Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

ツールボックス

Toolbox はプロセッシングGUIのメインエレメントで,あなたの日常作業でもっとも利用するツールのひとつでしょう. ここでは利用可能なアルゴリズムのリストがグループ分けされ別々のブロックで表示されます, そしてこのツールによってこれらのアルゴリズムを単一プロセスで動作させるかバッチプロセスで動かすことができます.そこでは同じアルゴリズムに対して異なる入力セットを与えることで様々な動作を行うことができます.

Figure Processing 5:

../../../_images/toolbox3.png

処理ツールボックス

ツールボックスは、いわゆる「プロバイダ」に分け、すべての利用可能なアルゴリズムが含まれています。

プロバイダは、設定ダイアログボックスで有効(無効)にできます。無効なプロバイダが存在したときに、ツールボックスの下部にあるラベルは、そのことを思い出させます。設定ウィンドウを開き、プロバイダを設定するには、ラベル内のリンクを使用してください。設定ダイアログはこのマニュアルの後半で説明します。

デフォルトでは唯一、サードパーティ製のアプリケーションに依存しないプロバイダー(つまり、実行されるようにQGIS要素だけ必要とするもの)はアクティブです。外部アプリケーションを必要とするアルゴリズムでは追加の設定が必要になる場合があります。プロバイダの設定は、このマニュアルの後の章で説明されています。

ツールボックスの上部には、テキストボックスがあります。テキストボックスに何か単語やフレーズを入力すると、ツールボックスに表示されるアルゴリズムの数が減り、簡単に必要なものを見つけられます。入力時に、ツールボックス内のアルゴリズムの数は、入力したテキストが名前の中に含まれるものだけに低減されることに注意してください。

検索条件に一致するがアクティブではない提供者に帰属するアルゴリズムがある場合、追加のラベルがツールボックスの下部に表示されます。

../../../_images/toolbox_search.png

検索結果を表示しているProcessing Toolbox

そのラベル内のリンクをクリックすると、アルゴリズムのリストには、薄いグレーで表示される非アクティブのプロバイダからのものが含まれます。アクティブ各非アクティブプロバイダへのリンクも示されています。

Figure Processing 7:

../../../_images/toolbox_search2.png

検索結果を表示しているProcessing Toolbox

アルゴリズムを実行したい場合ツールボックスの名前をダブルクリックすればいいです.

アルゴリズムダイアログ

実行したいアルゴリズムの名前をダブルクリックすると、下図のようなダイアログが表示されます(この場合は、ダイアログは「ポリゴンの重心」アルゴリズムに対応します)。

Figure Processing 8:

../../../_images/parameters_dialog.png

パラメータダイアログ

このダイアログでは、アルゴリズムを実行する必要があるの入力値を設定するために使用されます。これは、入力値と設定する設定パラメータのリストを示しています。それはもちろん、さまざまなコンテンツを持って実行するアルゴリズムの要件に応じて、それらの要件に基づいて自動的に作成されます。

パラメータの数とタイプは、アルゴリズムの特性に依存しますが、構造は、それらのすべてについても同様です。テーブルで検出されたパラメータは、次のいずれかのタイプのものとすることができます。

  • ラスターレイヤー、QGISで利用可能なすべてのこのようなレイヤーのリスト(現在開いている)から選択します。セレクタを使用すると、その右側にボタンも含まれ、現在QGISにロードされていないレイヤーを表すファイル名を選択できるようになります。

  • ベクトルレイヤーは、QGISで利用可能なすべてのベクトルレイヤーのリストから選択します。QGISにロードされていないレイヤーは、ラスターレイヤーの場合のように、同様に選択することができるが、このアルゴリズムは、レイヤーの属性テーブルから選択したテーブルのフィールドを必要としない場合にのみ。その場合には、彼らは利用できるフィールド名のリストを取得するように開く必要があるため、開かれたレイヤーだけが選択できます。

    以下の図のように各ベクタレイヤにボタンが表示されるでしょう.

Figure Processing 9:

../../../_images/vector_iterator.png

ベクトルイテレータボタン

アルゴリズムがそれらのいくつかを含む場合は、それらのひとつだけを切り替えできるようになります。ベクトル入力に対応するボタンがトグルされた場合、アルゴリズムは、アルゴリズムが実行された回数と同じ数の出力を生成する、全レイヤーに一度だけの代わりに、その地物のそれぞれに繰り返し実行されます。これにより、レイヤー内のすべての地物を別々に処理する必要があるとき、プロセスを自動化できます。

  • テーブル、QGISで使用可能なすべてのリストから選択します。非空間テーブルは、ベクトルレイヤーのようなものとしてQGISにロードされ、実際にプログラムによってそのようなものとして処理されます。現在、一つのテーブルを必要とするアルゴリズムを実行するときに表示される使用可能なテーブルのリストは、dBaseの内のファイル( .dbf )またはカンマ区切り値( .CSV )フォーマットからのテーブルに制限されます。

  • 利用可能なオプションのリストから選択するオプション.

