29.2. 付録B: GNUフリー文書利用許諾契約書

Version 1.3, 3 November 2008

著作権2000、2001、2002、2007、2008年 フリーソフトウェア財団

http://fsf.org/

誰もがこのライセンス文書の逐語的なコピーを複製および頒布することは許可されていますが、それを変更することはできません。

はじめに

このライセンスの目的は、マニュアル、教科書、または他の機能的で便利な文書を、自由という意味で「フリー」にすることです。商業的または非商業的、またはそれを修正することなく、誰もがそれをコピーして再配布するための事実上の自由を確保するために。第二に、このライセンスは、他の人によって行われた変更の責任とみなされていないながら、著者や出版社が自分の仕事のためにクレジットを取得する方法を保持します。

このライセンスは「コピーレフト」の一種です。すなわち、文書の派生物自体は同じ意味でフリーでなければなりません。これは、フリーソフトウェアのために設計されたコピーレフトライセンスであるGNU一般公衆利用許諾契約書を、補完します。

フリーのプログラムは、ソフトウェアが行うのと同じ自由を提供するマニュアルが付属していなければならない:フリーソフトウェアはフリーな文書が必要なので、私たちは、フリーソフトウェアのマニュアルのためにそれを使用するために、このライセンスを設計しています。しかし、このライセンスは、ソフトウェアのマニュアルに限定されるものではありません。それは関係なく、主題のか、それが印刷された本として出版されているかどうか、任意のテキストの仕事のために使用できます。私たちは、その目的の命令または参照された作品のため、主にこのライセンスをお勧めします。

1.適用性と定義

このライセンスは、著作権者がこのライセンスの条件に基づいて頒布できることを示す通知を含む、あらゆる媒体のあらゆるマニュアルまたはその他の作品に適用されます。そのような通知は、ここに記載された条件の下でその作品を使用するための、期間無制限の、全世界のロイヤルティフリーライセンスを付与します。以下で 文書 は、そのようなマニュアルまたは文書を指します。一般会員はすべてライセンシーであり、「あなた」と呼ばれます。著作権法に基づく許可が必要な方法で作品をコピー、変更、または配布する場合、あなたはライセンスを受け入れます。

文書の「 修正版 」は、ドキュメントまたはその一部、逐語的、または変更してコピー及び/又は他の言語に翻訳のいずれかを含む任意の作業を意味します。

補遺部分 」は、名前の付録か(または関連事項)文書の全体的な対象への文書の出版社や著者の関係で独占的に扱う文書のフロントマター部であり、それは、その全体的な対象内で直接落下する可能性があります何も含まれていません。(文書が部分的に数学の教科書である場合はこのように、補遺部分は、任意の数学を説明できないことがあります。)関係は主題または関連事項との歴史的な関連の問題であるか、対象とか、あるいはそれらに関する法的、商業、哲学的、倫理的、あるいは政治的な位置の問題である可能性があります。

変更不可部分 」とは、二次著作物セクションであって、「文書」がこのライセンスに基づいてリリースされたという通知中で、そのタイトルが「変更不可部分」のタイトルとして指定されているものです。部分が上記の「二次著作物」の定義に適合しない場合、部分を「変更不可部分」として指定することはできません。文書には変更不可部分が含まれない場合があります。文書が変更不可部分を識別しない場合は何もありません。

カバーテキスト 」とは、短い文章であって、文書がこのライセンスの下でリリースされていることを述べている通知中でフロントカバーテキストまたはバックカバーテキストとしてリストされているものです。フロントカバーテキストは最大5語、バックカバーテキストは最大で25語が許されています。

文書の「 透明 」コピーは機械読み取り可能なコピーを意味し、その仕様一般公衆に利用可能な形式で表され、それは一般的なテキストエディタでまっすぐ文書の改訂のためか(構成画像に適していますピクセル)汎用ペイントプログラムまたは(図面のために)、いくつかの広く利用可能な描画エディタ、それはフォーマッタをテキストまたはテキストフォーマッタへの入力に適した様々なフォーマットへの自動翻訳のために入力するのに適しています。そのマークアップ、またはマークアップの非存在下、さもなければ透明ファイル形式で作られたコピーは、読者が後続の変更を妨害または阻止するように配置された透明でありません。テキストの任意のかなりの量のために使用した場合の画像フォーマットは、透明ではありません。「透明」でないコピーは 不透明 と呼ばれます。

