Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

14.4. Lesson: 林分を更新する

古い目録の地図から情報をデジタル化し、林分に対応する情報を追加し終わりましたから、次のステップは、森林の現在の状態の目録を作成することです。

その森林地域からの航空写真に従って最初から新しい 林分 をデジタル化します。前のレッスンでデジタル化した森林地図は空中色赤外線(CIR)の写真から作成されました。赤外光は、代わりに青色光の記録された画像のこのタイプは、広く植生領域を研究するために使用されます。また、このレッスンでCIRの写真を使用します。

林分をデジタル化した後、このような保全条例により与えられた新たな制約などの情報を追加します。

このレッスンの目標: 林分の新しいセットをCIR航空写真からデジタル化し、他のデータセットからの情報を追加します。

14.4.1. basic 古い林分を現在の航空写真と比較する

フィンランドの国土調査庁は、空撮画像などの地理データ、伝統的な地形図、DEM、LiDARデータ、など、各種のダウンロードを可能にするオープンデータポリシーを持っています。サービスは `ここ<http:// www.maanmittauslaitos.fi/en/file_download_service>`_ で英語でもアクセスできます。この演習で使用した空撮画像は、そのサービスからダウンロードした2枚のオルソ補正CIR画像(M4134F_21062012とM4143E_21062012)から作成されています。

  • QGIS を開き、 プロジェクト - >プロジェクトのプロパティ - > CRS でプロジェクトのCRSを ETRS89 / ETRS-TM35FIN に設定します。

  • 「その場で」CRS変換を有効 がチェックされていることを確認してください。

  • exercise_data\forestry\ フォルダから、デジタル化された湖を含むCIRの画像 rautjarvi_aerial.tif を追加します。

  • 続いて QGIS プロジェクト digitizing_2012.qgs を保存します。

CIRの画像は2012年からです。ほぼ20年後の状況と1994年に作成された林分を比較できます。

  • forest_stands_1994.shp レイヤーを追加します。

  • ポリゴンを通して見ることができるようにそのスタイルを設定します。

  • 古い林分が視覚的に均質な森として解釈する可能性があるものをフォロー(またはしない)方法を確認してください。

エリアの周りにズームおよびパンします。おそらく、古い林分でなお静止画に対応するもの、しないものがわかるでしょう。

いくつかの20年が経過していると別の森林施業が(...薄く、収穫を)行われているように、これは、通常の状況です。林分はそれらをデジタル化したが、時間が経過しているとして、いくつかの森には、さまざまな方法で開発してきた人に1992年に均質な背中を見ていることも可能です。それとも単に森林インベントリーのための優先順位は、彼らが今日であることを異なっていました。

次は、この画像に対する新しい林分を古い林分を使用せずに作成します。その後、違いを見るためにそれらを比較できます。

14.4.2. basic CIR画像の解釈

道路や湖によって制限される、古い調査でカバーされていた同じ領域を、デジタル化してみましょう。前の練習でのようにすでに林分のほとんどが含まれているベクトルファイルで開始できますので、全領域をデジタル化する必要はありません。

  • forest_stands_1994.shp レイヤーを外します。

  • forest_stands_2012.shp レイヤーを追加します、 exercise_data \林業\ フォルダにあります。

  • ポリゴンは何の塗りつぶしを持っていないし、境界が表示されるように、このレイヤのスタイリングを設定します。

../../../_images/stands_2012_1.png

目録エリアの北に領域がまだ不足していることがわかります。不足している林分をデジタル化することは必要になります。

しかし、開始する前に、すでにデジタル化した林分および画像内の対応する森林を見直すことにいくらか時間を費やしてください。林分境界がどのように決定されるかについて理解してみてください、いくらか林業の知識を持っている場合それが役立ちます。

画像から特定できるものについていくつかのアイデア:

  • どの森林が落葉(フィンランドのほとんどは白樺林)樹林で(この地域では松やトウヒ)針葉樹林であるか。CIR画像において、落葉樹林はしばしば暗緑色本、一方、針葉樹林は明るい赤色来ます。