  • 数値、テキストボックスに導入される。その側にボタンがあります。それをクリックすると、数式を入力するためのダイアログが表示され、便利な電卓として使用できます。QGISにロードされたデータに関連するいくつかの有用な変数を自分の式に追加できます。だからあるレイヤーのセルの大きさや別のレイヤー最北端の座標など、これらの変数のいずれかから得られた値を選択できます。

Figure Processing 10:

../../../_images/number_selector.png

番号セレクター

  • レンジ, 2個のテキストボックスで最小値と最大値で指定されます.

  • テキストストリング, 1個のテキストボックスで指定されます.

  • フィールドは、ベクタレイヤまたは別のパラメータで選択された単一のテーブルの属性テーブルから選択します。

  • 基準座標系。テキストボックスに直接EPSGコードを入力するか、または右側のボタンをクリックすると表示されるCRS選択ダイアログから選択できます。

  • 範囲。 xminxmaxyminymax を表す4つの数字制限によって入力されます。値セレクタの右側のボタンをクリックすると、ポップアップメニューが表示され、次の2つの選択肢を与えます:レイヤーや現在のキャンバスの範囲から値を選択する、またはマップキャンバスに直接ドラッグすることによってそれを定義する。

    Figure Processing 11

    ../../../_images/extent.png

    範囲セレクタ

    最初のオプションを選択すると次のようなウィンドウが表示されます.

    Figure Processing 12

    ../../../_images/extent_list.png

    範囲リスト

    2番目を選択した場合は、パラメータウィンドウはそれ自身を非表示にしますので、キャンバスにクリックしてドラッグできます。選択した矩形を定義すると、ダイアログが再表示され、範囲テキストボックス内の値を格納します。

    Figure Processing 13:

    ../../../_images/extent_drag1.png

    範囲ドラッグ

  • 要素のリスト、(ラスタレイヤ、ベクトル層またはテーブルかどうか)QGISで入手可能なレイヤのリストから選択します。選択するには、次のようなダイアログが表示に対応する行の左側にある小さなボタンをクリックしてください。

    Figure Processing 14:

    ../../../_images/multiple_selection.png

    複数選択

  • 小さなテーブルは、ユーザによって編集されます。これらは、とりわけ、ルックアップテーブルまたはコンボリューションカーネルのようなパラメータを定義するために使用されます。

    右側にあるボタンをクリックするとテーブルを表示してその値を編集できます.

    Figure Processing 15:

    ../../../_images/fixed_table.png

    固定テーブル

    アルゴリズムによっては、行数は、ウィンドウの右側にあるボタンを使用せずに変更できます。

パラメータのタブに加えて、’ログ’という名前の別のタブがあります。その実行時にアルゴリズムによって提供される情報は、このタブで書かれて、そして実行を追跡し、認識し、それが実行されるようなアルゴリズムの詳細を持つことができるようにされます。すべてのアルゴリズムがこのタブに情報を書き込むわけではなく、多くは最終的なファイル以外に何も出力を生成せずに静かに実行されるかもしれないことにご注意ください。

ダイアログの右側には、その目的とその基本的な考え方を理解するのに役立つ、アルゴリズムの簡単な説明が見つかるでしょう。そのような記述が利用できない場合、説明パネルは表示されません。

いくつかのアルゴリズムは、それが使用するすべてのパラメータの説明、または例を含めることが、より詳細なヘルプファイルを、持っているかもしれません。その場合は、パラメータダイアログに Help タブが見つかるでしょう。

投影法についての記述

処理フレームワークから実行されるアルゴリズムは—このことはアルゴリズムがそれを介して公開されている外部アプリケーションのほとんどでも真ですが—入力レイヤー上で再投影は何も実行せず、それらのすべてがすでに共通の座標系にあって分析する準備ができていることを仮定しています。ベクトルであれラスタであれ、アルゴリズムへの入力として複数のレイヤーを使用するたびに、それらがすべて同じ座標系であることを確認するのは自己責任です。

