Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

14.6. Lesson: アトラスツールで詳細な地図を作成します

体系的なサンプリングのデザインが準備できて、野外チームがナビゲーションデバイスにGPS座標をロードしました。彼らはまた、すべてのサンプルプロットで測定された情報を収集するフィールドのデータ形式を持っています。野外チームは、すべてのサンプルプロットに自分の道が簡単に見つかるよう、いくつかの地上情報をサンプルプロットの小さいサブセットや地図エリアに関する情報と一緒にはっきり見ることができるたくさんの詳細地図を要求してきました。アトラスツールを使用することで、たくさんの地図を共通のフォーマットで自動的に作成できます。

このレッスンの目標: QGISでアトラスツールを使用して、野外目録作業を支援するための詳細な印刷可能な地図を作成することを学びます。

14.6.1. basic Follow Along: 地図コンポーザを準備

森林地域と私たちのサンプリングプロットの詳細な地図を自動化できるようになるには、まずフィールドワークのために有用と考えるすべての要素が入った地図テンプレートを作成する必要があります。もちろん、最も重要なのは、前に見てきたように、適切にスタイルされることですが、印刷された地図を完成する他の要素の多くを追加する必要もあります。

前のレッスンからQGISプロジェクトを開きます forest_inventory.qgs 。少なくとも以下のレイヤーを持っている必要があります。

  • forest_stands_2012 (50%の透明度、緑塗りつぶしと暗緑色の境界線を有する)。

  • systematic_plots_clip

  • rautjarvi_aerial

プロジェクトを新しい名前 map_creation.qgs で保存します。

印刷可能なマップを作成するには、 コンポーザマネージャー を使用することを思い出してください:

  • プロジェクト->コンポーザマネージャー... を開きます。

  • コンポーザマネジャー ダイアログで。

  • 追加 ボタンをクリックして、コンポーザに forest_map と名前を付けます。

  • OK をクリックします。

  • 表示 ボタンをクリックします。

地図がA4用紙のために、紙や余白に合うように、プリンタオプションを設定します。

  • コンポーザ->ページ設定 を開きます。

  • サイズA4(217 X 297ミリメートル)

  • 向き風景

  • マージン(milimeters) はすべて 5 に設定。

印刷組版 ウィンドウで、 Composition タブ(右のパネル)に行き、 紙と品質 に対するこれらの設定がプリンタ用に定義されたものと同じであることを確認してください:

  • SizeA4(210x297mm)

  • OrientationLandscape

  • 品質300dpi

さまざまな要素を配置するキャンバスのグリッドを利用する場合はマップを構成することは簡単です。コンポーザグリッドの設定を確認します。

  • Composition タブ中で Grid 地域を展開します。

  • 余白10 mm に設定されていることを確認してください。

  • そして Tolerance2mm に設定されています。

グリッドの使用を有効にする必要があります。

  • 表示 メニューを開きます。

  • gridを表示 をチェックします。

  • gridにスナップ をチェックします。

  • guides を使用するためのオプションがデフォルトでチェックされていて、コンポーザ内の要素を移動しているときに赤いガイドラインを見ることができることに注意してください。

今すぐ地図キャンバスへの要素の追加を開始できます。レイヤーシンボルに変更を加えるとそれがどのように見えるか確認できるよう、最初にマップ要素を追加します。

  • 新しい地図を追加 ボタンをクリックします addMap

  • 地図はそれのほとんどを占めるようにキャンバス上のボックスをクリックしてドラッグします。

../../../_images/composer_1.png

マウスカーソルがキャンバスのグリッドにスナップされるに注意してください。他の要素を追加したときに、この機能を使用してください。より多くの精度を持つようにしたい場合は、グリッドを変更 Spacing 設定。何らかの理由でいくつかの点でグリッドにスナップしたくない場合は、常にそれを View メニューでチェックをオンオフできます。

