Outdated version of the documentation. Find the latest one here.

トポロジチェッカープラグイン

Figure Topology Checker:

../../../_images/topology_checker.png

トポロジチェッカープラグイン

トポロジは、地理的領域のフィーチャを表すポイント、ラインおよびポリゴン間の関係を記述するものです。トポロジチェッカープラグインを使用すれば、ベクタファイルに目を通すことができ、いくつかのトポロジルールでトポロジを確認できます。これらのルールは、’Equal’, ‘Contain’, ‘Cover’, are ‘CoveredBy’, ‘Cross’かどうか、’Disjoint’, ‘Intersect’, ‘Overlap’, ‘Touch’ かどうか、あるいは互いに’Within’かの空間的関係でチェックします。それはベクタデータに適用されるトポロジルール個々の質問に依存します(例えば、通常は、配線レイヤでのオーバーシュートを受け入れませんが、それらがデッドエンドの通りを示している場合、ベクタレイヤからそれらを削除しません)。

QGISには、トポロジカルな編集機能が組み込まれています。これは、エラーなく新しい地物を作成するのに最適です。しかし、既存のデータエラーやユーザー誘導のエラーは見つけにくいです。このプラグインは、ルールのリストを通じてそのようなエラーを見つけるのに役立ちます。

トポロジチェッカ^プラグインでトポロジルールを作成するのはとても簡単です。

On point layers the following rules are available:

  • Must be covered by: ここでは、プロジェクト内のベクタレイヤを選択することができます。与えられたベクタレイヤでカバーされていない点は’エラー’フィールドが発生します。

  • must be covered by endpoints of: ここではあなたのプロジェクトのラインレイヤを選べます.

  • 内部にあるべき:プロジェクトからポリゴンレイヤーを選択できます。ポイントはポリゴンの内側にある必要があります。それ以外の場合、QGISはそのポイントに「エラー」を書き込みます。

  • Must not have duplicates: ポイントは2点以上で表される必要があり、そうでなければ’Error’フィールドが発生します。

  • Must not have invalid geometries: ジオメトリが有効化をチェックします。

  • Must not have multi-part-geometries: マルチパートポイントは’Error’ フィールドが追加されます。

On line layers, the following rules are available:

  • end points must be covered by: ここではプロジェクトからポイントレイヤを選んで下さい.

  • must not have dangles:  ラインレイヤでのオーバーシュートを表示します.

  • Must not have duplicates:ライン地物が2点以上で表されるたびに、’Error’フィールドが発生します。

  • Must not have invalid geometries: ジオメトリが有効化をチェックします。

  • Must not have multi-part geometries: 時には1つのジオメトリは実際に単純な(シングルパート)ジオメトリの集合です。このような幾何学的形状は、マルチパートジオメトリと呼ばれています。単純にジオメトリのちょうど1種類が含まれている場合は、マルチポイント、マルチラインまたはマルチポリゴンと呼んでいます。すべてのマルチパートのラインは’Error’フィールドが書き込まれます。

  • 擬似コードを持たない : ラインジオメトリの端点は、他の2つのジオメトリの端点に接続する必要があります。端点が1つの他のジオメトリの端点にのみ接続されている場合、端点は擬似ノードと呼ばれます。

On polygon layers, the following rules are available:

  • Must contain: ポリゴンレイヤは最低でもセカンドレイヤの1つのポイントジオメトリを含まないといけません。

  • Must not have duplicates: 同じレイヤのポリゴンは、同一のジオメトリを持つことはできません。ポリゴンが2つまたはそれ以上表される場合、 ‘Error’ フィールドが発生します。

  • Must not have gaps: 隣接ポリゴンはそれらの間にギャップを持ってはいけません。行政界は例(アメリカの境界はそれらの間にギャップをもたない)として言及されます。

  • Must not have invalid geometries: ジオメトリが有効化を確認します。有効なジオメトリを定義するルールがあります:

    • ポリゴンリングは閉じていなければいけません.

    • 穴を定義しているリングは外側の境界線の内部になければいけません.

    • リングは自分で交差してはいけません(お互いに接触したり交差してはいけません)

    • リングは他のリングと点以外で接触してはいけません.

  • Must not have multi-part geometries:時には1つのジオメトリは実際に単純な(シングルパート)ジオメトリの集合です。このような幾何学的形状は、マルチパートジオメトリと呼ばれています。単純にジオメトリのちょうど1種類が含まれている場合は、マルチポイント、マルチラインまたはマルチポリゴンと呼んでいます。例えば、複数の島からなる国は、マルチポリゴンのように表すことができます。

  • Must not overlap: 隣接するポリゴンが共通領域を共有することはできません。

  • Must not overlap with: 1つのレイヤの隣接ポリゴンは、他のレイヤのポリゴンと共通領域を共有できません。