Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

.

はじめましょう

本章では QGIS のインストール, QGIS ウェブページにあるサンプルデータ,最初の実行と,ラスタとベクタのレイヤの表示を行うサンプル実行について説明します.

インストール

QGIS のインストールはとても簡単です. MS Windows用とMac OS X用の標準インストールパッケージがあります. 各種GNU/Linux用バイナリパッケージ(rpmとdeb)とインストールマネージャに追加するソフトウェアレポジトリが提供されています. バイナリパッケージの最新の情報は QGIS ウェブサイト http://download.qgis.org にあります.

ソースからのインストール

もしあなたが QGIS をソースコードからビルドしたい場合インストール手順を参照して下さい. それらは QGIS ソースコードの中で ‘INSTALL’ という名前のファイルで配布されています. またオンラインでは http://htmlpreview.github.io/?https://raw.github.com/qgis/QGIS/master/doc/INSTALL.html  にあります

外部メディアへのインストール

QGIS ではデフォルトの作業環境パス(例. ~/.qgis2 Linuxの場合) を上書きする –-configpath オプションがあります.ユーザー設定と QSettings もこのディレクトリに設定されます.たとえばこのオプションを使うとユーザーは QGIS のインストレーションをすべての外部プラグインと設定込みでUSBフラッシュメモリ等で持ち運ぶことができます. システムメニュー のセクションにさらに情報があります.

サンプルデータ

ユーザガイドには、 QGIS サンプルデータセットをもとにした例があります.

win Windowsインストーラには QGIS サンプルデータセットをダウンロードするオプションがあります. これにチェックを入れると My Documents フォルダにサンプルデータがダウンロードされ GIS Database フォルダにデータが作成されます. Windowsエキスプローラをこのフォルダに移動すると便利です. サンプルデータセットインストールチェックボックスを選択しないことも QGIS 初期インストールで指定することができます

  • あながお持ちのGISデータを利用する場合;

  • Download sample data from http://download.osgeo.org/qgis/data/qgis_sample_data.zip
  • QGIS をアンインストールしてデータインストールオプションをチェックして再インストールして下さい(上記の方法がうまくいかない場合のみ推奨する方法です).

nix osx GNU/Linux と Mac OSX のrpm, deb または dmg等のパッケージではデータセットのインストールは用意されていません.サンプルデータセットを利用したい場合は qgis_sample_data のZIPアーカイブを http://download.osgeo.org/qgis/data/qgis_sample_data.zip からダウンロードして、あなたのシステム上でunzipを行ってください.

Alaskaデータセットにはユーザガイドのスクリーンショットで使われているがすべてのGISデータセットが含まれています,また小規模なGRASSデータベースが含まれています. QGIS サンプルデータセットの投影法はAlaska Albers Equal Area で 単位はfeetです. EPSGコードは 2964です.

PROJCS["Albers Equal Area",
GEOGCS["NAD27",
DATUM["North_American_Datum_1927",
SPHEROID["Clarke 1866",6378206.4,294.978698213898,
AUTHORITY["EPSG","7008"]],
TOWGS84[-3,142,183,0,0,0,0],
AUTHORITY["EPSG","6267"]],
PRIMEM["Greenwich",0,
AUTHORITY["EPSG","8901"]],
UNIT["degree",0.0174532925199433,
AUTHORITY["EPSG","9108"]],
AUTHORITY["EPSG","4267"]],
PROJECTION["Albers_Conic_Equal_Area"],
PARAMETER["standard_parallel_1",55],
PARAMETER["standard_parallel_2",65],
PARAMETER["latitude_of_center",50],
PARAMETER["longitude_of_center",-154],
PARAMETER["false_easting",0],
PARAMETER["false_northing",0],
UNIT["us_survey_feet",0.3048006096012192]]

もし QGIS をGRASSのグラフィカルなフロントエンドとして利用したい場合,サンプルロケーション (例. Spearfish または SouthDakota) を 公式GRASS GIS ウェッブサイト http://grass.osgeo.org/download/sample-data/ で見つけることができます.

