シンボルライブラリ

スタイル・マネージャ

The Style Manager is the place where users can manage and create generic symbols and color ramps to be used in several QGIS projects. You can open that modeless dialog:

  • with the styleManager Style Manager button of the Project toolbar;

  • from the Settings ‣ styleManager Style Manager... menu;

  • or from a vector Layer Properties ‣ Symbology tab (using the styleManager Style Manager button in a symbol property dialog).

The dialog allows you to:

  • create, edit and remove symbols and color ramps;

  • organize symbols and color ramps in custom groups;

  • export and import symbols and color ramps.

../../../_images/stylemanager.png

スタイル・マネージャ

Organizing symbols and color ramps

The Style Manager dialog displays in its center a frame with previewed items organized into tabs:

  • All for a complete collection of point, linear and surface symbols as the following items allow only to display a single item group;

  • pointLayer Marker for point symbols;

  • lineLayer Line for linear symbols;

  • polygonLayer Fill for surface symbols;

  • and color Color ramp

For each family of items, you can organize the elements into different categories, listed in the panel on the left:

  • Favorites: displayed by default when configuring an item, it shows a set of default symbols and color ramps you can extend;

  • All: listing all the installed symbols and color ramps;

  • Tags: shows a list of labels you can use to identify the items. A symbol or color ramp can be tagged more than once. Select a tag in the list and you'll see the items that belong to it for each type of item. To create a new tag you could later attach to symbols or color ramps, use the Add Tag... button or select the signPlus Add Tag... from any tag contextual menu;

  • Smart Group: a smart group dynamically fetches its symbols according to conditions set (see eg, figure_smart_group). Click the Add Smart Group... button to create smart groups. The dialog box allows you to enter an expression to filter the items to select (has a particular tag, have a string in its name, etc.). Any symbol or color ramp that satisfies the entered condition(s) is automatically added to the smart group.

../../../_images/create_smartgroup.png

スマートグループを作成する

Tags and smart groups are not mutually exclusive: they are simply two different ways to organize your symbols and color ramps. Unlike the smart groups that automatically fetch their belonged items based on the input constraints, tags are filled by the user. To edit any of those categories, you can either:

  • select the items, right-click and choose Add to Tag ‣ and then select the tag name or create a new tag;

  • select the tag and press Modify group... ‣ Attach Selected Tag to Symbols. A unchecked checkbox appears near each item to help you select or deselect it. When selection is finished, press Modify group... ‣ Finish Tagging.

  • select the smart group, press Modify group... ‣ Edit smart group... and configure a new set of constraints in the Smart Group Editor dialog. This option is also available in the contextual menu of the smart group.

To remove a tag or a smart group, right-click on it and select the signMinus Remove button. Note that this does not delete the items grouped in the category.

Adding, editing or removing an item

As seen earlier, symbols and color ramps are listed under different tabs whose contents depend on the active category (tag, smart group, favorites...). For each type of symbols (Marker , Line or Fill) and color ramp, when the tab is enabled, you can:

  • Add new items: press the signPlus Add item button and configure the item following symbols or color ramps builder description.

  • Modify an existing item: select an item and press symbologyEdit Edit item button and configure as mentioned above.

  • Delete existing items: to delete a symbol you no longer need, select it and click signMinus Remove item (also available through right-click). The symbol will be deleted from the local symbols database.

Right-clicking over a selection of items also allows you to:

  • Add to Favorites;

  • Remove from Favorites;

  • Add to Tag ‣ and select the appropriate tag or create a new one to use;

  • Clear Tags: detaching the symbols from any tag;

  • Remove Item(s);

  • Edit Item: applies to the item you right-click over;

  • Export Selected Symbol(s) as PNG... (not available with color ramps);

  • Export Selected Symbol(s) as SVG... (not available with color ramps);

Sharing symbols and color ramps

The sharing Import/Export tool, at the left bottom of the Style Manager dialog, offers options to easily share symbols and color ramps with others. These options are also available through right-click over the items.

Exporting items

You can export a set of items to an .XML file:

  1. Expand the sharing Import/Export drop-down menu and select fileSave Export Item(s)...

  2. Choose the symbols and color ramps you'd like to integrate. Symbol selection can be done with the mouse or using a tag or group previously set.

