Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

Live GPS トラッキング

QGISでのライブGPSトラッキングを有効にするには、 設定 - > Panels checkbox GPSのinformation を選択する必要があります 。キャンバスの左側に新しいドッキングウィンドウが得られるでしょう。

GPSトラッキングウィンドウでは4つの表示可能なスクリーンがあります:

  • toggleEditing GPS位置座標と手動頂点および特徴を入力するためのインタフェース

  • gpsTrackBarChart 衛星接続のGPS信号強度

  • gpsTrackPolarChart 衛星の数および極性位置を示す極性画面のGPS

  • |option| GPSオプション画面( figure_gps_options を参照)

** [接続]** にプラグインされたGPS受信機(オペレーティング・システムによってサポートされていなければなり)、簡単なクリックでQGISにGPSを接続しています。(今 [切断] で)は、第2のクリックは、お使いのコンピュータからGPS受信機を切断します。GNU / Linuxの場合、GPSDサポートは、ほとんどのGPS受信機との接続をサポートするために統合されています。そのためには、まずそれにQGISを接続するための適切GPSDを設定する必要があります。

警告

あなたがキャンバスに自分の位置を記録したい場合は,最初に新しいベクタレイヤを作成し,あなたのトラックを記録することができるようにステータスを編集可能に切り替えなければいけません.

位置と追加属性

toggleEditing GPSは、衛星からの信号を受信して​​いる場合は、追加の属性と一緒に緯度、経度及び高度での位置が表示されます。

Figure GPS Position:

../../../_images/gpstrack_main.png

GPSのトラッキング位置と追加属性

GPSシグナル強度

gpsTrackBarChart ここでは、からの信号を受信して​​いる衛星の信号強度を確認できます。

Figure GPS Strength:

../../../_images/gpstrack_stren.png

GPSトラッキング信号強度

GPS 極座標 ウィンドウ

gpsTrackPolarChart 空に接続されているすべての衛星がどこにあるか知りたい場合は、極性の画面に切り替える必要があります。また、そこから信号を受信して​​いる衛星のID番号を確認できます。

Figure GPS polar window:

../../../_images/gpstrack_polar.png

極性表示を追跡するGPS

GPS オプション

|option| 接続の問題の場合は、切り替えできます:

  • radioButtonOn Autodetect
  • radioButtonOff Internal
  • radioButtonOff Serial device
  • radioButtonOff gpsd (ホストを選択し、ポートとデバイスあなたのGPSが接続されています)

[接続] を再度クリックするとGPSレシーバとの接続を初期化します.

Figure GPS Tracking 2:

../../../_images/gpstrack_options.png

GPS追跡オプションウィンドウ

編集モードになっている場合 checkbox 追加された地物を自動的に保存する オプションを有効にすることができます. また checkbox 自動的に点を追加する オプションを有効にして地図キャンパスに指定した幅と色で点を追加できます.

Activating checkbox Cursor, you can use a slider slider to shrink and grow the position cursor on the canvas.

radioButtonOn :guilabel:`地図centering`を有効にすると、キャンバスが更新される方法で決定できます。地図範囲を維持するために、これは「いつも」「残さないとき」、または「決して」記録座標がキャンバスの外に移動を開始した場合、を含みます。

最後に checkbox ログファイル を有効にしてGPSトラッキングで記録されたログメッセージを書き込むファイルのパスを指定することができます.

手動で機能を設定したい場合は、toggleEditing Position に戻り、 [追加ポイント][トラックポイントを追加] 上でクリックする必要があります。

ライブトラッキングのBluetooth GPS への接続

QGISを使用すると、フィールドデータ収集用のBluetooth GPSを接続することができます。このタスクを実行するには、GPS、BluetoothデバイスとコンピュータのBluetoothレシーバーが必要です。

最初にあなたのGPSデバイスが認識され、コンピュータにペアリングさせる必要があります。 GPSをオンにし、あなたの通知領域にBluetoothアイコンに移動し、新しいデバイスを検索します。

デバイスの選択マスクの右側にあなたのGPSユニットは、おそらく利用可能なものの中に表示されますので、すべてのデバイスが選択されていることを確認します。シリアル接続サービスが利用可能であるべき次のステップでは、それを選択し、** [構成]**ボタンをクリックします。

Bluetoothの特性によって生じた、GPS接続に割り当てられたCOMポートの番号を覚えておいてください。

GPSが認識された後、接続のためのペアリングを行います。通常、認証コードは `` 0000``です。

GPSのinformation パネルを開き、|option| GPSオプション画面に切り替えます。GPS接続に割り当てられたCOMポートを選択し、 [接続] をクリックしてください。しばらくして自分の位置を示すカーソルが表示されます。

QGISがGPSデータを受信できない場合は、GPSデバイスを再起動して5〜10秒ほど待ってから、再度接続を試みてください。通常、このソリューションで対応できます。再び接続エラーを受信した場合、同じGPSユニットと対になった別のBluetoothレシーバーが近くにないことを確認してください。

GPSMAP 60cs の利用

MS Windows

機能させるためのもっとも簡単な方法は、GPSGate と呼ばれるミドルウェア(フリーウェア、オープンではない)を使うことです。

プログラムを起動し、それがGPSデバイスをスキャンします(USBおよびBTのものの両方のために働く)、その後、QGISにだけ使用してライブのトラッキングパネルで** [接続] **をクリックしてください| radioButtonOn |を :guilabel: `Autodetect`モード。

Ubuntu/Mint GNU/Linux

Windowsにとって簡単な手段は中間にサーバを使うことであり、この場合GPSDを使います。このため、

sudo apt-get install gpsd

``garmin_gps``カーネルモジュールを読み込みます

sudo modprobe garmin_gps

そして、GPS ユニットを接続します。接続したら、dmesg を使って、GPSユニットが実際に使っているデバイス (たとえば /dev/ttyUSB0 ) を確認します。これで gpsd を起動することができるようになりました。

gpsd /dev/ttyUSB0

最終的にQGIS ライブトラッキングツールで接続します。

BTGP-38KM datalogger (Bluetoothのみ)の利用

GPSD (Linux) またはGPSGate (Windows) を使うと手間が省略できます。

BlueMax GPS-4044 データロガー (BT とUSB両方)の利用

MS Windows

ライブトラッキングは、単に使用し、GPSGateあるいはそれなしを使用することにより、USBとBTモードの両方のために働く radioButtonOn Autodetect モード、またはツール右のポートを指しています。

Ubuntu/Mint GNU/Linux

USB

ライブトラッキングはGPSDの両方で動作します

gpsd /dev/ttyACM3

またはそれなしでは、直接デバイス(例えば /dev/ttyACM3 )にQGISライブ追跡ツールを接続することによって。

Bluetooth

ライブトラッキングはGPSDの両方で動作します

gpsd /dev/rfcomm0

またはそれなしでは、直接デバイス(例えば /dev/rfcomm0 )にQGISライブ追跡ツールを接続することによって。