8.1. Lesson: ラスターからベクターへの変換

ラスター形式とベクター形式の間で変換できると、GISの問題を解決するときに、またこれら二つの地理データの形式に特有の様々な分析方法を使用するときに、ラスターとベクターデータの両方を利用できます。GISの問題を解決するためのデータソースと処理方法を検討する際に、より柔軟性が上がります。

ラスターとベクターの分析を組み合わせるには、データのタイプを一方からもう一方に変換する必要があります。前のレッスンのラスター結果をベクターに変換してみましょう。

このレッスンの目標: 分析を完了するためにラスター結果をベクターにすること。

8.1.1. moderate Follow Along: ラスターからベクター ツール

最新のモジュール raster_analysis.qgs から地図を起動します 。前の練習中に all_conditions_simple.tif が計算されているはずです。

  • ラスター ► 変換 ► ポリゴン化(ラスターからベクター) をクリックします。ツールのダイアログが表示されます。

  • このように設定します:

    ../../../_images/polygonize_raster.png
  • Change the field name (describing the values of the raster) to suitable.

  • Save the layer under exercise_data/residential_development as all_terrain.shp.

Now you have a vector file which contains all the values of the raster, but the only areas you're interested in are those that are suitable; i.e., those polygons where the value of suitable is 1. You can change the style of this layer if you want to have a clearer visualization of it.

8.1.2. moderate Try Yourself

ベクター分析のモジュールに戻って参照ください。

  • Create a new vector file that contains only the polygons where suitable has the value of 1.

  • Save the new file under exercise_data/residential_development/ as suitable_terrain.shp.

8.1.3. moderate Follow Along: ベクターをラスターに ツール

Although unnecessary for our current problem, it's useful to know about the opposite conversion from the one performed above. Convert to raster the suitable_terrain.shp vector file you just created in previous step.

  • ラスター ► 変換 ► ラスター化(ベクターからラスター) をクリックしてこのツールを起動し、その後、下のスクリーンショットのようにそれを設定します。

../../../_images/vector_to_raster.png
  • Input layer is all_terrain.

  • Field name is suitable.

  • Output raster size units is Pixels.

  • Width and Height are 837 and 661, respectively.

  • Get the Output extent from the all_terrain layer.

  • Set output file Rasterized to exercise_data/residential_development/raster_conversion.tif.

注釈

出力画像のサイズは、ここではベクター化された元のラスターと同じになるように指定されています。画像の大きさを表示するには、そのメタデータを開きます( レイヤーのプロパティ 中の メタデータ タブ)。

  • OK をクリックして変換処理を開始します。

  • 完了したら、新たなラスターを元のものと比較することによって、その成功を測ります。両者は正確にピクセル単位で一致する必要があります。

8.1.4. In Conclusion

ラスターとベクター形式の間で変換すると、データの適用可能性を広げることができ、データの劣化につながる必要はありません。

8.1.5. What's Next?

今はベクター形式で利用可能な地形解析の結果がありますので、どの建物を住宅開発のために検討すべきかの問題を解決するためにそれらを使用できます。