Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

12.1. Lesson: QGISサーバーをインストールする

The goal for this lesson: To learn how to install QGIS Server on Debian Stretch. With negligible variations (prepending sudo to all admin commands) you can also follow it for any Debian based distribution like Ubuntu and its derivatives.

12.1.1. moderate Follow Along: パッケージからインストールする

In this lesson we’re going to do only the install from packages as shown here .

First add the QGIS repository by creating the /etc/apt/sources.list.d/debian-qgis.list file with the following content:

# latest stable
deb http://qgis.org/debian stretch main
deb-src http://qgis.org/debian stretch main

After you add the qgis.org repository public key to your apt keyring (follow the above link on how to do it) you can run the apt-get update command to refresh the packages list and apt-get dist-upgrade to upgrade the packages.

ノート

Currently Debian stable has LTR qgis packages in the source jessie-backports, so the above steps are not necessary. Just add the jessie-backports repository and install with the -t jessie-backports option.

QGISサーバーを以下でインストールします:

apt-get install qgis-server python-qgis

ノート

adding -y at the end of the apt-get command will run it straight away, without requiring confirmation.

QGISサーバーは、QGISデスクトップ(同梱のXサーバーを使用)を同じマシンにインストールすることなく、本番環境で使用する必要があります。

12.1.2. moderate Follow Along: QGISサーバー実行可能ファイル

QGISサーバー実行可能ファイルは、 qgis_mapserv.fcgi です。 /usr/lib/cgi-bin/qgis_mapserv.fcgi のような何かを出力する find / -name 'qgis_mapserv.fcgi' を実行して、どこにインストールされたかを確認できます。

この時点では、コマンドラインのテストを行いたい場合は、オプションで /usr/lib/cgi-bin/qgis_mapserv.fcgi コマンドを実行できます、出力は何かこのようなはずである:

QFSFileEngine::open: No file name specified
Warning 1: Unable to find driver ECW to unload from GDAL_SKIP environment variable.
Warning 1: Unable to find driver ECW to unload from GDAL_SKIP environment variable.
Warning 1: Unable to find driver JP2ECW to unload from GDAL_SKIP environment variable.
Warning 1: Unable to find driver ECW to unload from GDAL_SKIP environment variable.
Warning 1: Unable to find driver JP2ECW to unload from GDAL_SKIP environment variable.
Content-Length: 206
Content-Type: text/xml; charset=utf-8

<ServiceExceptionReport version="1.3.0" xmlns="http://www.opengis.net/ogc">
 <ServiceException code="Service configuration error">Service unknown or unsupported</ServiceException>
</ServiceExceptionReport>

これは良いことです、私たちがサポートされているサービスを求めていないことをサーバーが言っているので、私たちが正しい軌道にいると告げています。WMSリクエストを作成する方法は後で見ます。

12.1.3. Follow Along: HTTPサーバー構成

インターネットブラウザからインストールされたQGISサーバー上にアクセスするためには、HTTPサーバーを使用する必要があります。

In this lesson we’re going to use the Apache HTTP server, colloquially called Apache.

まず、ターミナルで次のコマンドを実行して、Apacheにインストールする必要があります: apt-get install apache2 libapache2-mod-fcgid

/etc/apache2/sites-available ディレクトリ中に qgis.demo.conf と呼ばれるファイルを、以下の内容で作成してみましょう:

<VirtualHost *:80>
  ServerAdmin [email protected]
  ServerName qgis.demo

  DocumentRoot /var/www/html

  # Apache logs (different than QGIS Server log)
  ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/qgis.demo.error.log
  CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/qgis.demo.access.log combined

  # Longer timeout for WPS... default = 40
  FcgidIOTimeout 120

  FcgidInitialEnv LC_ALL "en_US.UTF-8"
  FcgidInitialEnv PYTHONIOENCODING UTF-8
  FcgidInitialEnv LANG "en_US.UTF-8"

  # QGIS log (different from apache logs) see http://docs.qgis.org/testing/en/docs/user_manual/working_with_ogc/ogc_server_support.html#qgis-server-logging
  FcgidInitialEnv QGIS_SERVER_LOG_FILE /var/log/qgis/qgisserver.log
  FcgidInitialEnv QGIS_SERVER_LOG_LEVEL 0

