Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

OGCデータサーバとしてのQGIS

QGIS Serverは、オープンソースWMS 1.3、WFS 1.0.0および加えて、テーマ別のマッピングのための高度な地図製作機能を実装し、ことをWCS 1 1.1.1実装です。QGIS Serverは、Webサーバー(例えば、Apacheのは、Lighttpdの)と一緒に動作しますC ++で書かれたFastCGI / CGI(コモンゲートウェイインターフェース)アプリケーションです。これは、高速かつ効率的な開発と新機能の展開を可能にPythonのプラグインをサポートしています。QGISサーバーの独自開発はEUのプロジェクト・オーケストラ、三易とスイスのウスター市で賄われていました。

QGIS Serverは、GISロジックのためのバックエンドとして、マップのレンダリングにQGISを使用しています。また、Qtライブラリは、グラフィックスおよびプラットフォームに依存しないC ++プログラミングのために使用されます。他のWMSのソフトウェアとは対照的に、QGISサーバは、サーバの構成およびユーザー定義の地図作成ルールの両方、設定言語として地図作成規則を使用します。

QGISのデスクトップとQGIS Serverは同じ可視化ライブラリを使用するように、ウェブ上で公開されているマップは、デスクトップGISと同じに見えます。

次のセクションでは、Debian / Ubuntu Linuxの上でQGISサーバーを設定するために設定例を提供します。他のプラットフォームまたはディストリビューションでは、ユーザー貢献インストール手順については、次のいずれかのURLを読むことをお勧めします:

Debianの/ Ubuntuの上QGIS Serverのインストール

この時点で、私たちは、Debianのスクイズ上のApache2を使用して、最小限の作業設定(またはUbuntuの14.04で無視できるバリエーションを持つ)のためにどのように-に短く、簡単なサンプルのインストールを行います。他の多くのOSは、あまりにも、QGIS Server用のパッケージを提供しています。あなたがソースからすべてを構築する必要がある場合は、上記のURLをご参照ください。

まず、次のDebian GISリポジトリを追加します。

$ cat /etc/apt/sources.list.d/debian-gis.list
deb http://qgis.org/debian trusty main
deb-src http://qgis.org/debian trusty main

$ # Add keys
$ sudo gpg --keyserver keyserver.ubuntu.com --recv-key 3FF5FFCAD71472C4
$ sudo gpg --export --armor 3FF5FFCAD71472C4 | sudo apt-key add -

$ # Update package list
$ sudo apt-get update && sudo apt-get upgrade

さて、QGIS Serverをインストール:

$ sudo apt-get install qgis-server python-qgis

サーバをテストするためのプラグインHelloWorldの例のインストール。あなたは、サーバーのプラグインを保持するディレクトリを作成します。これは、仮想ホストの設定で指定し、環境変数を介してサーバーに渡されます。

$ sudo mkdir -p /opt/qgis-server/plugins
$ cd /opt/qgis-server/plugins
$ sudo wget https://github.com/elpaso/qgis-helloserver/archive/master.zip
$ # In case unzip was not installed before:
$ sudo apt-get install unzip
$ sudo unzip master.zip
$ sudo mv qgis-helloserver-master HelloServer

HTTP BASIC認証ヘッダを渡すように書き換えモジュールを有効にするポート80でリッスンして別の仮想ホストにApacheサーバをインストールします。

$ sudo a2enmod rewrite
$ cat /etc/apache2/conf-available/qgis-server-port.conf
Listen 80
$ sudo a2enconf qgis-server-port

ファイル: `は/ etc / apache2の/サイト利用可能/ 001-QGIS-server.conf`これはに保存されている仮想ホストの設定、次のとおりです。

<VirtualHost *:80>
  ServerAdmin [email protected]
  DocumentRoot /var/www/html

  ErrorLog ${APACHE_LOG_DIR}/qgis-server-error.log
  CustomLog ${APACHE_LOG_DIR}/qgis-server-access.log combined

