Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

4.1. Lesson: 属性データ

今まで、地図に行った変更のどれも表示されているオブジェクトに影響されませんでした。言い換えれば、すべての土地利用エリアが似ている、そしてすべての道路が似ています。地図を見るとき、視聴者は、彼らが見ている道路については何も知りません。何らかの地域に何らかの形状の道があるとだけ。

しかし、GISの全体強みは、地図上に表示されているすべてのオブジェクトも属性を持っていることです。GISでの地図は単なる絵ではありません。彼らは場所内のオブジェクトだけでなく、それらのオブジェクトに関する情報も表します。

このレッスンの目的: オブジェクトの属性データを探索し、様々なデータがのために役立つことができるかを理解するために。

4.1.1. basic Follow Along: 属性データ

places レイヤーの属性テーブルを開きます(必要に応じて前のセクション 「ベクトルデータを使った作業」 を参照してください)。どのフィールドがラベル形式で表現するために最も有用でしょうか?それはなぜでしょうか?

結果をチェック

4.1.2. In Conclusion

今、使っているデータに実際にあるものを見るために属性テーブルを使用する方法を知っています。気になる属性を持っていればどんなデータセットでも有用でしょう。必要な属性を知っている場合は、与えられたデータセットを使用できるかどうか、または必要な属性データを持つ別のデータセットを探す必要があるか、すぐに判断できます。

4.1.3. What’s Next?

異なる属性は異なる目的のために有用です。それらのいくつかは、地図のユーザーが見るテキストとして直接表現できます。次のレッスンでこれを行う方法を学びます。