QGISのオンザフライ再投影機能のせいで、2つのレイヤーが重なったり一致するように見えるかもしれないが、元の座標が共通の座標系にそれらを再投影することなく使用されている場合、なおこれは真ではないかもしれないことにご注意ください。その再投影は手動で行う必要があり、その後、得られたファイルをアルゴリズムへの入力として使用するべきです。また、再投影処理はプロセッシングフレームワーク自体で使用可能なアルゴリズムを用いて行うことができることに留意されたいです。

デフォルトでは、パラメータダイアログは、入力レイヤーとして使用される同じCRSを共有するレイヤーを選択することが容易になり、その名とともに、各レイヤーのCRSの説明が表示されます。この追加情報を表示したくない場合は、 CRSを表示 オプションのチェックを外し、[処理の設定]ダイアログボックスでこの機能を無効にできます。

CRSが異なる2つ以上の入力レイヤを使ってアルゴリズムの実行を試みる場合、警告ダイアログが表示されます。

まだアルゴリズムを実行するほとんどの場合、入力レイヤと重複しないため空のレイヤがせいされるような間違った結果を生成し、そのことに気づくことができます。

アルゴリズムによって生成されたデータオブジェクト

アルゴリズムによって生成されるデータオブジェクトは以下のタイプが利用できます:

  • ラスタレイヤ

  • ベクタレイヤ

  • テーブル

  • HTML ファイル (テキストとグラフィック出力の場合利用できます)

これらはすべて、ディスクに保存され、パラメータテーブルは、それを保存するために使用する出力チャンネルを入力でき、これらの出力のそれぞれに対応するテキストボックスを、含まれています。出力チャネルは、どこかに結果のオブジェクトを保存するために必要な情報が含まれています。最も一般的なケースでは、ファイルに保存しますが、ベクトルレイヤーの場合、彼らはネイティブのアルゴリズムによって生成された場合(アルゴリズムは、外部アプリケーションを使用していない)PostGISのかSpatialiteデータベース、またはメモリレイヤーにも保存できます。

出力チャンネルを選択するには、単にテキストボックスの右側にあるボタンをクリックすると、使用可能なオプションを備えた小型のコンテキストメニューが表示されます。

最も一般的なケースでは、ファイルに保存を選択します。そのオプションを選択した場合、目的のファイル・パスを選択でき、保存ファイルダイアログでプロンプトが表示されます。サポートされているファイルの拡張子は出力とアルゴリズムの種類に応じて、ダイアログのファイル形式セレクタに示されています。

出力の形式は、ファイル名拡張子によって定義されます。サポートされるフォーマットは、アルゴリズム自体によってサポートされている内容によって異なります。形式を選択するには、単に対応するファイルの拡張子を選択します(または、代わりに直接ファイルパスを入力している場合は、それを追加します)。入力したファイルパスの拡張がサポートされているフォーマットのいずれにも一致しない場合、デフォルトの拡張子は、ファイル・パスに追加されます、その拡張子に対応するファイル形式は、レイヤまたはテーブルを保存するために使用されます。デフォルトの拡張子は、テーブルには .dbf 、ラスタレイヤには .tif 、ベクトルレイヤーには .shp です。これらは、QGISでサポートされているフォーマットの他を選択すると、設定ダイアログで変更できます。

出力テキストボックスに任意のファイル名を入力します(または、コンテキストメニューで対応するオプションを選択)していない場合、結果は、対応するデフォルトのファイル形式の一時ファイルとして保存されます、そしてQGISを(終了後に削除されます)、それに世話をする場合には、プロジェクトを保存し、それが一時的な層が含まれています。

出力データ・オブジェクトのデフォルトフォルダを設定できます。設定ダイアログに移動します( Processing メニューからそれを開くことができます)、およびに 出力folder General グループは、パラメータの名前を見つけます。この出力フォルダは、アルゴリズムを実行するとき、パスなしでファイル名だけを入力した場合(すなわち myfile.shp )のデフォルトのパスとして使用されます。

反復モードのベクトル層を使用するアルゴリズムを実行する場合、入力されたファイルパスには、ベース名を使用し、反復のインデックスを表す数値を付加命名されているすべての生成されたファイルのためのベースパスとして使用されます。ファイルの拡張子(と形式)このようなすべての生成されたファイルに使用されます。

ラスタレイヤとテーブルとは別に、アルゴリズムではHTMLファイルのようなグラフィックスとテキストも生成します。これらの結果は、アルゴリズムの実行の最後に新しいダイアログに表示されます。このダイアログには、現在のセッション中に任意のアルゴリズムによって生成された結果が保持され、結果はQGISメインメニューから 処理 -> viewer と選択することで、いつでも表示できます。

