Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

14.8. Lesson: レーザー測量データからのDEM

さまざまな背景画像を使用することで、地図の外観を改善できます。基本地図も以前に使用してきた空撮画像も使用できますが、地形の陰影起伏ラスターが見栄えを良くする状況もあるでしょう。

LAStoolsを使用してレーザー測量データセットからDEMを抽出し、その後、地図のプレゼンテーションで使用する陰影起伏ラスタを作成します。

このレッスンの目標: LAStoolsをインストールし、レーザー測量データと陰影起伏ラスタからDEMを計算します。

14.8.1. basic Follow Along: Lastoolsのインストール

QGIS内レーザー測量データを管理する_処理フレームワークと LAStools <http://rapidlasso.com/2013/09/29//how-to-install-lastools-toolbox-in-qgis> によって提供されるアルゴリズムを使用して可能です。

レーザー測量点群からデジタル標高モデル(DEM)を取得して、プレゼンテーション目的のために、視覚的にはより直感的である陰影起伏ラスタを作成できます。最初に、 Processing フレームワークの設定を、LAStoolsで動作するように適切に設定する必要があります。

  • すでにそれを開始している場合は、QGISを閉じます。

  • 古いライダープラグインは、フォルダ C:/Program Files/QGISValmiera/apps/qgis/python/plugins/processing/ 内のシステムにデフォルトでインストールされる可能性があります。

  • 名前 lidar のフォルダを持っている場合、それを削除します。これは、QGIS 2.2および2.4の一部のインストールのために有効です。

../../../_images/remove_lidar_folder.png
  • exercise_data\林業\ライダー\ フォルダと、そこにファイル QGIS_2_2_toolbox.zip が見つかります。それを開き lidar フォルダを解凍して、ちょうど削除したものと置き換えます。

  • 別のQGISのバージョンを使用している場合は、 このチュートリアル<http://rapidlasso.com/2013/09/29/how-to-install-lastools-toolbox-in-qgis/> _中のより多くのインストール手順を参照できます。

今コンピュータにLAStoolsをインストールする必要があります。最新の lastools バージョンを ここ<http://lastools.org/download/lastools.zip> `_ で取得し、お使いのシステム内のフォルダ、例えば :kbd:`c:\lastools\lastools.zip ファイルの内容を解凍します。 lastools フォルダのパスにはスペースや特殊文字は使用できません。

ノート

lastools フォルダ内部の LICENSE.txt ファイルをお読みください。LAStoolsの一部はオープンソースであり、他は、クローズドソースであり、ほとんどの商用および政府の使用のライセンスが必要です。教育と評価の目的のためには、必要なだけLAStoolsを使用してテストできます。

プラグインと実際のアルゴリズムは、今お使いのコンピュータにインストールして使用することはほとんど準備ができている、それらの使用を開始するために処理フレームワークを設定する必要があるだけです。

  • QGISで新しいプロジェクトを開きます。

  • プロジェクトのCRSを ETRS89 / ETRS-TM35FIN に設定してください。

  • プロジェクトを forest_lidar.qgs として保存します。

QGISでLAStools設定するには:

  • 処理 - >オプションとconfiguration に行きます。

  • 処理options ダイアログで、 プロバイダ に、その後 LiDAR dataのためのツール に行きます。

  • Activate をチェックします。

  • LAStoolsフォルダ について :kbd:`C:\lastools\`(またはLAStoolsを展開したフォルダ)を設定します。

../../../_images/processing_options.png

14.8.2. basic Follow Along: LAStoolsとDEMの計算

いくつかのSAGAアルゴリズムを実行するために、 ../ vector_analysis/spatial_statistics 中の Processing ツールボックスをすでに使用してきました。今、LAStoolsプログラムを実行するためにそれを使用しようとしています。

  • 処理->Toolbox を開きます。

  • 一番下にあるドロップダウンメニューで、高度なインタフェース を選択します。

  • レーザー測量data カテゴリのツール、表示されるはずです。

../../../_images/processing_toolbox.png
  • 利用可能なツールが見えるようにそれを展開し、さらに LAStools カテゴリを展開します(アルゴリズムの数は変化する場合があります)。