  FcgidInitialEnv QGIS_DEBUG 1

  # default QGIS project
  SetEnv QGIS_PROJECT_FILE /home/qgis/projects/world.qgs

  # QGIS_AUTH_DB_DIR_PATH must lead to a directory writeable by the Server's FCGI process user
  FcgidInitialEnv QGIS_AUTH_DB_DIR_PATH "/home/qgis/qgisserverdb/"
  FcgidInitialEnv QGIS_AUTH_PASSWORD_FILE "/home/qgis/qgisserverdb/qgis-auth.db"

  # See http://docs.qgis.org/testing/en/docs/user_manual/working_with_vector/supported_data.html#pg-service-file
  SetEnv PGSERVICEFILE /home/qgis/.pg_service.conf
  FcgidInitialEnv PGPASSFILE "/home/qgis/.pgpass"

  # Tell QGIS Server instances to use a specific display number
  FcgidInitialEnv DISPLAY ":99"

  # if qgis-server is installed from packages in debian based distros this is usually /usr/lib/cgi-bin/
  # run "locate qgis_mapserv.fcgi" if you don't know where qgis_mapserv.fcgi is
  ScriptAlias /cgi-bin/ /usr/lib/cgi-bin/
  <Directory "/usr/lib/cgi-bin/">
    AllowOverride None
    Options +ExecCGI -MultiViews -SymLinksIfOwnerMatch
    Order allow,deny
    Allow from all
    Require all granted
  </Directory>

 <IfModule mod_fcgid.c>
 FcgidMaxRequestLen 26214400
 FcgidConnectTimeout 60
 </IfModule>

</VirtualHost>

You can do the above in a linux Desktop system by pasting and saving the above configuration after doing sudo nano /etc/apache2/sites-available/qgis.demo.conf.

ノート

高度な構成 セクションの構成オプションのいくつかのサーバーで説明されているを参照してください。

今度はQGISサーバーのログと認証データベースを格納するディレクトリを作成してみましょう:

sudo mkdir /var/log/qgis/
sudo chown www-data:www-data /var/log/qgis

mkdir /home/qgis/qgisserverdb
sudo chown www-data:www-data /home/qgis/qgisserverdb

ノート

WWW-data は、Debianベースのシステム上のApacheのユーザーであり、それらの場所やファイルへのアクセス権を持っているようにApacheを必要としています。 chown www-data... コマンド www-data にそれぞれのディレクトリとファイルの所有者を変更します。

これで 仮想ホスト を有効にできますので、 fcgid mod がまだ有効になっていない場合は有効にして apache2 サービスを再起動します:

sudo a2enmod fcgid
sudo a2ensite qgis.demo
sudo service apache2 restart

ノート

(Linuxのデスクトップに含まれる)Xサーバーを実行せずにQGISサーバーをインストールし、また、 GetPrint コマンドを使用する場合、偽のX Serverをインストールし、それを使用するQGISサーバーに指示する必要があります。次のコマンドを実行して、それを行うことができます。

xvfbをインストール:

sudo apt-get install xvfb

サービスファイルを作成します:

sudo sh -c \
"echo \
'[Unit]
Description=X Virtual Frame Buffer Service
After=network.target

[Service]
ExecStart=/usr/bin/Xvfb :99 -screen 0 1024x768x24 -ac +extension GLX +render -noreset

[Install]
WantedBy=multi-user.target' \
> /etc/systemd/system/xvfb.service"

xvfb.service の状態を有効にし、開始し、チェックします:

sudo systemctl enable xvfb.service
sudo systemctl start xvfb.service
sudo systemctl status xvfb.service

In the above configuration file there’s a FcgidInitialEnv DISPLAY ":99" that tells QGIS Server instances to use display no. 99. If you’re running the Server in Desktop then there’s no need to install xvfb and you should simply comment with # this specific setting in the configuration file. More info at http://www.itopen.it/qgis-server-setup-notes/.

Now that Apache knows that he should answer requests to http://qgis.demo we also need to setup the client system so that it knows who qgis.demo is. We do that by adding 127.0.0.1 qgis.demo in the hosts file. We can do it with sudo sh -c "echo '127.0.0.1 qgis.demo' >> /etc/hosts". Replace 127.0.0.1 with the IP of your server.

