Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

式 機能は、QGISでの多くの部分から利用可能です。これは、 expression 式ビルダexpressionSelect 式により選択...ジオメトリgenerator シンボルレイヤオプション、calculateField フィールドcalculator または dataDefined データ定義override ツールを使用してアクセスできます。それはレイヤーデータおよびビルド済みまたはユーザー定義の関数に基づいて、ジオメトリスタイル、ラベルの内容や位置、図の値、コンポーザアイテムの高さ、を動的に変更するため、属性値、ジオメトリや変数を操作する、仮想フィールドを作成し、いくつかの関数を選択する、...、ための強力な方法を提供しています。

いくつかの例:

  • フィールド電卓からは、既存の「total_pop」と「area_km2」フィールドを使用して、「pop_density」フィールドを計算する:

    "total_pop" / "area_km2"
    
  • 「pop_density」の値に応じたカテゴリにフィールド「density_level」を更新します:

    CASE WHEN "pop_density" < 50 THEN 'Low population density'
         WHEN "pop_density" >= 50 and "pop_density" < 150 THEN 'Medium population density'
         WHEN "pop_density" >= 150 THEN 'High population density'
    END
  • それらの平均住宅価格は平方メートル当たり10000€より小さいか大きいかに応じて、すべての関数に分類したスタイルを適用します:

    "price_m2" > 10000
    
  • 「という表現を選択...」を使用してツール、「高人口密度」の領域を表すすべての地物を選択し、その平均住宅価格平方メートルあたり10000€よりも高くなる:

    "density_level" = 'High population density' and "price_m2" > 10000
    

同様に、前の発現はまた、地図中の標識または表示されるべき地物を定義するために使用できます。式を使用することで多くの可能性が与えられます。

機能は以下へのアクセスを提供しています:

  • 使用する関数を一覧表示する Expression タブ

  • 式で使用するカスタム関数を作成するのに役立つ 関数Editor タブ。

関数一覧

Figure Expression 1:

../../../_images/function_list.png

式]タブ

タブには、関数だけでなく、レイヤーのフィールドと値が含まれています。それはにウィジェットが含まれています。

  • 関数および/またはフィールドを使用して式を入力します。式の結果のプレビューは、ダイアログの下部に表示されます。

  • リストの中に適切な関数を選択します。検索ボックスには、リストをフィルタリングし、すばやく特定の関数またはフィールドを見つけることが可能です。項目名をダブルクリックすると書かれている表現に追加します。

  • 選択した各関数の表示ヘルプ。フィールドが選択された場合、このウィジェットは、その値のサンプルを示しています。ダブルクリックすると値が式に追加します。

関数はすぐに見つけるのを助けるために、グループに編成されています。 Operators には数学演算子があります。数学関数については Math を見てください。 Conversions グループにはデータ型を別のデータ型に変換する関数が含まれています。 日付と時刻 は、日付と時刻のデータを扱う 文字列 グループは、以下のようなデータ列のための関数を提供します。 Geometry グループにはジオメトリ・オブジェクトの関数があります。フィールドとValues グループは、属性テーブルのすべての属性を表示できます Record グループの関数は、一方で、データセットに命数を追加できます。 カスタム グループは、ユーザーによって作成またはインポートされる関数を示しています。他に多くのグループがあり、以下に列挙します。

演算子

このグループには演算子が含まれています(例えば、+、 - 、*、)。以下の数学関数のほとんどについて、入力の一つがNULLである場合は結果はNULLであることに注意してください。