  • lasview アルゴリズムが見つかるまで下にスクロールし、見つかったらダブルクリックして開きます。

  • 入力LAS / LAZのfileexercise_data\林業\ライダー\ を参照し、 rautjarvi_lidar.laz ファイルを選択します。

../../../_images/lasview_dialog.png
  • Run をクリックします。

今、 ほんの少しLASとLAZダイアログウィンドウviewer 内にLiDARデータを見ることができます:

../../../_images/full_lidar.png

そこには、このビューア内行うことができます多くのものがありますが、今それがどのように見えるかを確認するためのLiDAR点群をパンするビューアをクリックしてドラッグできます。

ノート

LAStoolsがどのように動作するかについての詳細をお知りになりたい場合は、ツールのそれぞれについて c:\lastools\bin\ フォルダ内の README テキストファイルを読むことができます。チュートリアルと他の材料は、 `Rapidlassoウェブページ<http://rapidlasso.com/>`_ でご利用いただけます。

  • 準備ができたら、ビューアを閉じます。

LAStoolsとDEMの作成は2段階で行うことができます。第1は点群を groundNO ground 点に分類すること、次は ground 点のみ使用してDEMを計算すること。

  • 処理Toolbox に戻ります。

  • 検索... ボックス注意して、 lasground と書いてください。

  • ダブルクリックして lasground ツールを開き、この画像のように設定します:

../../../_images/lasground_dialog.png
  • 出力ファイルは rautjarvi_lidar.laz が配置されているのと同じフォルダに保存され、 rautjarvi_lidar_1.las と名前が付けられます。

それを確認したい場合は、lasview で開くことができます。

../../../_images/lasground_result.png

茶色の点が基準に分類される点で、灰色のものはそれ以外です。文字 g をクリックして地上基準点だけを視覚化したり、文字 u で分類されていない点だけを見ることができます。文字 a をクリックすると再びすべての点を見ることができます。コマンドについてこれ以上は lasview_README.txt ファイルを確認してください。興味のある方は、レーザー測量ポイントを手動で編集することについてのこの チュートリアル<http://www.rapidlasso.com/2014/03/02/tutorial-manual-lidar-editing/> _ も、ビューアの中に別の操作を表示します。

  • 再びビューアを閉じます。

  • 処理Toolbox で:kbd:` las2dem` を検索します。

  • las2dem ツールを開き、この画像に示すように設定します。

../../../_images/las2dem_dialog.png

結果DEMは、 出力ラスタファイル という一般的な名前で地図に追加されます。

ノート

lasground と:guilabel:` las2dem` ツールはライセンスが必要です。ライセンス・ファイルに示されるように、無免許でツールを使用できますが、画像結果にはっきりわかる対角線が出ます。

14.8.3. basic Follow Along: 地形陰影起伏を作成します

可視化の目的のために、DEMから生成された陰影起伏は、地形のより良い可視化を提供します:

  • ラスター->地形分析->Hillshade を開きます。

  • 出力layer として:kbd:exercise_data\林業\ライダー\ を参照し、ファイルに:kbd:` hillshade.tif` と名前を付けます。

  • デフォルトの設定でパラメータの残りの部分を残します。

../../../_images/dem_hillshade.png
  • プロンプトが表示されたら ETRS89 / ETRS-TM35FIN をCRSとして選択します。

陰影起伏ラスタ結果に残っている対角線にもかかわらず、明らかに地域の正確な起伏を見ることができます。森に掘られている異なる土壌の排水も見ることができます。

../../../_images/hillshade_result.png

14.8.4. In Conclusion

レーザー測量データを使用してDEMを取得することは、特に森林地域では、あまり労力なしに良好な結果を与えます。準備ができたレーザー測量派生のDEMや_ `` SRTMの9メートルの解像度のDEM <http://www.cgiar-csi.org/data/srtm-90m-digital-elevation-database-v4-1>のような他のソースも使用できます。いずれにせよ、それらを使用して、地図のプレゼンテーションで使用する陰影起伏ラスタを作成できます。

14.8.5. What’s Next?

このモジュールの次の、そして最後のステップ、レッスンでは、結果の地図のプレゼンテーションを作成するために、陰影起伏ラスタと森林目録の結果を使用します。