジェクトのロード時間を最適化することを意図自動機能です。プロジェクトは、WMSレイヤとともに保存されている場合は、対応するWMSタイルはキャッシュからプロジェクトがいる限り、彼らは無24Hよりも古いとして開かれ、次回にロードされます。

WMTS サポートの概要

QGISもWMTSクライアントとして動作することができます。WMTSは、地理空間データのタイルセットを配布するためのOGC標準です。WMTSで、タイルセットは、事前に生成され、クライアントはタイルのみの伝送ではなく、彼らの生産を要求したので、これはWMSよりデータを配信するより速く、より効率的な方法です。WMS要求は、典型的には、生成及びデータの伝送の両方を含みます。タイル張りの地理空間データを閲覧するための非OGC標準のよく知られた例は、Googleマップです。

ユーザーが望むかもしれないものに近いスケールの様々な時にデータを表示するためには、WMTSのタイルセットは、いくつかの異なるスケールレベルで生産され、それらを要求するGISクライアントのために利用できるようになります。

この図はタイルセットの概念を示しています:

Figure WMTS 1:

../../../_images/concept_wmts.png

WMTS タイルセットコンセプト

サポートをQGIS WMTSの2種類のインタフェースは、キーと値のペア(KVP)とRESTful経由しています。これら2つのインターフェイスが異なっており、あなたは異なっQGISにそれらを指定する必要があります。

  1. ** WMTS KVP **サービスにアクセスするためには、WMS / WMTSインターフェイスを開き、WMTSタイルサービスのURLに次の文字列を追加する必要がありますQGISユーザ:

    "?SERVICE=WMTS&REQUEST=GetCapabilities"
    

    このタイプのアドレスの例は次のとおりです

    http://opencache.statkart.no/gatekeeper/gk/gk.open_wmts?\
      service=WMTS&request=GetCapabilities

    このWMTSでtopo2層をテストするためにうまく動作します。この文字列を追加すると、WMTS Webサービスは、WMSサービスの代わりに使用されることを示します。

  2. The RESTful WMTS service takes a different form, a straightforward URL. The format recommended by the OGC is:

    {WMTSBaseURL}/1.0.0/WMTSCapabilities.xml

    この形式は、それがRESTfulなアドレスであることを認識するのに役立ちます。RESTfulなWMTSは、単にフォームのURLフィールドに、WMSセットアップでそのアドレスを追加することにより、QGISでアクセスされます。オーストリアベースマップの場合のアドレスのこのタイプの例はhttp://maps.wien.gv.at/basemap/1.0.0/WMTSCapabilities.xmlあります。

ノート

あなたはまだWMS-Cと呼ばれるいくつかの古いサービスを見つけることができます。これらのサービスは、WMTS(すなわち、同じ目的が、違った少しの作業)と非常によく似ています。彼らにあなたがWMTSサービスを行うと同じように管理できます。URLの末尾に ?tiled=true を追加するだけです。この仕様の詳細については、 http://wiki.osgeo.org/wiki/Tile_Map_Service_Specification を参照。

WMTSを読んだときに, WMS-C についても考えるでしょう.

Selecting WMS/WMTS Servers

QGISでWMS機能を初めて使用するときは、定義されたサーバーではありません。

WMS |クリックして開始します| :SUP: 追加WMSは、ツールバー上のボタンをlayer、または選択:menuselection:`レイヤー - > WMSレイヤを追加します... `

ダイアログ WMSサーバー表示されますから、レイヤーを追加するためのServer からレイヤー(複数可)を追加します。 ** [既定のサーバーを追加]** ボタンをクリックすることで再生するには、いくつかのサーバーを追加することができます。DMソリューション・グループとLizardTechののWMSサーバこれは、使用するための2台のWMSのデモサーバーを追加します。新しいWMSサーバを定義するには、 Layers タブ、 [新規] ボタンを選択します。その後 table_OGC_1 に記載されているように、ご希望のWMSサーバーに接続するためのパラメータを入力します。

名前

接続の名前. この名前はサーバーコネクションドロップダウンボックスで使われます,ですから他のWMSサービスと区別できる名前にして下さい.

