20. 練習データを準備する

注釈

このプロセスはコース召集者、または、それらのコースのためにローカライズされたサンプル・データセットをつくりたいより経験あるQGISユーザー向けにしました。デフォルトのデータセットはトレーニングマニュアルとともに提供されていますが、デフォルトのデータセットを置き換えたい場合は、これらの指示に従うことができます。

提供されているサンプルデータ はトレーニングマニュアルと一緒に Swellendam とその周辺の町を指します。 Swellendam は南アフリカの西ケープ州ケープタウンの約2時間の東に位置しています。データセットは英語とアフリカーンス語の両方で地物名を含みます。

誰で無理なくこのデータセットを使用できますが、自分の国や故郷からのデータを使用することを好む方もいるかもしれません。そうすることを選択した場合は、ローカライズされたデータが、モジュール3からモジュール7.2のすべてのレッスンで使用されます。それ以降のモジュールはより複雑なデータソースを使用しており、お住まいの地域ではご使用になれない場合があります。

注釈

以下の手順では、QGISの十分な知識を持っており、教材として使用されることを意図していないと仮定します。

20.1. hard Try Yourself Create OSM based vector Files

デフォルトのデータセットをコースのためのローカライズされたデータに置き換えたい場合、QGISに組み込まれたツールを使って簡単に行うことができます。あなたが使おうとする領域は、都市部と農村部の適当な混合地であり、河川や水面、道路、地域の境界(自然保護区や農場など)などが分かれてる必要があります。

  1. QGISプロジェクトを開く

  2. Select Layer ► Data Source Manager to open the Data Source Manager dialog

  3. Browser タブで、 XYZ Tiles ドロップダウンメニューを展開し、 OpenStreetMap アイテムをダブルクリックします。

    ../../../_images/browser_xyztiles.png

    A map of the world is now visible on the map canvas.

  4. Close the Data Source Manager dialog

  5. 学習エリアとして使用したいエリアに移動します

    ../../../_images/swellendam_neighborhood.png

データを抽出する領域ができたので、抽出ツールを有効にしましょう。

  1. Go to Plugins ► Manage/Install Plugins...

  2. In the All tab, type QuickOSM in the search box

  3. Select the QuickOSM plugin, press Install Plugin and then Close the dialog.

    ../../../_images/quickosm_plugin_download.png
  4. Execute the new plugin from Vector ► QuickOSM ► QuickOSM... menu

  5. In the Quick query tab, select building in the Key drop-down menu

  6. Leave the Value field empty, meaning that you are querying all buildings.

  7. Select Canvas Extent in the next drop-down menu

  8. 下の Advanced グループを展開し、 Multipolygons を除く右側のすべてのジオメトリタイプのチェックを外します。

  9. Press Run query

    ../../../_images/building_query_builder.png

    新しい 建物 レイヤーが レイヤ パネルに追加され、選択した範囲の建物が表示されます。

  10. Proceed as above to extract other data:

    1. Key = landuse and Multipolygons geometry type.

    2. Key = boundary, Value = protected_area and Multipolygons geometry type.

    3. Key = natural, Value = water and Multipolygons geometry type.

    4. Key = highway and check Lines and Multilines geometry types.

    5. Key = waterway, Value = river and check Lines and Multilines geometry types.

    6. Key = place and Points geometry type.

このプロセスにより、レイヤーが一時ファイルとして追加されます(名前の横にある indicatorMemory アイコンで示されます)。

../../../_images/osm_data_loaded.png

You can sample the data your region contains in order to see what kind of results your region will yield.

コース中に使用するために、結果のデータを保存する必要があります。データに応じて、ESRIシェープファイル、GeoPackage、SpatiaLite形式を使用します。

To convert the place temporary layer to another format:

  1. Click the indicatorMemory icon next to the place layer to open the Save Scratch Layer dialog.

    注釈

    一時レイヤーのプロパティ(CRS、範囲、フィールドなど)のいずれかを変更する必要がある場合は、代わりに 書出->地物に名前を付けて保存... コンテキストメニューを使用し、を確認してください。 保存したファイルを地図に追加する オプションがチェックされています。これにより、新しいレイヤーが追加されます。

