Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

ベクタデータ

gentlelogo

目的:

GISで利用される際のベクタデータモデルを理解すること

キーワード:

ベクタ、ポイント、ポリライン、ポリゴン、頂点、ジオメトリ、スケール、データクオリティ、シンボロジ、データソース

概要

ベクタ は、GISの環境に現実世界の**地物**を表現する1つの手法です。地物は景観に目にすることができものなら何でもです。丘の頂上に立っているところを想像して下さい。見下ろすと家屋、道路、樹木、河川など (figure_landscape を参照)を見ることができます。これらのもののそれぞれが、GISアプリケーションで表示する時の**地物**です。ベクタ地物は**属性**を持っており、それは地物を**説明する**テキストあるいは数値情報で構成されます。

Figure Landscape 1:

../../_images/landscape.jpg

道路、家屋、樹木などの主要な地物が見える景観を見渡す。

ベクタ形式の地物は、ジオメトリ**を用いて形状を表します。ジオメトリは1つまたはそれ以上の相互につながった**頂点**で作られます。頂点は空間における位置を**X, Y そして必要に応じて **z**軸を用いて表します。``Z``軸がある頂点を持ったジオメトリは、それぞれの頂点の高さあるいは深さ(両方ではない)を表すため、しばしば**2.5D**と呼ばれます。

When a feature’s geometry consists of only a single vertex, it is referred to as a point feature (see illustration figure_geometry_point). Where the geometry consists of two or more vertices and the first and last vertex are not equal, a polyline feature is formed (see illustration figure_geometry_polyline). Where three or more vertices are present, and the last vertex is equal to the first, an enclosed polygon feature is formed (see illustration figure_geometry_polygon).

Figure Vector Geometries 1:

../../_images/point_feature.png

ポイント地物は、そのX, Y と必要に応じて Z 座標で表現されます。ポイント属性は、そのポイントが例えば樹木あるいは街灯であるかどうかを表します。

Figure Vector Geometries 2:

../../_images/polyline_feature.png

ポリラインは一連の結合された頂点です。それぞれの頂点は X, Y (そして必要に応じて Z)座標を持ちます。属性はポリラインを表します。

Figure Vector Geometries 3:

../../_images/polygon_feature.png

ポリゴンはポリラインのように、一連の頂点です。しかし1つのポリゴンにおいて、最初と最後の頂点は常に同じ位置にあります。

先にご覧いただいた景観写真を見直してみると、GISが表している異なるタイプの地物を見ることができるはずです。 (see illustration figure_geometry_landscape)

Figure Landscape 2:

../../_images/landscape_geometry.jpg

GISで表現する際の景観地物。河川(青)と道路(緑)はラインで、樹木はポイント(赤)で、家屋はポリゴン(白)で表される。

ポイント地物の詳細

ポイント地物について説明する際に最初に認識する必要があることは、GISでポイントとして表示するものは、考え方にもよるが、しばしば縮尺に依存します。例として都市を見てみましょう。もし小縮尺の地図(広いエリアをカバーする)を持っている場合、都市をポイント地物として表すのが適しています。しかし、大縮尺へと地図をズームさせるにつれて、ポリゴンで都市の境界を表示する方がふさわしくなります。

ポイントで地物を表示することを選択する場合、スケール(どれだけその地物から離れているか)、利便さ(ポリゴン地物よりもポイント地物を作成する方が時間と労力が少なくなります)、地物のタイプ(電話のポールのようなポリゴンで格納することが単に意味が無いもの)が大方左右します

As we show in illustration figure_geometry_point, a point feature has an X, Y and optionally, Z value. The X and Y values will depend on the Coordinate Reference System (CRS) being used. We are going to go into more detail about Coordinate Reference Systems in a later tutorial. For now let’s simply say that a CRS is a way to accurately describe where a particular place is on the earth’s surface. One of the most common reference systems is Longitude and Latitude. Lines of Longitude run from the North Pole to the South Pole. Lines of Latitude run from the East to West. You can describe precisely where you are at any place on the earth by giving someone your Longitude (X) and Latitude (Y). If you make a similar measurement for a tree or a telephone pole and marked it on a map, you will have created a point feature.