14.6.2. basic Follow Along: 背景マップを追加します

コンポーザを開いたまま、地図に戻ります。地図の内容ができるだけ明確になるように、いくつか背景データを追加したり、いくつかスタイルを作成したりできます。

  • 背景 ラスタ basic_map.tifexercise_data\林業\ フォルダに見つけることができる、を追加します。

  • プロンプトが表示されたら ETRS89/ETRS-TM35FIN CRS をラスタのために選択します。

見ることができるように背景地図にはすでにスタイルが付いています。地図作成のラスタを使用する準備ができてのこのタイプは非常に一般的です。いくつかのベクトルレイヤーをスタイリングして良い結果を得ることを心配気にする必要がないようにそれは、ベクターデータから作成された標準形式でスタイルとラスタとして格納されています。

  • 今、プロットの約4または5行を見ることができるようにサンプルプロットにズームします。

サンプルプロットの現在のスタイリングは最高ではありませんが、それはどのようにマップの作曲に見えるん?:

../../../_images/plots_zoom1-2.png

最後の演習中に、白いバッファは空撮画像の上ではOKでしたが、今で背景画像はほとんどが白であり、かろうじてラベルを見ることができます。コンポーザでどのように見えるか確認もできます。

  • 印刷Composer ウィンドウに行きます。

  • コンポーザの地図要素を選択するため select ボタン を使用します。

  • 項目properties タブに移動します。

  • 範囲 の下で :guilabel`地図キャンバス範囲に設定` をクリックしてください。

  • 要素を再描画する必要がある場合は、 メインproperties 下の プレビューを更新 をクリックしてください。

野外チームのためにプロット番号ができるだけはっきり見えるようにしたい、これは明らかに十分ではありません。

14.6.3. basic Try Yourself レイヤーのシンボルを変更します

作業してきた Module: 基礎的な地図作成 シンボルとし、中 ラベル付き../vector_classification/index 。利用可能なオプションとツールのいくつかについて、リフレッシュする必要がある場合は、それらのモジュールに戻ります。目標は、のようにはっきりと見える可能のようにプロットの位置と自分の名前を取得することですが、常に背景地図要素を参照できます。この画像からいくつかのガイダンスを取ることができます。

../../../_images/plots_zoom2_symbology.png

後で forest_stands_2012 レイヤーの緑のスタイリングを使用するでしょう。それを維持し、林分の境界だけを表示するようそれを可視化するには:

  • forest_stands_2012 を右クリックし Duplicate を選択します

  • たとえば充填と赤のボーダーがない別のスタイルを定義するために使用できる、forest_stands_2012  copy という名前の新しいレイヤーを取得します。

今、林分にはの二つの異なる視覚化があり、詳細地図にどちらを表示するか決定できます。

プリントコンポーザ ウィンドウに何度も戻り、地図がどのように見えるかを確認します。詳細地図を作成する目的のために、全体の森林地域の縮尺(下の左画像)ではなくより近い縮尺(下の右画像)で良く見えるシンボルを探しています。地図やコンポーザでズームを変更するたびに、 プレビューを更新地図キャンバスextent設定 を使用することを忘れないでください。

../../../_images/composer_2-3.png

14.6.4. basic Try Yourself 基本地図テンプレートを作成する

満足なシンボル体系を得たら、印刷された地図にいくつかのより多くの情報を追加する準備が整いました。少なくとも次の要素を追加します。

  • タイトル。

  • スケールバー。

  • マップのグリッドフレーム。

  • グリッドの両側に調整します。

Module: マップの作成 既に同様の組成を作成しました。必要とするように、そのモジュールに戻ります。参考のために、この例の画像を見ることができます。

../../../_images/map_template1.png

地図を画像として書き出し、それを見てください。

  • コンポーザ- > 画像として書き出し

  • 例えば JPGフォーマット を使用してください。

これは、印刷されたときに、それがどのように見えるかです。

14.6.5. basic Follow Along: コンポーザに多くの要素を追加します

提案された地図テンプレート画像でおそらくお気づきのように、キャンバスの右側に空間がたくさんあります。そこに行くことができる他に何見てみましょう。ここでの地図の目的のためには凡例は本当は必要はありませんが、概要地図といくつかのテキストボックスには、地図に値を追加することができます。

