Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

専門的なグリッド解析

ストリームにD8の距離

説明

ストリームグリッドセルに遭遇するまで、D8フローモデルに従って下り坂を移動する、各グリッドセルのためのストリームに対して水平距離を算出します。

パラメーター

D8 Flow Direction Grid [raster]

この入力は、細胞からのすべてのフローは、最急降下の方向に単一の隣接セルに移行D8の方法を使用して符号化される流れ方向のグリッドです。このグリッドは**ツール**「D8流れの方向」の出力として得ることができます。

Stream Raster Grid [raster]

ストリームを示すグリッド。このようなグリッドは、**「ストリームネットワーク解析」におけるツールのいくつかの**ツールセットによって作成することができます。しかし、**「ストリームネットワーク分析」のツールは**ツールセットしか無いストリームの0の値、またはストリームセルのための1でグリッドを作成します。このツールはまた、ストリームの位置を決定するために、 `` Threshold``パラメータと組み合わせて使用​​することができる1以上の値を持つグリッドを受け入れることができます。これは、ストリームと同様にノーマルストリームラスタグリッドを定義するために使用する領域のグリッドを貢献できます。このグリッドは、整数(長整数)の値を期待し、任意の非整数値は、評価される前に整数に切り捨てられます。

Threshold [number]

この値はストリームの位置を決定するために、 ``ストリームラスターGrid``に閾値として作用します。以上 `Threshold``値に等しい`ストリームラスターGrid``値を持つセルはストリームとして解釈されます。

デフォルト:* 50 *

出力

Output Distance to Streams [raster]

ストリームラスターグリッド内のストリームにD8流れ方向グリッドによって定義されるような流路に沿って水平距離を与えるグリッド。

コンソールの使用方法

processing.runalg('taudem:d8distancetostreams', -p, -src, -thresh, -dist)

参照

D-Infinity Avalanche Runout

説明

雪崩の患部とそのaffactedエリア内の各セルへの流路の長さを識別する。すべてのセルは、ソースから患部に傾斜アルファ角度が患部であることができる閾値角度より小さいと呼ばれる時点まで、各ソース領域セルから下り坂。このツールは、流れの方向を決定するためのD-無限複数の流れ方向の方法を使用します。これはおそらく患部を誇張かもしれないいくつかの下り坂の細胞に分散される流れの非常に少量の原因となりますので、しきい値の割合は、この過剰な分散を避けるように設定することができます。流路長が最も高い角度を有するソースセルへ当該セルからの距離です。

全ての点は、ソース領域から降りなくソースから患部に勾配がアルファ角度と呼ばれる角度閾値未満である点を超えて、患部に潜在的にあります。

../../../../_images/arexample.gif

スロープは、評価点に光源点からの直線距離を用いて測定されます。

角度は、流路に沿って測定されることが私にはより多くの物理的な意味になります。それにもかかわらず、直線流路に沿った角度として角度コーディングすることも同様に容易であるので、スイッチングを可能にするオプションが提供されます。雪崩振れを評価するための最も実用的な方法は、各点に最大の角度でソースポイントを追跡することです。そして、再帰アップスロープフロー代数アプローチは、グリッドセルとそれに流れ、そのすべての上り勾配の隣人を見ていきます。アップスロープネイバーからの情報は、問題のグリッドセルに角度を算出し、角度アルファ角度を超えた場合振れゾーンでそれを保持するために使用されるであろう。この手順は、グリッドセルの最大角度が流入隣人への最大角度を有する細胞の集合からなることを仮定します。これは、常に流路に沿って算出される角度の真となり、私は、これは直線の角度の場合ではない場合の流路自体に戻って曲げる場合を考えることができます。

D-無限複数の流れ方向フィールドは、すべてのために1に0と1との和との間で変化割合( Pik`)を使用して複数の下り坂ネイバーに各グリッドセルからの流れは、グリッドセルの流出割り当てます。それに分散を避けるために、 ピック> T``(= 0.2と言う)は、例えば、この割合は、グリッドセルが下り坂グリッドセルに流れるようにカウントされる前に超えなければならないこと閾値 `T``を指定することが望ましいかもしれません非常に小さな流れを取得するグリッドセル。 T``は、ユーザ入力として指定されるであろう。すべての上り勾配のグリッドセルが使用される場合、 `` T``は0として入力されてもよいです。

正の雪崩をトリガすることができる値と他の場所で0値から成るアバランシェソースサイトは短い整数グリッド(:ファイル: * ass、例えば:ファイル` demass`名サフィックス)として入力されます。

次のグリッドが出力されます。

  • RZ —このグリッドセルは、このグリッドセルは振れゾーンにあることを示すために、振れゾーンと値> 0でないことを示す値0を有する振れゾーンインジケータ。関連するソースサイトへの角度の情報があるかもしれないので、この変数は、(度)ソースサイトへの角度を割り当てられます

  • dm — Along flow distance from the source site that has the highest angle to the point in question