透明な複製に適した形式の例としては、マークアップなしのプレーンASCII、Texinfoの入力形式、LaTeX入力形式、一般に入手可能なDTDを使用したSGMLまたはXML、および標準に準拠した単純HTML、人間の変更のために設計されたPostScriptまたはPDFがあります。透明な形式の例には、PNG、XCFおよびJPGがあります。不透明な形式には、商用ワードプロセッサで読み取り編集できる商用形式、DTDおよび/またはプロセシングツールが一般に利用可能でないSGMLまたはXML、および機械生成HTML、いくつかのワードプロセッサによって作成された出力目的のみのPostScriptやPDFがあります。

題扉 」とは、印刷された書籍、題扉自体、プラスを保持するために必要とされるような以下のページのために、読みやすく、材料は、このライセンスは、題扉に表示されている必要があります。以下のような任意の題扉を持っていないフォーマットの作品については、「題扉」には、テキストの本文の先頭に先行し、作品の題の最も顕著な外観に近いテキストを意味します。

パブリッシャー 」は、公衆への文書のコピーを配布する個人または団体を意味します。

XYZという題 」セクションには、題を正確XYZであるか、XYZを別の言語に翻訳し、テキストを次の括弧内にXYZが含まれているいずれかの文書の名前のサブユニットを意味します。(ここで、XYZは「 謝辞 」、「 献呈 」、「 裏書 」、または「 歴史 」などのような、下記の特定のセクション名を表します)。この定義によると 「文書」を修正するときにセクションの 題を保持 することは、XYZという題のセクションを残すことを意味します。

ドキュメントは、本ライセンスは、ドキュメントに適用されると述べている通知に次の保証の免責事項を含めることができます。これらの保証免責事項は、この契約書では、唯一の保証を放棄に関して参照により含まれると考えている。これらの保証の免責が持っていることを他の含意は無効であり、このライセンスの意味には影響を与えません。

2.逐語的に忠実な複製

このライセンス、著作権表示、および本ライセンスが文書に適用されると述べるライセンス通知がすべてのコピーに再現されている、かつ、本ライセンスのものに一切の他の条件を追加していないという条件が満たされる限り、文書は、商業的にも非商業的にも、任意の媒体にコピーして配布できます。作成あるいは頒布するコピーの閲覧または再コピーを妨げたり制御するための技術的手段を使用することはできません。ただし、コピーと引き換えに報酬を受け取ることはできます。十分に多い数のコピーを配布する場合は、セクション3の条件にも従わなければなりません。

また、上記と同じ条件の下で、コピーを貸与でき、コピーを公に表示できます。

3.大量の複製

100以上の番号文書の印刷されたコピー(または一般的にカバーを印刷したメディアまたはコピー)を公開し、文書のライセンス通知がカバーテキストが必要な場合は、はっきりと読みやすく、コピーをこれらすべてのカバーテキスト(表紙にフロントカバーテキスト、および背面カバーにバックカバーテキスト)を持ち運びするカバー内に同封しなければなりません。どちらのカバーもはっきりと読みやすいこれらのコピーの出版社として識別する必要があります。フロントカバーは等しく顕著な可視題のすべての単語との完全なタイトルを提示しなければなりません。加えて、表紙に他の材料を加えてもよいです。それらは、文書の題を保持し、これらの条件を満たしている限り、カバーに限定変更とコピーは、他の点では逐語的なコピーとして扱うことができます。

どちらかのカバーに必要なテキストが読みやすく収まらないほど膨大な場合、最初のものを実際の表紙に(適当に収まるくらい多く)記載されている入れて、残りを隣接するページに続けるべきです。

100以上の番号文書の不透明コピーを公開または配布する場合は、各不透明コピーにまたはでから、一般的なネットワーク - コンピュータ・ネットワーク上の場所を機械可読トランスペアレント各不透明コピーと一緒にコピー、または状態を含んでいなければならないのいずれかパブリックを使用すると、パブリック標準のネットワーク・プロトコル文書の完全な透明コピー、追加材料の自由を使用してダウンロードするためのアクセス権を持っています。後者のオプションを使用する場合は、数量に不透明コピーの配布を開始するとき、少なくとも1年の最後の時間の後に、配布されるまで、この透明コピーは定められた場所でこのようにアクセス可能なままであることを保証するために、合理的に慎重な手順を実行する必要があります公衆にその版の不透明なコピー(直接、または代理店や小売店を通じて)。