外部アプリケーションには(特に拡張子に制限がない)複数のファイルを出力とするものもありますが、それらは上記のカテゴリのいずれにも属しません。これらの出力ファイルはQGISによって処理される(開かれたり、現在のQGISプロジェクトに含まれる)ことはありません、なぜならほとんどの場合それらはQGISでサポートされていないファイル形式や要素に対応しているからです。これは、例えば、レーザー測量データに使用されるLASファイルの場合です。ファイルは作成されますが、QGIS作業セッションには何も新しいものは表示されません。

他の出力タイプのすべてに対し、アルゴリズムによってか生成されると、ファイルをロードするかどうかをアルゴリズムに指示するために使用できるチェックボックスがあります。デフォルトでは、すべてのファイルが開かれます。

オプションの出力はサポートされていません。つまり、すべての出力が作成されます。しかし、与えられた出力に興味がない場合は、対応するチェックボックスのチェックを外すことで、本質的にそれをオプションの出力のように動作させることができます(つまり、レイヤーがとにかく作成されるが、テキストボックスが空のままにした場合、それは一時ファイルに保存され、QGISを終了した後に削除されます)。

プロセッシングフレームワークを構成する

前述したように、設定メニューでは、アルゴリズムがどのように機能するかを設定することができ、新たなダイアログへのアクセスを提供します。設定パラメータは、ダイアログの左側に選択することができ、別のブロックで構成されています。

前述 出力folder エントリと一緒に、 General ブロックは、出力レイヤのデフォルトのレンダリングのスタイルを設定するためのパラメータ(すなわち、フレームワークGUIコンポーネントの任意のアルゴリズムを用いて生成されたレイヤー)が含まれます。QGISで使用したいスタイルを作成し、ファイルに保存し、その後、アルゴリズムがそれを使用できるように設定の中へそのファイルへのパスを入力するだけです。レイヤーがSEXTANTEによってロードされ、QGISキャンバスに追加されるたびに、そのスタイルでレンダリングされます。

描画スタイルは、各アルゴリズムとその出力のそれぞれに対して個別に設定できます。ツールボックスでアルゴリズムの名前を右クリックして レンダリングスタイルを編集 を選択するだけです。次の図のようなダイアログが表示されます。

Figure Processing 16:

../../../_images/rendering_styles.png

レンダリングスタイル

それぞれの出力に設定したいスタイルファイル ( .qml ) を選択して [OK] を押して下さい.

Other configuration parameters in the General group are listed below:

  • レイヤー名としてファイル名を使用 。アルゴリズムによって作成される結果の各レイヤーの名前が、アルゴリズム自体によって定義されます。いくつかのケースでは、どの入力レイヤーが使用されるかに関係なく同じ出力名が使用されることを意味して、固定の名前が使用される可能性があります。他の例では、名前が入力レイヤーまたはアルゴリズムを実行するために使用されるパラメータのいくつかの名前に依存する場合があります。このチェックボックスがチェックされている場合、名前ではなく、出力ファイル名から取得されます。出力が一時ファイルに保存されている場合、この一時ファイルのファイル名は、通常は長くて、他の既存のファイル名との衝突を回避する目的の無意味な名前であることに注意してください。

  • アルゴリズムを実行した後ダイアログを開いたままにする 。アルゴリズムが実行を完了し、その出力レイヤーがQGISプロジェクトにロードされると、アルゴリズムのダイアログが閉じられます。ダイアログを(別のパラメータで再びアルゴリズムを実行するため、または[ログ]タブに書き込まれた出力をより良いチェックするために)開いたままにしたい場合は、このオプションをチェックします

  • 選択された地物のみを使用 。このオプションを選択した場合、アルゴリズムの入力としてベクトルレイヤーが使用されるときはいつでも、その選択された地物だけが使用されます。レイヤーに選択された地物がない場合は、すべての地物が使用されます。

  • 実行前スクリプトファイル実行後スクリプトファイル 。これらのパラメータは、処理スクリプト機能を使用して記述されたスクリプトを参照し、スクリプト作成とコンソールについてのセクションで説明されています。

Apart from the General block in the settings dialog, you will also find a block for algorithm providers. Each entry in this block contains an Activate item that you can use to make algorithms appear or not in the toolbox. Also, some algorithm providers have their own configuration items, which we will explain later when covering particular algorithm providers.