パラメーター

D-Infinity Flow Direction Grid [raster]

D-無限の方法で流れの方向を与えるグリッド。流れ方向はラジアン、東から反時計回りに測定されます。これは**「D-インフィニティ流れ方向」**ツールで作成することができます。

Pit Filled Elevation Grid [raster]

この入力は、標高値のグリッドです。一般的なルールとして、あなたがこの入力のために取り外さピットを持っていた標高値のグリッドを使用することをお勧めします。ピットは、一般的にそれらを横切る流れの分析を妨害アーティファクトであると解釈されます。このグリッドは、ピットが、彼らは単にドレインポイントに満たされた標高値が含まれている場合には**「ピット削除」**ツールの出力として得ることができます。

Avalanche Source Site Grid [raster]

これは、一般的に経験してマップの視覚的な解釈のミックスを使用して手動で識別された雪崩のソース領域のグリッドです。正の雪崩をトリガすることができる値と他の場所で0値から成るアバランシェソースサイトは短い整数グリッド(:ファイル: * ass、例えば:ファイル` demass`名サフィックス)として入力されます。

Proportion Threshold [number]

This value is a threshold proportion that is used to limit the disperson of flow caused by using the D-infinity multiple flow direction method for determining flow direction. The D-infinity multiple flow direction method often causes very small amounts of flow to be dispersed to some downslope cells that might overstate the affected area, so a threshold proportion can be set to avoid this excess dispersion.

Default: 0.2

Alpha Angle Threshold [number]

この値が閾値角度であり、細胞を患部にあるソースから下り坂細胞のかを決定するために使用されるアルファ角度が呼ばれます。細胞のみが患部にソースから傾きが閾値角度より小さい時点まで、各ソース領域のセルからダウンスロープは、患部です。

Default: 18

Measure distance along flow path [boolean]

このオプションは、傾斜角度を算出するために使用される距離を測定するために使用される方法を選択します。オプションが* Trueの場合*、その後流路に沿って、それを測定し、ここで、*偽*オプションでは、傾きが評価セルにソースセルからの直線距離に沿って測定されます。

デフォルト:

出力

Runout Zone Grid [raster]

このグリッドは、雪崩のランアウト領域(患部)このグリッドセルは、このグリッドセルは振れゾーンにあることを示すために、振れゾーンと値> 0でないことを示すために、値0を有する振れゾーン・インジケータを使用して識別します。関連するソースサイトへの角度の情報があるかもしれないので、この変数は、(度)ソースサイトへの角度が割り当てられます。

Path Distance Grid [raster]

これは、各セルに対して最も高い角度を有するソースサイトからの流動距離のグリッドです。

コンソールの使用方法

processing.runalg('taudem:dinfinityavalancherunout', -ang, -fel, -ass, -thresh, -alpha, -direct, -rz, -dfs)

参照

D-Infinity Concentration Limited Accumulation

説明

この関数は、物質の無制限の供給がインジケータグリッド(DG)で示される領域にわたって濃度または溶解性閾値CSOLで流れにロードされている状況にも適用されます。その供給領域からの物質の供給は、濃度または溶解性の閾値での流れの中にロードされる領域内の各位置における物質の濃度のグリッド。流れは、最初の入力有効流出重量グリッド(概念的過剰沈殿)のD-無限加重寄与領域として算出されます。供給領域(インジケータグリッド)上の物質のconcentationは、濃度閾値です。物質移動がD-無限流路と下り坂のように、それが原因の流れの変化にセルからセルへ移動するだけでなく、希釈で一次減衰を受けます。減衰乗算器グリッドは次下り坂セルにグリッドセル `x``から移動中の量に小数(一次)の減少を与えます。アウトレットシェープファイルを使用する場合、ツールは、シェープファイルによって与えられた場所への流れに寄与するドメインの一部を評価します。ゾーンにわたる濃度または溶解度の閾値での流れの中にロードされ、減衰または減衰の対象とすることができるゾーンから流れるされる化合物の無制限の供給の領域から汚染物質または化合物を追跡するために便利です。

インジケータグリッド( `` dg``)が(0、1)インジケータ機能を 使用物質供給の領域を描くために使用されるI(X) ``。`Aは、[]`加重累積オペレータはD-無限寄与領域関数を使用して評価です。 W(x)は、 ``として示される(これは陸上フローがある場合、例えば、過剰な降雨)実効流出重量グリッドは、流れへの供給を与えます。特定の放電は、その後、次式で与えられます。

Q(x)=A[w(x)]

この重み付き累積 `` Q(x)は オーバーランドフロー比放電グリッドとして出力されます。物質供給領域の濃度を超える(閾値が飽和または溶解限度である)の閾値です。その後、 `` I(X)= 1、もし