コピーの任意の多数を再配布する十分前に、文書の更新バージョンを提供する機会を与えるために、文書の作成者に連絡することは、要求されますが、必須ではありません。

4.変更

「文書」の「変更版」は、その「変更版」をまさにこのライセンスの下でリリースしていて、その「変更版」が「文書」の役割を満たしている、したがってそのコピーを所有している誰にでも「変更版」の配布、変更を許可している限り、上記のセクション2と3の条件の下でコピーおよび配布できます。また、「変更版」では以下のことを行う必要があります:

  1. 題扉(とカバー、もしあれば)には文書の題、および以前の版(あった場合には文書の「履歴」セクションに表示されているはずです)の題とは異なる題を使用してください。その版の元の出版社が許可を与える場合は、以前の版と同じ題扉を使用できます。

  2. 題扉のリストには、彼らはこの要件からあなたを解放しない限り、著者として、変更版における変更の著作者として責任がある1人以上の人または団体を、文書の主著者の少なくとも5(5より少ない場合その主著者のすべて)と一緒に、列挙します。

  3. 題扉に修正版の出版社の名前を、出版社として、述べます。

  4. 文書のすべての著作権表示を残します。

  5. 他の著作権表示の近くに、あなたの修正のための適切な著作権表示を追加します。

  6. 、すぐに著作権表示の後に、下記の補遺に示されている形で、本ライセンスの条項の下で変更版を使用する公開許可を与えるライセンス通知を含めます。

  7. そのライセンスに保存するには、不変のセクションの完全なリストを気づくと文書のライセンス通知に与えられたカバーテキストを必要としていました。

  8. 本ライセンスの変更されていないコピーが含まれます。

  9. 「履歴」と題するセクションを保持し、その題を保持し、それに題ページに与えられたとして、修正版の、少なくとも題、年、新しい著者、および出版社を明記のアイテムを追加します。文書に「履歴」と題した章が存在しない場合は、その題ページに与えられたとして、文書の題、年、著者、および出版社を述べるものを作成し、その後、前の文で述べたように、変更版を記述する項目を追加します。

  10. もしあれば、ネットワークの場所を保存する、パブリックアクセスの文書の透明コピーへ、およびそれが基づいていた以前のバージョンの文書に与えられ、同様に、ネットワークの場所のために文献で示さ。これらは、「履歴」セクションに配置できます。あなたは、4年前に、文書自体、少なくとも出版された仕事のためのネットワークの場所を省略でき、またはそれが参照するバージョンのオリジナルの出版社は、許可を与える場合。

  11. 「謝辞」または「献呈」と題された任意のセクションは、セクションの「題を保持」し、セクションの寄稿者の肯定応答および/またはその中に与えられた献呈の各々の全ての物質とトーンを維持します。

  12. その本文および題名を変更せず、文書のすべての不変のセクションを保持します。章番号やそれに相当するものは、セクション題の一部とはみなされません。

  13. 「裏書」と題されたいずれかのセクションを削除します。このようなセクションは、修正版には含まれないことがあります。

  14. 「裏書」または任意の不変セクションとの題で競合する権利を有することに任意の既存のセクションを改称しないでください。

  15. 任意の保証免責を保存します。

修正版は二次著作物セクションとしての資格や文書からコピーされた何の材料を含まない新しいフロントマターセクションまたは付録が含まれている場合、自身の選択によりこれらの一部または全部を不変として指定できます。これを行うには、変更版の利用許諾告知における変更不可部分のリストに自分の題を追加します。これらの題は、他のセクションの題は区別しなければなりません。

あなたは、「推薦の辞」と題されたセクションを追加します。例えば---それは、様々な関係者によってあなたの変更版の推薦しか含まれていない提供し、ピアレビューのステートメントまたはテキストは、標準の権威ある定義として組織によって承認されたことがあり。

変更版ではカバーテキストのリストの最後に、バックカバーテキストとして、最大5つのフロントカバーテキストなどの単語、および最大25ワードの通路の通過を追加できます。フロントカバーテキストとバックカバーテキストの1の唯一の通路はによって(またはによって行われた取り決めにより)いずれかのエンティティを添加してもよいです。文書が既に同じカバーするためのカバーテキストが含まれている場合は、以前にあなたによってか、の代わりに動作している同じエンティティによって行われた配置で追加された、別のものは追加できません。しかし、古い文を加えた以前の出版者からの明示的な許可に、古いものを置き換えることができます。