概観マップは、フィールドのチームは、一般的な森林エリア内の詳細マップを置くのに役立ちます。

  • タイトルテキストのすぐ下で、キャンバスに別の地図要素を追加します。

  • アイテムのプロパティ タブで、 Overview ドロップダウンを開きます。

  • 概要フレーム を地図:guilabel:Map 0 に設定してください。これは小さい地図上に大きい地図に表示された範囲を表す影の矩形を作成します。

  • Frame オプションが黒色で、 Thickness0.30 であることもチェックします。

../../../_images/more_elements1.png

概観地図は本当に望むものである森林地域の概観を与えていないことに注意してください。この地図が全体の森林面積を表現したいとそれが唯一の背景地図と表示したい forest_stands_2012 レイヤーを、サンプルプロットを表示しません。そしてまた、レイヤーの可視性や順序を変更するたびに、それはもう変更されないように、そのビューをロックします。

  • 地図に戻りますが、印刷composer を閉じないでください。

  • forest_stands_2012 レイヤーを右クリックし 、レイヤー範囲にズーム をクリックします。

  • basic_mapforest_stands_2012 以外のすべてのレイヤーを無効にします。

  • 印刷composer に戻ります。

  • 選択された小地図では、 地図キャンバスextentを設定 をクリックし 、その範囲を地図ウィンドウで見えるものに設定してください。

  • メインproperties 下の 地図itemのためにレイヤーをロック をチェックすることにより、概観マップのビューをロックします。

今概観地図は、予想するより以上のものであり、そのビューはもう変更しないでしょう。しかし、もちろん、詳細地図は今まだ林分境界もサンプルのプロットも表示していません。修正しましょう:

  • 再度、地図ウィンドウに移動し、見えるようにしたいレイヤーを選択します(systematic_plots_clipforest_stands_2012 copyBasic_map)。

  • 目に見えるサンプルプロットの数行を持って再び拡大します。

  • プリントコンポーザ ウィンドウに戻ります。

  • コンポーザで大きな地図を選択します(select)。

  • 項目properties 中で プレビューを更新地図キャンバス範囲に設定 をクリックしてください。

大きな地図だけが、現在の地図ビューを表示している、小さな索引地図は、それをロックしたときに持っていた同じ景色を保っていることに注意してください。

索引図は、詳細地図に示されている範囲の陰影付の枠を表示していることにも注意。

../../../_images/more_elements2.png

テンプレート地図はほぼ準備ができています。ここで2つのテキストボックスを地図の下に追加します、一方はテキスト「詳細地図ゾーン:」含む、もう一方は「備考:」。それらが上の画像で見えるように配置してください。

また、概観マップに北矢印を追加できます。

  • imageを追加 ツールを使用してください addImage

  • 概観マップの右上にクリックしてください。

  • アイテムのプロパティ検索ディレクトリ を開き、矢印画像を参照します。

  • 画像回転 の下で 地図でSync をチェックし、 Map 1 (概要地図)を選択します。

  • 背景 のチェックを外します。

  • 小さな地図上良く見えるサイズに矢印画像のサイズを変更します。

基本的な地図コンポーザーが準備できたところで、今度はアトラスツールを利用してこの形式で必要と考えるだけ多くの詳細地図を作成したいですね。

14.6.6. basic Follow Along: アトラスカバレッジを作成します

アトラスカバレッジは、カバレッジ内のすべての機能の1枚の地図を詳細地図を生成するために使用されるだけでベクトルレイヤーです。次に何をしますかのアイデアを取得するには、ここでは詳細地図のフルセットは、森林面積のためであります:

../../../_images/preview_atlas_results.png

カバレッジでは、既存のレイヤーかもしれないが、通常は特定の目的のための1つを作成するために、より多くの意味があります。のは、森林面積をカバーするポリゴンのグリッドを作成してみましょう:

  • QGIS地図ビューで ベクトル - >研究のツール - >ベクトルgrid を開きます。

  • この画像に示すようにツールを設定します。

../../../_images/coverage_polygons.png
  • atlas_coverage.shp として出力を保存します。

  • 新しい atlas_coverage レイヤーを、ポリゴンが塗りを持たないようにスタイル設定します。

新しいポリゴンが全体の森林地域をカバーしていると、彼らは(各ポリゴンから作成された)各地図の何が含まれているかのアイデアを与えます。

../../../_images/atlas_coverage.png

14.6.7. basic Follow Along: アトラスツールの設定

最後のステップは、アトラスツールを設定することです:

  • プリントコンポーザ に戻ります。

  • 右側のパネルで アトラスgeneration タブに行きます。

  • 次のようにオプションを設定します。

../../../_images/atlas_settings.png

細部マップの焦点として atlas_coverage 内部のそれは地物(ポリゴン)を使用するアトラスツールに指示します。これは、レイヤー内のすべての地物の出力1つの地図になります。隠しカバレッジレイヤー は出力地図でポリゴンを表示しないようにアトラスに伝えます。

もう一つする必要があります。すべての出力地図に対してどの地図要素が更新されるつもりかをアトラスツールに伝える必要があります。今までは、おそらく、すべての地物のために変更される地図は、サンプルプロットの詳細ビューを含むように準備したものであると推測でき、それがキャンバスでより大きい地図要素であります:

  • より大きな地図要素を選択します。

  • 項目properties タブに移動します。

  • リストで、atlasによって制御 をチェックします。

  • そして 地物周りにマージンg10% と設定します。ビューの範囲は多角形よりも10%大きくなります、これは詳細地図が10% overlapを持っていることを意味します。

../../../_images/controlled_by_atlas.png

今、地図がどのように見えるか確認するためにアトラスマップのプレビューツールを使用できます。

  • ボタン atlas を使用して、アトラスのプレビューを有効に、またはアトラス ツールバー が表示されていない場合は アトラス - >プレビューAtlas を通じて。

  • 作成される地図を移動するには、アトラス・ツール・バーまたは Atlas メニューの矢印を使用できます。

それらのいくつかは関心のない領域をカバーすることに注意してください。それについて何かをして、それらの無用な地図を印刷しないことで、木をいくらか節約しましょう。

14.6.8. basic Follow Along: カバレッジレイヤーの編集

それらの領域のために関心のないポリゴンを削除するだけでなく、カバレッジ レイヤ の 属性テーブル からのコンテンツを生成するように、地図内のテキストラベルもカスタマイズできます。

  • マップビューに戻ります。

  • atlas_coverage レイヤーの編集を有効にします。

  • 下の画像に(黄色で)選択されたポリゴンを選択します。

  • 選択したポリゴンを削除します。

  • 編集を無効にして、編集内容を保存します。

../../../_images/remove_polygons.png

印刷Composer に戻って、アトラスのプレビューがレイヤーに残された唯一のポリゴンを使用することを確認できます。

使用しているカバレッジレイヤーは、まだ地図内のラベルの内容をカスタマイズするために使用できる有用な情報を持っていません。最初のステップは、アカウントに持っている野外チームのためのいくつかの発言で、たとえばポリゴン領域のゾーンコードとフィールドを追加でき、それらを作成することです:

  • atlas_coverage レイヤーのための 属性テーブル を開きます。

  • 編集を有効に。

  • 以下の二つのフィールドを作成し、移入する calculateField 電卓を使用します 。

  • Zone という名前の、タイプ 整数(整数) のフィールドを作成します。

  • Expression ボックスで $rownum を書き込み/コピー/構築します。

  • 名前が Remarks 、タイプが テキスト(文字列) 、幅が 255 の別のフィールドを作成します。

  • Expression ボックスで 'NO remarks.' と書き込みます。これは、すべてのポリゴンに対してすべてデフォルト値を設定します。

森林管理は、地域を訪れる際に役に立つかもしれない地域に関するいくつかの情報を持っています。例えば、橋の有無、湿地や保護種の位置。 atlas_coverage レイヤーはおそらくまだ編集モードです、 Remarks フィールド中に次のテキストを対応するポリゴンに追加します(セルを編集するにはそのセルをダブルクリックしてください):