C(x) = Csol, and L(x) = Csol Q(x),

ここで、 `` L(x)は ``流れによって運ばれる負荷を意味します。残りの位置で、負荷が負荷の蓄積および希釈によって濃度により決定されます。

../../../../_images/claeqn.gif

ここで、 `` D(x)はD(i、j)を=は ``次下り坂セルにグリッドセル x``から移動中の質量分数(一次)減少を与える減衰乗数です。旅行(または滞留)時間 ` T(x)は ``セル間のフローに関連付けられたが D ‘に入手可能である場合(X) のexp(-kt(X)) ここで kと評価することができます``一次減衰パラメータです。濃度グリッド出力は ` C(X) ``です。アウトレットシェープファイルを使用する場合、ツールは、シェープファイルによって与えられた場所への流れに寄与するドメインの一部を評価します。

../../../../_images/clafig.gif

固定閾値濃度で流れるように放出され又は分配汚染物質を追跡するために有用です。

パラメーター

D-Infinity Flow Direction Grid [raster]
A grid giving flow direction by the D-infinity method. Flow direction is measured in radians, counter clockwise from east. This grid can be created by the function “D-Infinity Flow Directions”.
Disturbance Indicator Grid [raster]

物質供給の領域のソース領域を示し、ドメインの残りの部分の上にゾーン内の1および0またはNODATAでなければならないグリッド。

Decay Multiplier Grid [raster]

各グリッドセルを出る流れれる因子を与えるグリッドが下り坂グリッドセルに蓄積する前に乗算されます。これは、減衰または減衰物質の動きをシミュレートするために使用できます。旅行(または滞留)時間 t(x) は セル間のフローに関連付けられたが に入手可能である場合、ここで d(x)exp(-k t(x)) と評価できます、 k は一次減衰パラメータです。

Effective Runoff Weight Grid [raster]

オーバーランドフロー比放電のD-無限加重寄与領域の評価に使用される入力量(概念的に有効な流出または過剰沈殿)を与えるグリッド。

Outlets shapefile [vector: point]

Optional.

このオプションの入力は、関心の出口を規定ポイントシェープファイルです。このファイルを使用する場合、ツールは、これらの店舗のエリア上り勾配を評価します。

Concentration Threshold [number]

濃度や溶解性しきい値。物質供給領域の上では、濃度はこのしきい値です。

Default: 1.0

Check for edge contamination [boolean]

このオプションは、ツールは、エッジの汚染を確認する必要があるかどうかを決定します。エッジ汚染値が寄与領域を決定する際に考慮されていないドメインの外に起因グリッドセルに過小評価される可能性として定義されます。

デフォルト:

出力

Concentration Grid [raster]
A grid giving the resulting concentration of the compound of interest in the flow.

コンソールの使用方法

processing.runalg('taudem:dinfinityconcentrationlimitedaccumulation', -ang, -dg, -dm, -q, -o, -csol, -nc, -ctpt)

参照

D-Infinity Decaying Accumulation

説明

D-無限腐朽蓄積ツールは、量がD-無限流路と蓄積領域内の各位置における蓄積量のグリッドを作成するが、セルからセルへ移動における一次減衰を受けます。デフォルトでは、各グリッドセルの数の寄与は単位幅当たり蓄積与えるセル長であるが、必要に応じて重みグリッドを用いて表現することができます。減衰乗算器グリッドは次下り坂セルにグリッドセル `x``から蓄積における量の分数(一次)の減少を与えます。

減衰した累積演算子 DA[.] は入力として質量負荷フィールド m(x) をとる、、各グリッド位置で m(i, j) として表現される、それは一緒に移動すると仮定されているようにフィールドフローが、セルからセルへ移動における一次減衰を受けます。出力は DA(x) の各位置における累積質量です。各グリッドセルでの m の蓄積が数値的に評価できます。

../../../../_images/decayeqn.gif

ここで、 `` D(x)はD(i、j)を=は ``次下り坂セルにグリッドセル x``から移動中の質量分数(一次)減少を与える減衰乗数です。旅行(または滞留)時間 ` T(x)は ``セル間のフローに関連付けられたが D ‘に入手可能である場合(X) のexp(-kt(X)) ここで kと評価することができます``一次減衰パラメータです。重みグリッドは、質量負荷 ` M(X)を ``表すために使用されます。指定されない場合コンセントシェープファイルのみシェープファイルによって与えられる場所への流れに寄与するドメインの一部で評価された機能を使用する場合、これは1とします。

../../../../_images/decay.gif

減衰または減衰にトラッキング汚染物質または化合物被験者のために有用。

パラメーター

D-Infinity Flow Direction Grid [raster]
A grid giving flow direction by the D-infinity method. Flow direction is measured in radians, counter clockwise from east. This grid can be created by the function “D-Infinity Flow Directions”.
Decay Multiplier Grid [raster]

各グリッドセルを出る流れれる因子を与えるグリッドが下り坂グリッドセルに蓄積する前に乗算されます。これは、減衰物質の動きをシミュレートするために使用できます。

Weight Grid [raster]

Optional.

蓄積に使用する重みを与えグリッド(負荷)。このオプションのグリッドが指定されていない場合、重みは単位幅の蓄積を与える線形グリッドセルサイズとして取られます。

Outlets Shapefile [vector: point]

Optional.