  3. Press Export when ready. You'll be prompted to indicate the destination of the saved file. The XML format generates a single file containing all the selected symbols. This file can then be imported in another user's style library.

../../../_images/export_styles.png

Exporting symbols and color ramps

When symbols are selected, you can also export them to .PNG or .SVG. Exporting to .PNG or .SVG (both not available for color ramp symbols) creates a file for each selected symbol in a given folder. The SVG folder can be added to the SVG paths in Settings ‣ Options ‣ System menu of another user, allowing him direct access to all these symbols.

Importing items

You can extend your symbols library by importing new symbols:

  1. Expand the sharing Import/Export drop-down menu and select fileOpen Import Item(s) at the left bottom of the dialog.

  2. In the new dialog, indicate the source of the symbols (it can be an .xml file on the disk or a url).

  3. Set whether to unchecked Add to favorites the items to import.

  4. Check unchecked Do not import embedded tags to avoid the import of tags associated to the items being imported.

  5. Give the name of any Additional tag(s) to apply to the new items.

  6. Select from the preview the items you want to add to your library.

  7. And press Import.

../../../_images/import_styles.png

Importing symbols and color ramps

カラーランプ

The Color ramp tab in the Style Manager dialog helps you preview different color ramps based on the category selected in the left panel.

カスタムカラーランプを作成するには、カラーランプ]タブをアクティブにし、 signPlus 項目を追加 ボタンをクリックします。ボタンは、ランプ・タイプを選択するドロップダウンリストを明らかにする:

  • 勾配:開始色と終了色を指定して、 連続的 または 離散的 カラーランプを生成します。ランププレビューをダブルクリックすると、必要な数の中間色ストップを追加できます。

../../../_images/customColorRampGradient.png

複数のストップを持つカスタムグラデーションのカラーランプの例

  • Color presets: allows to create a color ramp consisting of a list of colors selected by the user;

  • Random: creates a random set of colors based on range of values for Hue, Saturation, Value and Opacity and a number of colors (Classes);

  • Catalog: ColorBrewer: a set of predefined discrete color gradients you can customize the number of colors in the ramp;

  • or Catalog: cpt-city: an access to a whole catalog of color gradients to locally save as standard gradient. The cpt-city option opens a new dialog with hundreds of themes included 'out of the box'.

../../../_images/cpt-cityColorRamps.png

何百ものカラーランプを持つケープタウン市ダイアログ

ちなみに

Easily adjust the color stops of the gradient color ramp

ランププレビューをダブルクリックするか、カラースポットからランププレビューにドラッグアンドドロップすると、新しいカラーストップが追加されます。各カラーストップは、 カラーセレクタ ウィジェットを使うか、それぞれのパラメーターをプロットすることで微調整できます。また、マウス、矢印キー(より大きい移動の場合は Shift キー)または 相対位置 スピンボックスを使用して位置を変更することもできます。押す ストップを削除 と同様に DEL キーは、選択されたカラーストップを削除します。

シンボルセレクタ

シンボルセレクタはシンボルを設計するメインダイアログです。マーカー、ライン、または塗りのシンボルを作成または編集できます。

../../../_images/symbolselector.png

Designing a Line symbol

2つの主要コンポーネントがシンボルセレクタダイアログを構成します:

  • 新しいグローバルシンボルを形成するために後で結合されるシンボルレイヤーを示すシンボルツリー

  • ツリー内で選択したシンボルレイヤーを設定するための設定。

シンボルレイヤーツリー

シンボルは、いくつかの シンボルレイヤー で構成できます。シンボルツリーは、後で結合されたこれらのシンボルレイヤーのオーバーレイを示し、新しいグローバルシンボルを形成します。また、シンボルのプロパティが変更されるとシンボル表現はすぐに動的に更新されます。

シンボルツリー項目を管理するためのツールセットが用意されており、選択したレベルに応じてダイアログの下部にさまざまなツールが有効になります。

  • signPlus 新しいシンボルレイヤーを追加します。好きなだけシンボルを積み重ねることができます

  • signMinus 選択されたシンボルレイヤーを除去

  • シンボルレイヤーの色をロック:locked ロックされた色は、ユーザーがグローバル(または上部)シンボルレベルで色を変更したときに変化しないまま

  • duplicateLayer シンボルレイヤー(複数可) (のグループ)を複製する

  • シンボルレイヤーを上または下に移動

When a symbol layer is selected in the tree, you can also:

  • control its visibility with the checkbox Enable layer option. Disabled symbol layers are not drawn, but are saved and can be enabled at a later stage. This makes it easier to customize parts of the symbol based on the feature attributes or to tweak symbol appearance without having to totally delete a symbol layer;

  • apply rendering effects using the checkbox Draw effects button.