URL

データを提供するサーバのURL。これは解決可能なホスト名でなければなりません - telnet接続を開くかまたはホストにpingを実行する場合に使用するものと同じ形式。

ユーザ名

セキュリティで保護されたWMSサーバにアクセスするためのユーザ名。このパラメータはオプションです。

パスワード

基本的な認証されたWMSサーバのパスワード。このパラメータはオプションです。

GetMap URI の無視

checkbox GetMapリクエストURIがcapabilities で報告無視します。使用して、上記のURLフィールドからURIを与えられました。

GetFeatureInfo URI の無視

checkbox GetFeatureInfo URIがcapabilitiesで報告無視 。上記のURLフィールドから与えられたURIを使用します。

表 OGC 1: WMS 接続パラメータ

インターネットからWMSサービスを受信できるようにプロキシサーバーを設定する必要がある場合は、オプションでプロキシサーバーを追加できます。 設定] - > [Options をクリックして ネットワーク&Proxy タブを選択してください。そこでは、 checkbox ウェブaccessにプロキシを使用 設定することで、プロキシ設定を追加しそれらを有効にできます。 プロキシtype selectString ドロップダウンメニューから正しいプロキシタイプを選択していることを確認してください。

新しいWMSサーバ接続が作成されたら、それは将来のQGISセッションのために保存されます。

ちなみに

WMS サーバー URL

WMSサーバーのURLを入力するときにのみ、ベースURLを持っていることを、確認してください。たとえば、このような ``要求= GetCapabilities``またはURLで ``バージョン= 1.0.0``としての断片を持つべきではありません。

警告

Authentication ]タブに 名前パスワード を入力すると、接続構成で保護されていない資格情報を維持するでしょう。それら 資格情報 は、例えば誰かとプロジェクトファイルを共有していれば、表示されます。したがって、代わりに 認証の設定 に資格情報を保存することをお勧めします( configurations タブ)。詳細は 認証システム を参照。

WMS/WMTS レイヤの読み込み

正常にパラメータに記入した後、 [接続] 選択したサーバの能力を取得するためのボタンを使用できます。これは、画像符号化、レイヤー、レイヤースタイルおよび投影を含みます。これは、ネットワークの運用なので、応答速度はWMSサーバへのネットワーク接続の品質に依存します。WMSサーバからデータをダウンロード中に、ダウンロードの進捗状況は、WMSダイアログの左下に可視化されます。

画面は今ヨーロッパの土壌ポータルWMSサーバによって提供された応答を示しており、ビットfigure_OGR_1_のようになります。

Figure OGR 1:

../../../_images/connection_wms.png

その可能な層を示すWMSサーバを追加するためのダイアログ、

画像エンコーディング

画像encoding セクションは、クライアントとサーバーの両方でサポートされているフォーマットを示しています。画像の精度要件に応じていずれかを選択します。

ちなみに

画像エンコーディング

典型的な WMS サーバーはイメージのエンコーディングにJPEGかPNGを提案してくるでしょう. JPEG は損失のある圧縮形式ですis a lossy compression format, 一方 PNG は生のラスタデータを忠実に再現します.

WMSデータおよび/または画質の若干の損失を気にしない自然の中での撮影であることを期待場合はJPEGを使用してください。このトレードオフは、一般的にPNGに比べて5倍のデータ転送要求によって減少します。

元のデータの正確な表現をしたい場合はPNGを使用すると、増加し、データ転送の要件を気にしません。

オプション

WMSレイヤのレイヤNAME ダイアログのオプション]領域は、追加できるテキストフィールドを提供します。この名前は、レイヤーをロードした後、凡例に表示されます。

レイヤ名の下に、ユーザーが タイルsize を定義できます使用すると、タイルのサイズを設定したい場合(例えば、256×256)は、複数の要求にWMSリクエストを分割します。

GetFeatureInfoの地物制限 は、サーバーからどの地物をクエリするか定義します。

リストからWMSを選択した場合は、MapServerの提供するデフォルトの突起を持つフィールドが表示されます。ボタンがアクティブである** [変更...] **場合は、それをクリックし、WMSサーバが提供する別のCRSにWMSのデフォルトの投影を変更できます。

最後に、アクティブできます checkbox 使用文脈WMS-Legend WMSサーバーがこの機能をサポートしている場合。次に、現在の地図ビューの範囲にのみ関連凡例が表示されますので、現在の地図で見ることができないものの凡例項目は含まれていません。

** レイヤ順序**

レイヤ順序 タブには、現在接続されているWMSサーバから利用できる選択されたレイヤーを示しています。いくつかのレイヤーが拡張されていることに気づくことがあり、これは、レイヤーは画像スタイルの選択で表示できることを意味しています。

一度に複数のレイヤーを選択しますが、レイヤーごとに1つのだけの画像スタイルすることができます。いくつかのレイヤーが選択されている場合、それらは、WMSサーバで結合され、一度にQGISに送信されます。

ちなみに

WMS Layer の順序

サーバによってレンダリングWMSレイヤーが上からリストの最後に、レイヤーセクションに記載されている順に重ねています。オーバーレイの順序を変更したい場合は、 :guilabel:`レイヤOrder`タブを使用できます。

透過性

QGISのこのバージョンで、 Properties ハード常にオンにコード化されたレイヤ、利用できるから設定 グローバルtransparency

ちなみに

WMS Layer の透過度

The availability of WMS image transparency depends on the image encoding used: PNG and GIF support transparency, whilst JPEG leaves it unsupported.