関数

説明

a + b

二つの値の加算(a足すb)

a - b

二つの値の減算(a引くb)。

a * b

2つの値の乗算(a掛けるb)

a / b

2つの値の分割(a割るb)

a % b

bで割った余り(例えば、7%2 = 1、または2は7から3回とれて残りが1)

a ^ b

二つの値(例えば、2 ^ 2 = 4又は8 = 2 ^ 3)のべき

a < b

2つの値を比較し、左の値が右の値未満である場合は1と評価します(aはbよりも小さいです)

a <= b

2つの値を比較し、左の値が右の値以下である場合は1と評価します

a <> b

2つの値を比較し、それらが等しくない場合は1と評価します

a = b

2つの値を比較し、それらが等しい場合は1と評価します

a != b

aとbは等しくありません

a > b

(aがbよりも大きい)2つの値を比較し、左の値が右の値よりも大きい場合に1と評価

a >= b

2つの値を比較し、左の値が右の値以上である場合は1と評価

a ~ b

aは正規表現bと一致します

||

文字列に一緒に2つの値を結合します。値のいずれかがNULLの場合、結果はNULLになります

‘\n’

文字列に改行を挿入します

LIKE

最初のパラメータは、供給されたパターンと一致した場合に1を返します

ILIKE

第1のパラメータは、大文字と小文字を区別しない供給されるパターンと一致する場合に返す(ILIKEが一致大文字と小文字を区別しないを作る代わりに等を使用できます)

a IS b

二つの値が同一であるかどうかをテストします。aがbと同じである場合は1を返します

a OR b

条件aまたはbが真である場合に1を返します

a AND b

条件aとbが該当する場合に1を返します

NOT

条件を否定

カラム名「列名」

フィールドの列名の値は、以下を参照してください、単純引用符と混同しないように注意してください

‘string’

文字列の値、二重引用符と混同しないように注意してください。上記を参照してください。

NULL null value
a IS NULL a has no value
a IS NOT NULL

aは値を持っています

a IN (value[,value])

aはリストされた値を下回っています

a NOT IN (value[,value])

aはリストされた値を下回りません

いくつかの例:

  • 文字列と列名の値を結合します:

    'My feature''s id is: ' || "gid"
  • テスト「の説明」属性フィールドに値に「こんにちは」という文字列で始まっている場合(%文字の位置に注意してください):

    "description" LIKE 'Hello%'

条件

このグループには式の中で条件を扱う関数を含まれます.

関数

説明

CASE ... THEN ... END

式を評価し、真の場合は結果を返します。複数の条件をテストできます

CASE WHEN ... THEN ... ELSE ... END

式を評価し、それが真か偽のかどうか異なる結果を返します。複数の条件をテストできます

coalesce

式リストから最初の非NULL値を返します。

if

条件をテストし、条件付きのチェックに応じて、異なる結果を返します

regexp_match

文字列の一部が提供された正規表現に一致する場合はtrueを返します

いくつかの例:

  • 最初の条件がtrueである場合は値を戻し、そうでない場合は別の値を:

    CASE WHEN "software" LIKE '%QGIS%' THEN 'QGIS' ELSE 'Other' END

数学関数

このグループは、数学関数(例えば、平方根、sinとcos)が含まれています。

関数

説明

abs

数値の絶対値を返します。

acos

ラジアン単位で値の逆余弦を返します。

asin

ラジアンで値の逆正弦を返します。

atan

ラジアン単位で値の逆余弦を返します。

atan2(y,x)

結果の象限を決定するために2つの引数の符号を用いて、y/xの逆正接を返し

azimuth(a,b)

点aの点bへの垂直から時計回りに測定されたラジアン単位の角度として北ベースの方位を返します

ceil

数を上向きに丸めます

clamp

指定された範囲への入力値を制限します

cos

ラジアン単位で値の余弦を返します。

degrees

ラジアンから度に変換

exp

値の指数を返します

floor

数を下向きに丸めます

ln

渡された式の自然対数を返します。

log

渡された値とベースでの対数の値を返します。

log10

渡された式の10を底とする対数の値を返します。

max

値のセット内の最大値を返します。

min

値のセットの中で最小値を返します。

pi

計算のためのパイの値を返します。

radians

度からラジアンに変換し、

rand

最小値と最大値の引数で指定された範囲内のランダムな整数を返します(含みます)

randf

最小値と最大値の引数で指定された範囲内のランダムな浮動小数点数を返します(含みます)