シンボルを構成する

QGISでは、シンボルの構成は2つのステップで行われます:シンボルとシンボルレイヤー。

シンボル

ツリーの最上位レベルでは、レイヤージオメトリに依存し、 マーカーライン塗り タイプのいずれかになります。各シンボルは、1つまたは複数のシンボル(他のタイプのシンボルを含む)またはシンボルレイヤーを埋め込むことができます。

グローバルシンボルに適用されるいくつかのパラメーターを設定できます。

  • Unit: it can be Millimeter, Points, Pixels, Meters at Scale, Map unit or Inches

  • 透過性

  • :このパラメーターをユーザーが変更したときは、その値は全てロック解除されたサブシンボルの色にエコーされます

  • マーカーシンボルの サイズ回転

  • ラインシンボルの

注釈

The Data-defined override button beside the last layer-related parameters is inactive when setting the symbol from the Style manager dialog. When the symbol is connected to a map layer, this button helps you create proportional or multivariate analysis rendering.

The symbols used at this level are items you can pick from the symbols library. Available symbols of the corresponding type are shown and, through the editable drop-down list just above, can be filtered by free-form text or by categories. You can also update the list of symbols using the styleManager Style Manager button and open the eponym dialog. There, you can use any capabilities as exposed in スタイル・マネージャ section.

The symbols are displayed either:

  • in an icon list (with thumbnail, name and associated tags) using the openTable List View button below the frame;

  • or as icon preview using the iconView Icon View button.

Press the Save Symbol button to add any symbol being edited to the symbols library. With the Advanced selectString option, you can:

  • シンボルレベル を設定します:シンボルレイヤーが地図キャンバスで相互に接続される方法を定義します(詳細は Symbol levels を参照)

  • ラインと塗りつぶしのシンボルでは、 地物をキャンバス範囲にクリップ

ちなみに

シンボルレイヤー ダイアログより低いレベルのサイズを設定した後、シンボル全体のサイズは再び第1レベルの サイズ (マーカーシンボルの場合)または (ラインシンボルの場合)メニューで変更できることに注意してください。サイズ比を維持しながら、低いレベルの大きさは、それに応じて変化します。

シンボルレイヤー

ツリーの下位レベルでは、シンボルレイヤーをカスタマイズできます。使用可能なシンボルレイヤータイプは、上部シンボルタイプによって異なります。シンボルレイヤーに適用できます paintEffects 塗り効果 レンダリングを向上させるために。

Because describing all the options of all the symbol layer types would not be possible, only particular and significant ones are mentioned below.

共通パラメーター

いくつかの一般的なオプションとウィジェットは、マーカー、線または塗りつぶしというサブタイプに関係なく、シンボルレイヤーを構築するために使用できます。

  • カラーセレクタ 色の操作を簡単にするウィジェット

  • Units: it can be Millimeter, Points, Pixels, Meters at Scale, Map unit or Inches

  • ほぼすべてのオプションの近くで dataDefined データ定義の上書き ウィジェット。各シンボルをカスタマイズする機能を拡張しました(詳細は データ定義の上書きの設定 を参照)

注釈

以下の説明では、シンボルレイヤータイプが地物ジオメトリにバインドされていることを前提としていますが、シンボルレイヤーを互いに組み込むことができます。その場合、下位レベルのシンボルレイヤーパラメーター(配置、オフセット...)は、地物ジオメトリ自体ではなく、上位レベルのシンボルにバインドされることがあります。

マーカーシンボル

ポイントジオメトリの地物に適して、マーカーシンボルにはいくつか シンボルレイヤーの種類 があります:

  • シンプルマーカー (デフォルト);

  • 楕円マーカー:カスタマイズ可能な幅と高さを持つ単純なマーカーシンボルレイヤー。

  • Filled marker: similar to the simple marker symbol layer, except that it uses a fill sub symbol to render the marker. This allows use of all the existing QGIS fill (and stroke) styles for rendering markers, e.g. gradient or shapeburst fills;

  • フォントマーカー :インストールされたフォントをマーカーシンボルとして使用します。

  • ジオメトリジェネレータジオメトリジェネレータ 参照);

  • ベクターフィールドマーカーベクタ場マーカー 参照);

  • SVG marker: provides you with images from your SVG paths (set in Settings ‣ Options... ‣ System menu) to render as marker symbol. Width and height of the symbol can be set independently or using the lockedGray Lock aspect ratio. Each SVG file colors and stroke can also be adapted.