我々は地球は平らではない知っているので、点の地物にはZ値を追加すると便利です。これは、あなたにどのように海抜が高いかについて説明します。

ポリライン地物の詳細

Where a point feature is a single vertex, a polyline has two or more vertices. The polyline is a continuous path drawn through each vertex, as shown in figure_geometry_polyline. When two vertices are joined, a line is created. When more than two are joined, they form a ‘line of lines’, or polyline.

A polyline is used to show the geometry of linear features such as roads, rivers, contours, footpaths, flight paths and so on. Sometimes we have special rules for polylines in addition to their basic geometry. For example contour lines may touch (e.g. at a cliff face) but should never cross over each other. Similarly, polylines used to store a road network should be connected at intersections. In some GIS applications you can set these special rules for a feature type (e.g. roads) and the GIS will ensure that these polylines always comply to these rules.

If a curved polyline has very large distances between vertices, it may appear angular or jagged, depending on the scale at which it is viewed (see figure_polyline_jagged). Because of this it is important that polylines are digitised (captured into the computer) with distances between vertices that are small enough for the scale at which you want to use the data.

Figure Polyline 1:

../../_images/jagged_polyline.png

小さいスケール(1:20 000左側に)で見てポリラインが滑らかに湾曲し表示されることがあります。大スケール(1:500 より右に)にズームするとポリラインはとても角ばって見えるかもしれません。

The attributes of a polyline decribe its properties or characteristics. For example a road polyline may have attributes that describe whether it is surfaced with gravel or tar, how many lanes it has, whether it is a one way street, and so on. The GIS can use these attributes to symbolise the polyline feature with a suitable colour or line style.

ポリゴン地物の詳細

Polygon features are enclosed areas like dams, islands, country boundaries and so on. Like polyline features, polygons are created from a series of vertices that are connected with a continuous line. However because a polygon always describes an enclosed area, the first and last vertices should always be at the same place! Polygons often have shared geometry –– boundaries that are in common with a neighbouring polygon. Many GIS applications have the capability to ensure that the boundaries of neighbouring polygons exactly coincide. We will explore this in the トポロジ topic later in this tutorial.

ポイントとポリラインと同様に、ポリゴンは**属性**を持っています。属性は、ポリゴンごとに記述します。例えば、ダムは深さと水質の属性を持っている可能性があります。

レイヤ内のベクタデータ

Now that we have described what vector data is, let’s look at how vector data is managed and used in a GIS environment. Most GIS applications group vector features into layers. Features in a layer have the the same geometry type (e.g. they will all be points) and the same kinds of attributes (e.g. information about what species a tree is for a trees layer). For example if you have recorded the positions of all the footpaths in your school, they will usually be stored together on the computer hard disk and shown in the GIS as a single layer. This is convenient because it allows you to hide or show all of the features for that layer in your GIS application with a single mouse click.

ベクタデータの編集

GISアプリケーションでは、ジオミトリデータを作成、修正することができます。 –– このプロセスは、一般に デジタイジング と呼ばれます–– デジタイジングについては、後述のチュートリアルで説明します。レイア中にポリゴン (例. 農業用貯水池)がある場合, 新たなポリゴンを作成することが可能です。同様に、地物の形状を変更することも可能ですが、ポリゴンの規則に従う必要があります。例えば、1つの頂点しかない線を引くことはできません –– これは、線は必ず2つ以上の頂点を有する必要があるからです。

Creating and editing vector data is an important function of a GIS since it is one of the main ways in which you can create personal data for things you are interested in. Say for example you are monitoring pollution in a river. You could use the GIS to digitise all outfalls for storm water drains (as point features). You could also digitise the river itself (as a polyline feature). Finally you could take readings of pH levels along the course of the river and digitise the places where you made these readings (as a point layer).