サンプルセッション

Now that you have QGIS installed and a sample dataset available, we would like to demonstrate a short and simple QGIS sample session. We will visualize a raster and a vector layer. We will use the landcover raster layer, qgis_sample_data/raster/landcover.img, and the lakes vector layer, qgis_sample_data/gml/lakes.gml.

QGISの起動

  • nix QGIS を起動するにはコマンドプロンプトで “QGIS” とタイプするか プリコンパイルされたバイナリを利用する場合はアプリケーションメニューから起動できます.

  • win QGIS を起動するにはスタートメニューまたはデスクトップのショートカットを使うか QGIS プロジェクトファイルをダブルクリックして下さい.

  • osx アプリケーションフォルダーにあるアイコンをダブルクリックしてください.

ラスタレイヤとベクタレイヤのサンプルデータセットからのロード

  1. Click on the mActionAddRasterLayer Load Raster icon.
  2. フォルダ qgis_sample_data/raster/, を開いて ERDAS Img file landcover.img を選択した後 [Open] をクリックして下さい.

  3. ファイル名が表示されていないならの下部にある Files of type selectstring コンボボックスが正しく設定されているか確認してください.この場合は, “Erdas Imagine Images (*.img, *.IMG)” でなければいけません.

  4. ここで mActionAddOgrLayer Load Vector アイコンをクリックします.

  5. Add Vector Layer ダイアログで radiobuttonon File がソースタイプとして選択されている必要があります . ここで [Browse] をクリックしてベクタレイヤを選択して下さい.

  6. Browse to the folder qgis_sample_data/gml/, select ‘Geography Markup Language [GML] [OGR] (.gml,.GML)’ from the Files of type selectstring combo box, then select the GML file lakes.gml and click [Open]. In the Add vector layer dialog, click [OK]. The Coordinate Reference System Selector dialog opens with NAD27 / Alaska Alberts selected, click [OK].
  7. いくつかの湖が表示されている場所を拡大して下さい.

  8. 地図凡例にある lakes layer をダブルクリックして Properties ダイアログを開いて下さい.

  9. Style タブをクリックして塗りつぶし色として青を選択して下さい.

  10. Labels タブをクリックして checkbox Label this layer with チェックボックスをチェックしてラベル表示を有効にして下さい. “NAMES” フィールドをラベルが含まれているフィールドとして選択して下さい.

  11. ラベルを読みやすくするために白のふちどり(バッファ)をラベルのまわりに設定することができます. リストの左にある “バッファ”をクリックして checkbox テキストバッファを描く をチェックしてください.そして 3 をバッファサイズとして選択して下さい.

  12. Click [Apply]. Check if the result looks good, and finally click [OK].

You can see how easy it is to visualize raster and vector layers in QGIS. Let’s move on to the sections that follow to learn more about the available functionality, features and settings, and how to use them.

QGIS の起動と終了

あなたはセクション サンプルセッション で QGIS の起動方法を学んだはずです. ここではその部分の復習と QGIS が提供 しているコマンドラインオプションについて説明します.

  • nix QGIS がPATHに設定されている場所にインストールされている場合コマンド プロンプトで: qgis とタイプするかデスクトップまたはアプリケーションメニューにあるリンク(またはショートカット)をダブルクリックすると QGIS を起動することができます.

  • win QGIS を起動するにはスタートメニューまたはデスクトップのショートカットを使うか QGIS プロジェクトファイルをダブルクリックして下さい.

  • osx アプリケーションフォルダーにあるアイコンをダブルクリックしてください.もしshellから QGIS を起動したい場合は次のコマンドを実行して下さい, /path-to-installation-executable/Contents/MacOS/Qgis.

QGIS を終了するためには以下のメニューオプションをクリックしてください nix win File osx QGIS ‣ Quit またはショートカット Ctrl+Q.