    注釈

    SVG version requirements

    QGIS renders SVG files that follow the SVG Tiny 1.2 profile, intended for implementation on a range of devices, from cellphones and PDAs to laptop and desktop computers, and thus includes a subset of the features included in SVG 1.1 Full, along with new features to extend the capabilities of SVG.

    Some features not included in these specifications might not be rendered correctly in QGIS.

    ちなみに

    Enable SVG marker symbol customization

    To have the possibility to change the colors of a SVG marker, you have to add the placeholders param(fill) for fill color, param(outline) for stroke color and param(outline-width) for stroke width. These placeholders can optionally be followed by a default value, e.g.:

    <svg width="100%" height="100%">
    <rect fill="param(fill) #ff0000" stroke="param(outline) #00ff00" stroke-width="param(outline-width) 10" width="100" height="100">
    </rect>
    </svg>
    

各マーカーシンボルレイヤータイプについて、次のプロパティのいくつかを設定できます。

  • サイズ

  • Fill color using all the capabilities of the カラーセレクタ widget, extended by a shortcut to apply a Transparent fill in the drop-down menu;

  • Stroke color using all the capabilities of the color selector widget, extended by a shortcut to apply a Transparent stroke in the drop-down menu;

  • Stroke style

  • Stroke width

  • 結合スタイル

  • 回転

  • Offset: You can shift the symbol in the X or Y direction;

  • アンカーポイント

ほとんどのマーカーシンボルダイアログでは、あらかじめ定義されたシンボルのプレビューのあるフレームを選択できます。

ラインシンボル

Appropriate for line geometry features, line symbols have following symbol layer types:

  • シンプルライン (デフォルト):使用可能な設定は次のとおりです。

    • Stroke width

    • Stroke style

    • 結合スタイル

    • 線端スタイル

    • オフセット

    • checkbox Use custom dash pattern: overrides the Stroke style setting with a custom dash.

  • 矢印 : 構成可能な幅、長さ、厚さを持つ単一または二重の矢頭で、曲線を曲線で描くかどうかを示します。 曲線の矢印を作成するには、線地物には少なくとも3つの頂点が必要です。また、矢印ボディを描画するためにグラデーションやシェイプバーストなどの 塗りつぶしシンボル を使用します。ジオメトリジェネレータと組み合わされたこのタイプのレイヤシンボルは、流れ地図の表示に役立ちます。

  • ジオメトリジェネレータジオメトリジェネレータ 参照);

  • マーカー線 :線に沿ってマーカーシンボルを表示します。それは一定距離またはジオメトリに基づくことができます:最初、最後または各頂点、中心点上またはすべての曲線点上。マーカーシンボルを線に沿ってオフセットを設定したり、線自体をオフセットできます。 マーカーを回転 オプションでは、マーカーシンボルが線の向きに従うかどうかを設定します。

塗りつぶしシンボル

ポリゴンジオメトリ地物に適している塗りつぶしシンボルには、いくつかのシンボルレイヤータイプがあります。

  • 単純な塗り (デフォルト):次の設定を使用できます:

    • Fill color using all the capabilities of the カラーセレクタ widget, extended by a shortcut to apply a Transparent fill

    • 塗りスタイル

    • Stroke color using all the capabilities of the color selector widget, extended by a shortcut to apply a Transparent stroke

    • Stroke width

    • Stroke style

    • 結合スタイル

    • Offset: You can shift the symbol in the X or Y direction;

  • Centroid fill: places a marker symbol at the centroid of the visible feature. The position of the marker may however not be the real centroid of the feature because calculation takes into account the polygon(s) clipped to area visible in map canvas for rendering and ignores holes. Use the geometry generator symbol if you want the exact centroid.

