17.7. 選択

注釈

このレッスンでは、処理アルゴリズムが入力として使用されるベクターレイヤーでの選択をどのように扱うか、そしてどのようにアルゴリズムの特定のタイプを使用して選択範囲を作成するかについて説明します。

QGISでの他の分析プラグインとは異なり、プロセッシング・ジオアルゴリズムには「選択した地物だけを使用する」のチェックボックスまたは同様のものは何も見つからないでしょう。選択に関する行動は、各アルゴリズムの実行のためではなく、プラグイン全体とそのすべてのアルゴリズムのために設定されています。アルゴリズムでベクターレイヤーを使用するときは以下の簡単なルールに従ってください。

  • レイヤーに選択がある場合は、選択した地物のみが使用されます。

  • 選択がない場合は、すべての地物が使用されます。

処理 ‣ オプション ‣ 一般 メニュー中の関連するオプションを選択解除すると、この動作を変更できますので、予めご了承ください。

最後の章で使用されるレイヤーのいずれかにいくつかのポイントを選択し、それらの上に再投影アルゴリズムを実行していることを自分でテストできます。取得する再投影レイヤーには選択された点のみが含まれます。ただし何も選択がない場合は、得られるレイヤーには、元のレイヤーからすべてのポイントが含まれることになります。

選択を作成するには、QGISで利用可能な方法やツールをどれでも使用できます。しかし、ジオアルゴリズムを使用してもそれはできます。選択を作成するためのアルゴリズムは、 ベクター/選択 中のツールボックスにあります

../../../_images/selection_algs.png

ランダム選択 アルゴリズムを開きます。

../../../_images/random_selection1.png

デフォルト値のままにすると、現在のレイヤーから10点が選択されます。

../../../_images/selected1.png

このアルゴリズムでは何も出力が作成されず、入力レイヤー(レイヤー自体ではなく、その選択)が変更されることがわかるでしょう。他のすべてのアルゴリズムでは新たなレイヤーが作成され、入力レイヤーが変更されることはありませんので、これは珍しい動作です。

選択はデータ自体の一部ではありませんが、QGIS内に存在するだけの何かですので、これらの選択アルゴリズムは、QGIS内で開かれているレイヤーを選択するのに使用する必要があるだけで、対応するパラメーター値ボックスに見つかるファイル選択オプションでない。

私達はちょうど行った選択は、選択アルゴリズムの残りの部分によって作成されるものほとんどと同じように、QGISから手動で行うこともできますので、そのためのアルゴリズムを使用することについてのポイントが何なのか疑問に思うかもしれません。今、これはあまり意味がないかもしれないが、後でモデルとスクリプトを作成する方法を見るでしょう。(処理ワークフローを定義する)モデルの途中で選択をしたい場合、モデルに追加できるのはジオアルゴリズムだけで、他のQGIS要素と操作は追加できません。これが、いくつかのプロセッシングアルゴリズムで、他のQGIS要素で利用できる機能を複製する理由です。

今のところ、選択はプロセッシング・ジオアルゴリズムを使用して行うことができること、アルゴリズムでは選択が存在する場合は選択された地物が、そうでない場合はすべての地物が使用されることだけ覚えておいてください。