Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

ラスタ分析

ラスター計算機

ラスター メニュー中の ラスター計算機 では、既存のラスタのピクセル値に基づいて計算を実行できます( figure_raster_10 を参照)。結果はGDALがサポートする形式で新しいラスターレイヤーに書き込まれます。

Figure Raster 10:

../../../_images/raster_calculator1.png

ラスター計算機

ラスターバンド リストには、使用できるすべてのロードされたラスターレイヤーが含まれています。ラスター計算式フィールドにラスターを追加するには、二重のフィールド]リストでその名前をクリックします。その後、演算子を使用して計算式を構築できます、またはボックスにそれらを入力するだけできます。

結果レイヤー セクションには出力レイヤーを定義する必要があります。その後、出力レイヤーの解像度を設定するために、入力されたラスターレイヤーに基づいて計算領域の範囲を定義する、またはX、Y座標上と列と行に基づくことができます。入力レイヤーは、異なる解像度を有する場合、値は、最近傍アルゴリズムを使用してリサンプリングされます。

演算子 セクションには、すべての使用可能な演算子が含まれています。ラスタ計算式ボックスに演算子を追加するには、適切なボタンをクリックしてください。算術計算( `` + `` 、 `` -`` 、 `` * `` 、...)と三角関数( sincos 、 `` tan`` 、... )がご利用いただけます。より多くの演算子については乞うご期待!

|checkbox| 結果をプロジェクトに追加 チェックボックスで、結果のレイヤーは自動的に凡例領域に追加され、可視化できます。

標高値をメートルからフィートに変換

メートルでの標高ラスタからフィートでのラスターを作成するには、フィートへのメートル換算係数(3.28)を使用する必要があります。式は次のとおりです:

マスクを使用する

0メートル以上の標高にのみ関心があるので、例えば、 - - ラスタの部分をマスクしたい場合は、マスクを作成し、1つのステップでラスタに結果を適用するには、次の式を使用できます。

換言すれば、0以上の各セルについてその値を1に設定します。そうでない場合0に設定します。これは、その場でマスクを作成します。

ラスタを分類したい場合は - と言う、例えば2つの標高クラスには、1つのステップで二つの値1と2でラスタを作成するには、次の式を使用できます。

("[email protected]" < 50) * 1 + ("[email protected]" >= 50) * 2

換言すれば、セル毎に50未満がより各セル大きいために1にその値を設定するか、または50に等しい2にその値を設定します。

ラスター位置合わせ

このツールでは、いくつかのラスタを入力として取り、完全にそれらを位置合わせさせることが可能です、つまり:

  • 同じCRSに再投影、

  • 同じセルサイズにリサンプリングし、グリッドのオフセット、

  • 関心のある領域にクリップ、

  • 必要な時に値を再スケール。

すべてのラスタは、別のファイルに保存されます。

まず、 ラスター - >ラスターを整列... からツールを開き、 signPlus 新しいラスタを追加 ボタンをクリックしてQGIS内の1つの既存のラスタを選択してください。整列の後にリサンプリング方法をラスターを保存する出力ファイルを選択し、ツールが セルサイズに応じて値を再スケール する必要がある場合。リストから symbologyEdit ファイル設定を編集signMinus 既存のファイルを削除 できます。

それからメインの `ラスタを整列`ウィンドウで、1つまたは複数のオプションを選択できます。

  • `リファレンスLayer`を選択し、

  • 新しい CRS へと変換、

  • 異なる セルsize をセットアップ、

  • 異なる グリッドオフセット をセットアップ、

  • 範囲にクリップ

  • 出力サイズ

  • `地図canvas`に並ぶラスタを追加します。