このオプションの入力は、関心の出口を規定ポイントシェープファイルです。このファイルを使用する場合、ツールは、これらの店舗のエリア上り勾配を評価します。

Check for edge contamination [boolean]

このオプションは、ツールは、エッジの汚染を確認する必要があるかどうかを決定します。エッジ汚染値が寄与領域を決定する際に考慮されていないドメインの外に起因グリッドセルに過小評価される可能性として定義されます。

デフォルト:

出力

Decayed Specific Catchment Area Grid [raster]

D-無限腐朽蓄積ツールは、マスD-無限流れ場と共に移動するが、はセルからセルへ移動における一次減衰の対象であるドメイン内の各位置における累積質量のグリッドを作成します。

コンソールの使用方法

processing.runalg('taudem:dinfinitydecayingaccumulation', -ang, -dm, -wg, -o, -nc, -dsca)

参照

D-Infinity Distance Down

説明

D-無限流れモデルを使用してストリームに距離下り坂を算出します。各グリッドセルから流出が2つの下り坂のグリッドセルまでの間に比例するので、D-無限フローモデルは、複数の流れ方向モデルです。このように、ストリームへのグリッドセルからの距離が一義的に定義されていません。特定のグリッドセルで発生フローが異なるセルの数にストリームを入力することができます。統計的方法は、ストリームへの流路距離の最長、最短または加重平均として選択することができます。また、距離測定のいくつかの方法のいずれかを選択することができる:総直線経路(ピタゴラス)、直線経路の水平成分、直線経路の垂直成分、または全表面流路。

パラメーター

D-Infinity Flow Direction Grid [raster]

D-無限の方法で流れの方向を与えるグリッド。流れ方向はラジアン、東から反時計回りに測定されます。これは**「D-インフィニティ流れ方向」**ツールで作成することができます。

Pit Filled Elevation Grid [raster]

この入力は、標高値のグリッドです。一般的なルールとして、あなたがこの入力のために取り外さピットを持っていた標高値のグリッドを使用することをお勧めします。ピットは、一般的にそれらを横切る流れの分析を妨害アーティファクトであると解釈されます。このグリッドは、ピットが、彼らは単にドレインポイントに満たされた標高値が含まれている場合には**「ピット削除」**ツールの出力として得ることができます。

Stream Raster Grid [raster]

ストリームオフグリッドセルストリームで1の値と0を使用して、ストリームを表すグリッド。これは通常、**「ストリームネットワーク解析」におけるツールの一つの出力**ツールセットです。

Weight Path Grid [raster]

Optional.

重みを与えるグリッド距離の計算に使用する(負荷)。これは、バッファを介してのみ流れ距離を算出する例で使用されるかもしれません。重量は、それ外緩衝液中1及び0です。あるいは重量は、おそらく旅行時間やプロセスの減衰を表す、表面上の旅行のためのコスト関数のいくつかの並べ替えを反映することができます。この入力ファイルを使用しない場合、負荷は、各グリッドセルのための1つであると仮定します。

Statistical Method [selection]

ストリームまでの距離を計算するために使用される統計的方法。D-無限流モデルでは、各グリッドセルからの流出は、二つの下り坂のグリッドセルとの間に比例します。したがって、流れへの任意のグリッドセルからの距離が一義的に定義されていません。特定のグリッドセルで発生流は、セルの数に流れを入力できます。流れまでの距離が最も長い(最大)、最短(最小)または流れまでの距離の加重平均として定義できます。

Options:

  • 0 —最小

  • 1 —最大

  • 2 —平均

Default: 2

Distance Method [selection]

流れまでの距離を計算するために使用される距離方法。距離を測定するいくつかの方法のいずれかを選択できます:総直線経路(ピタゴラス)、直線経路(水平方向)、直線経路(垂直)の垂直成分、または全表面流路の水平成分を(表面)。

Options:

  • 0 —ピタゴラス

  • 1 —水平

  • 2 —垂直

  • 3 —サーフェス

Default: 1

Check for edge contamination [boolean]

このツールがエッジ汚染についてチェックすべきかどうかを決定するフラグ。これは値が原因カウントされていないドメインの外側のグリッドセルに過小評価される可能性として定義されます。距離ダウンの文脈では、これは、グリッドセルからの流路の一部をトレースダウンスロープは、流れのグリッドセルに到達することなく、ドメインから離れたときに発生します。エッジ汚染が選択されたチェックでは、アルゴリズムは、この結果について報告していないデータを認識します。これは、所望の効果であり、これらのグリッドセルの値が起因し、それが利用可能なデータの領域の外側の地形に依存するまで不明であることを示しています。エッジ汚染チェックは、これが問題でないとわかっているか、流れで終了する流路の一部のみを使用して距離を評価したい場合に上書きできます。

デフォルト:

出力

D-Infinity Drop to Stream Grid [raster]

