Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

はじめに

この章では、QGIS処理フレームワーク、空間分析作業の生産的かつ実現しやすくする、QGISからネイティブとサードパーティのアルゴリズムを呼び出すために使用できるジオプロセシング環境を紹介します。

以降のセクションではフレームワークのグラフィカルな機能をどのように使うのかをそれぞれ見ていきます.

異なる目的のためのアルゴリズムを実行するために使用されているフレームワークのGUIの4つの基本要素があります。単一のツールを選択するか、別のは、実行される分析の種類と各ユーザとプロジェクトの特定の特性に依存するであろう。それらのすべてが(ご覧のように、ツールボックスまたはアルゴリズムの実行]ダイアログボックスから呼び出されるバッチ処理インターフェースは除く) プロセシング メニュー項目からアクセスできます。(4つより多くのエントリが表示されます。残りはアルゴリズムを実行するために使用されず、この章で後ほど説明します。)

  • ツールボックス.GUI の主な要素は, 単一のアルゴリズムを実行するか, そのアルゴリズムに基づいてバッチプロセスを実行するために使用されます.

Figure Processing 1:

../../../_images/toolbox3.png

処理ツールボックス

  • グラフィカルモデラー.いくつかのアルゴリズムをグラフィカルサブプロセスのいくつかを伴う単一のプロセスを作成し, ワークフローを定義するために, モデラーを使用して組み合わせることができます.

Figure Processing 2:

../../../_images/models.png

処理モデラー

  • 履歴マネージャ.前述の要素のいずれかを用いて実行されたすべてのアクションが履歴ファイルに保存され, 後で簡単に履歴マネージャを使用して再生することができます.

Figure Processing 3:

../../../_images/history2.png

処理履歴

  • バッチプロセシングインタフェース.このインタフェースを使用すると, バッチ処理を実行し, 複数のデータセットに対し単一のアルゴリズムの実行を自動化することができます.

Figure Processing 4:

../../../_images/batch_processing.png

バッチ処理インターフェース

以下のセクションではそれぞれのエレメントの詳細を紹介します.