  # Longer timeout for WPS... default = 40
  FcgidIOTimeout 120
  FcgidInitialEnv LC_ALL "en_US.UTF-8"
  FcgidInitialEnv PYTHONIOENCODING UTF-8
  FcgidInitialEnv LANG "en_US.UTF-8"
  FcgidInitialEnv QGIS_DEBUG 1
  FcgidInitialEnv QGIS_SERVER_LOG_FILE /tmp/qgis-000.log
  FcgidInitialEnv QGIS_SERVER_LOG_LEVEL 0
  FcgidInitialEnv QGIS_PLUGINPATH "/opt/qgis-server/plugins"

  # Needed for QGIS HelloServer plugin HTTP BASIC auth
  <IfModule mod_fcgid.c>
      RewriteEngine on
      RewriteCond %{HTTP:Authorization} .
      RewriteRule .* - [E=HTTP_AUTHORIZATION:%{HTTP:Authorization}]
  </IfModule>

  ScriptAlias /cgi-bin/ /usr/lib/cgi-bin/
  <Directory "/usr/lib/cgi-bin">
      AllowOverride All
      Options +ExecCGI -MultiViews +FollowSymLinks
      # for apache2 > 2.4
      Require all granted
      #Allow from all
  </Directory>
 </VirtualHost>

今すぐ仮想ホストを有効にし、Apacheを再起動します。

$ sudo a2ensite 001-qgis-server
$ sudo service apache2 restart

HelloWorldのプラグインでサーバーをテストします。

$ wget -q -O - "http://localhost/cgi-bin/qgis_mapserv.fcgi?SERVICE=HELLO"
HelloServer!

You can have a look at the default GetCapabilities of the QGIS server at: http://localhost/cgi-bin/qgis_mapserv.fcgi?SERVICE=WMS&VERSION=1.3.0&REQUEST=GetCapabilities

ちなみに

多くのノードを持っている機能で作業する場合、その後の変更や新機能を追加すると失敗します。 001-QGIS-server.conf ファイル:この場合は、次のコードを挿入することが可能である:

<IfModule mod_fcgid.c>
FcgidMaxRequestLen 26214400
FcgidConnectTimeout 60
</IfModule>

QGISプロジェクトからWMS / WFS / WCSサーバの作成

新しいQGISサーバーWMS、WFSまたはWCSを提供するために、いくつかのデータをQGISプロジェクトファイルを作成する必要があります。ここでは、QGISサンプルデータセットから「アラスカシェープファイルを使用します。すでに定義されていない場合は、QGISとプロジェクトのCRSにレイヤーの色やスタイルを定義します。

Figure Server 2:

../../../_images/ows_server_definition.png

QGIS ServerのWMS / WFS / WCSプロジェクトの定義

次に、 プロジェクト->プロジェクトProperties ダイアログ OWS Server メニューに進み、 サービスCapabilities 下のフィールドにOWSに関するいくつかの情報を提供します。これは、WMS、WFSまたはWCSのは、GetCapabilities応答に表示されます。checkbox サービスcapabilities をチェックしない場合、QGIS Serverでは cgi-bin フォルダにある :file:` wms_metadata.xml` ファイルに与えられた情報を使用します。

警告

相対パスを使用してSVGファイルに基づいたスタイリングとQGISプロジェクトを使用している場合、サーバーが(ない qgs`ファイルに)その qgis_mapserv.fcgi`ファイルへの相対パスを考慮することを知っている必要があります。サーバー上でプロジェクトを展開し、SVGファイルがそれに応じて配置されていないのであれば、出力画像は、デスクトップスタイルを尊重しない場合があります。これが起こらないようにするには、単にSVGは qgis_mapserv.fcgi に対するファイルをコピーできます。また、FCGIファイルがディレクトリへのポイントは、(のLinux / Unix上)SVGファイルを含むことにあるディレクトリにシンボリックリンクを作成できます。

WMS機能

guilabel:でguilabel: アドバタイズextent` WMSのcapabilities`部は、下フィールドに最小値と最大値X及びY値を入力することにより、WMSは、GetCapabilities応答でアドバタイズ範囲を定義できます。クリック:guilabel: 使用現在のキャンバスExtent`は現在、QGISマップキャンバスに表示された範囲で、これらの値を設定します。チェックボックス|チェックすることにより| :guilabel: `CRSのrestrictions、(CRS)QGIS Serverはマップをレンダリングするために提供する座標参照系れる制限できます。signPlus |使用| リストにQGISプロジェクトで使用されるのCRSを追加するために Used:guilabel:下のボタンは、リファレンスシステムの選択座標、またはクリックからのもののCRSを選択します。

