Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

ラスターデータの操作

このセクションでは、ラスタレイヤのプロパティを視覚化し設定する方法について説明します。QGISでは :index:`GDAL`ライブラリを使用して、、ArcInfoのバイナリグリッド、ArcInfoのASCIIグリッド、GeoTIFFの、ERDAS IMAGINEは、さらに多くのを含む、ラスタデータ形式を読み書きします。GRASSラスタのサポートは、ネイティブQGISデータプロバイダプラグインによって供給されています。ラスターデータもQGISにジップとgzipアーカイブから読み取りモードでロードできます。

この文書の日付において、GDALライブラリでは100以上のラスターフォーマットがサポートされています(文献とWeb参照 のGDAL-SOFTWARE-SUITEを参照)。完全なリストはhttp://www.gdal.org/formats_list.html で参照可能です。

ノート

リストに含まれていないフォーマットのすべてが、様々な理由からQGISで動作する可能性があります。例えば、いくつかは、外部の商用ライブラリを必要としたり、OSのGDALのインストールには、使用したい形式をサポートするために構築されていない可能性があります。QGISにラスタをロードするときにのみ、十分にテストされているこれらのフォーマットは、ファイルタイプのリストに表示されます。他の未テストの形式は `` [GDAL]すべてのファイル(*) ``フィルタを選択してロードできます。

GRASSラスターデータの操作については GRASS GIS の統合 のセクションで説明されています。

ラスターデータとは?

GISのラスタデータは、地球の表面上、地下、上空の地物を表す離散セルの行列です。ラスタグリッドの各セルは同じ大きさであり、そしてセルは通常矩形です(QGISにそれらは常に矩形であろう)。典型的なラスタデータセットは、標高マトリックスなどの航空写真や衛星画像とモデル化されたデータなどのリモートセンシングデータを、含みます。

ベクトルデータとは異なり、ラスタデータは、典型的には、各セルに関連付けられたデータベース・レコードを持っていません。それらは、ピクセル解像度とラスタレイヤーのコーナーピクセルのx/y座標によってジオコーディングされます。これにより、QGISで地図キャンバスに正しくデータを配置できます。

(例えば、 GeoTiff )またはデータを適切に表示するための適切なワールドファイル内QGISは、ラスタレイヤ内のジオリファレンス情報を利用します。

QGISでラスタデータをロードする

ラスタレイヤは、 addRasterLayer ラスターLayerを追加 アイコンをクリックするか、 レイヤー-> addRasterLayer  ラスターLayerを追加 メニューオプションを選択するか、どちらかによってロードされます。 CtrlShift キーを押しながら GDALサポートのラスターデータソースを開く ダイアログ中で複数の項目をクリックすると、複数のラスターを同時にロードできます。

ラスタレイヤをマップの凡例にロードしたらマウスの右ボタンでレイヤ名上をクリックし,アクティブレイヤの特定の地物を選択したり,レイヤのラスタプロパティを設定するためのダイアログを開くことができます.

ラスタレイヤの右マウスボタンメニュー

  • レイヤの領域にズーム

  • 最適スケール にズームする(100%)

  • 現在の領域を使って引き伸ばす

  • 全体図に表示

  • 削除

  • 複製

  • レイヤのCRSを設定する

  • レイヤのCRS をプロジェクトに設定する

  • 名前をつけて保存 ...

  • プロパティ

  • 改名

  • スタイルのコピー

  • 新規グループ追加

  • すべてを展開する

  • すべてを折りたたむ

  • 描画順序の更新