17.23. 補間(続)

注釈

この章では、補間アルゴリズムが使用される別の実用的な場合を示しています。

補間は一般的な技術であり、QGIS処理フレームワークを使用して適用できるいくつかの技術を実証するために使用できます。このレッスンでは、すでに導入されたいくつかの補間アルゴリズムを使用しますが、別のアプローチです。

このレッスン用のデータもポイントレイヤーを含んでいますが、この場合は標高データです。前のレッスンで行ったのとずっと同じ方法でそれを補間しようとしているが、今回は元のデータの一部を保存しておいて、補間処理の品質を評価するためにそれを使用します。

まず、ポイントレイヤーをラスター化し、得られていない入力する必要があり - データセルを、しかし、レイヤー内の点のほんの一部を使用しました。ポイントは 10% が後のチェックのため保存されますので、ポイントの90%が補間のための準備ができている必要があります。そうするために、 シェープレイヤーをランダムに分割 アルゴリズムを使用でき、すでに前のレッスンで使用していたが、それを行うには良い方法があります、任意の新しい中間レイヤーを作成することなく。その代わりに、ちょうど補間に使用したいポイント(90%割合を選択できます)、その後、アルゴリズムを実行します。すでに見てきたように、ラスター化アルゴリズムは、これらの選択されたポイントを使用し、残りを無視します。選択は、 ランダム選択 アルゴリズムを使用して行うことができます。次のパラメーターを使用して、それを実行します。

../../../_images/select.png

それはラスター化するレイヤー内の点の90%を選択します

../../../_images/selected.png

選択はランダムなので、選択が上記の画像に示すような選択とは異なる場合があります。

今第1ラスターレイヤーを得るため ラスター化 アルゴリズムを実行し、 ギャップを閉じる アルゴリズムを実行して無データセルを埋めます[セル解像度:100メートル]。

../../../_images/filled1.png

補間の品質を確認するために、今、選択されていないポイントを使用できます。この時点で、実際の標高(ポイントレイヤーにおける値)と補間標高(補間ラスターレイヤーの値を)知っています。これらの値の差を計算することにより、2つを比較できます

選択されていないポイントを使用しようとしているので、まず、この選択を反転してみましょう。

../../../_images/inverted.png

ポイントは、元の値ではなく、補間されたものが含まれています。新しいフィールドにそれらを追加するには、 ポイントにラスター値を追加 アルゴリズムを使用できます

../../../_images/addgridvalues.png

選択するラスターレイヤー(アルゴリズムでは複数のラスターをサポートしていますが、ここでは1つだけ必要)は、補間から生じるものです。その名前を 補間 に変更し、そのレイヤー名は、追加するフィールドの名前に使用されるものです。

今、補間のために使用されなかったポイントで、両方の値を含むベクターレイヤーを持っています。

../../../_images/extended_layer.png

今、この作業にはフィールド計算機を使用します。 フィールド計算機 アルゴリズムを開き、次のパラメーターを使用して、それを実行します。

../../../_images/fields_calculator.png

ラスターレイヤーからの値を使用して、フィールドには別の名前を持っている場合は、それに応じて上記の式を変更する必要があります。このアルゴリズムを実行すると、それらのそれぞれが2つの標高値の差を含む、補間のために使用していないだけでポイントを持つ新しいレイヤーが得られるでしょう。

その値に従ってそのレイヤーを表現すると最大の不一致がどこに見つかるかの最初のアイデアが得られるでしょう。

../../../_images/diffs.png

そのレイヤーを補間すると補間された地域のすべての点で推定誤差を持つラスターレイヤーを取得します。

../../../_images/raster_diffs.png

GRASS ‣ v.sample で直接に同じ情報(元の点の値と補間のものとの差)を得ることもできます。

このレッスンの初めでランダムな選択を実行する際に導入されるランダム成分があるので、結果はこれらのものと異なる場合があります。