プロジェクトに印刷コンポーザが定義されている場合、それらは GetProjectSettings 応答に表示されます、そして、それらはテンプレートとして印刷コンポーザのレイアウトのいずれかを使用して、プリントを作成するためにGETPRINT要求で使用できます。これは、WMS 1.3.0仕様にQGIS固有の拡張機能です。WMSによって公開されてから任意の印刷コンポーザを除外したい場合は、チェック checkbox composers を除外し、 signPlus 下のボタンをクリック。その後、除外コンポーザリストに追加するために、 印刷コンポーザを選択 ダイアログから印刷コンポーザを選択します。

いずれかのレイヤーまたはレイヤーグループをWMSによって公開されるものから除外したい場合は、 checkbox Layersを除外 をチェックし、 下の signPlus ボタンをクリックしてください。これにより 制限されたレイヤーとgroupsを選択 ダイアログが開き、公開したくないレイヤーやグループを選択することが可能になります。複数のエントリを選択したい場合 ShiftCtrl キーを使用します。

プレーンテキスト、XMLやGMLとして要求GetFeatureInfoを受け取ることができます。デフォルトでは、XML、テキストであるか、GML形式は、GetFeatureInfo要求のために選択した出力形式に依存します。

ご希望の場合は、を確認できます|checkbox| response を特徴とするジオメトリを追加します。これは、GetFeatureInfo応答でテキスト形式の機能のジオメトリが含まれます。 アドバタイズURL フィールド QGIS Serverは、WMSは、GetCapabilities応答して特定の要求URLを宣伝したい場合は、に対応するURLを入力してください。 GetMapリクエストのrequest ための上限さらに、下のそれぞれのフィールドに最大の幅と高さを入力することにより、GetMapリクエストによって返された地図の最大サイズを制限できます。

レイヤーの一つは、地図ヒントディスプレイを使用している場合(つまり表現を使ってテキストを表示するために)これはGetFeatureInfo出力内で表示されます。レイヤーは、その属性のいずれかの値マップを使用している場合は、この情報には、GetFeatureInfo出力に表示されます。

QGISは、WMSサービスのための次の要求をサポートしています。

  • GetCapabilities
  • GetMapリクエスト

  • GetFeatureInfo
  • GetLegendGraphic(SLDプロファイル)

  • DescribeLayer(SLDプロファイル)

  • GetStyles(カスタムQGISプロファイル)

WFS機能

でWFSのcapabilities エリアWFSとして公開し、彼らは更新を許可するかどうかを指定、操作を挿入し、削除したいレイヤーを選択できます。 のアドバタイズURL フィールド:guilabel:でURLを入力すると、` WFSのcapabilities` セクション、QGIS Serverは、WFSは、GetCapabilities応答して、この特定のURLをアドバタイズします。

QGISは、WFSサービスのための次の要求をサポートしています。

  • GetCapabilities
  • DescribeFeatureType
  • GetFeature
  • トランザクション

WCS機能

でWCSのcapabilities`エリア、WCSとして公開したいレイヤーを選択できます。 :guilabel:`WCSのcapabilities セクションで のアドバタイズURL フィールドにURLを入力すると、QGIS ServerはWCSのGetCapabilities応答でこの特定のURLをアドバタイズします。

ファイル:: `alaska.qgs`今、プロジェクトファイルにセッションを保存します。WMS / WFSとしてプロジェクトを提供するために、我々は、管理者権限を持つ新しいフォルダ ``は/ usr / libに/のcgi-binに/ project``を作成し、プロジェクトファイルを追加:ファイル: `alaska.qgs`とのコピーを:ファイル: `qgis_mapserv.fcgi`ファイル - それがすべてです。