    マーカーは、マルチパート地物のすべての部分に配置することも、最大部分に配置することも、ポリゴンの内側に配置することもできます;

  • ジオメトリジェネレータジオメトリジェネレータ 参照);

  • 勾配塗りつぶし :ポリゴンレイヤーを塗りつぶすために、単純な2色勾配または事前定義された 勾配カラーランプ のいずれかに基づいて、放射状、線形または円錐形の勾配を使用します。勾配は、単一の地物ベースで、または地図全体の範囲で回転して適用できます。また、開始点と終了点は、座標を使用して設定することも、(地物または地図の)重心を使用して設定することもできます。

  • 線パターン塗りつぶし :ポリゴンに線シンボルレイヤーのハッチングパターンを塗りつぶします。ラインと地物の境界からのオフセットの間隔を設定できます。

  • 点パターンの塗りつぶし :ポリゴンにマーカーシンボルレイヤーのハッチングパターンを塗りつぶします。ラインと地物の境界からのオフセットの間隔を設定できます。

  • ラスター画像の塗りつぶし:ポリゴンをタイル状のラスター画像で塗りつぶすことができます。そのオプションには、ファイル名、不透明度、画像サイズ(ピクセル単位、mm単位または地図単位)、座標モード(地物またはビュー)、回転など(データ定義)があります。

  • SVG 塗りつぶしSVGマーカー を使用してポリゴンを塗りつぶします;

  • 放射状塗り :このオプションではグラデーションの塗りつぶしをバッファし、グラデーションはポリゴンの境界からポリゴンの中心に向かって描画されます。設定可能なパラメーターには、境界から陰影までの距離、カラーランプまたは単純な2色グラデーションの使用、塗りつぶしとオフセットのオプションのぼかしが含まれます。

  • 輪郭線:矢 : ライン 矢シンボル レイヤーを使用してポリゴン境界を表現します;

  • 輪郭線:マーカー線:マーカー線シンボルレイヤーを使用してポリゴン境界を表します。

  • 輪郭線:単純な線 :単純な線のシンボルレイヤーを使用してポリゴン境界を表します。 線をポリゴンの内側に描画する オプションは、ポリゴンの内側のポリゴンの境界に役立ち、隣接するポリゴンの境界を明確に表現するのに役立ちます。

注釈

ジオメトリタイプがポリゴンであるときは、キャンバスの範囲にライン/ポリゴンの自動クリッピングを無効にできます。このクリッピングが良くないシンボル体系に結果する場合もあります(例えば重心塗りつぶし、重心が常に実際の地物の重心でなければならない)。

ジオメトリジェネレータ

すべてのタイプのシンボルで利用できる ジオメトリジェネレータ シンボルレイヤーは、 式構文 を使用して、レンダリングプロセス中にその場でジオメトリを生成できます。結果として得られたジオメトリは元のジオメトリタイプと一致する必要はなく、複数の異なる変更されたシンボルレイヤーを重ねて追加できます。

いくつかの例:

-- render the centroid of a feature
centroid( $geometry )

-- visually overlap features within a 100 map units distance from a point
-- feature, i.e generate a 100m buffer around the point
buffer( $geometry, 100 )

-- Given polygon layer1( id1, layer2_id, ...) and layer2( id2, fieldn...)
-- render layer1 with a line joining centroids of both where layer2_id = id2
make_line( centroid( $geometry ),
           centroid( geometry( get_feature( 'layer2', 'id2', attribute(
               $currentfeature, 'layer2_id') ) )
         )
ベクタ場マーカー

ベクタ場マーカーは、地面変形、潮流などのベクタ場データを表示するために使用されます。ベクタは、データポイントの選択された属性に従ってスケーリングされ、方向付けされた線(好ましくは矢印)として表示されます。ポイントデータのレンダリングにのみ使用できます。ラインとポリゴンのレイヤーはこのシンボルによって描画されません。

ベクタ場は、データ内の属性によって定義され、次のいずれかの方法で場を表すことができます:

  • デカルト 成分(フィールドの xy 成分)

  • または 座標 :この場合、属性は LengthAngle を定義します。角度は、北から時計回りに、または東から反時計回りに測定でき、角度またはラジアンのいずれかになります。

  • または 高さのみ データとして、データの属性を使用して拡大/縮小された垂直矢印を表示します。これは、例えば変形の垂直成分を表示するのに適しています。

場の大きさは、場を見るために適切なサイズに拡大または縮小できます。