Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

QGISブラウザ

QGISブラウザは,スタンドアロン型のアプリケーションやQGIS上でのパネルとして利用可能です.あなたのファイルシステムを簡単にナビゲートしたりジオデータを管理するためのQGISのパネルです.一般的なベクタファイル(e.g. ESRI シェープファイル または MapInfo ファイル) ,データベース(e.g.PostGIS, Oracle, Spatialite または MS-SQL Spatial) そしてOWS/WCS|WMS|WFS| 接続にアクセスできます.また、GRASSデータ(|qg|にデータを取得するには GRASS GIS の統合 を参照しましょう)の表示が可能です。

QGISブラウザウィジェット

QGISブラウザを有効にするには、QGISのツールバーを右クリックして checkbox ブラウザパネル をチェックするか、それを 表示 - > Panels または 設定 - > Panels (KDE)から選択します。 Browser パネルでは、今、ファイルシステム、データベースやWebサービスを閲覧でき、簡単なドラッグ&ドロップまたはダブルクリックで地図ビューにデータを取得します。

QGISプロジェクトは、その名前をダブルクリックするか、地図ビューにドラッグ・アンド・ドロップすることで、ブラウザパネルから直接開くこともできます。

パネルの上部には,幾つかのアイコンがあり,あなたの助けになります:

  • addLayer 選択したレイヤーを追加します。また、コンテキストメニューで レイヤを追加選択したレイヤーを追加 を選択することで、地図ビューにデータを追加できます。

  • draw ブラウザツリーを更新

  • filterMap 特定のデータを検索します。検索ワードまたはワイルドカードを入力して、ブラウザがDBテーブル、ファイル名やフォルダをマッチングするだけショーのパスにツリーをフィルタリングします - 他のデータやフォルダは表示されません。figure_browser_panels_上のブラウザパネル(2)の例を参照してください。比較では、大文字と小文字は区別であってもなくてもよいです。また、に設定できます。

    • 通常:検索テキストを含む任意の項目を返します

    • ワイルドカード(複数可)を使用して:?微調整を `` ``および/または `` * ``文字を使用して検索すると、検索テキストの位置を指定します

    • 正規表現を使用して

  • collapseTree ツリー全体を折りたたみます

  • propertiesWidget プロパティウィジェット有効または無効にします。切り替えたときに、新しいウィジェットは、該当する場合、パネル示すの底部で選択された項目のmetadatasを添加します

ブラウザツリー内の項目を右クリックし、次のことに役立ちます。

  • ファイルまたはテーブルの場合には、そのメタデータを表示したり、プロジェクトで開きます。テーブルでも、名前変更、削除または切り捨てることができ

  • フォルダの場合は、ブラウザツリーからそれを隠す、お気に入りにそれをブックマーク。セッティング - >オプション - >データSources タブ 隠しフォルダから管理できます

  • スキーマを更新し、名前の変更または削除。

簡単なドラッグアンドドロップで、データベースにファイルをインポートしたり、あるスキーマ/データベースから別のものにテーブルをコピーしたりもできます。ドラッグ中に長いスクロールをしなくてよいよう、利用可能な2番目のブラウザパネルがあります。ファイルを選択し、あるパネルから他へドラッグアンドドロップするだけです。

Figure browser 1:

../../../_images/browser_panels.png

横並びのQGISブラウザパネル

スタンドアロンアプリケーションとしてのQGISブラウザ

QGIS Browserはスタンドアロンアプリケーションとして実行することもできます。スタンドアロンのブラウザでは、ブラウザパネルと同様に、ファイルシステムをナビゲートして地理データを管理できます。また、それらをプレビューしたり作成したり、QGISプロジェクトでそれらをドラッグ&ドロップにより開くこともできます。

QGISブラウザの起動

  • nix コマンドプロンプトで “qbrowser” と入力します。

  • win スタートメニューやデスクトップのショートカットを使用してQGISブラウザを起動します。

  • osx QGISブラウザは、アプリケーションフォルダから入手可能です。

Figure browser 2:

../../../_images/browser_standalone_metadata.png

スタンドアロンアプリケーションとしてのQGISブラウザ

figure_browser_standalone_metadata では、スタンドアロンQGISブラウザの拡張機能を見ることができます。 Param タブではPostGISやMSSQL空間などの、接続ベースのデータセットの詳細を提供します。 Metadata タブには、ファイルに関する一般的な情報が含まれています( vectormetadatamenu 参照)。 Preview タブでは、ファイルをQGISプロジェクトにインポートすることなく見ることができます。 Attributes タブではファイルの属性をプレビューすることも可能です。