D-無限フローモデルと選択された統計的パスの方法を用いて計算ストリームへの距離を含むグリッド。

コンソールの使用方法

processing.runalg('taudem:dinfinitydistancedown', dinf_flow_dir_grid, pit_filled_grid, stream_grid, weight_path_grid, stat_method, dist_method, edge_contam, dist_down_grid)

参照

D-Infinity Distance Up

説明

このツールは、逆D-無限の流れ方向に沿ってリッジセルまでの各グリッドセルからの距離を算出します。リッジセルは、グリッドセルからの寄与さらに上り勾配を有していないグリッドセルであると定義されます。任意のグリッドセルに複数の流路の収束を与えられた、任意の所与のグリッドセルは、複数のアップスロープリッジセルを有することができます。最大距離、最小距離は、これらの流路の上にフロー平均を待っ:がこのツールが使用できる3つのstatictical方法です。上記上の変異体は、任意の所与のグリッドセルの上り勾配として考慮されるべき大きいユーザ指定のしきい値(T)よりも割合で流れに寄与するのみグリッドセルを考慮することです。T = 0.5を設定すると、任意の格子セルから一つだけの流路をもたらすであろうし、むしろ流れは、2つの下り坂のグリッドセルとの間に比例するD-無限フローモデルよりも、D8フローモデルと同等の結果を与えるだろう。総直線経路(ピタゴラス)、直線経路、直線経路、又は全表面流路の垂直成分の水平成分:最終的に計測できる、いくつかの異なるオプションのパスが存在します。

パラメーター

D-Infinity Flow Direction Grid [raster]

D-無限の方法で流れの方向を与えるグリッド。流れ方向はラジアン、東から反時計回りに測定されます。これは**「D-インフィニティ流れ方向」**ツールで作成することができます。

Pit Filled Elevation Grid [raster]

この入力は、標高値のグリッドです。一般的なルールとして、あなたがこの入力のために取り外さピットを持っていた標高値のグリッドを使用することをお勧めします。ピットは、一般的にそれらを横切る流れの分析を妨害アーティファクトであると解釈されます。このグリッドは、ピットが、彼らは単にドレインポイントに満たされた標高値が含まれている場合には**「ピット削除」**ツールの出力として得ることができます。

Slope Grid [raster]

この入力は、勾配値のグリッドです。これは、ドロップ/距離として測定され、それが最も頻繁に**「D-インフィニティ流れ方向」**ツールの出力として得られます。

Statistical Method [selection]

ストリームまでの距離を計算するために使用される統計的方法。D-無限流モデルでは、各グリッドセルからの流出は、二つの下り坂のグリッドセルとの間に比例します。したがって、流れへの任意のグリッドセルからの距離が一義的に定義されていません。特定のグリッドセルで発生流は、セルの数に流れを入力できます。流れまでの距離が最も長い(最大)、最短(最小)または流れまでの距離の加重平均として定義できます。

Options:

  • 0 —最小

  • 1 —最大

  • 2 —平均

Default: 2

Distance Method [selection]

流れまでの距離を計算するために使用される距離方法。距離を測定するいくつかの方法のいずれかを選択できます:総直線経路(ピタゴラス)、直線経路(水平方向)、直線経路(垂直)の垂直成分、または全表面流路の水平成分を(表面)。

Options:

  • 0 —ピタゴラス

  • 1 —水平

  • 2 —垂直

  • 3 —サーフェス

Default: 1

Proportion Threshold [number]

このユーザーを超える割合で流れに寄与するのみグリッドセルが閾値を指定比例閾値パラメータ( `` t``)は、任意の所与のグリッドセルの上り勾配であると考えられます。設定 `` T = 0.5``任意のグリッドセルから一つだけの流路をもたらすであろうし、むしろ流れは、2つの下り坂のグリッドセルとの間に比例するD-インフィニティ・フロー・モデルよりも、D8フローモデルと同等の結果を与えるだろう。

Default: 0.5

Check for edge contamination [boolean]

ツールは、エッジ汚染についてチェックすべきかどうかを決定するフラグ。これは値が原因カウントされていないドメインの外側のグリッドセルに過小評価される可能性として定義されます。

デフォルト:

出力

D-Infinity Distance Up [raster]

D-インフィニティ・フロー・モデルと選択された統計的パスの方法を用いて計算したリッジまでの距離を含むグリッド。

コンソールの使用方法

processing.runalg('taudem:dinfinitydistanceup', dinf_flow_dir_grid, pit_filled_grid, slope_grid, stat_method, dist_method, threshold, edge_contam, dist_up_grid)

参照

D-Infinity Reverse Accumulation

説明

これは、蓄積は、各グリッドセルからの重量負荷のダウンスロープの量を蓄積する流れ方向の逆方向に沿って重量負荷の上り勾配を伝播することによるものであることを除いて、重み付けされた寄与領域の評価と同様に動作します。機能はまた、最大ダウンスロープグリッドにおける各グリッドセルからの重量負荷のダウンスロープの最大値を報告します。

