Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

las2las_transform

説明

このツールは、異なる属性に基づいてレーザー測量ポイントをフィルタリングするために、新たなLAZまたはLASファイルへのポイントの存続サブセットを書くことlas2lasを使用しています。詳細情報については、 las2las <http://rapidlasso.com/las2las> _ページとそのオンライン README <http://lastools.org/download/las2las_README.txt> _ファイルを参照してください。

パラメーター

verbose [boolean]

より多くのテキスト制御出力をコンソールに生成します。

デフォルト: False

open LAStools GUI [boolean]

入力済みの入力ファイルを使用してLAStoolsのGUIを起動します。

デフォルト: False

input LAS/LAZ file [file]

処理されるポイントを含むファイル。

transform (coordinates) [selection]

以下で指定された値によって、変換、縮尺設定、またはX、Yまたはz座標のいずれかクランプ。

オプション:

  • 0 — —
  • 1 — translate_x
  • 2 — translate_y
  • 3 — translate_z
  • 4 — scale_x
  • 5 — scale_y
  • 6 — scale_z
  • 7 — clamp_z_above
  • 8 — clamp_z_below

Default: 0

value for transform (coordinates) [string]

トランスフォーム上で選択することによって行われ、平行移動、スケーリング、又はクランプの量を指定する値。

Default: (not set)

second transform (coordinates) [selection]

また、スケール変換、またはX、Yクランプ、またはz以下、指定された値によって座標のいずれか。

オプション:

  • 0 — —
  • 1 — translate_x
  • 2 — translate_y
  • 3 — translate_z
  • 4 — scale_x
  • 5 — scale_y
  • 6 — scale_z
  • 7 — clamp_z_above
  • 8 — clamp_z_below

Default: 0

value for second transform (coordinates) [string]

トランスフォーム上で選択することによって行われ、平行移動、スケーリング、又はクランプの量を指定する値。

Default: (not set)

transform (intensities, scan angles, GPS times, ...) [selection]

<put parameter description here>

オプション:

  • 0 — —
  • 1 — scale_intensity
  • 2 — translate_intensity
  • 3 — clamp_intensity_above
  • 4 — clamp_intensity_below
  • 5 — scale_scan_angle
  • 6 — translate_scan_angle
  • 7 — translate_gps_time
  • 8 — set_classification
  • 9 — set_user_data
  • 10 — set_point_source
  • 11 — scale_rgb_up
  • 12 — scale_rgb_down
  • 13 — repair_zero_returns

Default: 0

value for transform (intensities, scan angles, GPS times, ...) [string]

The value that specifies the amount of scaling, translating, clamping or setting that is done by the transform selected above.

Default: (not set)

second transform (intensities, scan angles, GPS times, ...) [selection]

<put parameter description here>

オプション:

  • 0 — —
  • 1 — scale_intensity
  • 2 — translate_intensity
  • 3 — clamp_intensity_above
  • 4 — clamp_intensity_below
  • 5 — scale_scan_angle
  • 6 — translate_scan_angle
  • 7 — translate_gps_time
  • 8 — set_classification
  • 9 — set_user_data
  • 10 — set_point_source
  • 11 — scale_rgb_up
  • 12 — scale_rgb_down
  • 13 — repair_zero_returns

Default: 0

value for second transform (intensities, scan angles, GPS times, ...) [string]

The value that specifies the amount of scaling, translating, clamping or setting that is done by the transform selected above.

Default: (not set)

operations (first 7 need an argument) [selection]

<put parameter description here>

オプション:

  • 0 — —
  • 1 — set_point_type
  • 2 — set_point_size
  • 3 — set_version_minor
  • 4 — set_version_major
  • 5 — start_at_point
  • 6 — stop_at_point
  • 7 — remove_vlr
  • 8 — auto_reoffset
  • 9 — week_to_adjusted
  • 10 — adjusted_to_week
  • 11 — scale_rgb_up
  • 12 — scale_rgb_down
  • 13 — remove_all_vlrs
  • 14 — remove_extra
  • 15 — clip_to_bounding_box

Default: 0

argument for operation [string]

The value that is the argument for the operation selected above.

Default: (not set)

additional command line parameter(s) [string]

他のコマンドラインは、このメニューから利用できないスイッチを指定しますが、(高度)LAStoolsのユーザーに知られています。

Default:

出力

output LAS/LAZ file [file]

出力点群の保存場所を指定します。ASCIIのために圧縮されていない出力のために圧縮された出力用LAZ、LAS、およびTXTを使用してください。

コンソールの使用方法

processing.runalg('lidartools:las2las_transform', verbose, input_laslaz, filter_return_class_flags1, filter_return_class_flags2, filter_coords_intensity1, filter_coords_intensity1_arg, filter_coords_intensity2, filter_coords_intensity2_arg, output_laslaz)

See also the las2las page and its online README file.