空間参照系

座標参照系(CRS)はQGIS投影のためOGC用語です。

各WMSレイヤはWMSサーバの能力に応じて、複数のCRSに提示することができます。

CRSを選択するには、** [変更...] **との投影図3のようなダイアログを選択し 投影法の利用方法 が表示されます。ダイアログのWMSのバージョンとの主な違いは、WMSサーバでサポートされているCRSのみが示されることです。

タイルセット

WMTSを使用して(キャッシュWMS)サービスのような

http://opencache.statkart.no/gatekeeper/gk/gk.open_wmts?\
  service=WMTS&request=GetCapabilities

サーバーによって与えられた Tilesets タブを閲覧できます。タイルのサイズ、フォーマットおよびサポートされているCRSなどの追加情報は、この表に記載されています。この機能と組み合わせることで、選択することで、タイルスケールスライダーを使用できます 設定 - > Panels (KDE)または 表示 - > Panels (Gnomeの、WindowsとMacOSXの)、そして タイルスケールPanel を選択します。これは、ドッキング素敵なスライダーでタイルサーバから利用可能なスケールを提供します。

地物特定ツールの利用

WMSサーバを追加した、とWMSサーバからのすべてのレイヤーが照会可能であるならば、して使用することができたら identify Identify ツールはマップキャンバス上のピクセルを選択します。クエリが行われた各選択のためのWMSサーバに行われます。クエリの結果はテキスト形式で返されます。このテキストの書式は、使用される特定のWMSサーバに依存しています。

フォーマット選択

複数の出力フォーマットがサーバによってサポートされている場合、サポートされる形式とコンボボックスが自動的に識別結果ダイアログに追加され、選択されたフォーマットは、層のためのプロジェクトに格納されてもよいです。

GMLフォーマットサポート

identify :sup:`Identify`ツールは、GML形式でWMSサーバの応答(GetFeatureInfo)を(それはこの文脈ではQGIS GUIでの地物と呼ばれる)をサポートしています。「地物」フォーマットがサーバによってサポートされており、選択された場合は、識別ツールの結果は、通常のベクトルレイヤーからのように、ベクトル地物です。単一の地物をツリーで選択された場合、それは地図で強調表示され、それがクリップボードにコピーされ、別のベクターレイヤーに貼り付けできます。GML形式でGetFeatureInfoをサポートするために、以下のUMN Mapserverの設定例を参照してください。

# in layer METADATA add which fields should be included and define geometry (example):

"gml_include_items"   "all"
"ows_geometries"      "mygeom"
"ows_mygeom_type"     "polygon"

# Then there are two possibilities/formats available, see a) and b):

# a) basic (output is generated by Mapserver and does not contain XSD)
# in WEB METADATA define formats (example):
"wms_getfeatureinfo_formatlist" "application/vnd.ogc.gml,text/html"

# b) using OGR (output is generated by OGR, it is send as multipart and contains XSD)
# in MAP define OUTPUTFORMAT (example):
OUTPUTFORMAT
    NAME "OGRGML"
    MIMETYPE "ogr/gml"
    DRIVER "OGR/GML"
    FORMATOPTION "FORM=multipart"
END

# in WEB METADATA define formats (example):
"wms_getfeatureinfo_formatlist" "OGRGML,text/html"

表示プロパティ

WMSサーバを追加したら、凡例でそれを右クリックして Properties 選択することで、プロパティを表示できます。

メタデータタブ

タブ:guilabel:Metadata は、一般的に、そのサーバから返された機能の声明から収集され、WMSサーバに関する豊富な情報を表示します。多くの定義がWMSの規格を読むことによって収集できますが( 文献とWeb参照 でOPEN-地理空間コンソーシアムを参照)、ここで便利ないくつかの定義は:

  • サーバプロパティ

    • WMS バージョン — サーバによってサポートされたWMSのバージョン.