round

小数点以下の桁数に丸めます

scale_exp

指数曲線を使用して、出力範囲への入力領域から所定の値を変換します

scale_linear

線形補間を使用して、出力範囲への入力領域から所定の値を変換します

sin

角度のサインを返します。

sqrt

値の平方根を返します。

tan

角度のタンジェントを返します。

色関数

このグループには、色を操作するための関数が含まれています。

関数

説明

color_cmyk

そのシアン、マゼンタ、イエロー、ブラックの成分に基づいて色の文字列表現を返します

color_cmyka

そのシアン、マゼンタ、イエロー、ブラック及びアルファ(透明度)成分に基づいて色の文字列表現を返します

color_hsl

その色相、彩度、明度属性に基づく色の文字列表現を返します

color_hsla

その色相、彩度、明度及びアルファ(透明度)属性に基づいて色の文字列表現を返します

color_hsv

その色相、彩度、および値属性に基づいて色の文字列表現を返します

color_hsva

その色相、彩度、値およびアルファ(透明度)の属性に基づいて、色の文字列表現を返します

color_part

赤色成分またはアルファ成分例えば、色文字列から特定のコンポーネントを返します。

color_rgb

その赤、緑、青の成分に基づいて色の文字列表現を返します

color_rgba

その赤、緑、青、及びアルファ(透明度)成分に基づいて色の文字列表現を返します

darker

より暗い(または明るい)色文字列を返します。

lighter

より明るい(または暗い)色文字列を返します。

project_color

プロジェクトの色スキーマから色を返します。

ramp_color

色ランプから色を表す文字列を返します。

set_color_part

赤色成分またはアルファ成分、例えば、色文字列の特定の色成分を設定します

Conversions

このグループは、別の(整数にする例えば、文字列、文字列の整数)に1つのデータ型を変換する関数が含まれています。

関数

説明

to_date

日付オブジェクトに文字列を変換します

to_datetime

DateTimeオブジェクトに文字列を変換します

to_int

数を文字列を整数に変換します

to_interval

(日付のなど、日、時間、月を取るために使用できます)間隔型に文字列を変換します

to_real

実際の文字列を数値に変換します

to_string

数値を文字列に変換します

to_time

時間オブジェクトに文字列を変換します

カスタム関数

このグループは、ユーザーが作成した関数が含まれています。詳細についてはfunction_editor_を参照してください。

日付と時刻の関数

このグループには日付や時刻データを扱う関数が含まれます.

関数

説明

age

2つの日付または日付時刻の間の差は、間隔として返します

day

日付または日時、または間隔からの日数から日を抽出します

day_of_week

指定した日付または日時の曜日に対応する番号を返します

hour

日時または時刻からの時間、または間隔から時間数を抽出します

minute

日時または時刻から分を、または間隔から分数を抽出します

month

間隔から数ヶ月の日付または日時、または数字から月の部分を抽出します

now()

現在の日付と時刻を返します。

second

日時または時刻から秒を、または間隔からの秒数を抽出します

week

日付または日時から週数を、または間隔から週数を抽出します

year

日付または日時から年の部分を、または間隔から年数を抽出します

いくつかの例:

  • フォーマット「10/2014」で今日の月と年を取得します:

    month(now()) || '/' || year(now())

フィールドと値

レイヤーからのフィールドのリストが含まれています。

一般的に、計算式を構築するために様々なフィールド、値や関数を使用でき、またはボックスにそれを入力するだけできます。

フィールドの値を表示するには、適切なフィールドをクリックするだけ、いずれかを選択 負荷トップ10ユニークvaluesロードすべてのユニークなvalues を。右側には、**フィールド値**リストは一意の値で開きます。リストの上部には、検索ボックスには値をフィルタリングできます。あなたが書いている式に値を追加するには、二重のリストにその名前をクリックします。

サンプル値はまた、右クリックを介してアクセスできます。リストからフィールド名を選択し、選択したフィールドからのサンプル値をロードするためのオプションがコンテキストメニューにアクセスするには右クリックします。