../../../../_images/raccfig.gif

この機能は、効果によりダウンスロープを有することができる活動への危険性を評価し、マッピングするために設計されています。例では、流出を増加させ、土地管理活動です。流出は時々地滑り又はデブリフローのトリガであるので、ここで重みグリッドは地形安定マップとして採用することができます。次いで逆蓄積は、任意のローカル影響のための可能性がない場合でも、流出を増加させることができる活動の危険性の指標として、各グリッドセルから不安定な地形ダウンスロープの量の尺度を提供します。

パラメーター

D-Infinity Flow Direction Grid [raster]

D-無限の方法で流れの方向を与えるグリッド。流れ方向はラジアン、東から反時計回りに測定されます。これは**「D-インフィニティ流れ方向」**ツールで作成することができます。

Weight Grid [raster]
A grid giving weights (loadings) to be used in the accumulation.

出力

Reverse Accumulation Grid [raster]

**「リバース蓄積」**関数の結果を与えるグリッド。これは、蓄積は、各グリッドセルからロードダウンスロープの量を蓄積する流れ方向の逆方向に沿って重量負荷の上り勾配を伝播することによるものであることを除いて、重み付けされた寄与領域の評価と同様に動作します。

Maximum Downslope Grid [raster]

グリッドは、各グリッドセルからの重量負荷グリッド下り勾配の最大値を与えます。

コンソールの使用方法

processing.runalg('taudem:dinfinityreverseaccumulation', -ang, -wg, -racc, -dmax)

参照

D-Infinity Transport Limited Accumulation - 2

説明

この機能は、電源とそれを輸送する流れ場の能力の両方によって制限され得る物質(例えば、堆積物)の輸送及び堆積を計算するように設計されています。この関数は、任意の格子セルのうち輸送が供給と輸送能力との間の最小値であることをルールへの物質のフラックス(例えば、土砂輸送)被験者、 Tcap を蓄積します。グリッドセルにおける総供給は、アップスロープのグリッドセル、 Tin 、プラスローカル電源寄与、 E (例えば浸食)からの交通の和として計算されます。この関数はまた、総供給マイナス実際のトランスポートとして計算蒸着、 D を出力します。

../../../../_images/tlaeqn.gif

ここで E は電源です。各グリッドセルにおける Tout は下り坂グリッドセルのための Tin になり、交通限定蓄積( tla )として報告されます。D は堆積( tdep )です。関数は、輸送物質に付着した化合物(汚染物質)の濃度を評価するためのオプションを提供します。これは次のように評価されます。

../../../../_images/tlaceqn1.gif

ここで Lin は総着信化合物のローディング、 CinTin はそれぞれ各上り勾配のグリッドセルから入ってくる濃度と輸送を指します。

../../../../_images/tlaceqn2.gif

If

../../../../_images/tlaceqn3.gif

else

../../../../_images/tlaceqn4.gif

ここで、 Cs は局所的に供給された濃度で、右側の第2項の差はローカル・グリッドのセルからの追加供給を表します。そのとき、

../../../../_images/tlaceqn5.gif

各グリッドセルでの Cout はこの関数からの濃度グリッド出力です。

アウトレットシェープファイルは、ツールを使用している場合のみシェープファイルによって与えられる場所への流れに寄与するドメインの部分を評価します。

輸送制限蓄積が土砂に付着堆積物の配達率と汚染物質の空間依存性を含め浸食や土砂送​​達をモデル化するために有用です。

パラメーター

D-Infinity Flow Direction Grid [raster]

D-無限の方法で流れの方向を与えるグリッド。流れ方向はラジアン、東から反時計回りに測定されます。これは**「D-インフィニティ流れ方向」**ツールで作成することができます。

Supply Grid [raster]

搬送限定蓄積機能への材料の供給(ローディング)を得たグリッド。浸食への適用では、このグリッドは、各グリッドセルに供給される浸食剥離、又は堆積物を与えます。

Transport Capacity Grid [raster]

搬送限定蓄積機能の各グリッドセルにおける輸送能力を与えるグリッド。浸食への適用では、このグリッドは、搬送流の輸送能力を与えるだろう。

Input Concentration Grid [raster]

搬送限定蓄積機能への供給中の目的の化合物の濃度を与えるグリッド。浸食への応用では、このグリッドは侵食土砂に付着したと言うのリンの濃度を与えるだろう。

Outlets Shapefile [vector: point]

Optional.