  • Zone 2:プロット19の北に橋。p_13とp_14間にシベリアリス。

  • Zone 6:の場合:kbd:湖の北へ沼に移するのは困難

  • Zone 7:の場合:kbd:`シベリアリスをp_94.`南東に。

  • 編集を無効にして、編集内容を保存します。

atlas_coverage レイヤーの属性テーブルはほぼ準備ができて、今、テキストラベルの一部がそこから情報を使用したいアトラスツールを伝える必要があります。

  • プリントコンポーザ に戻ります。

  • 詳細な地図を... を含むテキストラベルを選択します。

  • フォント サイズを 12 に設定してください。

  • ラベル内のテキストの末尾にカーソルを設定します。

  • 項目properties タブで、 メインproperties の内側で 式を挿入 をクリックしてください。

  • 機能listフィールドとValues の下のフィールド Zone をダブルクリックします。

  • OK をクリックします。

  • 項目プロパティ 中のボックス内にテキストは 詳細マップの調査ゾーン:[% "ゾーン" %] が表示されるはずです。:kbd: [%「ゾーン」%]atlas_coverage レイヤーからの対応する地物について、フィールド Zone の値によって置換されることに注意。

異なるアトラスプレビューマップを見て、ラベルの内容をテストします。

テキストとラベルに同じ操作を行います 備考: フィールドを使用して、ゾーン情報を聖霊降臨祭。式を入力する前に、破断線を残すことができます。下の画像では、ゾーン2のプレビューのために結果を見ることができます:

../../../_images/preview_zone2.png

すぐに作成されるすべてのマップを閲覧して楽しむことがアトラスプレビューを使用してください!

14.6.9. basic Follow Along: 地図を印刷します

最後になりましたが、印刷や画像ファイルやPDFファイルに地図をエクスポートします。 アトラス - ->アトラスをPDFとして書き出し...アトラス>アトラスを画像として書き出し... を使用できます。現在、SVGのエクスポート形式は正常に動作せず、貧しい結果が得られます。

現地事務所に印刷用に送付できるよう、単一のPDFとして地図を印刷しましょう:

  • 右パネルの アトラス作成 タブに移動します。

  • 出力 の下で 可能ならば単一ファイルに書き出し をチェックします。このオプションを使用すると、すべての地図に1つのファイルを取得するチェックされていない場合、これは、PDFファイルにまとめ、すべての地図を配置します。

  • コンポーザ->PDFとして書き出し... を開きます。

  • PDF ファイルを exercise_data\林業\samplig\ map_creation\ フォルダ中に :kbd: inventory_2012_maps.pdf として保存します。保存

すべてが期待どおりに行ったことを確認するためにPDFファイルを開きます。

同じように簡単にすべての地図(単一ファイルの作成をオフにすることを忘れないでください)、ここに作成される画像のサムネイルを見ることができるために別々の画像を作成できます。

../../../_images/maps_as_images.png

印刷コンポーザ で、組版テンプレートとして :kbd:` forestry_atlas.qpt` として exercise_data\林業\map_creation\ フォルダ中に地図を保存します。 :menuselection: Composer->Templateとして保存 を使用します。何度も何度もこのテンプレートを使用できます。

印刷Composer を閉じ、QGIS プロジェクトを保存します。

14.6.10. In Conclusion

自動的に別のプロットに移動を助けるためにフィールドで使用されるように、詳細マップを生成するために使用できるテンプレート・マップを作成するために管理しています。お気づきのように、これは簡単な作業ではありませんでしたが、他の地域についても同様の地図を作成する必要がある場合に利益が来ると、先ほど保存したテンプレートを使用できます。

14.6.11. What’s Next?

次のレッスンではレーザー測量データを使用してDEMを作成し、それからそれを使用してデータや地図の視認性を高める方法を示します。