    • 画像フォーマット — サーバがマップを描画するときに応答できるMIME-タイプのリスト。QGISは、典型的には少なくとも ``画像/ png``と ``画像/ jpeg``である、で構築された基礎となるQtライブラリをフォーマットするものは何でもサポートしています。

    • アイデンティティ形式 —サーバーが識別ツールを使用する場合に対応できるMIME-タイプのリスト。現在、QGISは ``テキストplain``タイプをサポートしています。

  • ** レイヤプロパティ**

    • 選択 —そのサーバは、このプロジェクトに追加したときに、この層を選択したかどうか。

    • 可視 —この層は(まだQGISのこのバージョンでは使用されない)、凡例に見えるように選択されているか否か。

    • 特定可能 —このレイヤーは特定ツールが使用されたときに結果を返すかどうか。

    • 透明可能 —このレイヤーが透明でレンダリングすることが可能かどうか。これは `` Yes``と画像符号化は、透明度をサポートしている場合QGISのこのバージョンは、常に透明性を使用します。

    • ズームイン可能 —このレイヤーは、サーバによってズームインすることが可能かどうか。QGISのこのバージョンは、すべてのWMSレイヤが `` Yes``にこのセットを前提としています。欠陥レイヤーは奇妙にレンダリングされることがあります。

    • カスケードカウント — WMSサーバは、層のためのラスタデータを取得するために、他のWMSサーバへのプロキシとして動作することができます。このエントリは、この層のための要求は結果のためにWMSサーバをピアに転送された回数を示しています。

    • 固定幅、固定高さ —このレイヤーは、固定されたソースピクセル寸法を有しているか否か。QGISのこのバージョンは、すべてのWMSレイヤは、何もこのセットを前提としています。欠陥レイヤーは奇妙にレンダリングされることがあります。

    • ** WGS 84バウンディングボックス** — WGS 84座標でレイヤーのバウンディングボックス、。一部のWMSサーバは、(例えば、UTM座標が代わりに使用されている)これを正しく設定しないでください。この場合、この層の初期ビューはQGISによって非常に「ズームアウト」外観でレンダリングされてもよいです。84 `` BoundingBox``:WMSのウェブマスターは、彼らがWMSのXML要素 `` LatLonBoundingBox``、 `` EX_GeographicBoundingBox``またはCRSとして知っている可能性がある、このエラーが通知されなければなりません。

    • CRSで利用可能 —このレイヤーは、WMSサーバによってでレンダリングすることができることを予測。これらは、WMS-ネイティブフォーマットで記載されています。

    • スタイルで利用可能 —このレイヤーがWMSサーバによって描画されることができる画像のスタイル。

内容やコンポーザの表にWMSの凡例のグラフィックを表示

QGIS WMSデータプロバイダがコンテンツレイヤーリストのテーブルで、マップのコンポーザで凡例のグラフィックを表示できます。WMSの凡例は、WMSサーバがGetLegendGraphic機能、およびレイヤーは指定されたgetCapabilityのURLを持っている場合にのみ表示されますので、さらにレイヤーのためのスタイリングを選択する必要があります。

legendGraphicが利用可能な場合、それはレイヤーの下に表示されます。それは少しであり、(QgsLegendInterfaceアーキテクチャ上の制限のために)実際の次元でそれを開くために、それをクリックする必要があります。レイヤの凡例をクリックすると、フル解像度での凡例を持つフレームを開きます。

印刷コンポーザで、凡例はそれのオリジナル(ダウンロード)の次元で統合されます。凡例のグラフィックの解像度は、下の項目のプロパティで設定できます 凡例 - > WMS LegendGraphic は、印刷の要件を満たすように

凡例は、現在の縮尺に基づいてコンテキスト情報を表示します。WMSの伝説は、WMSサーバがGetLegendGraphic能力と層が指定getCapabilityのURLを持っている場合にのみ表示されますので、スタイリングを選択する必要があります。

WMSクライアントの制限

すべての可能なWMSクライアント機能がQGISのこのバージョンに含まれてはいません。より注目すべき例外のいくつかを以下に示します。

WMSレイヤ設定の編集

Once you’ve completed the wms Add WMS layer procedure, there is no way to change the settings. A work-around is to delete the layer completely and start again.