あなた自身のデータを作成するだけでなく、たくさんの入手および利用可能なフリーのベクタデータがあります。たとえば、Chief Directorate: Surveys and Mappingから 1:50 000 のマップシートで表示されるベクタデータを入手できます。

縮尺とベクタデータ

Map scale is an important issue to consider when working with vector data in a GIS. When data is captured, it is usually digitised from existing maps, or by taking information from surveyor records and global positioning system devices. Maps have different scales, so if you import vector data from a map into a GIS environment (for example by digitising paper maps), the digital vector data will have the same scale issues as the original map. This effect can be seen in illustrations figure_vector_small_scale and figure_vector_large_scale. Many issues can arise from making a poor choice of map scale. For example using the vector data in illustration figure_vector_small_scale to plan a wetland conservation area could result in important parts of the wetland being left out of the reserve! On the other hand if you are trying to create a regional map, using data captured at 1:1000 000 might be just fine and will save you a lot of time and effort capturing the data.

Figure Vector Scale 1:

../../_images/small_scale.png

小スケール(1:1000000)マップからデジタル化されたベクタデータ(赤線)。

Figure Vector Scale 2:

../../_images/large_scale.png

大スケール(1:50000)のマップからデジタル化されたベクタデータ(緑色の線)。

シンボロジー

When you add vector layers to the map view in a GIS application, they will be drawn with random colours and basic symbols. One of the great advantages of using a GIS is that you can create personalised maps very easily. The GIS program will let you choose colours to suite the feature type (e.g. you can tell it to draw a water bodies vector layer in blue). The GIS will also let you adjust the symbol used. So if you have a trees point layer, you can show each tree position with a small picture of a tree, rather than the basic circle marker that the GIS uses when you first load the layer (see illustrations figure_vector_symbology, figure_generic_symbology and figure_custom_symbology).

Figure Vector Symbology 1:

../../_images/symbology_settings.png

GISでは、レイヤ内のフィーチャを描画する方法を調整する(上記のような)パネルを使用することができます。

Figure Vector Symbology 2:

../../_images/symbology_generic.png

レイヤ(例えば上にある木のレイヤ)が初めてロードされると、GISアプリケーションは一般的なシンボルを与えます。

Figure Vector Symbology 3:

../../_images/symbology_custom.png

調整を行った後、木を表現するようにポイントが見えた方がはるかに無難です。

シンボロジーは強力な特徴です、そしてマップが、生活とデータを、よりGISを理解するようにします。後に続くトピックで(ベクタ属性データ) 、我々はシンボロジーが、ユーザがベクタデータを理解するのに役立つかを深く探求します。

我々は、GISにおいてベクタデータで何ができる?

At the simplest level we can use vector data in a GIS Application in much the same way you would use a normal topographic map. The real power of GIS starts to show itself when you start to ask questions like ‘which houses are within the 100 year flood level of a river?’; ‘where is the best place to put a hospital so that it is easily accessible to as many people as possible?’; ‘which learners live in a particular suburb?’. A GIS is a great tool for answering these types of questions with the help of vector data. Generally we refer to the process of answering these types of questions as spatial analysis. In later topics of this tutorial we will look at spatial analysis in more detail.

ベクタデータの一般的な問題

ベクタデータの取り扱いには,いくつかの問題や課題があります。既に挙げた例として、異なる縮尺でベクタデータが作成されることによって起こる問題があります。これに加えて、ベクタデータの正確さと信頼性を担保するためには、多くのメインテナンス作業が必要となることも挙げられます。不正確なベクタデータは、データを作成する際に使用したツールが適切に設定されていない場合、作成者が注意深く作業を行わなかった場合、十分に詳細なデータ収集を行うには時間とお金が足りなかった場合、などに生じ得るものです。

質の低いベクタデータをGIS上に表示させると、この不正確な箇所をよく見かけることがあります。例えば**slivers**は2つのポリゴンの境界が正常に接合していない場合に生じます(see figure_vector_slivers)

Figure Vector Issues 1:

../../_images/vector_slivers.png

Sliversは隣接する二つのポリゴンの境界を構成する頂点がうまく合致していないときに発生します。小縮尺(ex.左図 1 )ではこれらのエラーを見つけられないかもしれません。しかし大縮尺(ex.右図 2 )にするとそれらが二つのポリゴンの間の細い領域として顕在化します。

overshoots は道路データのようなラインフィーチャが、本来ぴったり接合すべき対象の道路フィーチャに対して、交差しはみ出している状態を指します。Undershoots はラインフィーチャ(ex.河川データ)が、接合すべき対象のフィーチャに対して、接合できていない状態を指します。Figure figure_vector_overshoots は undershoots と overshoots がどのようなものかを示しています。

Figure Vector Issues 2:

../../_images/vector_overshoots.png

Undershoots (1) は互いに接合すべきラインフィーチャをぴったり接合せずにデジタイズを行うと発生します。Overshoots (2) は接合すべきラインの端点が接合対象のフィーチャを飛び越え交差してしまった際に発生します。

このようなタイプのエラーがあるため、デジタイズを注意深く正確に行うことはとても重要です。 これから先のトピックにある**topology**では、この種のエラーのいくつかについてさらに詳しく検討します。

わかりましたか?

ここでは以下のことを学びました:

  • GISにおいて、**ベクタデータ**は現実世界を代表する**地物**を表現するために利用されます。

  • ベクタの地物は**点**、 **線**または**ポリゴン**の**ジオメトリ**タイプを持つことができます。

  • 各ベクタの地物は、**属性データ**を持ち、それを記述します。

  • 地物のジオメトリ(幾何形状)は **頂点**の観点で記述されます。

  • ポイントジオメトリは、**1つの頂点**(X、Yおよび任意でZ)で構成されています。

  • ポリラインジオメトリは ラインをつないで形成する**2つ以上の**頂点で構成されています。

  • ポリゴンジオメトリは閉じたエリアを形成する**少なくとも4つの頂点**で構成されています。最初と最後の頂点は常に同じ位置です。

  • 使用するジオメトリタイプの選択は、スケール、利便性とGISにおいてデータで何をやりたいかに依存します。

  • ほとんどのGISアプリケーションでは、単一のレイヤで複数のジオメトリタイプを混在させることはできません。

  • デジタイジングは、GISアプリケーションで描画することにより、デジタルベクタデータを作成するプロセスです。

  • ベクタデータは アンダーシュート, **オーバーシュート**そして**かけら**のような、気づくべき品質的問題を持ちます。

  • GISアプリケーションではベクタデータを**空間分析**に利用できます。例えば、学校に近い病院を見つけるなどです。

Figure figure_vector_summary で、GISのベクタデータのコンセプトをまとめました。

Figure Vector Summary 1:

../../_images/vector_summary.png

この図は、GISアプリケーションがベクタデータを扱う方法を示しています。

やってみよう

ここでは人に教える際のアイデアいくつか述べていきます:

  • Using a copy of a toposheet map for your local area (like the one shown in figure_sample_map), see if your learners can identify examples of the different types of vector data by highlighting them on the map.
  • Think of how you would create vector features in a GIS to represent real world features on your school grounds. Create a table of different features in and around your school and then task your learners to decide whether they would be best represented in the GIS as a point, line or polygon. See table_vector_1 for an example.

Figure Sample Map 1:

../../_images/sample_map.png

このマップ上の2点の地物と1つのポリゴンを識別することができますか?

実際の地物

最適なジオメトリタイプ

学校の旗のポール

 

サッカー場

 

学校および周辺の歩道

 

タップが置かれている場所

 
Etc.  

Table Vector 1: Create a table like this (leaving the geometry type column empty) and ask your learners to decide on suitable geometry types.

考えてみよう

利用可能なコンピュータがなくても、ベクタデータを学習者に見せるためトポシートと透明なシートを使用できます。

より詳しく知りたい場合は

QGISユーザーガイドでは, ベクタデータの操作についてより詳細な情報が含まれています.

次は?

次のセクションでは、ベクタの特徴を記述にはどうずるかを確認するため**属性データ**について詳しく見てみましょう。