Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

データベース

PostGISのにインポート

説明

現在のPostGISデータベースにQGISにロードされたベクタレイヤーをインポートします。これに先立ちQGISとPostGISのデータベースとの間の接続は、(DB Managerで、たとえば)を作成しなければなりません。

パラメーター

Layer to import [vector: any]

QGISの既存のベクトル層。

Database (connection name) [selection]

データベース接続の名前(データベース名ではない)。

オプション:

  • 0 —ローカル

Default: 0

Schema (schema name) [string]

選択したデータベースの既存のスキーマを選択することができます。デフォルトでは、「国民のスキーマです。

Default: public

Table to import to (leave blank to use layer name) [string]

インポートされたベクトルファイル用のテーブル名を定義します。デフォルトでは、ベクトルファイルの名前が選択されています。

デフォルト:(設定されていません)

Primary key field [tablefield: any]

Optional.

Sets the primary key field from an existing field in the vector layer.

Geometry column [string]

新しいPostGISのテーブルのジオメトリ列の名前を定義します。機能のジオメトリ情報は、この列に格納されています。

デフォルト:* GEOM *

Overwrite [boolean]

同じ名前を持つ既存のテーブルを上書きします。

デフォルト:

Create spatial index [boolean]

Specify whether to create a spatial index or not. By default a spatial index is created.

デフォルト:

Convert field names to lowercase [boolean]

活性化された場合、これは小文字に変換されてから入力ベクトルレイヤのフィールド名を防止します。デフォルトでは、フィールド名はインポート後に小文字されます。

デフォルト:

``文字fields``上の長さの制約をドロップします[ブール]

文字フィールドの長さの制約をドロップするかどうかを指定します。デフォルトでは、長さの制約が適用されます。

デフォルト:

Outputs

コンソールの使用方法

processing.runalg('qgis:importintopostgis', input, database, schema, tablename, primary_key, geometry_column, overwrite, createindex, lowercase_names, drop_string_length)

参照

PostGISのSQLを実行します

説明

SQLデータベースのクエリは、QGISに接続されているのPostGISデータベース上で実行できるようにします。

パラメーター

Database [string]

データベースの名前ではなく、接続名。デフォルトでは、あなたが名前を記入する必要はありません、現在のデータベース接続が選択されます。

デフォルト:(設定されていません)

SQL query [string]

SQLクエリを定義します、例えば、「スキーマのテストを作成します」。

デフォルト:(設定されていません)

Outputs

コンソールの使用方法

processing.runalg('qgis:postgisexecutesql', database, sql)

参照