認証が必要なWMS サーバ

現在、一般にアクセス可能と確保WMSサービスがサポートされています。セキュリティで保護されたWMSサーバは、パブリック認証でアクセスできます。WMSサーバを追加するときには(オプション)資格情報を追加できます。詳細は Selecting WMS/WMTS Servers セクションを参照。

ちなみに

セキュアな OGC-レイヤへのアクセス

基本認証以外のセキュリティで保護された方法で固定レイヤーにアクセスする必要がある場合は、複数の認証方式をサポートして透過プロキシとしてInteProxy使用できます。詳しい情報は http://inteproxy.wald.intevation.org で InteProxy マニュアルに記載されています。

ちなみに

QGIS WMS Mapserver

バージョン1.7.0以来、QGISはWMS 1.3.0 Mapserverの独自の実装を持っています。これに関する詳細は OGCデータサーバとしてのQGIS 章を参照ください。

WCS クライアント

wcs ウェブカバレッジサービス(WCS)は、科学的モデルへの入力として、および他のクライアントのために、クライアント側のレンダリングに役立つ形でラスタデータへのアクセスを提供します。WCSはWFSとWMSと比較できます。WMSとWFSサービスインスタンスとして、WCSは、クライアントが、空間的な制約や他のクエリー基準に基づいて、サーバの情報保有の部分を選択できます。

QGISは、ネイティブWCSプロバイダを持っており、(大幅に異なっている)の両方のバージョン1.0および1.1をサポートしていますが、1.1は多くの問題を(すなわち、各サーバは、様々な特殊性と異なる方法でそれを実装して)持っているため、現在は、1.0を好みます。

ネイティブWCSプロバイダは、すべてのネットワーク要求を処理し、すべての標準QGISのネットワーク設定(特にプロキシ)を使用しています。キャッシュ・モードを選択することも可能である(「常にキャッシュ」、「キャッシュを好む」、「ネットワークを好む」、「常にネットワーク」)、および時間的なドメインは、サーバーによって提供されている場合、プロバイダはまた、時間位置の選択をサポートしています。

警告

Authentication ]タブに 名前パスワード を入力すると、接続構成で保護されていない資格情報を維持するでしょう。それら 資格情報 は、例えば誰かとプロジェクトファイルを共有していれば、表示されます。したがって、代わりに 認証の設定 に資格情報を保存することをお勧めします( configurations タブ)。詳細は 認証システム を参照。

WFS および WFS-T クライアント

QGISでは、WFSレイヤーにはかなり上の任意の他のベクターレイヤーのように振る舞います。地物を特定および選択でき、属性テーブルを表示できます。QGIS 1.6以降では、WFS-Tの編集もサポートされています。

一般的には、WFSのレイヤーを追加することは、WMSで使用される手順と非常に類似しています。違いは、定義されたデフォルトのサーバーが存在しないということですので、自身で追加する必要があります。

WFS レイヤのロード

一例として、DMソリューションWFSサーバを使用してレイヤーを表示します。URLは次のとおりです。http://www2.dmsolutions.ca/cgi-bin/mswfs_gmap

  1. レイヤーツールバーの wfsWFS Layerを追加 ツールをクリックします。ServerからWFSレイヤを追加 ダイアログが表示されます。

  2. Click on [New].
  3. 名前として ‘DM Solutions’ と入力して下さい.

  4. Enter the URL (see above).
  5. Click [OK].
  6. Choose ‘DM Solutions’ from the Server Connections selectString drop-down list.
  7. [Connect] をクリックして下さい.

  8. 移入するためのレイヤのリストを待ちます。

  9. リスト中で Parks レイヤを選択してください。

  10. レイヤを地図に加えるために [Apply] をクリックして下さい.

好みで設定した可能性のあるすべてのプロキシ設定も認識されていることに注意してください。

警告

Authentication ]タブに 名前パスワード を入力すると、接続構成で保護されていない資格情報を維持するでしょう。それら 資格情報 は、例えば誰かとプロジェクトファイルを共有していれば、表示されます。したがって、代わりに 認証の設定 に資格情報を保存することをお勧めします( configurations タブ)。詳細は 認証システム を参照。

Figure OGR 3:

../../../_images/connection_wfs.png

WFSレイヤーを追加

ダウンロードの進行状況がQGISメインウィンドウの左下に可視化されているのに気づくでしょう。レイヤーがロードされたら、provinceまたは2を特定して選択し、[属性テーブルを表示できます。

WFS 1.0.0だけがサポートされています。このとき、他のWFSサーバに実装さWFSバージョンに対して多くのテストが行​​われていませんでした。他のWFSサーバで問題が発生した場合は、開発チームに連絡することを躊躇しないでください。メーリングリストの詳細は、 ヘルプとサポート セクションを参照してください。

ちなみに

WFS サービスの検索

Googleやお好みの検索エンジンを使用して追加のWFSサーバを見つけることができます。リストの数は、それらのいくつかが維持され、一部ではない、パブリックURLにあります。