フィールド名は、式の中で、二重引用符で囲む必要があります。数値や文字列は、単純な引用符で囲まなければなりません。

ファジー・マッチング関数

このグループは、値間のファジィ比較するための関数が含まれています。

関数

説明

hamming_distance

文字が異なっている入力文字列内の対応する位置に文字の数を返します

levensheim

別の文字列を変更するために必要な文字の編集(挿入、欠失または置換)の最小数を返します。二つの文字列間の類似性を測定します

longest_common_substring

二つの文字列間の最長共通部分文字列を返します。

soundex

文字列のSoundexの表現を返します。

一般関数

このグループは、一般的な各種の関数が含まれています。

関数

説明

eval

文字列で渡された式を評価します。コンテキスト変数またはフィールドとして渡された動的パラメータを拡張するのに便利

layer_property

レイヤーまたはそのメタデータの値のプロパティを返します。これは、レイヤ名、CRS、ジオメトリタイプ、地物・カウントでき...

var

指定された変数内に格納された値を返します。以下の変数の関数を参照してください。

ジオメトリ関数

このグループは、ジオメトリオブジェクト(例えば、長さ、面積)を操作する関数が含まれています。

関数

説明

$area

現在の地物の領域サイズを返します。

$geometry

現在の地物のジオメトリを返す(他の関数と処理のために使用できます)

$length

現在のライン地物の長さを返します。

$perimeter

現在のポリゴン地物の周囲を返します。

$x

現在の地物のx座標を返します

$x_at(n)

現在の地物のジオメトリのn番目のノードのx座標を返します

$y

現在の地物のy座標を返します

$y_at(n)

現在の地物のジオメトリのn番目のノードのy座標を返します

area

ジオメトリポリゴン地物の面積を返します。計算はこのジオメトリの空間参照系でなされます

境界

入力ジオメトリのバウンディングボックスを表すジオメトリを返します。計算はこのジオメトリの空間参照系でなされます

bounds_height

ジオメトリのバウンディングボックスの高さを返します。計算はこのジオメトリの空間参照系でなされます

bounds_width

ジオメトリのバウンディングボックスの幅を返します。計算はこのジオメトリの空間参照系でなされます

buffer

距離このジオメトリから以下の距離に等しいすべてのポイントを表すジオメトリを返します。計算はこのジオメトリの空間参照系でなされます

centroid

ジオメトリの幾何学的中心を返します。

closest_point

第二のジオメトリに最も近いジオメトリ上の点を返します。

combine

2つのジオメトリの組み合わせを返します。

contains(a,b)

bのどの点のaの外部にはなく、かつbの内部の少なくとも1つの点がaの内部に存在するの場合かつ場合にのみ戻り値1(真)

convex_hull

ジオメトリの凸包を返します(これは、セット内のすべてのジオメトリを囲む最小の凸形状を表している)

crosses

戻り値1(真)供給ジオメトリは共通して、いくつかの、全てではなく、インテリアのポイントを持っている場合

difference(a,b)