ドキュメントの作者と出版社(単数または複数)は、このライセンスによってのための宣伝のために自分の名前を使用するか、いずれかの修正版の裏書を主張または暗示する許可を与えることはありません。

5.書類を組み合わせる

無修正、変更版に関して上記のセクション4で定義された条件の下で、組み合わせて、オリジナルの文書のすべての不変のセクションのすべてが含まれていることを提供し、このライセンスの下で発表された複数の文書を結合し、それらをすべてリストアップしますその利用許諾告知にご組み合わせた作品のように不変のセクション、すべての彼らの保証の免責事項を保持しています。

結合後の著作本ライセンスのコピーが含まれているのみ必要とし、複数の同一の不変のセクションは、単一のコピーで置き換えることができます。同じ名前が異なる内容の変更不可部分が複数ある場合は、括弧内に、それの最後に追加することによって、そのような各セクション独特の題を作る、そのセクションの原作者や出版社の名前は、他の知られている場合、または一意の番号。結合後の著作物の利用許諾告知における変更不可部分の一覧で、章の題名に同様の調整を行います。

組み合わせでは、「履歴」と題する一つのセクションを形成し、様々なオリジナルの文書中の「履歴」という題のすべてのセクションを組み合わせなければなりません。「謝辞」という題のすべてのセクション、および「献呈」という題のすべてのセクションも同様に組み合わせます。「推薦」という題のすべてのセクションは削除する必要があります。

6.文書のコレクション

文書および本ライセンスの下でリリースされた他の文書からなるコレクションを作成し、コレクションに含まれる単一のコピーで様々な文書中のこのライセンスの個々のコピーを置き換えることは、他のすべての点で文書の各逐語的にコピーについてこのライセンスの規則に従う限りにおいて、許可されます。

このようなコレクションから単一の文書を抽出して個別に配布することは、このライセンスのコピーを抽出された文書に挿入し、その文書の逐語的なコピーに関して他のすべての点で本ライセンスに従うかぎり、このライセンスの下で許可されます。

7.独立した作品でのまとめ

編集から生じた著作権は法律上の権利を制限するために使用されていない場合は、他の別個の独立した文書や作品で、またはストレージまたは配布媒体のボリューム上の文書またはその誘導体の編纂は、「まとめ」と呼ばれています、個々の作品は許可している以上、編纂のユーザーの。「文書」がまとめに含まれている場合、それ自体が「文書」の派生物ではないまとめ中の他の作品には、このライセンスは適用されません。

セクション3のカバーテキスト要件文書のこれらのコピーに適用可能である場合文献は、全体集合体の半分未満である場合、次に、文書のカバーテキストは、集合内の文書を囲むカバー上に配置されてもよい、またはカバーの電子同等の文書は、電子形式である場合。そうでなければ、彼らは全体の集計を一括印刷カバーの上に表示される必要があります。

8.翻訳

翻訳は変更の一種と考えられているので、翻訳で不変のセクションを交換部4の条件の下での文書の翻訳を配布することが彼らの著作権者からの特別な許可が必要ですが、に加えて、一部またはすべての不変のセクションの翻訳を含むことができこれらの不変のセクションの元版。また、本ライセンスの元の英語版およびそれらの通知および免責事項の元版が含まれていることを提供し、このライセンスの翻訳、および文書内のすべてのライセンス通知、および任意の保証免責事項を含むことができます。翻訳と本ライセンスまたは通知または免責条項の元版との間に食い違いが生じた場合は、元版が優先されます。

文書内のセクションは、「謝辞」、「献呈」と題された、または「履歴」である場合、要件(セクション4)はその題(セクション1)を維持するために、典型的には実際の題を変更する必要があります。

9.終了

コピー、変更、サブライセンス、または明示本ライセンスの下で提供以外の文書を配布することはできません。そうでない場合は、コピー、変更、サブライセンス、またはそれを配布しようとすると無効となり、かつ自動的に本ライセンスの下であなたの権利を終了します。

あなたがこの契約書のすべての違反をやめる場合は、その後、特定の著作権者からライセンスは、著作権者が明示的に、最終的には永久ライセンス、および(B)を終了しない限り、とまでは(a)の仮、著作権者が失敗した場合復活さ中止後60日前にいくつかの合理的な手段で違反を通知します。