今、私たちは私たちのプロジェクトWMS、WFSとWCSをテストします。REF::で説明したようにWMS、WFSとWCSを追加し OGC-WMS-layers、は:ref:` wfs`-OGCとは:ref: OGC-wcs QGISにして、データをロードします。URLは次のとおりです。

http://localhost/cgi-bin/project/qgis_mapserv.fcgi

QGISは、WCSサービスのための次の要求をサポートしています。

  • GetCapabilities
  • DescribeCoverage
  • GetCoverage

GetCapabilities Caching

応答時間を改善するために、QGIS Serverは、 `` GetCapabilities``要求への応答をキャッシュします。そのような要求が来ると、QGIS Serverが応答をキャッシュして、有効なキャッシュをマークしています。プロジェクトファイルが変更された場合、同時に、それは見ています。プロジェクトが変更された場合、キャッシュは無効としてマークされ、QGIS Serverはキャッシュを再作成するために、新しい要求を待っています。

あなたのOWS用ファイル調整

ベクトルレイヤーの場合は、:guilabel:の fields`をメニュー:menuselection:`レイヤー - > Properties`ダイアログは、それが公開またはないことになる場合は、属性ごとに定義することができます。デフォルトでは、すべての属性があなたのWMSとWFSによって公開されています。guilabel: `WMS`か:guilabel: WFS`列は、特定の属性が公開されることはしたくない場合は、内の対応するチェックボックスをオフにします。

プロジェクトファイルにテキスト注釈やSVGの注釈を追加することで、WMSによって生成マップの上に透かしを重ねることができます。注釈の作成手順については 一般ツール で注釈ツールのセクションを参照してください。注釈は、WMSの出力にウォーターマークとして表示されるためには、 で固定マップposition チェックボックス 注釈text ダイアログはオフにする必要があります。これは、注釈ツールの一つがアクティブである間に二重の注釈をクリックしてアクセスすることができます。SVG注釈の場合、( のGeneral メニューで プロジェクト - >プロジェクトProperties ダイアログ)絶対パスを保存するプロジェクトを設定するかが必要になりますか、手動でSVGへのパスを変更します画像は有効な相対パスを表すように。

サーバーの構成およびサポートされているパラメータ

QGIS Serverは大幅にその動作をカスタマイズする可能性を高めるため、いくつかのベンダーのパラメータと要求をサポートしています。次の段落では、ベンダーのパラメータおよびサーバーでサポートされる環境変数をリストします。

すべてのリクエストタイプでサポートされている追加パラメータ

  • ** FILE_NAME **パラメータ:設定されている場合、サーバーの応答が指定したファイル名のファイルの添付ファイルとしてクライアントに送信されます。

  • MAP パラメータ:MapServerと同様に、 `` MAP`` パラメータを使用してQGISプロジェクトファイルへのパスを指定できます。( qgis_mapserv.fcgi:ファイル)サーバーの実行可能ファイルの場所への絶対パスまたは相対パスを指定できます。指定されていない場合は、QGIS Serverは、サーバーの実行可能ファイルがあるディレクトリ内で.qgsファイルを検索します。

    例:

    http://localhost/cgi-bin/qgis_mapserv.fcgi?\
      REQUEST=GetMap&MAP=/home/qgis/mymap.qgs&...

ノート

どこQGISプロジェクトファイルを見つけるために、サーバーの実行可能ファイルを伝えるために環境変数として** ** QGIS_PROJECT_FILEを定義できます。この変数は、QGISプロジェクトファイルを探します場所になります。定義されていない場合は、リクエストにMAPパラメータを使用し、最終的にサーバーの実行可能ファイルのディレクトリを見ていきます。

WMS GetMapリクエストでサポートされているエキストラパラメータ

In the WMS GetMap request, QGIS Server accepts a couple of extra parameters in addition to the standard parameters according to the OGC WMS 1.3.0 specification:

  • DPI パラメータ: DPI パラメータでは要求される出力解像度の指定に使われます.

    例:

    http://localhost/cgi-bin/qgis_mapserv.fcgi?REQUEST=GetMap&DPI=300&...
  • OPACITIES パラメータ: 透明度はレイヤかグループ単位に指定できます. 指定できる値の範囲は 0 (完全に透明) から 255 (完全に不透明)です.

