5.2. Lesson: 地物のトポロジ

オーバーラップやギャップなどのエラーを最小限に抑えるため、トポロジはベクタデータレイヤの有用な側面です。

たとえば、2つの地物が境界を共有し、トポロジを使用してその境界を編集する場合、はじめの地物を編集し、そしてもう1つの地物を編集して、それらが合うように慎重に境界を描く必要はありません。それらの共有された境界を編集でき、両方の地物は同時に変化します。

このレッスンの目標: 例を用いてトポロジを理解します。

5.2.1. moderate Follow Along: スナップ

スナップはトポロジ編集を容易にします。これによりデジタイズ中にマウスカーソルを他のオブジェクトにスナップさせることができます。スナップオプションを設定するには:

  1. メニュー項目 プロジェクト ► スナップオプション... に移動します。

  2. スナップオプション ダイアログを設定して、 データ型 頂点、許容誤差 12 ピクセルで landuse レイヤをアクティブにします:

    ../../../_images/set_snapping_options.png
  3. 重なりを避ける 欄のボックスがチェックされていることを確認します。

  4. ダイアログを閉じます。

  5. landuse レイヤを選択して、編集モードにします (toggleEditing)

  6. ツールバーの 先進的デジタイズ が有効になっていることを確認します( ビュー► ツールバー の項を参照)。

  7. このエリアにズームします (必要に応じてレイヤーとラベルを有効にします):

    ../../../_images/zoom_to.png
  8. この新しい(架空の)領域をデジタル化します。

    ../../../_images/new_park_area.png
  9. プロンプトが表示されたら、OGC_FID999 を与えます。しかし、他の値は変更しなくても大丈夫です。

    注意深くデジタイズしていて、カーソルを隣接する領域の頂点にスナップさせるようにすると、既存の隣接区域との間に隙間ができないことに気がつくはずです。

  10. 先進型デジタイズ ツールバーの undo 元に戻すredo やり直す ツールに注目してください。

5.2.2. moderate Follow Along: トポロジ的地物を修正

トポロジ地物の更新が必要な場合があります。今回の調査地域では、ある地域が森林になったので、 landuse レイヤを更新する必要があります。そこで、この地域の森林地物を拡大し、結合することにします。

../../../_images/zoom_to.png

森林地域を結合するために新しいポリゴンを作成するのではなく、 頂点ツール を使って既存のポリゴンを編集して結合します。

  1. 編集モードに入ります(まだアクティブになっていない場合

  2. vertexToolActiveLayer 頂点ツール ツールを選択します。

  3. 森林の地域を選択し、頂点を選択し、隣接する頂点に移動して、2つの森林地物が出会うようにします:

    ../../../_images/corner_selected_move.png
  4. 他の頂点をクリックし、所定の位置にスナップさせます。

    トポロジとして正しい境界線はこのようになります:

    ../../../_images/areas_joined.png

    続けて、*頂点ツール*を使って、さらにいくつかの地域を結合します。

    また、capturePolygon ポリゴン地物を追加 ツールを使用して、2つの森林ポリゴンの間のギャップを埋めることができます。 重なりを避ける を有効にすると、頂点を一つ一つ追加する必要はありません。新しいポリゴンが既存のポリゴンに重なる場合、自動的に追加されます。

    例題のデータを使用する場合、次のような森林の領域があるはずです:

../../../_images/node_example_result.png

あなたが結合した森林エリアがより多くても、より少なくても、違う地域であったとしても気にしないで下さい。

5.2.3. moderate Follow Along: ツール: 地物の簡素化

同じレイヤで続けて、simplify 地物を簡素化 ツールをテストしてみましょう:

  1. それをクリックしてアクティブにします。

  2. 頂点ツール または 地物を追加 ツールを使って結合した領域の一つをクリックします。このダイアログが表示されます:

    ../../../_images/simplify_line_dialog.png
  3. 許容度 を変えて何が起きるか見てみましょう:

    ../../../_images/simplify_line_example.png

    これにより、頂点の数を減らすことができます。

  4. OK をクリックします

このツールの利点は、一般化するためのシンプルで直感的なインターフェイスを提供していることです。しかし、このツールはトポロジを台無しにしていることに注意してください。単純化されたポリゴンは、本来あるべき隣接するポリゴンとの境界を共有しなくなるのです。そのため、このツールは独立した地物に適しています。