ジオメトリbと交差しないジオメトリaの部分を表現するジオメトリを返します。

disjoint

ジオメトリが一緒に任意の空間を共有していない場合は1(true)を返します。

distance

投影ユニット内の2つのジオメトリ間(空間REFに基づいて)最小距離を返します

end_point

ジオメトリから最後のノードを返します。

exterior_ring

ポリゴン形状の外環を表現するラインストリングを返します。ジオメトリがポリゴンでない場合、結果はnullになります

(GEOM、x、y)を押し出します

入力(マルチ)曲線又は(マルチ)はxとyで指定された拡張子を持つラインストリングジオメトリの押出バージョンを返します

geom_from_gml

ジオメトリのGML表現から作成されたジオメトリを返します。

geom_from_wkt

well-knownテキスト(WKT)表現から作成されたジオメトリを返します。

geom_to_wkt

SRIDメタデータなしでジオメトリのwell-knownテキスト(WKT)表現を返します。

geometry

地物のジオメトリを返します。

geometry_n

ジオメトリコレクションからn番目のジオメトリを、入力ジオメトリがコレクションでない場合はnullを返します

interior_ring_n

ジオメトリがポリゴンでない場合、ポリゴンジオメトリからn番目の内部リングの形状、またはnullを返します。

intersection

二つのジオメトリの共有部分を表すジオメトリを返します

intersects

ジオメトリが別と交差するかどうかをテストします。ジオメトリが空間的に交差する(スペースの任意の部分を共有する)場合 1(真)を、それらがしない場合0を返します

intersects_bbox

ジオメトリのバウンディングボックスが別のジオメトリのバウンディングボックスと重なるかどうかをテストします。ジオメトリが空間的に交差する場合、それらがしない場合、そのバウンディングボックスと0を(空間の任意の部分を共有する)1(真)を返します

is_closed

行の文字列が閉じている場合、ジオメトリは、行の文字列でない場合、行の文字列を閉じてnullでない場合はfalse、(開始点と終了点が一致している)、trueを返します

length

ラインジオメトリ地物(または文字列の長さ)の長さを返します

m

ポイントジオメトリのm個の値を返します

make_line

ポイントジオメトリのシリーズからラインジオメトリを作成します。

make_point(x,y,z,m)

xとyの値(及び任意Zおよびm値)から点ジオメトリを返します

make_point_m(x,y,m)

x座標とy座標とm値からポイントジオメトリを返します

make_polygon

外輪と内輪の形状の任意一連のポリゴンのジオメトリを作成します

nodes_to_points

入力ジオメトリ内のすべてのノードからなるマルチポイントジオメトリを返します。

num_geometries

入力ジオメトリがコレクションでない場合はジオメトリコレクションにジオメトリの数を返し、またはnull

num_interior_rings

入力ジオメトリがポリゴンまたはコレクションでない場合は、多角形またはジオメトリコレクション内の内部リングの数、またはnullを返します。

num_points

ジオメトリの頂点の数を返します。

num_rings

入力ジオメトリがポリゴンまたはコレクションでない場合は、多角形またはジオメトリコレクション内の(外部リングを含む)リングの数、またはnullを返します。

order_parts

与えられた基準によってMultiGeometryの部品を注文

overlaps

ジオメトリが別と重なるかどうかをテストします。戻り値1(真)の幾何学的形状は、空間を共有し、同じ寸法のものであるが、互いに完全に含まれていない場合

perimeter

ジオメトリポリゴン地物の周囲を返します。計算はこのジオメトリの空間参照系であります

point_n

ジオメトリから特定のノードを返します。

point_on_surface

ジオメトリの表面上にあることが保証ポイントを返します。

relate

試験または二つのジオメトリ間の関係の次元拡張9交差モデル(DE-9IM)表現を返します

reverse

その頂点の順序を逆にすることによって行の文字列の方向を反転

segments_to_lines

入力ジオメトリ内のすべてのセグメントの線からなるマルチラインジオメトリを返します

shortest_line

2つのジオメトリを結ぶ最短の行を返します。結果として得られるラインは、ジオメトリ1で開始し、ジオメトリ2で終了します

start_point

ジオメトリから最初のノードを返します。

sym_difference

交わらない2つのジオメトリの一部を表すジオメトリを返します。

touches

ジオメトリが別に触れるかどうかをテストします。戻り値1(真)の幾何学的形状は、少なくとも1つの共通点を持っているが、その内部が交差していない場合

transform

先のCRSにソースCRSから変換されたジオメトリを返します。

translate

ジオメトリの翻訳されたバージョンを返します。計算はこのジオメトリの空間参照系であります

union

ジオメトリの点集合を表現するジオメトリを返します。

within (a,b)

ジオメトリが別の範囲内にあるかどうかをテストします。ジオメトリAが完全に内部形状bの場合は1(true)を返します。

x

xは点ジオメトリの座標、またはXの非点ジオメトリの重心の座標を返します

x_min

最小Xジオメトリの座標を返し。計算はこのジオメトリの空間参照系であります

x_max

最大Xジオメトリの座標を返し。計算はこのジオメトリの空間参照系であります

y

yは点ジオメトリの座標を返し、またはYは、非点ジオメトリの重心の座標

y_min

Yは幾何学の座標最小値を返します。計算はこのジオメトリの空間参照系であります

y_max

yはジオメトリのX座標最大値を返します。計算はこのジオメトリの空間参照系であります

z

zは点ジオメトリの座標を返し

いくつかの例:

  • 現在の地物の重心のx座標を返します:

    x($geometry)
  • 地物の面積に応じた値を送り返す:

    CASE WHEN $area > 10 000 THEN 'Larger' ELSE 'Smaller' END

レコード関数

このグループにはレコードを特定するような関数が含まれます.

関数

説明

$currentfeature

現在の地物が評価されて返します。これは、現在の地物から属性値を評価するために、「属性」関数を使用できます。

$id

現在の行の地物IDを返します。

$map

地図は、メインQGISウィンドウ内に描画されている場合、地図は、組成物に描画されている場合、現在の地図アイテムのIDを返し、または「キャンバス」

$rownum

現在の行の数を返します

$scale

地図キャンバスの現在のスケールを返します。

attribute

地物から指定された属性の値を返します。

get_feature

指定された属性値に一致するレイヤーの第1の地物を返します。

uuid

各行の汎用一意識別子(UUID)を生成します。各UUIDは38文字の長さ

いくつかの例:

  • フィールド「ID」は、現在の地物(jointureの一種)のフィールド「名前」と同じ値を有するレイヤー「LayerA」の第一の地物を返す:

    get_feature( 'layerA', 'id', attribute( $currentfeature, 'name') )
  • 前の例から結合された地物の面積を計算します:

    area( geometry( get_feature( 'layerA', 'id', attribute( $currentfeature, 'name') ) ) )

文字列関数

このグループには文字列を操作する関数が含まれています(置き換え、大文字に変換、など)。

関数

説明

concat

複数の文字列を1つに連結します

format

指定された引数を使用して文字列をフォーマットします

format_date

カスタム文字列形式に日付型や文字列をフォーマットします

format_number

千のロケールセパレータでフォーマット番号を返します(また、供給された桁数に数値を切り捨て)

left(string, n)

文字列のn個の左端の文字が含まれている部分文字列を返します。

length

戻り値文字列の長さ(またはライン形状地物の長さ)

lower

小文字に文字列を変換します

lpad

フィル文字を使用して埋め付属の幅で文字列を返します。

regexp_replace

置き換え付属の正規表現で文字列を返します。

regexp_substr

付属の正規表現にマッチする文字列の一部を返します。

replace

置き換え与えられた文字列と文字列を返します

right(string, n)

文字列のn個の右端の文字を含むストリングを返します。

rpad

フィル文字を使用して埋め付属の幅で文字列を返します。

strpos

文字列内の正規表現のインデックスを返します

substr

文字列の一部を返します。

title

タイトルケースに文字列のすべての単語を変換し(大手大文字ですべての単語の小文字)

trim

文字列からすべての先頭と末尾の空白(スペース、タブなど)を削除し

upper

文字列aが大文字に変換します

wordwrap

文字の最大/最小数に包まれた文字列を返します。

最近の関数

このグループは、最近使用した関数が含まれています。式]ダイアログボックスで使用される任意の式は、リストに追加され、より最近の少ないものにソートされます。これはすぐに以前の式を取得するのに役立ちます。

変数関数

このグループには、アプリケーション、プロジェクトファイルやその他の設定に関連した動的変数が含まれています。これは、一部の関数は、文脈に応じて使用できない場合がありますことを意味します。

  • expressionSelect expressionにより選択 ダイアログから

  • calculateField :sup: フィールドcalculator ダイアログから

  • レイヤーのプロパティダイアログから

  • 印刷コンポーザから

式の中でこれらの関数を使用するには、それらの前に@文字を付けなければなりません(例えば、@row_number)。懸念しています:

関数

説明

atlas_feature

(地物オブジェクトとして)現在のアトラス地物を返します。

atlas_featureid

現在のアトラスの地物IDを返します。

atlas_featurenumber

組成物中のページ数を返します。

atlas_filename

現在のアトラスのファイル名を返します。

atlas_geometry

現在のアトラス地物ジオメトリを返します。

atlas_pagename

現在のアトラスのページ名を返します。

atlas_totalfeatures

アトラスの地物の総数を返します。

grid_axis

現在のグリッド注釈軸を返し(例えば、経度のために「X」、緯度のための「Y」)

grid_number

現在のグリッドの注釈値を返します。

item_id

(一意である必要はありません)コンポーザ項目のユーザーIDを返します。

item_uuid

コンポーザアイテムのユニークなIDを返します。

layer_id

現在のレイヤーのIDを返します。

layer_name

現在のレイヤーの名前を返します。

layout_dpi

構図の解像度を返します(DPI)

layout_numpages

組成物中のページ数を返します。

layout_pageheight

ミリメートルで組成物の高さを返します。

layout_pagewidth

mmの組成幅を返します。

map_id

現在の地図先のIDを返します。これは、キャンバスのための「キャンバス」になりレンダリング、およびコンポーザ地図のためのアイテムIDは、レンダリング

map_extent_center

地図の中心にポイント地物を返します。

map_extent_height

地図の現在の高さを返します。

map_extent_width

地図の現在の幅を返します。

map_rotation

地図の現在の回転を返します。

map_scale

地図の現在の縮尺を返します。

project_filename

現在のプロジェクトのファイル名を返します。

project_folder

現在のプロジェクトのフォルダを返します。

project_path

現在のプロジェクトの完全なパス(ファイル名を含む)を返します。

project_title

現在のプロジェクトのタイトルを返します

qgis_os_name

現在のオペレーティングシステム名、例えば「Windows」、「Linux」または「OSX」を返します。

qgis_platform

QGISプラットフォーム、例えば「デスクトップ」または「サーバー」を返します。

qgis_release_name

現在のQGISのリリース名を返します。

qgis_version

現在のQGISのバージョン文字列を返します。

qgis_version_no

現在のQGISのバージョン番号を返します。

symbol_angle

(マーカーシンボルの場合のみ有効)地物をレンダリングするために使用されるシンボルの角度を返します。

symbol_color

地物を描画するために使用されるシンボルの色を返します。

user_account_name

現在のユーザのオペレーティング・システム・アカウント名を返します。

user_full_name

現在のユーザのオペレーティング・システム・ユーザー名を返します。

row_number

現在の行の数を格納します

関数エディタ

関数エディタを使用すると、快適な方法で独自のPythonのカスタム関数を定義できます。

Figure Expression 2:

../../../_images/function_editor.png

関数エディタ]タブ

関数エディタでは、.qgis2\python\expressions フォルダ中の新しいPythonのファイルが作成され、QGISを起動するときに定義されるすべての関数が自動ロードされます。新しい関数は :file:`expressions`フォルダに保存されているだけで、プロジェクトファイルには保存されていないことに注意してください。カスタム関数のいずれかを使用するプロジェクトを持っている場合、また、式フォルダ内の.pyファイルを共有する必要があります。

ここでは、独自の関数を作成する方法の簡単な例です:

@qgsfunction(args="auto", group='Custom')
def myfunc(value1, value2, feature, parent):
    pass

短い例では、2つの値を持つあなたの関数を与える関数「myfunc関数」を作成します。( - 関数、および親マイナス2)引数=「自動」関数の引数を使用する場合に必要な関数の引数の数は、関数はPythonでで定義された引数の数によって計算されます。

この関数は、次の式で使用できます。

myfunc('test1', 'test2')

のCustom 関数グループ関数が実装されます 実行Script ボタンを Expression ]タブを使用した後。

Pythonコードの作成に関する詳しい情報は PyQGIS-開発-Cookbook で見つけることができます。

関数エディタでは、式で作業するたびに、それを見つけることができるだけでなく、フィールドの電卓での作業に制限されています。