    例:

    http://localhost/cgi-bin/qgis_mapserv.fcgi?\
      REQUEST=GetMap&LAYERS=mylayer1,mylayer2&OPACITIES=125,200&...
  • ** FILTER **パラメータ:(上記QGIS 1.8で利用可能)。層のサブセット

    FILTER パラメータを選択できます。構文は、基本的にはQGISサブセットの文字列の場合と同じです。しかし、QGISサーバを経由したデータベースへのSQLインジェクションを回避するために、いくつかの制限があります。

    テキスト文字列は、各単語の間のスペースは/特殊文字は必須です(属性の文字列の単一引用符、二重引用符)引用符で囲む必要があります。可キーワードと特殊文字は、 ‘=’、 ‘<’、 ‘> =’、 ‘>’、 ‘> =’、 ‘!= *、’( ‘’、 ‘IN’ と、ある ‘AND’、 ‘OR’ 「)。文字列式でのセミコロンは許可されていません

    例:

    http://myserver.com/cgi/qgis_mapserv.fcgi?REQUEST=GetMap&LAYERS=mylayer1,mylayer2&FILTER=mylayer1:"OBJECTID" = 3;mylayer2:'text' = 'blabla'&....

ノート

GetFeatureInfoを経由して、属性検索を行い、FILTERがある場合、X / Yパラメータを省略することが可能です。QGISサーバは、マッチングの機能についての情報を返し、XML出力の組み合わせバウンディングボックスを生成します。

  • ** SELECTION **パラメータ:(QGIS 1.8で利用可能と上記)

    ベクタ地物は、GetMapリクエストとGETPRINTで地物IDでのカンマ区切りのリストを渡すことによって選択できます。

    例:

    http://myserver.com/cgi/qgis_mapserv.fcgi?REQUEST=GetMap&LAYERS=mylayer1,mylayer2&SELECTION=mylayer1:3,6,9;mylayer2:1,5,6&...

Extra parameters supported by the WMS GetFeatureInfo request

QGISサーバーWMS GetFeatureInfo要求がポイント、ラインとポリゴン層のための許容値を定義するには、以下の追加のオプションパラメータをサポートしています。

  • FI_POINT_TOLERANCE parameter: Tolerance for point layers GetFeatureInfo request, in pixels.
  • ** FI_LINE_TOLERANCE **パラメータ:ピクセルで、レイヤー* GetFeatureInfo *要求をラインストリングの許容範囲。

  • ** FI_POLYGON_TOLERANCE **パラメータ:ピクセル単位でのポリゴン層のための公差* GetFeatureInfo *リクエスト、。

GETPRINT要求

QGISサーバは、PDFまたはピクセル形式の印刷作曲出力を作成する機能を持っています。公表されたプロジェクトでのプリント作曲窓がテンプレートとして使用されています。GETPRINT要求では、クライアントが含まれている作曲マップとラベルのパラメータを指定する可能性があります。

例:

公表されたプロジェクトは、二つの作曲マップを持っています。`GetProjectSettings`応答では、彼らは可能な印刷テンプレートとしてリストされています:

<WMS_Capabilities>
...
<ComposerTemplates xsi:type="wms:_ExtendedCapabilities">
<ComposerTemplate width="297" height="210" name="Druckzusammenstellung 1">
<ComposerMap width="171" height="133" name="map0"/>
<ComposerMap width="49" height="46" name="map1"/></ComposerTemplate>
</ComposerTemplates>
...
</WMS_Capabilities>

クライアントは現在、印刷出力を要求する情報を持っている:

http://myserver.com/cgi/qgis_mapserv.fcgi?...&REQUEST=GetPrint&TEMPLATE=Druckzusammenstellung 1&map0:EXTENT=xmin,ymin,xmax,ymax&map0:ROTATION=45&FORMAT=pdf&DPI=300

GETPRINTリクエストのパラメータは以下のとおりです。

  • **<map_id>:EXTENT **はXMIN、YMIN、XMAX、YMAXとして作曲マップの範囲を提供します。

  • <map_id>:ROTATION map rotation in degrees
  • **<map_id>:GRID_INTERVAL_X ****<map_id>:GRID_INTERVAL_Y ** x方向及びy方向における作曲マップのグリッド線密度

