Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

GPSプラグイン

GPSとは?

GPS(全地球測位システム)は、GPS受信機を持つ誰もが世界のどこかで自分の正確な位置を見つけることができる、衛星ベースのシステムです。GPSは、ナビゲーション中に助けとして、例えば、航空機、ボート、ハイカーによって使用されます。GPS受信機は、緯度、経度及び(時には)高さを算出する衛星からの信号を使用します。ほとんどの受信機はまた、の位置( ウェイポイント として知られている)、計画された ルート を作る位置の列、および時間をかけて受信機の動きのトラックログあるいは トラック を記憶する機能を持っています。ウェイポイント、ルートおよびトラックはGPSデータの中の3つの基本地物タイプです。QGISでは、ウェイポイントをポイントレイヤーに表示し、ルートやトラックをラインストリングレイヤーに表示します。

ファイルからGPSデータを読み込み

GPSデータを格納するための異なるファイル形式の数十があります。同じファイル内のウェイポイント、ルートとトラックの任意の数を含むことができ、標準の交換フォーマットであるQGISが使用するフォーマットGPX(GPS交換フォーマット)と呼ばれます。

GPXファイルをロードするには、最初にプラグインをロードする必要があります。 プラグイン - > showPluginManager プラグインマネージャ... プラグインマネージャ]ダイアログが開きます。 checkbox GPS Tools チェックボックスを有効にします。このプラグインがロードされると、小さなハンドヘルドGPS機器とのボタンがツールバーと レイヤー - >レイヤを作成 - > に表示されます。

  • importGPX GPS Tools
  • createGPX 新しいGPX Layer を作成します。

GPSデータを扱うために、QGISサンプルデータセット中に利用可能な例GPXファイル qgis_sample_data/GPS/national_monuments.gpx を提供しています。サンプルデータの詳細については、 サンプルデータ セクションを参照してください。

  1. ベクトル - > GPS - > GPS Tools を選択または importGPX をクリック GPS Tools ツールバーのアイコンと開く ロードGPXのfile タブを(figure_GPS_1_を参照してください)。

  2. フォルダ qgis_sample_data/gps/ を開いてください, GPX ファイル national_monuments.gpx を選択して [開く] をクリックして下さい.

Figure GPS 1:

../../../_images/loadgpx.png

GPSツール ダイアログウィンドウ

[参照...] ボタンを使用してGPXファイルを選択し、その後チェックボックスを使用して、そのGPXファイルからロードする地物の種類を選択します。 [OK] をクリックすると、各地物タイプは別のレイヤーにロードされます。ファイル national_monuments.gpx はウェイポイントだけを含んでいます。

ノート

GPSユニットを使用すると、異なる座標系にデータを格納できます。(GPSユニットまたはウェブサイトから)GPXファイルをダウンロードした後、QGISでそれをロードするとき、GPXファイルに格納されたデータはWGS 84(緯度/経度)を使用していることを確認してください。QGISはこれを期待し、それが公式のGPX仕様です。http://www.topografix.com/GPX/1/1/を参照してください。

GPSBabel

QGISはGPXファイルを使用しているので、GPXに他のGPSファイルのフォーマットに変換するための方法が必要です。これはhttp://www.gpsbabel.orgで使用可能な空きプログラムGPSBabelを使用して、多くのフォーマットのために行うことができます。また、このプログラムは、コンピュータとGPS機器との間でGPSデータを転送できます。QGISはこれらの事を行うにはGPSBabelを使用していますので、それをインストールすることをお勧めします。GPXファイルからGPSデータをロードしたいだけの場合は、それを必要としません。GPSBabelのバージョン1.2.3は、QGISで動作することが知られていますが、何の問題もなく、それ以降のバージョンを使用できるはずです。

GPSデータのインポート

GPXファイルではないファイルからGPSデータをインポートする場合 GPSツールダイアログの Import other file ツールを使ってください.ここでインポートしたいファイル(とファイルタイプ)を選択できます.ここではインポートしたい地物タイプと変換して格納するGPXファイルと新しいレイヤの名前を指定できます.すべてのGPSデータ形式が3種類すべての型をサポートしているわけではありません,多くの場合1種類か二種類の形式を選択することになるでしょう.