コマンドラインオプション

nix QGIS はコマンドラインから起動すると多くのオプションを指定できます. オプションの リストは qgis --help とコマンドラインで入力すると見ることができます. QGISで利用できるステートメントは以下のとおりです:

qgis --help
QGIS - 2.6.0-Brighton 'Brighton' (exported)
QGIS is a user friendly Open Source Geographic Information System.
Usage: /usr/bin/qgis.bin [OPTION] [FILE]
OPTION:
      [--snapshot filename]   emit snapshot of loaded datasets to given file
      [--width width] width of snapshot to emit
      [--height height]       height of snapshot to emit
      [--lang language]       use language for interface text
      [--project projectfile] load the given QGIS project
      [--extent xmin,ymin,xmax,ymax]  set initial map extent
      [--nologo]      hide splash screen
      [--noplugins]   don't restore plugins on startup
      [--nocustomization]     don't apply GUI customization
      [--customizationfile]   use the given ini file as GUI customization
      [--optionspath path]    use the given QSettings path
      [--configpath path]     use the given path for all user configuration
      [--code path]   run the given python file on load
      [--defaultui]   start by resetting user ui settings to default
      [--help]                this text

FILE:
  Files specified on the command line can include rasters,
  vectors, and QGIS project files (.qgs):
   1. Rasters - supported formats include GeoTiff, DEM
      and others supported by GDAL
   2. Vectors - supported formats include ESRI Shapefiles
      and others supported by OGR and PostgreSQL layers using
      the PostGIS extension

ちなみに

コマンドライン引数利用例

あなたは QGIS を1個かそれ以上のデータファイルをコマンドラインで指定して起動することができます.たとえば qgis_sample_data ディレクトリにいると仮定すると QGIS を1個のベクタレイヤと1個のラスタファイルをロードしながら起動する場合以下のような指定でできます command: qgis ./raster/landcover.img ./gml/lakes.gml

コマンドラインオプション --snapshot

このオプションを使うとPNG形式でカレントビューのスナップショットを作れますこの機能によってたくさんのプロジェクトをもっている場合でも簡単にスナップショットを作ることができます

このオプションを使うと800x600 ピクセルのPNGファイルが作成されます. --width と``–height`` をコマンドライン引数に加えることでサイズの調整ができます. --snapshot の後にファイル名を指定できます.

コマンドラインオプション --lang

あなたのローカルでは QGIS 正しいローカライゼーションを選択します.もし言語を変更したい場合は言語コードを指定できます.たとえば ``–lang=it`` では QGIS はイタリアのローカリゼーションで起動します.現在サポートされている言語のリストは http://hub.qgis.org/wiki/quantum-gis/GUI_Translation_Progress で提供さています.

コマンドラインオプション --project

QGISをすでに存在するプロジェクトファイルとともに起動することが可能です.それは コマンドラインに --project オプションをつけてその後にプロジェクト名を追加する だけで実行できます.そうするとプロジェクトファイルに記述されたレイヤをロードして QGISが起動します.

コマンドラインオプション --extent

ある地図の領域を指定してQGISを起動する場合はこのオプションを使います.この場合 下記のようにカンマで区切られた書式の領域指定で領域を包含する長方形を指定する 必要があります:

--extent xmin,ymin,xmax,ymax

コマンドラインオプション --nologo

このコマンドライン引数を指定すると QGIS 起動時にスプラッシュスクリーンを表示しません.

コマンドラインオプション --noplugins

起動時にプラグインのトラブルがある場合スタートアップ時にプラグインのロードを無効にすることができます.それらのプラグインは後にプラグインマネージャで有効にすることができます.

コマンドラインオプション --customizationfile

このコマンドライン引数を使うとファイルに定義したGUIカスタマイゼーションが起動時に利用されます.

** コマンドラインオプション ** --nocustomization

このコマンドライン引数を使うと設定してあるGUIカスタマイゼーションが適用されないで起動されます.

コマンドラインオプション --optionspath

QGIS の設定情報をコンピュータ内の複数の場所に作成しておけます.そして QGIS の起動時にこのオプションを利用してどの設定を利用するのかを指定できます. オプション を参照して利用しているオペレーティングシステムが どこに設定ファイルを保存しているかをチェックして下さい.現在システムでどのファイルに設定を書き込むべきかを特定する方法がありません. それゆえ新しい設定を作成する場合は既存の設定ファイルをコピーしたあとでファイルの名前を変更して下さい.オプションは、設定でディレクトリへのパスを指定します。例えば、/path/to/config/QGIS/QGIS2.ini 設定ファイルを使用するために、オプションを使用します。

--optionspath /path/to/config/

コマンドラインオプション --configpath

このオプションは上記のひとつと似ています,しかしユーザ構成のデフォルトパス (~/.qgis2) を上書きし QSettings を利用します.これによってたとえばユーザは QGIS インストレーションをプラグインと設定とともにUSBドライブで持ち出すことができます.