  • **<map_id>:SCALE **は作曲マップにmapscaleを設定します。これは、層の規模に基づく視認性を確保するために有用であり、クライアントとサーバーがスケールの分母を計算するために、異なるアルゴリズムを有することができる場合でも、ラベル

  • **<map_id>:LAYERS ****<map_id>:STYLES **作曲マップのレイヤとスタイルリストを与える可能性(層のサブセットのみを持つべき概観マップの場合に有用)

GetLegendGraphics要求

いくつかの追加のパラメータは、伝説の要素のサイズを変更することができます:

  • BOXSPACE space between legend frame and content (mm)
  • LAYERSPACE versical space between layers (mm)
  • LAYERTITLESPACE vertical space between layer title and items following (mm)
  • SYMBOLSPACE vertical space between symbol and item following (mm)
  • シンボルとラベルのテキストの間** ICONLABELSPACE **水平スペース(ミリメートル)

  • ** SYMBOLWIDTH **シンボルプレビューの幅(mm)

  • ** SYMBOLHEIGHT **シンボルプレビューの高さ(mm)

これらのパラメータは、レイヤのタイトルや項目ラベルのフォントプロパティを変更します。

  • LAYERFONTFAMILY / ITEMFONTFAMILY font family for layer title / item text
  • ** LAYERFONTBOLD / ITEMFONTBOLD太字フォントを使用する** ‘TRUE’

  • ポイントで** LAYERFONTSIZE / ITEMFONTSIZE **フォントサイズ

  • ** LAYERFONTITALIC / ITEMFONTITALICイタリックフォントを使用する** ‘TRUE’

  • LAYERFONTCOLOR / ITEMFONTCOLOR Hex color code (e.g. #FF0000 for red)
  • ** LAYERTITLE / RULELABEL **(QGIS 2.4から)ラベルのない唯一の凡例グラフィックを取得するには「FALSE」にそれらを設定します

コンテストベースの伝説。これらのパラメータは、クライアントの要求に要求されたエリアに陥る機能のシンボルのみを示す凡例をしてみましょう:

  • ** BBOX **伝説を構築する必要のある地域

  • CRS / SRS the coordinate reference system adopted to define the BBOX coordinates
  • 設定されている場合** WIDTH / HEIGHT **これらは、マップビューの画像サイズに応じてQGIS Serverのスケールのシンボルをできるように、GetMapリクエストのために定義されたものと一致する必要があります。

Contest based legend features are based on the UMN MapServer implementation:

GetProjectSettings要求

この要求タイプは、**は、GetCapabilitiesに似ていますが、それはQGIS Serverに、より具体的であり、クライアントは、は、GetCapabilities出力では利用できない追加情報を読み取ることができます:

  • 層の初期の可視性

  • ベクトルの属性とその編集タイプに関する情報

  • 層の順序と描画順序に関する情報

  • WFSに掲載されたレイヤのリスト

DXFエクスポート

GetMapリクエストを使用して、DXF形式でレイヤーをエクスポートすることが可能です。WFSサービスで読み取りアクセス権を持っているだけの層は、DXF形式でエクスポートされています。ここでは有効な要求と使用可能なパラメータのドキュメントはあり:

http://your.server.address/wms/liegenschaftsentwaesserung/abwasser_werkplan?SERVICE=WMS&VERSION=1.3.0&REQUEST=GetMap&LAYERS=Haltungen,Normschacht,Spezialbauwerke&STYLES=&CRS=EPSG%3A21781&BBOX=696136.28844801,245797.12108743,696318.91114315,245939.25832905&WIDTH=1042&HEIGHT=811&FORMAT=application/dxf&FORMAT_OPTIONS=MODE:SYMBOLLAYERSYMBOLOGY;SCALE:250&FILE_NAME=werkplan_abwasser.dxf

パラメーター:

  • FORMAT=application/dxf
  • FILE_NAME=yoursuggested_file_name_for_download.dxf
  • セミコロンで区切られた値のペア:FORMAT_OPTIONSの=は下記のオプション、キーを参照してください