GPS装置からGPSデータのダウンロード

QGISでは、新しいベクターレイヤーとして直接GPSデバイスからデータをダウンロードするGPSBabelを使用できます。このためにはGPSツール]ダイアログボックスの GPSからダウンロード タブを使用します( Figure_GPS_2 を参照)。ここでは、GPSデバイスの種類、(GPSがこれをサポートしている場合やUSB)に接続されたポート、データが格納されるべきGPXファイルをダウンロードしたい機能の種類、および新しいレイヤーの名前を選択します。

Figure GPS 2:

../../../_images/download.png

ダウンロードツール

GPSデバイスメニューで選択したデバイスタイプは,GPSBabelがGPSデバイスとどのように接続するかを決定します.GPSデバイスで動作する利用可能なタイプがない場合、新しいタイプを作成することができます(新しいデバイスタイプの定義 のセクションを参照すること).

ポートはファイル名,もしくはオペレーティングシステムがGPSデバイスと接続するコンピュータの物理ポートへの参照として使用する他の名前かもしれません.また, USB対応GPSユニットでは,単に「USB」となる場合もあります.

  • nix Linuxでは /dev/ttyS0 または /dev/ttyS1 のようなものになります

  • win Windows では COM1 または COM2 となります

[OK] をクリックすると、データがデバイスからダウンロードされてQGISのレイヤとして表示されます。

GPSデータのデバイスへのアップロード

また、[GPSツール]ダイアログボックスの GPSにアップロード タブを使用して、QGISでベクトルレイヤーからGPSデバイスに直接データをアップロードできます。これを行うには、単にそれが接続されていることを(GPXレイヤーでなければならない)をアップロードしたいレイヤー、GPSデバイスの種類、およびポート(またはUSB)を選択します。お使いのデバイスがリストにない場合は、単にダウンロードツールと同じように、新しいデバイスタイプを指定できます。

このツールは、QGISのベクトル編集機能との組み合わせで非常に便利です。それは、マップをロードウェイポイントとルートを作成し、それらをアップロードし、GPSデバイス上でそれらを使用できます。

新しいデバイスタイプの定義

GPSデバイスのさまざまな種類がたくさんあります。QGISの開発者はそれらのすべてをテストすることはできませんから、 GPSからダウンロードGPSにアップロード ツールに記載されているデバイスの種類のいずれかで動作しないものがある場合は、それに対して独自のデバイスタイプを定義できます。ダウンロードやアップロード]タブで [編集デバイス] ボタンをクリックすることで起動し、GPSデバイスエディタを使用してこれを行います。

新しいデバイスを定義するには、単に [新しいデバイス] ボタンをクリックし、名前を入力して、ダウンロードを入力して、お使いのデバイスのためのコマンドをアップロードし、 [更新デバイス] ボタンをクリックしてください。名前は、アップロードとダウンロードのウィンドウで、デバイスのメニューに表示されます - それは任意の文字列を指定できます。downloadコマンドは、GPXファイルにデバイスからデータをダウンロードするために使用されるコマンドです。これはおそらく、GPSBabelコマンドになりますが、GPXファイルを作成でき、他のコマンドラインプログラムを使用できます。QGISは、 %type をキーワードに置き換えられます %in 、および %out それは、コマンドを実行したとき。

%type は、ウェイポイントをダウンロードする場合 -w で、トラックをダウンロードする場合 -r で、トラックをダウンロードする場合 -t に置き換わります。これらはどの地物タイプをダウンロードするかをGPSBabelに伝えるためのコマンドラインオプションです。

%i を使用すると、ダウンロードウィンドウで選択し、ポート名に置き換えられます %out は、ダウンロードしたデータは、に格納されなければならないGPXファイルに付ける名前に置き換えられます。だから、downloadコマンド gpsbabel %type -i garmin -o gpx  %in %out でデバイスの種類を作成して(これは実際には事前に定義されたデバイスタイプ「ガーミンシリアル」のダウンロードコマンドです)それからポート /dev/ttyS0 からファイル output.gpx へとウェイポイントをダウンロードするためにそれを使用し多場合、QGISではキーワードを置き換えてコマンド gpsbabel -w -i garmin -o gpx /dev/ttyS0 output.gpx を実行するでしょう。

アップロードコマンドはデバイスにデータをアップロードするために使用されます。同様のキーワードが使われますが、 %in はアップロードされるレイヤに対するGPXファイルの名称に置き換えられ、 %out はポート名称に置き換えられます。

GPSBabelと利用可能なコマンドラインオプションについては http://www.gpsbabel.org で学習できます.

