Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

14.9. Lesson: 地図プレゼンテーション

現在の状況にそれを更新し、GISプロジェクトとして古い森林調査をインポートした前のレッスンでは、フィールドワークやフィールド測定から算出された森林のパラメータの地図を作成し、森林調査を設計しました。

GISプロジェクトの結果で地図を作成することはしばしば重要です。森林調査の結果を提示する地図で、特定の数字を見なくても、誰でも容易に結果が何かが一目でわかるようになるでしょう。

このレッスンの目標: 調査結果を提示する地図を、陰影起伏ラスタを背景に使用して作成します。

14.9.1. basic Follow Along: 地図データを準備する

パラメーター計算のレッスンからのQGISプロジェクトを開きます、 forest_inventory.qgs 。少なくとも以下のレイヤーを保管してください:

  • forest_stands_2012_results.
  • basic_map.
  • rautjarvi_aerial.
  • lakes (それを持っていない場合は、exercise_data \林業\ フォルダからそれを追加します)。

地図で 林分 の平均体積を提示しようとしています。 forest_stands_2012_results レイヤ の 属性テーブル を開いた場合、見ることができます NULL 値を情報なしで 林分 のために。例えば、に NULL-999 は、それらの負の数は、それらのポリゴンのデータが存在しないことを意味することを知ってスタイリングにも、これらの 林分 を取得できるようにするには、変更する必要があります。

forest_stands_2012_results レイヤ に対して:

  • 属性テーブル を開き編集を可能にします。

  • NULL 値を持つポリゴンを選択します。

  • 選択された地物だけに対して、計算機を使用して MEANVol フィールドの値を -999 に更新します。

  • 編集を無効にし、変更を保存します。

今、保存されたスタイルをこのレイヤーに使用できます。

  • Style タブに行きます。

  • Load Style をクリックします。

  • exercise_data\林業\結果\ フォルダから :kbd: forest_stands_2012_results.qml を選択します。

  • OK をクリックします。

../../../_images/styling_forest_results.png

地図は次のようになります。

../../../_images/results_styles_applied.png

14.9.2. basic Try Yourself さまざまなブレンドモードを試す

ロードしたスタイル:

../../../_images/styling_forest_results.png

ハードlight モードには レイヤブレンドモード が使用されます。異なるモードは、この場合には、陰影起伏ラスタの基礎となると、上にあるレイヤを組み合わせて異なるフィルタを適用し、林分が使用されていることに注意してください。これらのモードについては `ユーザガイド<http://docs.qgis.org/2.2/en/docs/user_manual/working_with_vector/vector_properties.html>`_ で読むことができます。

異なるモードで試してみて、地図の違いを参照してください。そして、最終的な地図に好きな方いずれかを選択してください。

14.9.3. basic Try Yourself 地図の結果を作成するためにコンポーザテンプレートを使用する

結果を提示するために予め準備したテンプレートを使用してください。テンプレート forest_map.qptexercise_data\林業\結果\ フォルダに位置しています。 プロジェクト- >作曲マネージャ... ダイアログを使用して、それをロードします。

../../../_images/final_map_template.png

地図コンポーザを開き、満足な結果を得るために、最終的な地図を編集します。

使用している地図テンプレートは、これと同じ地図を提供します:

../../../_images/final_map.png

将来の参照のためQGISプロジェクトを保存します。

14.9.4. In Conclusion

このモジュールを介して、基本的な森林調査が計画され、QGISで提示される方法を見てきました。アクセスできるさまざまなツールでさらに多くの森林の分析が可能ですが、このマニュアルが必要な特定の結果をどうしたら達成できるか探るための良い出発点になってくれるのではないか。