FORMAT_OPTIONS Parameters:

  • ** SCALE:スケール**記号のルール、フィルタとスタイルのために使用される(データのない実際のスケーリング - データは元のスケールに残ります)。

  • ** MODE:NOSYMBOLOGY | FEATURESYMBOLOGY | SYMBOLLAYERSYMBOLOGY **はQGISデスクトップDXFエクスポート]ダイアログボックスで提供される3つのエクスポートオプションに対応しています。

  • ** LAYERSATTRIBUTES:yourcolumn_with_values_to_be_used_for_dxf_layernames ** - 指定されていない場合は、元QGIS層名が使用されています。

  • 有効にした場合** USE_TITLE_AS_LAYERNAME **、層のタイトルは、レイヤー名として使用されます。

WFS GetFeatureのリクエストでサポートされている追加パラメータ

In the WFS GetFeature request, QGIS Server accepts two extra parameters in addition to the standard parameters according to the OGC WFS 1.0.0 specification:

  • ** GeometryName **パラメータ:このパラメータは、範囲*または*重心を取得するために使用することができます*ジオメトリまたは NONE を使用しない場合場合は、noジオメトリとして(すなわち属性のみ)。有効な値は*範囲*重心*または*なし*です。

  • StartIndex parameter: STARTINDEX is standard in WFS 2.0, but it’s an extension for WFS 1.0.0 which is the only version implemented in QGIS Server. STARTINDEX can be used to skip some features in the result set and in combination with MAXFEATURES will provide for the ability to use WFS GetFeature to page through results. Note that STARTINDEX=0 means start with the first feature, skipping none.

QGIS Serverのロギング

サーバーに送信された要求をログに記録するには、以下の環境変数を設定します。

  • ** QGIS_SERVER_LOG_FILE **:パスとファイル名を指定します。サーバがファイルへの書き込みを実行するための適切な権限を持っていることを確認します。ファイルには、単にサーバーにいくつかの要求を送信し、自動的に作成されなければなりません。それはそこにない場合は、パーミッションをチェック。

  • ** QGIS_SERVER_LOG_LEVEL **:目的のログレベルを指定します。使用可能な値は次のとおりです。

    • 0 INFO(すべての要求をログ)、

    • 1 WARNING、

    • 2 CRITICAL(運用目的に適したログだけで重大なエラー)。

    例:

    SetEnv QGIS_SERVER_LOG_FILE /var/tmp/qgislog.txt
    SetEnv QGIS_SERVER_LOG_LEVEL 0

ノート

  • 代わりにするSetEnvのFcgidモジュール使用FcgidInitialEnvを使用している場合!

  • 実行可能ファイルがリリースモードでコンパイルされている場合、サーバーのログも有効になっています。

レイヤー、グループ、およびプロジェクトの短い名前

要素の数は、 の両方を有します<Name>``と ``<Title>**名**は**タイトル**は、人間の利益のためである間、マシン・ツー・マシンの通信に使用するテキスト文字列です。

例えば、データセットは、記述的タイトル「最高気温」を持っているかもしれないと略称「ATMAX」を使用して要求します。ユーザーはすでにレイヤー、グループやプロジェクトのタイトルを設定することができます。

OWS名は、レイヤツリーに使用される名前に基づいています。この名前は、マシン・ツー・マシン通信のための名前よりも、人間のためのより多くのラベルです。

QGIS Serverがサポートされています。

  • 短い名前のラインは、レイヤーのプロパティを編集します

  • guilabel: `グループWMSあなたが得るdata`オプションを設定WMSデータダイアログは右の層群をクリックして選択することで、ツリー・グループ(短い名前、タイトル、アブストラクトを)層に:

    Figure set group wms data:

    ../../../_images/set_group_wms_data.png
  • 短い名前の行は、プロジェクトプロパティ - 正規表現のバリデータを追加するために編集し、 `` “^ [A-ZA-z]は[A-ZA-Z0-9 ._-] *``静的メソッドを介して短い名前のラインエディットにアクセス可能