コマンドラインオプション --code

このオプションは、|qg|が開始された後に、直接、与えられたpythonファイルを実行するために使用することができます。

例えば、以下の内容の load_alaska.py という名のpythonファイルをもつ場合:

from qgis.utils import iface
raster_file = "/home/gisadmin/Documents/qgis_sample_data/raster/landcover.img"
layer_name = "Alaska"
iface.addRasterLayer(raster_file, layer_name)

あなたが load_alaska.py が配置されたディレクトリにある場合、 |qg|を起動し、landcover.img ラスタファイルを 読み込み、次のコマンドを使ってレイヤに ‘Alaska’という名前をつけることができます:qgis --code load_alaska.py

プロジェクト

QGIS のセッション状態はプロジェクトとして見なされます. QGIS は,1度に1つのプロジェクトとして機能します.設定は,プロジェクトごとに,または新しいプロジェクトのデフォルトのいずれかとして見なされます(オプション のセクションを参照)。 QGIS は プロジェクト ‣ mActionFileSave 保存 または プロジェクト ‣ mActionFileSaveAs 名前を付けて保存 を使用してプロジェクトファイルにワークスペースの状態として保存できます.

保存されているプロジェクトを QGIS セッションにロードする場合次の手順で可能です プロジェクト ‣ mActionFileOpen オープン ..., プロジェクト ‣ テンプレートをもとに新規作成 または プロジェクト ‣ 最近利用したプロジェクト.

あなたのセッションをクリアにして再スタートしたい場合は プロジェクト ‣ mActionFileNew 新規 を選択してください.これらのいずれかのメニューオプションからそれを開いたり,最後に保存されてから変更が行われた場合は,既存のプロジェクトを保存するプロンプトが表示されます.

以下の情報はプロジェクトファイルに保存されます:

  • 追加されたレイヤ群

  • シンボライゼーションを含むレイヤプロパティ

  • マップビューの投影法

  • 最後に表示された領域座標

プロジェクトはXML形式で保存されます.よって,方法がわかれば QGIS を利用しなくてもプロジェクトファイルを編集することができます.ファイルの形式は初期の QGIS のバージョンに比較すると頻繁に更新されます.古い QGIS のプロジェクトファイルはもはや正常に動かないことがあります.この問題を認識して Settings ‣ Options で表示される General タブで次の選択設定ができます:

  • checkbox 必要に応じプロジェクトとデータソースの変更の保存を促す

  • checkbox QGISの旧バージョンで保存したプロジェクトファイルを開く際に警告する

W QGIS 2.2 ではあなたがプロジェクトを保存するたびにプロジェクトファイルのバックアップが作成されます.

出力

QGIS のセッションから出力を行う方法はたくさんあります.セクション プロジェクト でプロジェクトファイルに出力する方法は解説しました.ここではその他の外部ファイルに出力する方法の例を説明します:

  • メニューオプション プロジェクト ‣ mActionSaveMapAsImage イメージで保存 でファイルダイアログを開き、あなたが選択した名称、パスとイメージタイプ(PNGまたはJPG形式)を選択します。ジオリファレンスされたイメージと同じフォルダにPNGW または JPGW という拡張子のワールドファイルが保存されます。

  • メニューオプション Project ‣ DXF Export ... は’Symbology mode’, ‘Symbology scale’ とDXFにエキスポートしたいベクタレイヤを指定するダイアログを開きます.

  • メニューオプション プロジェクト ‣ mActionNewComposer New Print Composer はレイアウトとカレントマップキャンバスを印刷できるダイアログを開きます (セクション プリントコンポーザ を参照して下さい).