  • いつ林分の年齢が変化するか、樹冠の大きさを見ることで、画像内で識別できます。

  • 別の林分の密度は、例えば、最近間引きが行われた林分は明確に樹冠の間にスペースを示すでしょうし、その周りの他の林分から区別することは容易なはずです。

  • 青みを帯びた領域は不毛の地形、道路や市街地などの成長を開始していない作物を示しています

  • 林分を特定しようとするとき、画像に近すぎるズームを使用しないでください。この画像には1:3000と1:5000の間の縮尺が十分であるはずです。下の画像を参照(1:4000縮尺)。

../../../_images/zoom_to_CIR_1-4000.png

14.4.3. basic Try Yourself CIR画像から林分をデジタル化

林分をデジタル化するときはしかし、あまりにも詳細なことはいけない...、樹種、林齢の観点から、可能な限り均一で密度を林分を取得しようとすべきか、小さな数百人を作ることになります林分はそれがすべてでは有用ではない。もいずれか大きい(せいぜい3ヘクタール)ではないが小さすぎる(少なくとも0.5ヘクタール)、林業の文脈において意味ではなく、ある林分を取得しようとする必要があります。

この示唆を心に持って、今、不足している林分をデジタル化できます。

  • forest_stands_2012.shp の編集を有効にします。

  • 画像のようにスナップとトポロジオプションを設定します。

  • ApplyOK をクリックすることを忘れないでください。

../../../_images/snapping_2012.png

前のレッスンで行ったように、スナップされる点レイヤーがないことが違うだけで、デジタル化を開始します。この地域のためには約14の新しい林分を取得する必要があります。デジタル化しながら、 Stand_id フィールドに 901 から始まる番号を記入します。

作業が完了したら、レイヤーは次のようになります。

../../../_images/new_stands_ready.png

今、別の森林を定義するポリゴンの新しいセットは、CIR画像から解釈できるように、現在の状況を表しています。しかし明らかにまだ森林目録データが欠落しています、よね?そのためにはまだ、森林を訪問し、各林分に対する森林属性を推定するために使用するいくつかのサンプルデータを取得する必要があります。次のレッスンでそれを行う方法について説明します。

現時点では、まだこの地域のために考慮されるべき保全規制について持っているいくつかの追加情報を使用して、ベクトルレイヤを改善できます。

14.4.4. basic Follow Along: 保全情報で林分を更新する

作業している地域のために、森林計画をしている間、以下の保全規制を考慮しなければならないことを研究されてきました。

  • エゾモモンガ(Pteromysのvolans)の保護種の二箇所が同定されています。規定によれば、スポットの約15メートルの区域は手つかずのまま残さなければなりません。

  • 地域に流れに沿って成長している特別な関心の水辺林は保護されなければなりません。フィールドへの訪問では、流れの両側20メートル保護されなければならないことがわかりました。

リスの場所や湖に向けて北エリアで実行されているデジタル化された流れを含む他の情報を含む1つのベクトルファイルを持っています。 exercise_data\forestry\ フォルダから、ベクトルファイル squirrel.shpstream.shp を追加します。

リスの場所の保護のために、保護する必要がある点の位置に関する情報が含まれている新しい林分に新しい属性(列)を追加しようとしています。その情報は、森林施業が計画されるときはいつでも、後で利用できるようになり、野外チームは作業を開始する前に手つかずで残す必要がある領域をマークできるでしょう。

  • リス レイヤのための属性テーブルを開きます。

  • もしエゾモモンガのように定義されている2つの場所があることを確認することができ、及び領域を保護することは、場所から15メートルの距離で示されています。

林分にリスについての情報を結合するには、 位置によって属性を結合 を使用できます:

  • ベクタ - >データ管理ツール - >位置によって属性を結合 を開きます。

  • ターゲットベクトルlayer として :kbd:` forest_stands_2012.shp` レイヤを設定してください。

  • 結合ベクトルlayer として squirrel.shp ポイントレイヤを選択。

  • 出力ファイルに stands_squirrel.shp と名前を付けます。

  • 出力table で :guilabel:`すべてのレコードを保管(非マッチングの対象レコードを含む ` を選択します。だから、空間的にリスの場所に関連しているものだけを維持するのでなく、レイヤ中のすべての林分を保つ。

  • OK をクリックします。

  • TOCにレイヤーを追加するか求められたとき Yes を選択します。

  • ダイアログボックスを閉じます。

../../../_images/join_squirrel_point.png

エゾモモンガに関連した保護情報に対応した新しい属性がある stands_squirrel 今、新しい林分レイヤ。

新しいレイヤーのテーブルを開き、 Protection 属性のための情報を持つ林分が一番上になるように整列します。リスが配置された場所2つの林分を今持っている必要があります。

../../../_images/joined_squirrel_point.png

この情報は十分かもしれませんが、リスに関連する領域が保護されるべきかを見てください。リスの場所を中心に15メートルのバッファを残ス必要があることを知っています:

  • ベクトル - >ジオプロセシングツール - > Buffer を開きます。

  • squirrel レイヤーのための15メートルのバッファを作成します。

  • 結果に squirrel_15m.shp と名前を付けます。

../../../_images/squirrel_15m.png

地域の北部の場所にズームインするとき、バッファ領域が同様に立つ近隣に延びていることがわかります。これは、森林施業は、そのスタンドに場所を取るだろうたび、保護された場所も考慮すべきであることを意味します。

../../../_images/north_squirrel_buffer.png

以前の分析からは、保護のステータスに関する情報を登録することスタンドを取得できませんでした。この問題を解決するには:

  • guilabel:実行 `再びlocation`ツールで属性が参加。

  • しかし、今回は結合レイヤとして squirrel_15m レイヤを使用しています。

  • stands_squirrel_15m.shp として出力ファイルに名前を付けます。

../../../_images/joined_squirrel_buffer.png

この新しいレイヤの属性テーブルを開き、今あなたが保護の場所についての情報を持っている3つの林分を持っていることに注意してください。森の中の情報は、データを考慮に入れるべき保護の考慮事項があることを森林管理に指示します立っています。KBD:それから彼または彼女はから位置を取得することができます `squirrel`データセットを、そしてフィールドでのオペレーターがリス環境を乱さないことができるように場所を中心に対応するバッファをマークするエリアをご覧ください。

14.4.5. basic Try Yourself 流れへの距離で林分を更新する

保護されたリスの位置について示されているように、同じアプローチに従って、今、林分を野外で識別されたストリームに関連した保護情報に更新できます。

  • この場合、バッファはその周り20メートルであることを覚えておいてください。

  • ターゲットとして stands_squirrel_15m レイヤ同じベクトルファイル内のすべての保護情報を持っているので、使用したいです。

  • 出力に forest_stands_2012_protect.shp と名前を付けます。

新しいベクタレイヤーの属性テーブルを開き、今、流れに関連付けられた水辺林を保護するための保護措置の影響を受けている林分のためのすべての保護情報を持っていることを確認します。

QGISプロジェクトを保存します。

14.4.6. In Conclusion

林分をデジタル化するCIR画像をどのように解釈するかを見てきました。もちろんそれは、より正確なスタンドを作るためにいくつかの練習を取るだろうし、通常の土壌マップのような他の情報を用いて、より良い結果を与えるだろうが、あなたは今、このタイプのタスクのための基礎を知っています。そして、他のデータセットからの情報を追加すると、非常に簡単な作業であることをなりました。

14.4.7. What’s Next?

林分は、将来的に森林施業を計画するために使用されるデジタル化され、まだ、森林に関する詳細な情報を取得する必要があります。次のレッスンでは、インベントリにだけのデジタル化された森林面積をサンプリングプロットのセットを計画する方法を見て、森のパラメータの全体的な見積もりを取得します。