  • 正規表現のバリデータを追加し、 `` “^ [A-ZA-z]は[A-ZA-Z0-9 ._-] *``静的メソッドを介して短い名前のラインエディットにアクセス可能

  • `` fullProjectSettings``に `` TreeName``要素を追加

短い名前がレイヤー、グループやプロジェクトのために設定されている場合には、レイヤ名としてQGIS断絶によって使用されます。

サービスファイルへの接続

PostgreSQLのサービス・ファイルのApacheが認識できるようにするために(参照:参照: PG-サービス-file`セクション):ファイル:::のような * .conf`ファイルを見て、あなたを確認する必要があり

SetEnv PGSERVICEFILE /home/web/.pg_service.conf

<Directory "/home/web/apps2/bin/">
  AllowOverride None
.....

お使いのLinuxサーバにフォントを追加します。

あなたが他のマシン上のデフォルトでは存在しないかもしれないフォントを指すQGISプロジェクトを使用することに注意してください。これは、プロジェクトを共有する場合(フォントがターゲットマシン上に存在しない場合)、それは他のマシン上で異なって見える可能性があることを意味します。

これはあなたを起こらないようにするために、単にターゲットマシン上で不足しているフォントをインストールする必要があります。デスクトップシステム上でこれを行うと、通常は(ダブルクリックフォント)自明です。

Linuxの場合、あなたがする必要がありますが、デスクトップ環境をインストールしていない(または、コマンドラインを好む)とします。

  • Debianのベースのシステム:

    sudo su
    mkdir -p /usr/local/share/fonts/truetype/myfonts && cd /usr/local/share/fonts/truetype/myfonts
    
    # copy the fonts from their location
    cp /fonts_location/* .
    
    chown root *
    cd .. && fc-cache -f -v
  • Fedoraのベースのシステム:

    sudo su
    mkdir /usr/share/fonts/myfonts && cd /usr/share/fonts/myfonts
    
    # copy the fonts from their location
    cp /fonts_location/* .
    
    chown root *
    cd .. && fc-cache -f -v

環境変数

**環境変数を設定することで、QGISサーバーのいくつかの側面を構成することができます。例えば、Apacheの設定に追加し、/path/to/config/QGIS/QGIS2.ini設定ファイルを使用するようにApacheにQGISサーバーを設定するには:

SetEnv QGIS_OPTIONS_PATH "/path/to/config/"

or, if using fcgi:

FcgidInitialEnv QGIS_OPTIONS_PATH "/path/to/config/"

これは、QGISサーバでサポートされている変数のリストです:

  • ** QGIS_OPTIONS_PATHは**:設定でディレクトリへのパスを指定します。これは、QGISアプリケーション–optionspathオプションと同じように動作します。これは、設定ファイル内を探しています<QGIS_OPTIONS_PATH>/QGIS/QGIS2.ini。

  • ** QUERY_STRING **:通常のWebサーバーから渡されたクエリ文字列、。コマンドラインからQGISサーバーのバイナリをテストしながら、この変数は便利です。

  • ** QGIS_PROJECT_FILE **:通常、クエリ文字列のパラメータとして渡された .qgs`プロジェクトファイル、あなたはまた、( mod_rewrite` Apacheのモジュールを使用することにより、例えば)環境変数として設定することができます。

  • ** QGIS_SERVER_LOG_FILE **:パスとファイル名を指定します。サーバがファイルへの書き込みを実行するための適切な権限を持っていることを確認します。ファイルには、単にサーバーにいくつかの要求を送信し、自動的に作成されなければなりません。それはそこにない場合は、パーミッションをチェック。

  • ** QGIS_SERVER_LOG_LEVEL **:目的のログレベルを指定します。参照:参照: QGIS-サーバlogging

  • ** MAX_CACHE_LAYERS **:キャッシュされた層(:100既定値)の最大数を指定します。

  • ** DISPLAY **:これは(Unixライクなシステムに必要な)(偽の)Xサーバのディスプレイ番号を渡すために使用されます。

  • ** QGIS_PLUGINPATH **:サーバー用のPythonプラグインを使用している場合に便利ですが、これはPythonのプラグインが検索されるフォルダを設定します。