Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

オフライン編集プラグイン

データ収集のために、ノートパソコンやフィールドでオフラインの携帯電話で作業するのは一般的な状況です。 ネットワークへの復帰後、変更内容はマスターデータソース(e.g. a PostGIS データベース)と同期する必要があります。複数の人が同じデータセットを同時に作業している場合、それは人々が同じ地物を変更していない場合でも、手作業で編集内容をマージするのは困難です。

The offlineEditingCopyOffline Editing Plugin automates the synchronisation by copying the content of a datasource (usually PostGIS or WFS-T) to a SpatiaLite database and storing the offline edits to dedicated tables. After being connected to the network again, it is possible to apply the offline edits to the master dataset.

プラグインの利用

  • ベクタレイヤ(e.g. PostGIS or WFS-T データソース 由来)を開きます。

  • プロジェクトとして保存する.

  • menuselection: に行くデータベース - >オフライン編集 - > | offlineEditingCopy |:guilabel: `オフラインproject`に変換して保存するレイヤーを選択します。レイヤーの内容はSpatiaLiteのテーブルに保存されます。

  • オフラインでレイヤを編集します。

  • 再接続された後、使用して変更をアップロード:menuselectionを: データベース - >オフライン編集 - > | offlineEditingSync | :guilabel: Synchronize

Figure Offline Editing 1:

../../../_images/create_offline_project.png

PostGISまたはWFSレイヤからオフラインプロジェクトを作ります