次へ進む前に、最後の変更を元に戻すことでポリゴンを元の状態に戻します。

5.2.4. moderate Try Yourself ツール: リングの追加

addRing リングを追加 ツールを使用すると、ポリゴン地物に内部リングを追加(ポリゴンに穴を開ける)することができます。その穴はポリゴン内に完全に含まれている必要がありますが、境界に触れていても問題ありません。例えば、南アフリカの外周をデジタイズし、レソトの穴を追加する必要がある場合、このツールを使用することになります。

このツールを使って実験してみると、スナップオプションがポリゴン内にリングを作るのを邪魔していることに気づくかもしれません。そのため、穴を開ける前にスナップをオフにすることをお勧めします。

  1. snapping スナップを有効にする ボタン(またはショートカット s )を使って landuse レイヤのスナップを無効化します。

  2. addRing リングを追加 ツールを使ってポリゴンジオメトリの中央に穴を開けます。

  3. capturePolygon ポリゴンを追加 ツールを使っているかのように、対象の地物の上にポリゴンを描画します。

  4. 右クリックすると穴が見えるようになります。

  5. deleteRing リングの削除 ツールを使って、先ほど作成した穴を削除します。穴の内側をクリックすると、穴が削除されます。

  • 編集を元に戻してから、次のツールの演習を続けてください。

5.2.5. moderate Try Yourself ツール: 部分の追加

addPart 部分を追加 ツールを使用すると、主地物に直接接続されていない新しい部分を地物に追加することができます。例えば、南アフリカ共和国本土の境界線をデジタル化したが、プリンスエドワード諸島をまだ追加していない場合、このツールを使用して作成します。

  1. selectRectangle 地物を選択 ツールを使って、部分を追加したいポリゴンを選択します。

  2. 部分を追加 ツールを使って、はみ出した部分を追加します。

  3. deletePart 部分の削除 ツールを使って、今作成した部分を削除します。

    注釈

    部分の内側をクリックして削除します。

5.2.6. moderate Follow Along: ツール: 地物の変形

reshape 地物を変型 ツールは、ポリゴン地物を拡張したり、その一部を(境界線に沿って)切り取るために使用します。

拡張:

  1. selectRectangle 地物を選択 ツールを使ってポリゴンを選択します。

  2. ポリゴンの中を左クリックして、描画を開始します。

  3. ポリゴンの外側に図形を描きます。最後の頂点はポリゴンの内側にしてください。

  4. 右クリックして形状を完成させます:

    ../../../_images/reshape_step_one.png

    これは次のような結果になります:

    ../../../_images/reshape_result.png

部分を切り取る:

  1. selectRectangle 地物を選択 ツールを使ってポリゴンを選択します。

  2. ポリゴンの外側をクリックします。

  3. ポリゴンの内側に図形を描きます。最後の頂点はポリゴンの外に戻っている必要があります。

  4. ポリゴンの外で右クリックします:

    ../../../_images/reshape_inverse_example.png

    以上の結果:

    ../../../_images/reshape_inverse_result.png

5.2.7. moderate Try Yourself ツール: 地物の分割

splitFeatures 地物を分割 ツールは reshape 地物を変型 ツールと似ていますが、2つの部分のどちらかを削除しない点が異なります。そのかわり、その両方を保持します。

このツールを使って、ポリゴンから角を分割してみます。

  1. まず、 landuse レイヤを選択し、スナップを再度有効にします。

  2. splitFeatures 地物を分割 ツールを選択し、頂点をクリックして線を描き始めます。

  3. 境界線を引きます。

  4. 分割したいポリゴンの「反対側」にある頂点をクリックし、右クリックで線を完成させます:

    ../../../_images/split_feature_example.png
  5. この時点では、何も起こっていないように見えるかもしれません。しかし、 landuse レイヤーは境界線なしでレンダリングされるため、新しい分割線は表示されないことを覚えておいてください。

  6. selectRectangle 地物を選択 ツールを使って、分割した部分を選択すると、新しい地物がハイライトされます:

    ../../../_images/new_corner_selected.png

5.2.8. hard Try Yourself ツール: 地物のマージ

ここで、先ほど分割した地物をポリゴンの残りの部分に再度結合します:

  1. mergeFeatures選択した地物を結合mergeFeatureAttributes 選択地物の属性結合 ツールを使って実験してみましょう。

  2. 相違点に注目してください。

5.2.9. In Conclusion

トポロジ編集はトポロジの観点からの正しさを維持しながら迅速かつ容易にオブジェクトの作成や変更ができる強力なツールです。

5.2.10. What's Next?

オブジェクトの形状を簡単にデジタイズする方法はわかりましたが、属性の追加にはまだ頭を悩ませているようですね! 次は、フォームを使って、属性編集をよりシンプルに、より効果的に行う方法を紹介します。