ノート

myhost.confは/etc/hosts ファイルが動作するように私たちのセットアップに設定する必要があり、両方のことを覚えておいてください。また、QGISサーバーへのネットワーク(例えばWindowsやMacOSのマシン)上の他のクライアントからのアクセスを、それらの /etc/hosts ファイルに行って myhost 名を何でもサーバーマシンがネットワーク上で持つIPを指すことによってテストできます。その特定のIPが 127.0.0.1 ではないこと。それはローカルマシンからのみアクセス可能なローカルIPなので、を確認できます。 *nix マシン上では hosts ファイルは /etc にありますが、Windows上でそれは C:\Windows\System32\drivers\etc ディレクトリ下にあります。Windowsの下では hosts ファイルを開く前に管理者権限を持つテキストエディタを起動する必要があります。

私たちは、 curl http://qgis.demo/cgi-bin/qgis_mapserv.fcgi を使用して、コマンドラインからのHTTPリクエストと一緒にインストールされたQGISサーバーのいずれかをテストできます、出力はこうなるべき:

<ServiceExceptionReport version="1.3.0" xmlns="http://www.opengis.net/ogc">
<ServiceException code="Service configuration error">Service unknown or unsupported</ServiceException>
</ServiceExceptionReport>

ノート

curl can be installed with sudo apt-get install curl.

これでApache が構成されました。

12.1.4. moderate Follow Along: 別の仮想ホストを作成

QGISサーバーを指す別のApacheの仮想ホストを作成してみましょう。好きな名前を選択できます( coco.bangosuper.duper.trainingexample.com、など)が、単純化のために myhost を使用するつもりです。

  • Let’s set up the myhost name to point to the localhost IP by adding 127.0.0.1 x to the /etc/hosts with the following command: sudo sh -c "echo '127.0.0.1 myhost' >> /etc/hosts" or by manually editing the file with sudo gedit /etc/hosts.
  • ターミナルで ping myhost コマンドを実行することによって、 myhost がlocalhostを指していることを確認できます。

qgis@qgis:~$ ping myhost
PING myhost (127.0.0.1) 56(84) bytes of data.
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=1 ttl=64 time=0.024 ms
64 bytes from localhost (127.0.0.1): icmp_seq=2 ttl=64 time=0.029 ms
..
  • curl http://myhost/cgi-bin/qgis_mapserv.fcgi したり、DebianのボックスブラウザからURLにアクセスすることによって、 myhost サイトからQGISサーバーにアクセスできるかどうか試してみましょう。おそらく得られるのは:

<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//IETF//DTD HTML 2.0//EN">
<html><head>
<title>404 Not Found</title>
</head><body>
<h1>Not Found</h1>
<p>The requested URL /cgi-bin/qgis_mapserv.fcgi was not found on this server.</p>
<hr>
<address>Apache/2.4.25 (Debian) Server at myhost Port 80</address>
</body></html>
  • Apache doesn’t know that he’s supposed to answer requests pointing to the server named myhost. In order to setup the virtual host the simplest way would be to make a myhost.conf file in the /etc/apache/sites-available directory that has the same content as file:qgis.demo.conf except for the ServerName line that should be ServerName myhost. You could also change where the logs go as otherwise the logs for the two virtual hosts would be shared but this is optional.
  • Let’s now enable the virtual host with sudo apt-get a2ensite myhost.conf and then reload the Apache service with sudo systemctl reload apache2.
  • 再度 http://myhost/cgi-bin/qgis_mapserv.fcgi URLにアクセスするために試してみると、すべてが今稼働していることに気づくでしょう!

12.1.5. In Conclusion

DebianベースのLinuxディストリビューション上で、QGISサーバーでApacheを設定する方法を、パッケージから異なるQGISサーバーのバージョンをインストールする方法を学びました。

12.1.6. What’s Next?

QGISサーバーをインストールしてHTTPプロトコルを通じてアクセスできるようにしましたので、それが提供できるサービスの一部にアクセスする方法を学ぶ必要があります。次のレッスンのトピックは、QGISサーバーのWMSサービスにアクセスする方法を学ぶことです。