このオプションの入力は、関心の出口を規定ポイントシェープファイルです。このファイルを使用する場合、ツールは、これらの店舗のエリア上り勾配を評価します。

Check for edge contamination [boolean]

このオプションは、ツールは、エッジの汚染を確認する必要があるかどうかを決定します。エッジ汚染値が結果を決定する際に考慮されていないドメインの外に起因グリッドセルに過小評価される可能性として定義されます。

デフォルト:

出力

Transport Limited Accumulation Grid [raster]

このグリッドは、輸送能力の制限を尊重蓄積供給の加重蓄積であり、任意の格子セルのうち輸送は総供給の最小値(ローカル電源プラス輸送であるルールへの物質のフラックス被写体を累積することによって計算輸送速度を報告します)でそのグリッドセルと輸送能力へ。

堆積Grid` [ラスター]

輸送限定の蓄積から生じる堆積を与えるグリッド。これは、各グリッドセルマイナスグリッドセルのうち輸送能力に輸送からの残留です。tranportアウト - 堆積グリッドにおける輸送+ローカル電源として算出されます。

出力濃度Grid [ラスタ]

供給グリッドにおける入力concentationが与えられた場合、このグリッドは、出力され、計算される輸送物質(例えば、沈殿物)に付着又は結合した化合物(汚染物質)の濃度を与えます。

コンソールの使用方法

processing.runalg('taudem:dinfinitytransportlimitedaccumulation2', dinf_flow_dir_grid, supply_grid, capacity_grid, in_concentr_grid, outlets_shape, edge_contam, transp_lim_accum_grid, deposition_grid, out_concentr_grid)

参照

D-Infinity Transport Limited Accumulation

説明

この機能は、電源とそれを輸送する流れ場の能力の両方によって制限され得る物質(例えば、堆積物)の輸送及び堆積を計算するように設計されています。この関数は、任意の格子セルのうち輸送が供給と輸送能力との間の最小値であることをルールへの物質のフラックス(例えば、土砂輸送)被験者、 Tcap を蓄積します。グリッドセルにおける総供給は、アップスロープのグリッドセル、 Tin 、プラスローカル電源寄与、 E (例えば浸食)からの交通の和として計算されます。この関数はまた、総供給マイナス実際のトランスポートとして計算蒸着、 D を出力します。

../../../../_images/tlaeqn.gif

ここで E は電源です。各グリッドセルにおける Tout は下り坂グリッドセルのための Tin になり、交通限定蓄積( tla )として報告されます。D は堆積( tdep )です。関数は、輸送物質に付着した化合物(汚染物質)の濃度を評価するためのオプションを提供します。これは次のように評価されます。

../../../../_images/tlaceqn1.gif

ここで Lin は総着信化合物のローディング、 CinTin はそれぞれ各上り勾配のグリッドセルから入ってくる濃度と輸送を指します。

../../../../_images/tlaceqn2.gif

If

../../../../_images/tlaceqn3.gif

else

../../../../_images/tlaceqn4.gif

ここで、 Cs は局所的に供給された濃度で、右側の第2項の差はローカル・グリッドのセルからの追加供給を表します。そのとき、

../../../../_images/tlaceqn5.gif

各グリッドセルでの Cout はこの関数からの濃度グリッド出力です。

アウトレットシェープファイルは、ツールを使用している場合のみシェープファイルによって与えられる場所への流れに寄与するドメインの部分を評価します。

輸送制限蓄積が土砂に付着堆積物の配達率と汚染物質の空間依存性を含め浸食や土砂送​​達をモデル化するために有用です。

パラメーター

D-Infinity Flow Direction Grid [raster]

D-無限の方法で流れの方向を与えるグリッド。流れ方向はラジアン、東から反時計回りに測定されます。これは**「D-インフィニティ流れ方向」**ツールで作成することができます。

Supply Grid [raster]

搬送限定蓄積機能への材料の供給(ローディング)を得たグリッド。浸食への適用では、このグリッドは、各グリッドセルに供給される浸食剥離、又は堆積物を与えます。

Transport Capacity Grid [raster]

搬送限定蓄積機能の各グリッドセルにおける輸送能力を与えるグリッド。浸食への適用では、このグリッドは、搬送流の輸送能力を与えるだろう。

Outlets Shapefile [vector: point]

Optional.

このオプションの入力は、関心の出口を規定ポイントシェープファイルです。このファイルを使用する場合、ツールは、これらの店舗のエリア上り勾配を評価します。

Check for edge contamination [boolean]

このオプションは、ツールは、エッジの汚染を確認する必要があるかどうかを決定します。エッジ汚染値が結果を決定する際に考慮されていないドメインの外に起因グリッドセルに過小評価される可能性として定義されます。

デフォルト:

出力

Transport Limited Accumulation Grid [raster]

このグリッドは、輸送能力の制限を尊重蓄積供給の加重蓄積であり、任意の格子セルのうち輸送は総供給の最小値(ローカル電源プラス輸送であるルールへの物質のフラックス被写体を累積することによって計算輸送速度を報告します)でそのグリッドセルと輸送能力へ。

堆積Grid` [ラスター]

輸送限定の蓄積から生じる堆積を与えるグリッド。これは、各グリッドセルマイナスグリッドセルのうち輸送能力に輸送からの残留です。tranportアウト - 堆積グリッドにおける輸送+ローカル電源として算出されます。