いったん新しいデバイスタイプを作成すると,ダウンロードおよびアップロードツールのデバイスリストに表示されます.

GPSユニットから ポイント/トラックのダウンロード

前のセクションに記述されているようにAs described in previous sections QGIS はポイント/トラックをプロジェクトに直接ダウンロードする場合 GPSBabel を使います. QGIS はガーミンデバイスから事前定義されたプロファイルをダウンロードできるようになりました. 不運なことに他のプロファイルを作れないという バグ が存在します, ですから GPSツールを使ったQGIS への直接ダウンロードは現状ではガーミンユニットでのみ利用できます.

Garmin GPSMAP 60cs

MS Windows

Install the Garmin USB drivers ​from http://www8.garmin.com/support/download_details.jsp?id=591

ユニットを接続します。GPSツールを開き タイプ=ガーミンserial``と ``ポート= USB を使用します。 レイヤーNAME出力file フィールドを入力します。時には特定のフォルダに保存問題を抱えているようです、 c:\temp のようなものを使用して通常動作します。

Ubuntu/Mint GNU/Linux

https://wiki.openstreetmap.org/wiki/USB_Garmin_on_GNU/Linuxで説明したように、それは最初に、デバイスのアクセス権についての問題を必要とされています。このルールを含むファイル /etc/udev/rules.d/51-garmin.rules を作成しようとすることができ

ATTRS{idVendor}=="091e", ATTRS{idProduct}=="0003", MODE="666"

その後``garmin_gps``カーネルがロードされていないことを確認することが大事です。

rmmod garmin_gps

その後、GPSツールを使用できます。残念ながら、 `バグ #7182 <http://hub.qgis.org/issues/7182>`_があるように思われ、通常QGISは操作が正常に動作する前に数回フリーズします。

BTGP-38KM データロガー (Bluetoothのみ)

MS Windows

すでに言及したバグのためQGIS内からデータをダウンロードできませんので、コマンドラインまたはそのインタフェースを使用してからGPSBabelを使用することが必要とされます。作業コマンドは

gpsbabel -t -i skytraq,baud=9600,initbaud=9600 -f COM9 -o gpx -F C:/GPX/aaa.gpx

Ubuntu/Mint GNU/Linux

Windowsのように同様のコマンド(または GPSBabel GUIを使っているなら設定する)を使います。Linuxでは、それは多分何とか共通のようなメッセージを取得します。

skytraq: Too many read errors on serial port

dataloggerをオン/オフして、再び試すことは、問題なだけです。

BlueMax GPS-4044 データロガー (BT とUSB両方)

MS Windows

ノート

これは、Windows7においてそれを使用する前にドライバをインストールする必要があります。適切なダウンロードのためにメーカーサイトを参照してください。

GPSBabelでダウンロードして、USBとBTの両者とも、常にエラーその他を返します。

gpsbabel -t -i mtk -f COM12 -o gpx -F C:/temp/test.gpx
mtk_logger: Can't create temporary file data.bin
Error running gpsbabel: Process exited unsuccessfully with code 1

Ubuntu/Mint GNU/Linux

USBの利用

ケーブルを接続した後、 /dev/ttyACM3 例えば、使用されているものポートを理解するために、 dmesg コマンドを使用します。次に、CLIまたはGUIからの通常の使用GPSBabelとして

gpsbabel -t -i mtk -f /dev/ttyACM3 -o gpx -F /home/user/bluemax.gpx

Bluetoothの利用

GPSBabelを実行し、デバイスをペアリングして、システムのポートを介して、それを利用できるようにBluemanのデバイスマネージャを使用します

gpsbabel -t -i mtk -f /dev/rfcomm0 -o gpx -F /home/user/bluemax_bt.gpx