  2. ESRIシェープファイル 形式を選択します。

  3. Use the ... button to browse to the exercise_data/shapefile/ folder and save the file as places.shp.

    ../../../_images/save_osm_place.png
  4. Press OK

    レイヤー パネルで、一時的な place レイヤーが保存された places シェープファイルレイヤーに置き換えられ、その横にある一時的なアイコンが削除されます。

  5. レイヤーをダブルクリックして レイヤのプロパティ->ソース タブを開き、 レイヤ名 プロパティをファイル名と一致するように更新します。

  6. 他のレイヤーに対してこのプロセスを繰り返し、次のように名前を変更します:

    • natural_waterwater

    • waterway_riverrivers

    • boundary_protected_areaprotected_areas

    Each resulting data set should be saved in the exercise_data/shapefile/ directory.

次のステップは、コース中に使用する 建物 レイヤーからGeoPackageファイルを作成することです。

  1. Click the indicatorMemory icon next to the building layer

  2. Select the GeoPackage format

  3. Save the file as training_data.gpkg under the exercise_data/ folder

  4. By default, the Layer name is filled as the file name. Replace it with buildings.

    ../../../_images/save_osm_building.png
  5. Press OK

  6. レイヤのプロパティダイアログで名前を変更します

  7. Repeat the process with the highway layer, saving it as roads in the same GeoPackage database.

最後のステップは、残りの一時ファイルをSpatiaLiteファイルとして保存することです。

  1. Click the indicatorMemory icon next to the landuse layer

  2. Select the SpatiaLite format

  3. Save the file as landuse.sqlite under the exercise_data/ folder. By default, the Layer name is filled as the file name. Do not change it.

    ../../../_images/save_osm_landuse.png
  4. Press OK

これで、次のような地図が作成されます(レイヤーが地図に追加されると、QGISがランダムに色を割り当てるため、シンボルは確かに大きく異なります):

../../../_images/post_osm_import.png

重要なことは、上に示したものと一致する7つのベクターレイヤーがあり、それらすべてのレイヤーにいくつかのデータがあることです。

20.2. hard Try Yourself SRTM DEM tiffファイルの作成

For modules Module: ベクターデータを作成する and Module: ラスター, you'll also need raster images (SRTM DEM) which cover the region you have selected for your course.

The CGIAR-CGI provides some SRTM DEM you can download from https://srtm.csi.cgiar.org/srtmdata/.

使用することを選択した地域全体をカバーする画像が必要になります。範囲座標を見つけるには、QGISで zoomToLayer 最大のレイヤーの範囲にズームし、ステータスバーの extents 範囲 ボックスの値を選択します。 GeoTiff 形式のままにします。フォームに入力したら、 ここをクリックして検索を開始>> ボタンをクリックし、ファイルをダウンロードします。

必要なファイルをダウンロードしたら、それらを raster/SRTM サブフォルダの下の exercise_data ディレクトリに保存する必要があります。

20.3. hard Try Yourself 画像のTIFFファイルを作成

モジュール Module: ベクターデータを作成する で、 Follow Along: データソース レッスンは、生徒がデジタル化するように求められる3つの学校のスポーツフィールドのクローズアップ画像を示します。したがって、新しいSRTMDEMtiffファイルを使用してこれらの画像を再現する必要があります。学校のスポーツフィールドを使用する義務はありません。3つの学校の土地利用タイプを使用できます(たとえば、異なる学校の建物、遊び場、駐車場)。

For reference, the image in the example data is:

../../../_images/field_outlines.png

20.4. basic Try Yourself トークンの置き換え

ローカライズされたデータセットを作成したら、最後のステップは、 substitutions.txt ファイルのトークンを置き換えて、ローカライズされたバージョンのトレーニングマニュアルに適切な名前が表示されるようにすることです。

置き換える必要のあるトークンは次のとおりです:

  • majorUrbanName: this defaults to "Swellendam". Replace with the name of the major town in your region.

  • schoolAreaType1 :これはデフォルトで「陸上競技場」になります。お住まいの地域で最大の学校エリアタイプの名前に置き換えてください。

  • largeLandUseArea: this defaults to "Bontebok National Park". Replace with the name of a large landuse polygon in your region.

  • srtmFileName: this defaults to srtm_41_19.tif. Replace this with the filename of your SRTM DEM file.

  • localCRS: this defaults to WGS 84 / UTM 34S. You should replace this with the correct CRS for your region.