コンソールの使用方法

processing.runalg('taudem:dinfinitytransportlimitedaccumulation', dinf_flow_dir_grid, supply_grid, capacity_grid, outlets_shape, edge_contam, transp_lim_accum_grid, deposition_grid)

参照

D-Infinity Upslope Dependence

説明

D-無限アップスロープ依存ツールは、ドメイン内の各グリッドセルは、グリッドセルの宛先セットに寄与する量を定量化します。複数下り坂グリッドセル間の各グリッドセルからD-無限流れ方向の比例フロー。この流れ場下記宛先ゾーンが定義されている到達各グリッドセルを起点流量を下り坂。上り勾配の影響が生成マップは、宛先ゾーンを通る流れは、発信、または領域は、そのフローのために、依存エリア上り勾配を特定するようにグリッドセルは、各グリッドセルからダウンスロープ調べ、下り坂の再帰を使用して評価されます。

図面は、以下のドメイン `` x``(青)の各ソース点が目的地点またはゾーン y``(赤)に寄与量を示しています。面積関数を寄与する重み付けインジケータは、 ` I(Y、X)で示されている場合、 ``グリッドセル x``に特定のグリッドセル y``から、(1)単位の値を用いて加重寄与を与えることを、次いでアップスロープ依存性がある: `` D(X、Y)= I(Y、X) ``

../../../../_images/dependence.gif

これは、先の領域に入る流れまたは流量関連物質または汚染物質から来るかもしれない場所を追跡するために、実施例のために有用です。

パラメーター

D-Infinity Flow Direction Grid [raster]

流れの方向の角度は、対象のグリッドセルを中心とする3×3グリッドセルのウィンドウ内に形成された8つの三角形のファセット上の最も急な下り坂の方向として決定されるD-無限法により流れ方向を与えるグリッド。このグリッドは**「D-インフィニティ流れ方向」**ツールを使用して製造することができます。

Destination Grid [raster]

上り勾配から流れを受け取ることができる宛先ゾーンをコードグリッド。このグリッドは、ドメインの残りの部分の上にゾーンyと0の内側に1でなければなりません。

出力

Output Upslope Dependence Grid [raster]

量をドメイン内の各ソース点をquantifingグリッド先グリッドによって定義されたゾーンに寄与する。

コンソールの使用方法

processing.runalg('taudem:dinfinityupslopedependence', -ang, -dg, -dep)

参照

Slope Average Down

説明

このツールは、ユーザ選択された距離にわたって平均D8下り坂方向の傾きを算出します。距離は、水平方向のマップ単位で指定する必要があります。

パラメーター

D8 Flow Direction Grid [raster]

この入力は、細胞からのすべてのフローは、最急降下の方向に単一の隣接セルに移行D8の方法を使用して符号化される流れ方向のグリッドです。このグリッドは**ツール**「D8流れの方向」の出力として得ることができます。

Pit Filled Elevation Grid [raster]

この入力は、標高値のグリッドです。一般的なルールとして、あなたがこの入力のために取り外さピットを持っていた標高値のグリッドを使用することをお勧めします。ピットは、一般的にそれらを横切る流れの分析を妨害アーティファクトであると解釈されます。このグリッドは、ピットが、彼らは単にドレインポイントに満たされた標高値が含まれている場合には**「ピット削除」**ツールの出力として得ることができます。

Downslope Distance [number]

(水平方向のマップ単位での)傾きを計算する上下り坂距離の入力パラメータ。

デフォルト:* 50 *

出力

Slope Average Down Grid [raster]

この出力はD8下り坂方向で算出斜面のグリッドであり、選択された距離にわたって平均しました。

コンソールの使用方法

processing.runalg('taudem:slopeaveragedown', -p, -fel, -dn, -slpd)

参照

スロープ以上の面積比

説明

特定流域(寄与する面積)に対する傾きの比を算出します。これは代数的に、より一般的なLN(A /褐色ベータ)濡れ指数に関連するが、寄与領域は傾斜が0のとき0エラーによって除算を回避するために分母になっています。

パラメーター

Slope Grid [raster]

傾きのグリッド。このグリッドは、エーテルに**「D8流れ方向」**ツールまたは**「D-インフィニティ流れ方向」**ツールを使用して生成することができます。

特定流域Grid [ラスター]

独自の貢献に加え、それに排水登坂路の隣人からの寄与として各セルの貢献面積値を与えるグリッド。寄与領域は、グリッドセルの数(又は重みの総和)の点でカウントされます。このグリッドは**「D8貢献エリア」**ツールまたは**「D-インフィニティ貢献エリア」**ツールのいずれかを使用して生成することができます。

出力

``面積比Grid``で割ったスロープ[ラスタ]

特定流域(寄与する面積)に対する傾きの比のグリッド。これは代数的に、より一般的な `` LN(/褐色ベータ) ``濡れ指数に関連するが、寄与領域は、傾きが0 0エラーによって除算を回避するために分母になっています。

コンソールの使用方法

processing.runalg('taudem:slopeoverarearatio', -slp, -sca, -sar)

参照