著作権者は、いくつかの合理的な手段で違反を通知した場合また、特定の著作権者からライセンスを永続的に復活され、これはあなたがその著作権者から(すべての作業のための)本ライセンスの違反の通知を受けたのは初めてで、そしてあなたは、予告のあなたの受領後30日前に違反を治します。

このセクションの下であなたの権利の終了は、このライセンスの下であなたから複製や権利を受け取った当事者のライセンスは終了しません。あなたの権利が終了し、恒久的に回復いないされている場合は、同じ材料の一部または全部のコピーの受領はあなたにそれを使用する権利を与えるものではありません。

10.本ライセンスの将来の改訂

フリーソフトウェア財団は随時GNUフリードキュメントライセンスを更新しています。新しいバージョンは既存のバージョンと同様の精神のもとにありますが、新しい課題や関心事について詳細では異なる見解を述べることもあります。 詳しくは http://www.gnu.org/copyleft/ を参照してください。

ライセンスの各バージョンは、バージョン番号によって区別を与えています。文書は、本ライセンスの特定の番号のバージョン「またはそれ以降のバージョンが」それに適用され、あなたがその指定されたバージョンのか、と(いない出版されている任意の以降のバージョンのいずれかの条件を次のオプションを持っていることを指定した場合フリーソフトウェア財団によって草案)。文書が本ライセンスのバージョン番号が指定されていない場合は、フリーソフトウェア財団によってかつてない(ないドラフトとして)発行されたバージョンを選択することができます。文書がプロキシは、このライセンスの将来のバージョンを使用できるかを決定できるように指定した場合は、バージョンの受け入れのそのプロキシの公開声明は、恒久的に文書のために、そのバージョンを選択するように許可します。

11.再ライセンス

「大勢の複数著者協働サイト」(または「MMCサイト」)は、著作権の作品を公開して任意のワールド・ワイド・ウェブ・サーバーを意味し、また、それらの作品を編集するために誰のための著名な施設を提供します。誰もが編集できることを公共のwikiは、サーバーの一例です。サイトに含まれる「大勢の複数著者協働」(または「MMC」という。)をMMCサイトで公開著作権保護作品の任意のセットを意味します。

「CC-BY-SA」は、クリエイティブ・コモンズ・コーポレーション(カリフォルニア州サンフランシスコに主たる営業所を持つ非営利企業)よって発行されたクリエイティブ・コモンズ表示 - 継承3.0ライセンス、ならびにその同じ組織によって公開されたそのライセンスの将来のコピーレフトのバージョンを意味します。

「組み込む」とは、公開または文書を、全体的または部分的に、別の文書の一部として再発行することを意味します。

MMCは、それが本ライセンスの下でライセンスされている場合、「再ライセンスの対象」であり、すべての作品は、MMCに最初にこのMMC以外の場所に本ライセンスの下で公開され、その後、全体的にまたは部分的に組み込まれたものならば、(1)無ましましたテキスト又は不変セクションをカバーし、そして(2)このようにして前2008年11月1日に組み込まれました。

MMCサイトの運営者は、2009年8月1日前の任意の時点で、同じサイト上のCC-BY-SAの下のサイトに含まれるMMCを再発行MMCが再ライセンスの対象となり提供することがあります。

補遺:あなたの文書のために、このライセンスを使用する方法

文書内のライセンスのコピーを含め、書かれている文書で、このライセンスを使用すると、ちょうど題扉の後に、次の著作権およびライセンス通知を配置するには:

Copyright © YEAR  YOUR NAME.
Permission is granted to copy, distribute and/or modify this document
under the terms of the GNU Free Documentation License, Version 1.3
or any later version published by the Free Software Foundation;
with no Invariant Sections, no Front-Cover Texts, and no Back-Cover Texts.
A copy of the license is included in the section entitled "GNU
Free Documentation License".

あなたは不変のセクションを持っている場合は、フロントカバーテキストとバックカバーテキストは、「テキスト...と。」置き換えます これに伴い:

with the Invariant Sections being LIST THEIR TITLES, with the
Front-Cover Texts being LIST, and with the Back-Cover Texts being LIST.

あなたがカバーテキストのない不変のセクション、または3の他のいくつかの組み合わせを持っている場合は、状況に合わせて、これらの二つの選択肢を混ぜ合わせます。

文書中にプログラムコードの自明でない例が含まれている場合は、フリーソフトウェアでの使用を可能とするために、GNU一般公衆利用許諾契約書として、フリーソフトウェアライセンスの選択の下で並行してこれらの例をリリースすることをお勧めします。